« 万座温泉 日進館 | トップページ | 越後湯沢温泉 江神温泉浴場 2022 »

桝形山

9/10は、こんな山へ行ったことのある人は滅多にいなさそうな長岡の里山、桝形山へ。
ちなみに車ならば山頂直下まで車で入れるので、ほとんど登る必要がない山でもあります。

2022091001

長岡駅からの信越本線を越後岩塚駅で下車。

2022091002

川を渡ります。

2022091003

左手に見えるのがおそらく桝形山。

2022091004

飯塚八幡神社でお参り。その先の林道八幡峠線に入ります。

2022091005

林道八幡峠線を歩いていくと伝説あま池と書かれていますが、ヤブだらけで池なんてどこにも見えません。

2022091006

林道を歩いていると左手にちらりとこんもりした所がありましたが、あれが桝形山かな。

2022091007

さらに進んでいくと石清水不動様。石仏の下から水がちょろちょろと流れ出ていました。

2022091008

もう少し歩くと登山道入口。

2022091009

歩く人は少なさそうな草の生えた道を進みます。

2022091010

石仏の並んでいる所に出ました。直進しそうになったけど、それは桝形山には行かなさそうなので、地形図の尾根通り、西に進みます。

2022091011

しばらくのらりくらりと尾根を進むと階段があり、登ってみたら、休憩舎がある場所。ここは後で知りますが、出郭で城跡の一角。

2022091012

急な木段で登ると桝形山の山頂。畑や街並みなどを眺められました。

2022091013

二等三角点が置かれていました。299.6mの点名飯塚。ここは桝形城址で、戦国時代のお城があった場所です。

2022091014

向こうに見える山はどこの山だろう。土地勘がないので、全然分かりません。妙高とかなのかな。

2022091015

芝生になっている感じ。奥に休憩舎があったので、そこで休みました。

2022091016

桝形山神社もありました。

2022091017

下りはごく普通の林道コースを下ることにします。山頂からわずかに下ると広場。使われているのか分かりませんが、キャンプ場になっているみたいです。このあたりは二の郭。

2022091018

道路に降りると案内板がありました。

2022091019

林道を延々と下っていきます。だいぶ下るとめし塚公園と表示のある所。ちょっと草が生えていましたが、入ると石碑などが置かれていました。

2022091020

降りていき、飯塚のバス停まで来ると、なんと長岡行きのバスにぴったりの時間。列車で帰るつもりでしたが、せっかくなのでバスで長岡駅に出ました。

 

« 万座温泉 日進館 | トップページ | 越後湯沢温泉 江神温泉浴場 2022 »

登山(越後)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万座温泉 日進館 | トップページ | 越後湯沢温泉 江神温泉浴場 2022 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ