« 会津磐梯山へ(表登山口から弘法清水まで編) | トップページ | 雄国沼湿原へ »

会津磐梯山へ(山頂から下山)

続きです。

2022070126

弘法清水はこんなに暑いのに手が切れるような冷たい水がしっかり出ています。もちろんたっぷり飲んでペットボトルにも汲みました。

2022070127

山頂に向かって登っていくとサラサドウダンツツジが鈴なりに咲いてます。

2022070128

少ないけどきれいなハクサンシャクナゲにも会えました。

2022070129

岩の積み重なる所に出れば山頂直下。

2022070130

登っていたときはガスっていたはずなのに晴れたようで山頂からは360度の大展望。桧原湖などの湖沼がよく見渡せました。

2022070131

山頂の石祠。板大明神と石に書かれていました。

2022070132

やはり猪苗代湖の眺めも雄大でした。

2022070133

グンナイフウロが咲いていました。

2022070134

キンポウゲかな。

2022070135

下山は裏磐梯に向かいます。弘法清水で再びたくさん水を飲んだのち、もう少し下ります。櫛ヶ峰も見納めかな。

2022070136

先の方に見える道へ入ります。

2022070137

そちらに入るとマルバシモツケがこれでもかと咲く道で楽しいです。

2022070138

どんどん樹林の中に入って下っていきます。標高を下げると暑くなって結構きついです。途中、少し右が開けると随分桧原湖が近くなっていました。

2022070139

さらに下っていくともう随分下部。

2022070140

樹林の道を進みます。

2022070142

ようやく裏磐梯への分岐。せっかくなので、少し進んで中ノ湯跡に立ち寄ります。

2022070141

小湿原を見たのち、少し進むと中ノ湯跡。硫化水素の匂いが漂っていました。白濁しているのは露天風呂跡なのかな。

2022070143

長い樹林の道を下っていくと、ようやく銅沼。爆裂火口とエメラルドグリーンの沼の対比がすごかったです。

2022070144

しばらく進んでいくとスキー場に出ますが、その前あたりが、なんとなく水戸黄門のラストに出てきそうな良い雰囲気。

2022070145

スキー場の中をしばらく歩いたのち、登山口。

2022070146

さらに道路をしばらく歩いてようやく裏磐梯高原バス停へ。この日の宿へバスで向かいました。

 

« 会津磐梯山へ(表登山口から弘法清水まで編) | トップページ | 雄国沼湿原へ »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

リブルさんは遠征でしたか~良い天気で気持ちよさそうです。
スキー場の登山ルートを歩く時だけ曇って欲しいですが・笑
裏磐梯高原方面へ降りてみたいと思っていたので参考になりました。
磐梯山、良い山ですがアクセスが厳しいんですよね。
このエリア、東吾妻とかも行きたいのに今年もバスが走ってないのが残念です。

cyu2さん、こんにちは。

cyu2さんは、あの日、至仏山へ行かれていたのですね。
やはり良いお花がたくさん咲いていていいですね。
最近、尾瀬付近はご無沙汰状態なので、また自分も行きたいな。

やはり電車・バスだとなかなか難しいですね。
結構山が大きいから、それなりに歩かないといけません。
でも、行きに登ったスキー場の下部は、7月から秋までリフトを動かしてくれるらしいので、リフト終点からの歩き出しになるので、だいぶ楽になると思いますよ。
やはりバンダイクワガタが目当てだったので、この時期は外せませんでしたが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会津磐梯山へ(表登山口から弘法清水まで編) | トップページ | 雄国沼湿原へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ