« 美ヶ原 王ヶ鼻からアルプス展望コース | トップページ | 霧ヶ峰 八島湿原から車山周遊 »

信濃路自然歩道

8/21は雨に降られそうでしたが、軽井沢へ。

2022082101

軽井沢駅からバスに乗り、三笠バス停で下車。旧三笠ホテルは現在改修中で見学はできないようです。雨は降っていませんでした。

2022082102

少し進むと料金所がありますが、その横から自然歩道が始まります。

2022082103

なかなか雰囲気が良いです。

2022082104

途中にはときおり軽井沢町の看板があります。

2022082105

林道のような道をしばらく辿りました。

2022082107

小瀬温泉入口の近くで道路を進んでしまいましたが、少し戻って道に入ります。

2022082109

駐車場の先に進んでいくとやがて橋を渡り、竜返しの滝に立ち寄ります。水量もあってなかなかの滝。

2022082110

途中の道標を見ると残りの距離はまだまだ。

2022082111

ソバナでしょうか。たくさん咲いていました。

2022082112

ひたすら歩きます。

2022082113

途中、道路を渡ります。

2022082114

川を下流方向に進むので大丈夫かなと思いましたが、折り返して下り、橋を渡りました。

2022082115

カラマツ林の中を進みます。このあたりから人に会うようになりました。

2022082116

沢に近い所を歩くようになり、比較的涼しい感じ。

2022082117

ツリフネソウがありましたが、色が落ちていて、アルビノ種っぽい感じ。

2022082118

結構登りが続いてしんどかったですが、やがて観光客の多い白糸の滝。どこから水が来ているのか不思議な滝でもあります。

2022082119

先に進むと階段道。結構きついです。

2022082120

上に出るとちらりと下に白糸の滝が見えました。先に進んでいきます。

2022082121

だいぶ歩くとシダ類の植物がたくさん生える森を通りました。

2022082122

やっと峰の茶屋まで1Km。三笠から9.7Km歩いたのですね。

2022082123

ようやく峰の茶屋に出て、自然歩道終了。浅間山はガスの中でした。

2022082124

バス停に行くと5分くらいでバスが来る時間。それを逃すと一時間以上待ちだったのでラッキーでした。

 

« 美ヶ原 王ヶ鼻からアルプス展望コース | トップページ | 霧ヶ峰 八島湿原から車山周遊 »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美ヶ原 王ヶ鼻からアルプス展望コース | トップページ | 霧ヶ峰 八島湿原から車山周遊 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ