« 雁田山へ | トップページ | 湯田中駅前温泉 楓の湯 »

小布施観光

下山した小布施を観光。

2022100225

下りた岩松院にお参りして、見学。ここには葛飾北斎が晩年に描いた「八方睨み大鳳凰図」があります。
拝観料は500円でした。案内があり、それを聞きながら眺めました。
他にも小林一茶の句で有名な蛙合戦の池などもありました。

2022100226

少し歩き、朝に見学しなかった浄光寺に入り、長い石段を登ると茅葺きの薬師堂があります。平成の頃に茅葺は新しく葺き替えられたようですが、もう随分経っているようです。風が正面から吹いてきて、やはりパワーを感じさせました。

2022100227

山の恰好で向かうのはちょっと場違いでしたが、しばらく市街地を歩き、やはり見ておきたい北斎館へ。
入館料は千円。少し足早に一通り見ましたが、それでも、やはり北斎の「富嶽三十六景」の絵画などが展示されていて、なかなか良かったです。

2022100228

観光客の多い通りを歩いていると栗のスイーツのお店に人が並んでいました。小布施駅に着くと、駅中に栗ソフトクリームが売られていたので買って食べてみたら、なかなか栗の香りが濃厚で美味しかったです。

 

« 雁田山へ | トップページ | 湯田中駅前温泉 楓の湯 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雁田山へ | トップページ | 湯田中駅前温泉 楓の湯 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ