« 那須温泉 鹿の湯 2022 | トップページ | 美ヶ原 王ヶ鼻からアルプス展望コース »

美ヶ原 二人の小道

8/14は美ヶ原へ。

2022081401

自宅から美ヶ原を日帰りで出かけるならば、行きは季節運行のアルピコ交通のバスに乗るしかありません。
今年の運行は~8/16までなので、この日は週末運行の最終日であるのが分かったので、天気は悪そうだったけど出掛けてみます。
3年ほど前にも乗りましたが、今年は運賃が二千円~二千五百円と以前よりもだいぶ料金が高いです。来たバスも路線バスではなく観光バスでブザーもないバス。運行を観光バス会社に委託しているからのようです。なので、停留所ごとに停車し、降りる人は前に進んで下さいとのこと。
三城荘前で下車するのはもちろん自分だけ。牧場の雰囲気が良い感じ。

2022081402

王ヶ頭に向かう道を登っていきます。結構降りて来る人に会います。車をどこに止めているのでしょうか。

2022081403

しばらく登って林道らしき道に出て、それを右に進みます。

2022081404

ダテ河原のあたりで左に曲がり、登っていきます。途中には営業していない小屋を見かけます。さらに登っていくとお花がそれなりに咲いています。ハクサンフウロはやはり多かったです。

2022081405

ウツボグサもまだありました。

2022081406

やはり雲が低く、どんより天気。

2022081407

ウスユキソウも見かけますが、ちょっと時間が経っている模様。

2022081408

だいぶ登ったところで分岐があり、そこから王ヶ鼻という道標を見て、二人の小道に入ります。確かにちょっと細い道。

2022081409

少し石が多く、また草もあって歩きにくい所が多々ある道です。自分の登山地図だと割愛されている道。

2022081410

しばらく進むと道標があり、直進しそうになりますが、そちらは石切場に下ってしまう道。右上の登る道に入ります。振り返るとやはり雲が低く上の方はガスですね。

2022081411

稜線の下を淡々と進んでいきます。途中、岩場の下を通ります。見上げると稜線が近いです。

2022081412

ヒメシャジンかな?

2022081413

カワラナデシコもまだ咲いていました。

2022081414

結構、単調で長い感じ、だいぶ歩かされてようやく石切場の道と合わさりました。

長いので続きます。

 

« 那須温泉 鹿の湯 2022 | トップページ | 美ヶ原 王ヶ鼻からアルプス展望コース »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 那須温泉 鹿の湯 2022 | トップページ | 美ヶ原 王ヶ鼻からアルプス展望コース »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ