« 黒部五郎岳へ その四 | トップページ | 新穂高温泉 中崎山荘 奥飛騨の湯 »

黒部五郎岳へ その五 クマに遭う

続きです。8/2も良い天気。

2022080201

今日もテント場からは笠ヶ岳が見えていました。下山だけだからのんびり出発しても良かったのですが、やはり暑さとの戦いになりそうなので早めに出発準備。テントを畳んでいたら、「おはようございます」という声が。昨日の女性二人が声をかけてくれました。「お気をつけて!」と声を掛けて出発を見送ります。なんか良い朝だなぁ。。。しばらくしてから自分も出発。

2022080202

チングルマの果穂って、やっぱり独特ですよね。

2022080203

やっぱり槍ヶ岳のシルエットを見ながら進みますが、日差しを浴びると朝からすでに結構暑いこと。

2022080204

チシマギキョウが咲いていました。

2022080205

こんな暑い中でもまだ雪渓が残っていました。

2022080206

快晴で雲なし。気分は良いけど、やっぱり暑い。。。

2022080207

ということで名残惜しいけれど、笠ヶ岳分岐。これで稜線とはお別れです。

2022080208

どんどん下りますが、たくさんの人が登ってました。途中にはハクサンフウロが良く咲いていました。

2022080209

食材も減り、ザックも軽くなった模様。どんどん歩いて鏡平。こんなに天気の良いのは初めてです。

2022080210

小田原のおじさんがいつもここに来るとかき氷を頼む、という話をされていたので、自分もかき氷を頼んでみました。確かに冷たくてあっという間にたいらげてしまいました。

2022080211

少し先からは、初めての槍ヶ岳の眺め。残念ながら風が強く、鏡のようには写りませんでしたが、今回3度目だったかで初めてこの槍ヶ岳の眺めを眺めることが出来たのですから文句はありません。しばらく眺めました。

2022080212

下っている人もたくさんパスして、さらに登って来る人も多数会いながら下っていきます。途中で会った登ってきた女性が「この先でクマを見かけたので気を付けてくださいね」とのこと。ええ、本当にクマいるの?京都のおじさんもクマでしばらく足止めされたなんて話をしていましたが、まさか遭わないでしょうと思いながら下ります。

だいぶ下ったところで、3人くらいのグループが、「すぐそこでクマがいました」という。そのまま下ろうとしたら、「行くんですか?」と言われたけど、これを通らなきゃ帰れないのでと言い残し、先に進むと、確かにクマが!

でも、どうやら子熊らしいのと、登山道の左の樹林の中にゴソゴソと入っていったので、これなら大丈夫とエヘンと咳払いなどしながら足早に通過。少し先へ行って振り返ったけど、こちらには来ていないので安心しました。少し先に進むと登ってきたグループが「クマいませんでした?」と聞くので、「すぐそこで遭いました。」と言うと、「自分達をずっと先導して登山道を歩いていたんだよ。」とのこと。あまりにも登山者が多いので、人に慣れてしまっている様子です。ちなみに自分が双六小屋などのテント場を予約した時もわさび平小屋は熊出没のためにテント場が封鎖されていました。まあ、何もなくて良かったです。

2022080213

チボ岩という所を通り過ぎます。ザックを下ろして一呼吸休みます。

2022080214

水が流れている、ということでザックを放り投げて顔を洗うと気持ち良いこと。しかし、事件はこれだけでは終わらなかった。ザックを背負うとあれ、帽子がない!あたりを探してみたけど、どこにもなく、どこに入れたのかも思い出せない状況。もう使い古しの随分古い帽子だったけれど、いろんな山に持っていった帽子なのでかなりショック。しかもこの直射日光で帽子なしはきつすぎる。たまたまザックに入れたおいたバンダナがあったのでそれを巻いてなんとかなりました。チボ岩まで登り返してみたけど、やはり見当たらず、諦めますが、気分ダダ下がり。。。(T_T)

2022080215

消沈した気分で秩父沢を渡ります。

2022080216

暑いことこの上なしの林道を歩き、わさび平小屋。ベンチが日当たり良好。なんとか日影の場所を見つけて休めました。テント場は8/10にはクマの目撃情報がなくなったようで、現在は再開されているようです。

2022080217

ひたすら林道を歩きました。途中、煙が上がっていてなんだろうと思ったら、風穴からの冷気でした。さらに歩いて新穂高温泉に下山し、山行終了でした。

 

« 黒部五郎岳へ その四 | トップページ | 新穂高温泉 中崎山荘 奥飛騨の湯 »

登山(北アルプス)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは。
やはりこのあたりでお出かけでしたか。
晴れれば暑いのが難ですが、展望は素晴らしかったのですね。
黒部五郎岳、私は行ったことがないですが、山深くて大きいお山のようで
夏にはやっぱり縦走ですよね。 (^^)
お花、テント泊、熊との遭遇も、盛りだくさんに楽しまれましたね。

はなねこさん、こんにちは。

そうですね。やはり夏にはアルプス縦走に行きたくなります。
コロナで高山に行くのもなかなか難しく、ホントに今年は久しぶりのアルプス縦走、いろいろありましたが、やはり楽しめました。黒部五郎岳はずっと行きたいなと思いつつ、なかなか行けない山で、ようやく行けた感じです。行く前の天気予報は曇りや雨ばかりの予報だったから、こんなに展望が楽しめるとは思ってもいませんでした。

それにしてもこのところ、雨がやたらに多いですね。雨が降らないと異様に暑いし、山選びが難しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒部五郎岳へ その四 | トップページ | 新穂高温泉 中崎山荘 奥飛騨の湯 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ