« 会津磐梯山へ(山頂から下山) | トップページ | 猫魔ヶ岳へ »

雄国沼湿原へ

7/2は雄国沼へ。

2022070201

早朝に宿を出ると今日も快晴の良い天気。朝から暑いです。昨日登った磐梯山がよく見えていました。

2022070202

今年からバス会社が変わったようで喜多方行きのバスは本数が非常に少なく、行きの喜多方行きは7時前という早朝にしかないので、それに乗り、雄国沼登山道入口で下車。

2022070203

樹林の中は沢が近いせいか湿気がひどく、昨日の磐梯山に比べても標高が低いのでとても蒸し暑い登り。

2022070204

ひたすら辛い登りでしたが、途中、沢を何度か渡るために、沢でクールダウンできるのが良かったです。ようやく雄国山分岐。

2022070205

しばらく進むと雄国沼休憩舎。

2022070206

先へ進んでようやく雄国沼が見えて来るとキスゲが道端にも見かけるようになり、遠くにもそれなりに咲いています。

2022070207

金沢峠からの道と合流して湿原への木道を進みます。キスゲが増えてきました。

2022070208

遊歩道に入るとやっぱりたくさん咲いています。

2022070209

トキソウがちらほら咲いていました。

2022070210

そして奥へ行けば、たくさん咲いていました!まさに黄色の絨毯。😃

2022070211

歩いている人も多いですが、ニッコウキスゲの数は半端じゃありませんでした。

2022070212

サワランも咲いていました。

2022070213

山と沼とキスゲ。

2022070214

夏の思い出がまた一つできた感じです。

2022070215

ヒオウギアヤメも咲いていました。

続く。

 

« 会津磐梯山へ(山頂から下山) | トップページ | 猫魔ヶ岳へ »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会津磐梯山へ(山頂から下山) | トップページ | 猫魔ヶ岳へ »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ