« 道の駅 湯西川 温泉施設 湯の郷 | トップページ | 八風山から物見山 その二 物見山編 »

八風山から物見山 その一

11/3は西上州へ。

2022110301

新幹線に乗り、トンネルに入るまでは青空だったのに、トンネルを抜けて軽井沢に着くとなんとものすごく濃い霧。しかも寒いこと。とんぼ帰りしたくなった気分でしたが、暗澹たる思いで町内循環バス外回りに乗車。軽井沢付近は紅葉がよく、霧の中でしたが赤色のモミジもよく見かけました。上発地で下車してもこんな状況。諦め気分で歩き出します。

2022110302

しばらく歩いて八風湖も霧の中。

2022110303

しばらく進むと小さな山神社があり、その先で分岐がありますが、かなり古い道標。この錆び方は昭和の頃のものかな。

2022110304

大平林道の表示はきれいで、これで目指す林道であることが分かりました。

2022110305

とは言え、林道とは名ばかり。沢にかかる橋はないので簡単だけど渡渉。その先は道が広がっていますが、とても車など入れる道ではなく、落ち葉と草の道でした。やっぱり紅葉。

2022110306

ひたすら沢沿いの林道を歩いていくとおや、青空が少し見え始めました。

2022110307

やっとのことで妙義荒船林道に出ると、これが舗装された道路?落ち葉だらけ。先には大きな倒木があってこれなら車なんて通れませんね。

2022110308

やがて霧が晴れて快晴の青空に!林道を歩いているとこれは素晴らしい朱色のモミジ!

2022110309

東登山口からの道はほとんど使われていないようなので、だいぶ歩いて普通の登山口。東登山道は通行止めの表示がありました。

2022110310

右手はカラマツの紅葉がきれいでした。

2022110311

しばらく登れば、小広い八風山の山頂。

2022110312

久しぶりに雲海が見られました。向こうは鼻曲山や浅間隠山方面でしょうね。

続く。

 

« 道の駅 湯西川 温泉施設 湯の郷 | トップページ | 八風山から物見山 その二 物見山編 »

登山(西上州)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道の駅 湯西川 温泉施設 湯の郷 | トップページ | 八風山から物見山 その二 物見山編 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ