« 急遽の丸山 | トップページ | 小野小山から十二ヶ岳へ »

久しぶりの道から石老山

12/3は石老山へ。

2022120301

河口湖駅からバスに乗り、石老山入口で下車。しばらく歩いて病院の先から登山道に入ります。

2022120302

数年前の台風でずっと通行止めで歩けなくなっていましたが、今年の夏くらいから復旧してくれた道です。十数年ぶりに石畳の道を登ります。

2022120303

岩の間を通って登っていきます。これは屏風岩。

2022120304

案内板はなくなっているようですけど、たぶん駒立岩。

2022120305

蛇木杉。樹齢400年で根が二本あり、蛇のように見えるからこの名前が付けられたようです。

2022120306

残念ながら顕鏡寺は今も復旧されていないようで、バリケードで封鎖されています。

2022120307

以前の道も登れないようで、一部道が新しく作られたようです。

2022120308

岩などを見ながら登っていきます。飯綱権現神社のある岩は擁護岩。

2022120309

八方岩を過ぎると普通の道になり、しばらく登って融合平展望台。でも、木が伸びて眺めが少ないです。

2022120310

淡々と落ち葉の道を登っていきます。

2022120311

ひたすら登って石老山の山頂に到着。晴れ予報でしたが、残念な曇り。富士山も見えず、さっさと山頂を後にします。

2022120312

途中で上を見上げれば、きれいなモミジ。

2022120313

大明神山は祠のある小さなピーク。

2022120314

大明神展望台からは相模湖と城山あたりを眺められます。いつの間にか天気良くなってますね。

2022120315

新コースが作られていて、それを下っていくと登山道入口に出ました。でも、道標がないのでどちらに進めばよいの?とちょっとまごつきました。地図を見ると、右(この写真だと左)に進むのが正しいようです。

2022120316

石老山だけだと軽すぎるので、ついでに嵐山に向かいます。プレジャーフォレストが近いので放送がうるさいこと。

2022120317

放送のうるささに耐えながら進むと真っ赤なモミジ!この色は今年一番かな。

2022120318

山の陰だと静かだったけど、やっぱり登りは放送がうるさいこと。結構登らされるので余計頭にきます。

2022120319

やっとのことで登り着くと嵐山の頂上。以前は鳥居があったけど、なくなってました。台風で倒れたのかな?

2022120320

眺めを楽しみながら遅い昼食を取りました。

2022120321

道をぐんぐん下って登山口に到着。

2022120322

相模ダムの堰堤を通ります。こう見るといっぱしのダムなんだなと思います。

2022120323

相模湖駅まで歩いて終了でした。

 

« 急遽の丸山 | トップページ | 小野小山から十二ヶ岳へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 急遽の丸山 | トップページ | 小野小山から十二ヶ岳へ »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ