« 万座温泉 熊四郎山、牛池 | トップページ | 万座温泉 日進館 »

万座・山田峠コース、坊主山

9/4は早朝は青空。露天風呂でのんびり浸かりながら眺めてました。

2022090421

でも、9時頃に宿を出るとやはりガスガス。休憩舎を目指します。

2022090422

かなり濃い霧。これじゃ、山田峠に行っても何も見えなさそう。。。

2022090423

突然熊に遭ってもおかしくないなぁと思いながら進みます。

2022090424

橋を渡って先へ進むと登り道。木段の道は少し古びている上に苔が生えつつあり、少し滑りやすい道。

2022090425

上部の木段はかなり滑ってやばい所がありました。稜線への道になると今日もシラタマノキ。

2022090426

オヤマリンドウがやはりたくさん。少し明るくなってきたかな。

2022090427

随分上に登ってきて、上を見上げるとあれ、ガスが少しずつ切れてきたみたい。

2022090428

登山道が下りになって先に草津白根山が見えて来ると、おお、明るくなった!もちろん先の白根山に向かう道は立入禁止で通行止めです。

2022090429

道路に出て、先に進むと、うわっ、晴れて青空が!左に見える山は横手山です。やはり自然はドラマを見せてくれるなぁ。(^^)

2022090430

右手は深い谷。写真だと分からないと思うけれど、車道はかなり高い所にあるので、高度感ありありです。

2022090431

左手には志賀高原の山々が並んでいます。以前は渋峠を越えるバスがあったので、こちらから行けたのですけどね。

2022090432

右手には避難小屋。いつ頃のものなのかな。

2022090433

ということで山田峠の標柱があるところまで行きました。とんがり小ピークの先の横手山は山頂ヒュッテもしっかり確認できました。

2022090434

往路を戻り、再び万座温泉に向かいます。

2022090435

登山道から近いところに坊主山という山があるようです。ガスなら行かなかったけど、晴れたので藪に突入してみました。途中から踏み跡を見つけました。

2022090436

山頂近くからの横手山の眺め。

2022090437

通り過ぎそうになったけど、坊主山のプレートが木に付いていました。ただのヤブ山。

2022090438

先にも踏み跡が続いていました。これは万座峠などへ続く稜線の踏み跡なのかな。

2022090439

帰りは踏み跡を辿って道に戻れました。

2022090440

振り返ると草津白根山もガスがなくなっていました。

2022090441

戻る途中はやはりガスがまだ残っているようです。

2022090442

志賀高原のスキー場のリフトが遠くにちらりと見えました。やっぱり志賀・万座は近いですね。

2022090443

帰りのこの木道が超危険。足を載せたら、両足滑って尻もち。その先は横を歩かせてもらいました。

2022090444

木道もそこを過ぎればそれほどではなく、どんどん下っていき、休憩舎に着いてのんびり昼食にしました。

 

« 万座温泉 熊四郎山、牛池 | トップページ | 万座温泉 日進館 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万座温泉 熊四郎山、牛池 | トップページ | 万座温泉 日進館 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ