« 横谷温泉旅館 | トップページ | 那須温泉 鹿の湯 2022 »

百村山

8/11の山の日は栃木へ。

2022081101

訪れるならば春のお花の時期が良さそうな百村山。でも、そんな事を言っているとずっと訪れることができないし、自分の家からは交通費もかかるので18切符で安上がりに行けるこの時期に出掛けてみます。
天気はくもりときどき晴れくらいの予想だったので出掛けたら、宇都宮までは晴れていたけど、その先に進むとあれあれ雲が出てきました。黒磯駅で下車してバスに乗っているとなんと濃い霧。雨まで降りそうな重苦しい雰囲気で気分も重くなります。穴沢バス停で下車。

2022081102

ガスガスでよく分からず、適当に進みます。霧で濡れるけど、雨ではない模様。道端によく咲いているのはキオンかな。

2022081103

ようやく光徳寺の入口。

2022081104

光徳寺で無事に山に登れるようにお祈りして少し先のコンクリート橋を渡って登山道に向かいます。

2022081105

最初は林道でした。おどろおどろしい看板が百村山を示していましたが、このあたりからアブらしい虫がたくさん攻撃してきました。

2022081106

虫の攻撃が多く、蒸し暑いけど長袖シャツを着こみます。虫よけスプレーを使いましたが、腕をまくると攻撃されるので、腕まくりもできません。工事中の林道に出てロープで登らされます。

2022081107

笹のある登山道を進みます。

2022081108

やはり何度も林道に出ては、再び山道に入ります。

2022081109

オトギリソウが少し咲いていました。

2022081110

コバギボウシもありました。

2022081111

鉄塔を過ぎてさらに登っていきます。

2022081112

結構登りがあって、このあたりは春にはカタクリが咲くらしくロープが張られています。

2022081113

すぐ横が百村山の山頂でした。三角点があります。ここから先の黒滝山へは片道3時間はかかりそうです。バス利用で行くのは無理そうですね。

2022081114

往路を戻りますが、少し天気が回復したのか弱い日差しが射し込んだりしました。

2022081115

林道へ戻ると写真には写ってませんが、遠くの家なども見えました。途中、イタチらしき動物を見かけました。

2022081116

霧が少し晴れて、こんな道を登っていたのかと思います。霧がないと随分景色が変わりますね。

2022081117

無事に光徳寺まで戻り、お参りして下る道にはレンゲショウマが少ないですが咲いていました。さすがに山中は誰一人会わなかったです。

2022081118

ということで参道の杉林。樹齢300年くらいあるらしいです。

2022081119

バス停に向かう途中、振り返ると山が見えました。

2022081120

ということで穴沢バス停に戻ってきました。バスが一日四本と少なく、帰りのバスを随分待たされました。

 

« 横谷温泉旅館 | トップページ | 那須温泉 鹿の湯 2022 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横谷温泉旅館 | トップページ | 那須温泉 鹿の湯 2022 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ