« 鶴ヶ鳥屋山を楽しむ | トップページ | 急遽の丸山 »

出遅れて青梅丘陵ハイキング

11/19は青梅丘陵へ。

2022111901

家を出るのが遅くなって軍畑駅で下車したのは10時過ぎ。電車の混雑もすごかったけど、駅のトイレ待ちもかなりのもの。歩き出してようやく榎峠手前の道標の所からコースに入ります。

2022111902

しばらく登って雷電山。若いグループが休んでいました。

2022111903

薄暗い中を進んで辛垣城跡に向かいました。ちょっと急登で辛垣山。

2022111904

降りると辛垣城跡の表示。あたりは大正の頃に採石されたようです。

2022111905

いかにもという雰囲気の岩場で狭い門のような所を通り、下ると再び巻いてきた道と合わさります。

2022111906

名郷峠を通過。小さな石祠と鳥居があります。

2022111907

先へ進んでいくと伐採地がありました。右手前の山は高水山。

2022111908

行き交う人にたくさん会いました。小さなピークからは栗平などへの分岐。もう朽ちた道標を直す人もいないのでしょうか。

2022111909

紅葉をたまに見かけます。

2022111910

どんどん歩いて矢倉台。随分木が伸びてこの時期はあまり眺めがないですね。

2022111911

このオレンジの木はなかなか良かったかも。

2022111912

マユミの実がたわわに実っていました。

2022111913

青梅の森の案内板。こんな道があったのね。また今度探索しにこよっと。

2022111914

富士山がうっすらと。この写真では見えないって?心眼で見て下さい。

2022111915

ということで青梅鉄道公園入口に出ればハイキングコース終了。

2022111916

青梅駅に出て、横にあるお店で、お土産買って帰りました。

« 鶴ヶ鳥屋山を楽しむ | トップページ | 急遽の丸山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鶴ヶ鳥屋山を楽しむ | トップページ | 急遽の丸山 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ