« 渋温泉 | トップページ | 小布施観光 »

雁田山へ

10/2は雁田山へ。

2022100201

渋温泉の朝から営業している旅館で美味しい朝食を取って、のんびりと電車に乗り、都住駅で下車して歩き出し。

2022100202

先へ向かうと向こうに雁田山の峰々が見えてきます。

2022100203

浄光寺には問題なく着けたのですが、山への登山道の入口が分からず右往左往。踏み跡に入ってみたりして、古いお堂で終わっていたりして30分はロス。なんだ、もう少し先へ進めば良かっただけでした。

2022100204

問題なくしっかりした登山道を登っていきます。もう降りて来る人がいました。大きな岩は一の岩かな。

2022100205

今日も快晴。

2022100206

登っていくとこの時期にしては結構暑いです。今年は気候がおかしいね。ようやく二の岩。

2022100207

それでも樹林の中は若干涼しいです。

2022100208

尾根に辿りつき、左に登っていくと「鬼のつぼや」の表示。

2022100209

薄い踏み跡を辿りましたが、案内板はあったものの、あたりはヤブ。この時期は無理だなぁ。

2022100210

戻って先へしばらく登ると登り着いた所が雁田山の山頂。昔、国鉄時代の無線反射板が置かれていた跡が残っています。

2022100211

近くには一等三角点がひっそりとありました。

2022100212

北アルプスを眺めながら、枯れ葉に座り込んで昼食。

2022100213

先へ進むと岩の間を進んだり、岩を登ったりします。

2022100214

登り着いた所には休憩舎があり、大展望。北信五岳が手に取るよう。ここで昼食にすればよかった。。。
しばらく眺めを楽しみました。

2022100215

先へ進むと急に岩がありました。これは姥石。

2022100216

なかなか先もアップダウンがあって、意外に大変です。

2022100217

それでも樹林の千僧坊に着きました。

2022100218

せっかくなのでヤブの踏み跡を最高点の三等三角点まで行きました。

2022100219

古い滝ノ入城跡の表示が置かれていました。

2022100220

千僧坊に戻って下ります。この眺めも見納め。

2022100221

下降路は結構急な斜面をじぐざぐで下ります。結構、注意が必要な道。

2022100222

だいぶ下って、先へひたすら進んで小ピークも過ぎるとおや、掘割らしき所を通過。

2022100223

その先に休憩舎があり、石祠もありました。そこが大城。城跡です。

2022100224

さらに下ると小城。こちらも城跡の一角。ここからの下り道が良く分からず、また右往左往したら、直進してやや左に石段がありました。

2022100229

下る道もかなり急降下でしたが、やがて岩松院の境内に降り立って終了でした。

 

« 渋温泉 | トップページ | 小布施観光 »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 渋温泉 | トップページ | 小布施観光 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ