« 湯田中駅前温泉 楓の湯 | トップページ | 五輪山から鎖場で伊豆ヶ岳 »

上成木から高水山

10/8は高水三山へ。三連休らしからぬ歩きだけど、こんな天気だとしょうがないよね。

2022100801

随分本数の減った上成木行きに東青梅からバスに乗りました。

2022100802

歩き出すとすぐに表参道の石柱。

2022100803

林道に入って少し進むとゲートがあり、左に折れて進むと鳥居がありました。この道、降りて来たことがあったような気がするけど、登ったことはたぶんなかったかな。

2022100804

山道を登っていきます。再び林道と交差して階段を登って山道を進むと「高水山のマッターホルン」と書かれた石がありました。

2022100805

途中には合目石をよく見かけます。古いものと新しいものとあり、結構、合目表示がずれてます。

2022100806

杉の多い山道を進みます。

2022100807

高水山が近づくと水場がありました。

2022100808

いつもの軍畑駅からの道と合流すれば、もういつもの階段。

2022100809

時間が遅いせいか、常福院は人気がありませんでした。

2022100810

高水山の頂上にはさすがに数人が休んでいました。

2022100811

進んで岩茸石山からの眺め。やっぱり雲がどんよりです。

2022100812

大伐採地は少し緑が増えたけどそのままのようです。

2022100813

惣岳山でお参り。

2022100814

御嶽駅に降りて出店で売られていた、わさび漬け買って帰りました。

 

« 湯田中駅前温泉 楓の湯 | トップページ | 五輪山から鎖場で伊豆ヶ岳 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湯田中駅前温泉 楓の湯 | トップページ | 五輪山から鎖場で伊豆ヶ岳 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ