« 関八州見晴台から役の行者像 | トップページ | 高社山へ(下山編) »

高社山へ

10/1は長野へ。

2022100101

自分はまだ長野までしか乗ったことがないので、初めての北陸新幹線で飯山駅下車。信州中野行きのバスに乗ります。

2022100103

赤岩バス停で下車して歩き出し。先に見えるのが高社山ですね。

2022100105

下社を通過してしばらく歩けば、高社神社上社。

2022100106

先へ進んで登山道の表示。直進した先のお墓の所で左に曲がって進みました。

2022100107

不動明王の石碑。登山道にこれらの石碑が次々に出てきます。

2022100109

この時期はちょっと草がかぶる道をひたすら歩きます。それにしてもこの時期にしては夏みたいに暑いな~。

2022100110

ハバヤマボクチかな。

2022100111

天狗の飛び石がありました。

2022100112

その先からはかなりきつい登りがしばらく続きました。やはり石碑があります。

2022100113

やっとのことで稜線が近くなるとだいぶ笹が邪魔する道を進んで、ようやく胴結場。

2022100115

しばらく先へ登って進んで岩屋。高社神社の奥社があるそうです。

2022100116

天狗岩に立ち寄りました。須坂の街並みを眺められます。

2022100117

先へまたしばらく登ってようやく山頂かと思いました。そこには大きな石造りの御嶽神社。かなり古いようですが、こんな大きな石を一つずつ持ち上げたのでしょうか。

2022100118

まだ先がありますが、そんなに遠くはなさそうです。

2022100119

そろそろ紅葉?

2022100122

ということでもう少し頑張ればやっとの高社山山頂でした。

長いので続きます。

 

« 関八州見晴台から役の行者像 | トップページ | 高社山へ(下山編) »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関八州見晴台から役の行者像 | トップページ | 高社山へ(下山編) »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ