« 信濃路自然歩道 | トップページ | 万座温泉 熊四郎山、牛池 »

霧ヶ峰 八島湿原から車山周遊

8/28は霧ヶ峰へ。

2022082801

相変わらずの雨予報、それでも午後からは天気が良くなる予報だったので霧ヶ峰へ。
上諏訪駅から八島湿原で下車するとやっぱりガスの中。

2022082802

サラシナショウマが良く咲いていました。

2022082803

やっぱりタチフウロ!

2022082804

マツムシソウもたくさん。

2022082805

数は少ないですが、トリカブトも見かけました。

2022082806

すっかり秋めいている感じの湿原を見ながら進みます。

2022082807

ツリガネニンジンでしょうね。

2022082808

蝶々深山へ向かう道は逆コースは滅多に歩いていないので下りとは雰囲気がちょっと違うなぁ。

2022082809

物見岩のあたりまで来るとすっかりガスガス。

2022082810

蝶々深山もガスの中なのでさっさと通り過ぎ、車山乗越。以前にはなかった道標が立っているな。

2022082811

車山に向かいましたが、さらにガスが濃くなり、風もあって、ちょっと荒れ気味の山頂。晴れていれば鳥居の向こうに富士山が見えるはずなんだけど。。。

2022082812

下っていくと、あれ、少し霧がなくなり雲も切れてきた感じ。

2022082813

ハナイカリがたくさん咲いてました。

2022082814

沢渡を過ぎてさらに進むと、あれ、日差しが。。。

2022082815

旧御射山競技場跡だそうな。

2022082816

霧ヶ峰本御射山神社でお参り。

2022082817

歩いていけば、再び八島湿原に入り、ハバヤマボクチ。

2022082818

秋のお花がたくさん咲いていました。

2022082819

たくさんのオミナエシの中にヤナギランもわずかに咲き残っていました。

2022082820

最終バスまで、まだ時間があったので、再度湿原を散策。アサマフウロの良い状態のものを探しました。

2022082821

ありゃ、すっかり晴れて車山までしっかり見えているではないですか。天気は変わるものですね。

2022082822

八島湿原のバス停に戻り、時間がまだ余ったので、ビジターセンターで一人でビデオをしばらく見てました。

 

« 信濃路自然歩道 | トップページ | 万座温泉 熊四郎山、牛池 »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん お久しぶりです。
私もリブルさんの1ヶ月前に八島湿原に。初めてでした。
楽チンで良いところですね。修学旅行なのか、小中学生の団体も。

やはりアサマフウロに注目されましたか? 私もです。最初は色が濃いハクサンフウロかと思いましたが(笑)、別物ですね。

ねもさん、こんにちは。
霧ヶ峰は軽く歩ける良い山です。家族連れなんかもよく見かけますね。その上、高原らしく涼しいのがいいです。
八島湿原は動物避けの柵などで守られているので、高山植物がよく残っていて、お花がたくさんあって楽しいですね。

アサマフウロは色が濃いですね。他の山では滅多に会えないお花なので、あれだけの数咲いている場所はとても貴重だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 信濃路自然歩道 | トップページ | 万座温泉 熊四郎山、牛池 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ