« 親湯から八子ヶ峰 その一 | トップページ | 下諏訪温泉 遊泉ハウス児湯 2022 »

親湯から八子ヶ峰 その二

続きです。

2022072321

先へ進んでいきます。遠くに車山のレーダードームが見えますが、さすがにあそこまでは行けないなぁ。

2022072322

登山道を左にわずかに入った所に八子ヶ峰東峰頂上の表示。

2022072323

先が高原らしい雰囲気になってきました。

2022072324

蓼科山にはずっと雲がかかっていたけど、この時は雲がどこかへ行ったみたいです。

2022072325

コウリンカがまとまって咲いていました。

2022072326

マルバダケブキがちらほら。蝶が休んでました。

2022072327

先へ進んでいくとこのリフトのあたりが八子ヶ峰の山頂。

2022072328

三角点がありました。

2022072329

少し先のピークから下りますが、道が不明瞭になり、結局、スキーコースに出てそれを下りました。

2022072330

ゴンドラリフトの建物の先に進むと草深い踏み跡になります。

2022072331

腰くらいまで草に埋まるような所もありました。先に進んでいくと茅野市の標柱があり、そこからは歩きやすくなって、白樺湖が見えました。

2022072332

先に進んでいくとどこまで行けばよいのか分からなくなったので、適当にスキー場の中を下りました。

2022072333

スキー場に出た所までは良かったのですが、団体さんが右手に歩いていったので、そちらに進めば良いのかと歩いてしました。本当は左に進まなくてはいけなかったらしいです。結局、ひどい遠回り、別荘地の中を彷徨って、ようやくすずらんの湯近くに出ることができました。

2022072334

道路が工事で東白樺湖のバス停は臨時に移設されています。バスが来るまでしばらく待ちでした。茅野駅に出ました。

 

« 親湯から八子ヶ峰 その一 | トップページ | 下諏訪温泉 遊泉ハウス児湯 2022 »

登山(八ヶ岳)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親湯から八子ヶ峰 その一 | トップページ | 下諏訪温泉 遊泉ハウス児湯 2022 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ