« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

やまと天目山温泉2022

大菩薩の帰りは温泉へ。

2022071721

久しぶりのやまと天目山温泉。入浴料は3時間まで550円と安価。

以前にも立ち寄っていますが、バスが一時間に一本なのと帰りが遅くなるため、あまり長湯している訳にはいかず、のんびり入りたいなぁとずっと思っていました。今回は13時という早いバスに乗ったので、これなら長湯ができる!ということで、バスを一本見送って2時間後のバスで帰ることにしました。

やはりぬるつきのある高アルカリ度のお湯は健在でよい感じ。
源泉浴槽があり、そちらはぬるいお湯なのでのんびり浸かることができます。
この日は天気が悪かったせいもあり、人は少な目。そういう意味でものんびり入れました。
外の露天風呂に出ると沢が近いせいか、風が涼しいこと。やはり山の温泉ですね。

またそのうちに来たいですね。

 

霧の大菩薩

7/17は大菩薩へ。

2022071701

天気があまり良くないなとは思っていましたが、予想外の霧。上日川峠から歩き出し、福ちゃん荘のあたりもこんな感じ。

2022071702

今日は唐松尾根を登ります。

2022071703

雷岩付近は濃いガス。

2022071704

霧のせいで風が吹くと水滴が落ちてきて少し濡れます。大菩薩嶺は写真を撮ってさっさと戻ります。

2022071705

今年の初コウリンカ。

2022071706

ここでこんな霧の中を歩くのは初めてだなぁ。風が吹くと少し肌寒く、長袖シャツを着こみました。

2022071707

せっかくなので、行ったことのない妙見ノ頭に登ってみました。無線をやっている人がいてうるさいのでそそくさと退散。

2022071708

久しぶりのウスユキソウ。最近は少なくなりました。

2022071709

ということで大菩薩峠も眺めなし。

2022071710

介山荘付近は少し人が登ってきてました。

2022071711

石丸峠に向かいますが、こちらも樹林から水滴が落ちてきて閉口。

2022071712

石丸峠もガスガス。しばらくすると明るくなって、少し霧が晴れたりしましたが、こんな感じ。

2022071713

峠近くのオリの中にはシモツケがたくさん。

2022071714

先に行く気が全くないのでさっさと下山にかかります。

2022071715

一度、林道に出たあたりからは大菩薩湖がよく見えます。

2022071716

さらに下れば小屋平。少し料金がアップするけど、上日川峠に戻ることにします。

2022071717

大きな沢は飛び石で渡渉しなくてはなりません。意外に大変。その先も小さな沢をいくつも橋で渡って先へ進みます。

2022071718

大菩薩館があったのはこのあたりかな。木材などが少し転がっていました。

2022071719

だいぶ遠くに「大菩薩のウラジロモミ林」と書かれた看板。苔で見えにくくなっていました。確かにこのあたり雰囲気の良い森。

2022071720

上日川峠に戻り、ロッジ長兵衛でバス待ちにコーヒーを頼んでまったりして終了でした。

2022071751

ということで、ニョホホなニョホウチドリさん、咲き残りっぽかったですが、しっかり会えました。

 

天目山へ

暑さの少し収まった7/9は奥多摩へ。

2022070901

随分久しぶりの倉沢入り。しばらく歩くと小滝。

2022070902

道が崩落しているために、通行止。自己責任で通行します。

2022070903

魚留橋で下に降りて魚留ノ滝を見ます。

2022070904

山に取り付き、しばらく登ると幕岩尾根分岐。もう随分前に登ったけど、きついんだよね。

2022070905

先へ進んでいくと桟道。強度が心配でしたが、まだ大丈夫でした。

2022070906

さらに進んでいくと塩地谷に小滝。踏み跡があったので少し近寄って眺めました。

2022070907

先へ進んで塩地谷と茅尻沢の合流点を高巻き、茅尻沢に入っていきます。あたりは良い雰囲気。

2022070908

木橋には倒木が乗っていて使えなくなっていました。水量が少ないので渡るのに問題なし。

2022070909

せっかくなので棒杭尾根に向かう踏み跡に入ってみます。塩地谷に下って渡るのですが、相変わらずの渡渉失敗、飛び石で足を滑らせて沢にドボン。この時期なので濡れても問題ないけど、尻から着水してズボンがびちゃびちゃ。。。

2022070910

石で補強された踏み跡を棒杭尾根に向かいます。

2022070911

しばらく辿って尾根を回り込み、さらに進んでいくと棒杭尾根に出ました。そういえば、こんな道が分かれていた覚えが。棒杭尾根を登ったのは、もう随分前の事ですけどね。

2022070912

茅尻沢に戻って、さらに上流へ。巡視路らしく、所々に石積みの道が。

2022070913

だいぶ奥まで進み、右手の斜面に取り付くと細道を登って尾根に出ました。尾根をしばらく歩くと急峻になってしまうので、左手に進む踏み跡に入ります。

2022070914

尾根を巻く道になり、再び桟道を過ぎてさらに左に左にと進んでいくとヨコスズ尾根に出ることができました。目の前に道標。

2022070915

随分久しぶりのヨコスズ尾根。こんな良い道だったか。

2022070916

これまた随分久しぶりの一杯水避難小屋。若干雰囲気変わったなぁ。

2022070917

裏手へ登っていき、天目山を目指します。こんな木があったのか。

2022070918

しばらく頑張るとガスっていて何も見えない天目山の頂上。

2022070919

咲き残りらしいシモツケがありました。

2022070920

避難小屋からヨコスズ尾根を下ります。意外にそこそこ大きな木もあるんですね。昔は何も見ていなかったなぁ。

2022070921

そういえばこんな道でした。滝入ノ峰は今日も行かなかったです。そのうちに行かなきゃ。

2022070922

民家はもう住まわれていない雰囲気で、下部はだいぶ歩きにくい道になっていました。

2022070923

バス停に着くとちょっと前に13時台のバスが行ったばかり。1時間ほど待ちでした。

 

ラビスパ裏磐梯

下山したラビスパ裏磐梯で入浴。

2022070239

入浴料は550円と安価。

内湯と露天風呂があり、お湯は熱め。夏場はもう少しぬるめの方が有り難いのですが、結構人が多いので、仕方ないのかもしれません。

露天風呂は風が涼しいのですが、ちょっと前まで日が照っていたようで足元が焼けるように熱くなっていて、あまり長居できなかったのが残念でした。

お湯は無色透明ですが、意外にしっとり感のあるお湯。悪くない感じです。

滅多にない喜多方行きのバスで喜多方に出て、喜多方ラーメンを食べて帰りました。

 

猫魔ヶ岳へ

雄国沼湿原からの続きです。

2022070221

雄国沼湿原を後に金沢峠に登ります。途中、猛暑のせいか体調を崩した人がいて、数人が介抱していました。金沢峠はすごい人。シャトルバスが来ているので観光客多数でした。

2022070222

林道を進むと人も少なく、右手にはまだ残雪の残る山が見えました。飯豊連峰なのかな。

2022070223

雄国沼には人が足を踏み入れられない奥の方までニッコウキスゲが咲いているようでした。

2022070224

カンカン照りの中は厳しいです。ようやく舗装林道が終わり。

2022070225

ひたすら未舗装の林道を進んだのち、ようやく山道になりますが、これまた蒸し暑くきつい道。やっとのことで厩岳山分岐に着きますが、往復する気になんかなりません。

2022070226

さらに蒸し暑い樹林の中をひたすら頑張り、ようやく猫魔ヶ岳分岐。

2022070228

修行気分で登るとようやく猫魔ヶ岳。日陰が少ないので厳しい山頂。

2022070227

今日も猪苗代湖を眺めます。

2022070229

磐梯山も雲一つないですね。

2022070230

昼食を取って少し休んだ後、分岐に戻って少し先に行くと猫石。

2022070231

風が吹いていて意外に涼しい場所。ここで昼食にすればよかった。眼下にはやはり雄国沼湿原を眺められます。

2022070232

どんどん下っていきます。ブナの森なども通ります。沢を何度か渡るので、そこで少しクールダウンできました。

2022070233

雄国沼の近くに出て、風を受けながら進みます。

2022070234

やっと雄国沼休憩舎に戻ってきました。

2022070235

雄国山への登りは高い木がなく、ずっと日差しを浴びる登りで辛い道。へろへろで雄国山に到着。ここも日影が少なく、みなさん日影を探して休憩する状態でした。

2022070236

最後の雄国沼湿原を眺めて下山にかかります。

2022070237

ラビスパ裏磐梯への道は標高を落としていくので暑さが増します。途中からは樹林の中なのでまだ救いがありました。

2022070238

ラビスパ裏磐梯に下って終了でした。

 

雄国沼湿原へ

7/2は雄国沼へ。

2022070201

早朝に宿を出ると今日も快晴の良い天気。朝から暑いです。昨日登った磐梯山がよく見えていました。

2022070202

今年からバス会社が変わったようで喜多方行きのバスは本数が非常に少なく、行きの喜多方行きは7時前という早朝にしかないので、それに乗り、雄国沼登山道入口で下車。

2022070203

樹林の中は沢が近いせいか湿気がひどく、昨日の磐梯山に比べても標高が低いのでとても蒸し暑い登り。

2022070204

ひたすら辛い登りでしたが、途中、沢を何度か渡るために、沢でクールダウンできるのが良かったです。ようやく雄国山分岐。

2022070205

しばらく進むと雄国沼休憩舎。

2022070206

先へ進んでようやく雄国沼が見えて来るとキスゲが道端にも見かけるようになり、遠くにもそれなりに咲いています。

2022070207

金沢峠からの道と合流して湿原への木道を進みます。キスゲが増えてきました。

2022070208

遊歩道に入るとやっぱりたくさん咲いています。

2022070209

トキソウがちらほら咲いていました。

2022070210

そして奥へ行けば、たくさん咲いていました!まさに黄色の絨毯。😃

2022070211

歩いている人も多いですが、ニッコウキスゲの数は半端じゃありませんでした。

2022070212

サワランも咲いていました。

2022070213

山と沼とキスゲ。

2022070214

夏の思い出がまた一つできた感じです。

2022070215

ヒオウギアヤメも咲いていました。

続く。

 

会津磐梯山へ(山頂から下山)

続きです。

2022070126

弘法清水はこんなに暑いのに手が切れるような冷たい水がしっかり出ています。もちろんたっぷり飲んでペットボトルにも汲みました。

2022070127

山頂に向かって登っていくとサラサドウダンツツジが鈴なりに咲いてます。

2022070128

少ないけどきれいなハクサンシャクナゲにも会えました。

2022070129

岩の積み重なる所に出れば山頂直下。

2022070130

登っていたときはガスっていたはずなのに晴れたようで山頂からは360度の大展望。桧原湖などの湖沼がよく見渡せました。

2022070131

山頂の石祠。板大明神と石に書かれていました。

2022070132

やはり猪苗代湖の眺めも雄大でした。

2022070133

グンナイフウロが咲いていました。

2022070134

キンポウゲかな。

2022070135

下山は裏磐梯に向かいます。弘法清水で再びたくさん水を飲んだのち、もう少し下ります。櫛ヶ峰も見納めかな。

2022070136

先の方に見える道へ入ります。

2022070137

そちらに入るとマルバシモツケがこれでもかと咲く道で楽しいです。

2022070138

どんどん樹林の中に入って下っていきます。標高を下げると暑くなって結構きついです。途中、少し右が開けると随分桧原湖が近くなっていました。

2022070139

さらに下っていくともう随分下部。

2022070140

樹林の道を進みます。

2022070142

ようやく裏磐梯への分岐。せっかくなので、少し進んで中ノ湯跡に立ち寄ります。

2022070141

小湿原を見たのち、少し進むと中ノ湯跡。硫化水素の匂いが漂っていました。白濁しているのは露天風呂跡なのかな。

2022070143

長い樹林の道を下っていくと、ようやく銅沼。爆裂火口とエメラルドグリーンの沼の対比がすごかったです。

2022070144

しばらく進んでいくとスキー場に出ますが、その前あたりが、なんとなく水戸黄門のラストに出てきそうな良い雰囲気。

2022070145

スキー場の中をしばらく歩いたのち、登山口。

2022070146

さらに道路をしばらく歩いてようやく裏磐梯高原バス停へ。この日の宿へバスで向かいました。

 

会津磐梯山へ(表登山口から弘法清水まで編)

7/1は会津磐梯山へ。

2022070101

新幹線でも行けなくはないけど、暑いのでできるだけ早朝から歩き出したいと夜行バスで。でも郡山に行く夜行バスがなかったので福島まで乗り、一番電車で郡山乗り換え、猪苗代駅へ。タクシーで表登山口まで乗りました。めっちゃ快晴。

2022070102

風が若干あるものの、日差しは強烈。日焼けするの嫌なので長袖シャツの袖を腕まで全部伸ばして日よけ止めに。

2022070103

スキー場の道を登りますが、左右に曲がりながら登る道は日差したっぷり。夏にここを登るのはきついなぁ~。

2022070104

リフト終点まで登ったら、道がヤブに消えてました。ありゃりゃと少し戻ったらロープの先に左に道があり、そちらに入ったら登山道って書かれているし。ロープとか紛らわしいっす。

2022070105

ときたま樹林で日陰があったものの、やっぱり暑い道。先に見えた山が赤埴山かな。天の庭らしき場所には古い木の看板があったけど、意識していなかったので写真撮らなかったです。

2022070106

そこから先はしばらくは樹林の中で日陰も出て来た上に、少し雲が来て若干曇った様子。分岐から赤埴山に向かっていくとザレた道に。

2022070107

ヤマツツジが咲いてました。

2022070108

しばらく頑張ると赤埴山の山頂。あれ、磐梯山にガスがかかってます。

2022070109

先へ進むとガクウラジロヨウラクが結構出てきました。

2022070110

先へ進んでいくとお花も多く、楽しい道。

2022070111

このあたりが沼の平かな。ここも古い木の案内板が壊れかけていました。

2022070112

ベニバナツクバネウツギが咲きまくり。

2022070113

これはコヨウラクツツジかな?

2022070114

途中、渋谷登山口を示す分岐があったけど、これ、登山道には見えないよね。

2022070115

マルバシモツケたくさん。

2022070116

振り返ると池が遠くに見えました。

2022070117

アカモノが出て来た。

2022070118

咲き残りのイワカガミも見っけ。

2022070119

少ないけどレンゲツツジも。

2022070120

櫛ヶ峰はガレ場が激しいね。

2022070121

ちょっと登りがきつくなり、風も強くなってきて帽子が飛ばされそうに。

2022070122

このハクサンチドリでかすぎ。

2022070124

うぉーと思わず声を上げた大好きなお花、ミヤマオダマキ。随分久しぶりに会えたね。(^^)

2022070125

やっと登り着いた弘法清水小屋。

続く。

 

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ