« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

なんとなく高尾山から陣馬山

5/6は高尾へ。

2023050601

連休の終わりが近い上に天気はあまり良くなさそうなので、軽く歩こうと高尾山口歩き出し。シャガがよく咲いておりました。

2023050602

ツクバネウツギが咲き残りでした。

2023050603

この日の高尾山頂からの富士山は、頭に雲がかかってしまっていました。

2023050604

城山に向かうとやはりシャガがたくさん。

2023050605

ホウチャクソウもありました。

2023050606

知らなかったけど、2年くらい前から城山の天狗像復活していたのですね。

2023050607

城山あたりまで歩ければよいかと思ってたけど、なんとなく歩いてしまいます。やっぱり天気今一つ。

2023050608

どんどん先へ。せっかくなので堂所山にも立ち寄りました。

2023050609

明王峠の茶屋はGWでやってません。今後、営業することあるのかな。

2023050610

陣馬山はいつ来ても眺めが良いなぁ。大岳山もよく見えました。

2023050611

ここまで来たら藤野駅に向かうことにします。チゴユリが咲き残り。

2023050612

ひたすら歩いて集落間近のあたり。

2023050613

道路に出て、駅に向かっての登り道。民家脇はカキツバタかな。バスまで30分だったので、どちらが早いかと思ったけど、バスよりも早く到着してさらに前の電車に乗れました。

ということでこの日見たお花。

2023050614

キンさん。やっぱり山で見られると良いな~。

2023050615

うおっ、ササバさんまでいました。ホントに高尾ってお花の山ですね。。。

 

大沢温泉 野天風呂 山の家

長九郎山の帰り、池代から歩いて大沢温泉山の家へ。

2023050433

まさか入浴できる時間に下山できるとは思ってもいなかったけど、もしかしたらと思ってタオルをザックに入れておいたので助かりました。入浴料は600円だったかな。

お風呂は野天風呂のみ。浴槽はそんなに広大ではないけれど、それなりには大きく、十分な大きさです。入るとかなりの深さがあり、段がないところで入ったら、足が付かなくて溺れそうになりました。(苦笑)

お湯は少し熱め。かなりの湯量があるようで、下からザバザバと吹き上げている感じです。ホームページによるとカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉だそうな。

やはり源泉掛け流しのお湯はすごく温まるお湯。そんなに長い時間入浴した訳でもないのに、体の中からホカホカ。外に出て山の涼風に当たってもなかなか冷めませんでした。

バス利用だとなかなか行けませんが、やはり良いお湯でした。施設は新しくはありませんし、部屋数も少ないようですが、宿泊も良さそうですね。

 

長九郎山へ 山頂へ&下山編

続きです。八瀬峠から先に進んでいくと出てきました!

2023050417

待望のシャクナゲ。こちらのシャクナゲはキョウマルシャクナゲという種類らしいです。他のシャクナゲとの違いが分かりませんが、やっぱりたくさん咲いていると良いものですね。あたりにはかなりの本数がありました。

2023050418

どんどん先へ進んで山頂を目指します。山頂近くにもシャクナゲがありましたが、こちらは情報によるとアマギシャクナゲ?やっぱり違いが分かりません。

2023050419

やっとのことで山頂に到着!でも、樹林の中で何も見えません。

2023050420

展望台がありますが、本当は使用しないように松崎町のページには記載がありました。確かに古くなっていて、端には寄らないようにしました。地理感がなくて、どこの山かさっぱり分かりません。

2023050422

下山は池代に向かいますが、そちらに入ると明らかにあまり人が歩いていない雰囲気。それでも道標を頼りに進みます。稜線の鞍部から右に降りるところにはきちんと池代という表示が付いていました。

2023050423

どんどん下っていきますが、やはり踏み跡チックな道。だいぶ下った所で沢状の所に出たのですが、道がなくなっているように見えました。あたりを右往左往して探したところ、石ゴロの沢状のところを先に進むのが正解だった模様。少し先にこの写真の左の道標が出て来て道と分かりましたが、道標がなけりゃこれが道だとは分からねえわさぁ。

2023050424

その先で林道をしばらく進み、ショートカット道に入ってさらにしばらく下って林道に出ます。その先が問題だった所。松崎町のPDFだと通行止表示になっていました。しかし、現地は「通行注意」の表示。通行止ではないので、そちらの道に入って下ることにしました。

2023050425

歩きにくい所はあったものの、特に問題はなく下っていけました。沢に降りる直前が少し滑りやすいところがあった感じ。沢には橋はなく渡渉ですが、飛び石で問題なかったです。写真は渡った後に撮ったもの。

2023050427

その先も問題はなく、ワサビ田を見ながら進みます。道が細い所はありましたが、問題なく再び林道に出ました。

2023050428

さらに林道を下っていきます。何度も曲がりながらどんどん下っていきます。かなり下ったのち、再びショートカット道に入りましたが、これはほとんど使われておらず、倒木もあり、ルートを探る必要がありました。自信がなければ、林道を歩いた方が良さそう。

2023050429

山の神らしき鳥居と祠があり、無事に下れたことをお参りしました。

2023050430

林道に出ました!これで山道終了!!!

2023050431

しかし良く晴れたGW。くもりとか雨予報だったのですけどね。まだ新緑の森が楽しい雰囲気でした。

2023050432

池代に降りてきました。バス停はあるものの、朝しかないので、大沢温泉口目指して、さらに歩きました。

 

長九郎山へ 大野山から八瀬峠編

5/4は伊豆へ。

2023050401

地元の駅から一番早い松崎方面行きのバスに乗るには、下田駅まで行くと乗れません。蓮台寺駅で下車して問題なく乗れました。だいぶ乗った大沢温泉口で下車。

2023050402

通常、長九郎山は車で宝蔵院というところまで入り、往復するのが一般的。バス利用では行くのが難しいので、マニアックな登山道を辿ります。果たして歩けるか、半信半疑のまま登山口に向います。奥の山が長九郎山でしょうか。

2023050403

登山道の看板は木でカモフラージュされた感じで見落として少し先まで歩きました。戻ったら見つかりました。

2023050405

だいぶ前に台風の影響でしばらく通行止だった道。最新の松崎町のPDFだと通行止の表示は書かれていません。道標はあるものの踏み跡チックな道。以前と道が少し付け替えられているようで、少し不安になる道です。

2023050408

時折、道標があるのが救いです。でも、少し道を外して若干探したりしたところもありました。

2023050409

だいぶ登った所で大野山の巻き道に入ると眺めが。松崎の町や海を見ることができました。気持ち良い青空。

2023050410

行くつもりあまりなかったのですが、右後方に大野山の表示。じゃあ行ってみるかと向かいます。

2023050411

しかし、登ってみると特にこれといったものもなく、山名板もありませんでした。静かなピーク。

2023050412

戻って先へ。パイプの転がる小平地に出ましたが、その先、平坦に近い尾根がしばらく続き、踏み跡もよく分からず、磁石で方向を確かめながら進みました。

2023050414

やがて尾根が分かりやすくなり、どんどん先に進むと古い木段が出てきます。昔は整備された道だったのですね。アップダウンが結構あります。

2023050415

やっとのことで、出会。ここで左から宝蔵院からの道と合わさります。ベンチがあるのと、もうお昼前。まだ山頂までは一時間はかかりそうなのでここで昼食。

2023050416

ひたすら歩くとネットのある伐採地が左にあり、そちらを進んだら進めなくなってしまってわずかに戻ると道が見つかりました。少し進むと八瀬峠。道路になってますが、車は入れない模様。長九郎山の案内図が置かれていました。

続く。

 

浅間温泉 ホットプラザ浅間

ということで戸谷峰の帰りは、浅間温泉まで歩いて入浴。

2023050219

入浴料は680円。

ごく普通に内湯と露天風呂。お湯は弱アルカリ単純泉で、いくつかの源泉が混合されているようです。どちらかというとつるつる系ではなく、しこしこ系。しっかりと油分が落ちて後でさっぱりする感じです。

気に入ったのは露天風呂。パイプからドバドバとお湯が流されていて、良い感じです。そんなに熱くはなく、わずかにぬるめのちょうど良い湯加減。ゆったりと疲れが癒せました。

バスは一時間に一本程度。ちなみに松本周辺のバスは今年からぐるっとまつもとバスという名称で松本市がバスを運営するようになったようです。時間があったので目の前の広場のベンチでまったり。遊び場になっているようで、地元の子供達がサッカーボールを使って遊びに興じているのを眺めながら、しばらくのんびりしました。

良い温泉でした。ここはブログを始める前に別な日帰り入浴施設に来た事がありますが、また訪れたいですね。

 

戸谷峰へ

次の日は行ってみたかった山へ。

2023050201

本当は前日に乗りたかったけど、行けなくなってしまってこの日になりました。松本バスターミナルから鹿教湯温泉行きのバスは直行バスを除き平日のみ運行。三才山バス停で下車しますが、バイパス道にあって、こんなバス停で降りる人はまずいなさそう。

2023050202

横を大型トラックがビュンビュン走る怖い道脇を歩いて、野間沢橋が取り付き。

2023050203

新緑がきれいでした。

2023050205

トラバース気味に登る道をしばらく進み、折り返して尾根を登りますが、かなりきつい。風が冷たく、まだ冬の名残がありました。

2023050206

二つ目の鉄塔から左にしばらく登ると三つ目の鉄塔。遠くに北アルプスの山が見えますが、木が邪魔。

2023050207

小さなニリンソウがちらほらと咲いていました。ここは谷ではなく山上。珍しいですが、アルプスの冷たい風が来ているから、沢みたいに寒いので生育条件に合っているのですね。

2023050208

山頂に向かいます。まだこのあたりは冬枯れの雰囲気。

2023050209

おお、ヤマエンゴサクが。

2023050210

ネコノメソウまでありました。

2023050211

ということで山頂到着。昨日の光城山ほどではないけれど、北アルプスの眺めがやはり楽しめました。

2023050212

山頂には一組おりましたが、降りて行ったので少しの間、一人で静かな山頂でした。一人登ってきたようなので、下山することにしました。

2023050213

下って谷のあたりまで下ると行きにはあまり咲いてなかったけど、日当たりがよくなったせいか、咲いているニリンソウが増えてました。

2023050214

やっぱり新緑がきれいです。

2023050215

野間沢橋に降りて終了。

2023050216

三才山のバス停に戻ったけど、バスは一日二本しかなく、2時間半待ち。これは歩くしかない!とまた大型トラックががんがん走る道横をひたすら歩きました。こんなところを歩くのはただの馬鹿でしょう。マネしない方が良いです。途中から振り返ると奥が戸谷峰でしょうか。

2023050217

山城口というバス停まで来ました。ここ始発のバスがあるので、多少バスの本数が増えますが、一時間待ち。

2023050218

しかし、すぐ手前に浅間温泉2Kmという表示があり、2Kmならば後30分も歩けば着くよな~と浅間温泉まで歩いちゃうことにしました。快晴の素晴らしい天気。気分よく歩けました。

 

光城山から長峰山へ

だいぶ時間が経ってしまいましたが、5/1は長野へ。

2023050101

予定では別な山に登るはずでした。一番電車で出かけて甲府で乗り換えて進んでいくとなんと富士見駅で信号機故障。そのおかげで小淵沢駅止まりとなり、予定の山にはいけません。いい天気なのに。諦めかけたけど、ようやく止まっていた特急が動くということで特急料金払ってもと乗りましたが、この日のみの特別措置で特急料金無料で乗れました。それでも松本駅には予定の2時間遅れで到着。

こんな事もあろうかと何かで予定の山に行けなくなった時にこの山ならと調べておいたのが光城山。田沢駅で下車したのはもうお昼近い時間でした。駅からも北アルプスの眺めがあるのが良い感じ。

2023050102

30分ほど歩いたところにようやく登山口。すでに少し暑いです。桜のきれいな山らしいけれど、さすがにもう終わって新緑です。

2023050103

足元にはホタルカズラが雑草のようにたくさん咲いていました。

2023050104

アセビも満開。肉眼だとそれなりに豪勢ですけど、写真だとそんな風に見えないですね。

2023050105

きれいなジュウニヒトエもたくさん。

2023050106

これはハルリンドウかな。たくさん咲いているのが良いですね。

2023050107

青空と新緑の山。やはりGWらしいなぁ。

2023050108

城跡への道を分けて山頂に向かいます。

2023050109

サクラソウがたくさん咲いてました。植栽とは思えないけれど人の多い山なのでどうなのかな。自生なら初めてだけど。

2023050110

城跡らしく、山頂付近には、土塁の雰囲気が残っています。

2023050111

さすがにもう13時なので霞みがち。でも、やっぱり北アルプスの眺めは良いなあ。

2023050112

透明の案内板がありました。これは素晴らしい!見るとほとんど歩いたことのある山だったりする。。。

2023050113

少し先に行くと神社が。古峯神社だそうです。木祠が二つほど中にありました。

2023050114

久しぶりのイカリソウ。

2023050121

途中、烏帽子峰にも立ち寄りました。

2023050115

ときどき林道に出て、さらに歩いて長峰山への登り。

2023050116

長峰山には大きな展望台があります。すっかり北アルプスは雲が来てしまったようです。広い眺めの山ですね。多くの人は車で来ているようです。

2023050117

反対側には美ヶ原やそちらの山々。

2023050118

長峰荘に向かいます。こちらも新緑の気分の良い道。下の方は急な所や道が掘れてしまって歩きにくい所が多かったです。

2023050119

この道標を見れば、もう山道も終わり。

2023050120

道路歩きがちょっと長かったけど、明科駅まで歩きました。写真を撮っていたら一本乗り逃す失敗。1時間待たされることになりました。

 

カッコソウを探しに鳴神山

レポが溜まりまくってますが、4/29は群馬へ。

一番電車で出かけて桐生へ。急いでバス停に行き、吹上行のバスに間に合いました。地元の方らしき人がたくさん乗りましたが、お墓参りの方が多かったようです。

2023042901

ということで吹上バス停から歩き出すとウツギがよく咲いていました。

2023042902

しばらく歩いて駒形登山口の入口。この日はGWのせいか、登山者に案内をしている人達がいるようでしたが、自分は左の赤柴登山口に向かいます。

2023042903

林道を随分歩いて以前にも来たことのある赤柴登山口。その時は林道の工事で通行止めのようでしたので、リベンジになりました。

2023042904

さらに林道を歩いていくとろくろっ首?と思うような背高のっぽさんのタチツボスミレ。

2023042906

谷っぽい感じの地形の中を歩いていきます。やっぱり新緑が良い感じ。

2023042907

再び登りになるとヤマツツジがよく咲いていました。

2023042908

結構きつい道を頑張ると椚田峠に到着。

2023042909

降りていくとカッコソウたくさん咲いてました!前に来た時は時期が終わりかけで一輪しか咲いてなかったので嬉しいです。

2023042910

虫さんがお花を食べるのが好きらしくて、近寄ると黒っぽい点が付いているお花がほとんどです。これはまだ食べられる前のきれいなお花かな。

2023042911

椚田峠に戻って山頂に向かいます。こちらのフモトスミレはほとんどフイリです。

2023042912

やっぱり新緑の山は楽しいですね。

2023042913

山頂は人だらけ。こんなにすごい人がいるとは思わなかったです。山頂表示を撮るのがやっと。

2023042914

人だらけの山頂で食事なんかしたくないので、さっさと下ります。少し下って雷神岳神社広場に出ると静かな感じでゆっくり昼食。左から風が来て少し寒かったです。

2023042915

昼食を終えたら、梅田の方に下ります。

2023042916

ひたすら下っていきます。さすがにこちらは静かな歩き。それでもたまに登って来る人に会いました。まだ花粉が飛んでいるのか、鼻水が。このあたりが中間点。

2023042917

さらに歩いて行けば、大滝登山口。

2023042918

ひたすら道路歩き。長い歩きでしたが、梅田南小学校前バス停に出て終了でした。

2023042919

ということでヒイラギソウは自分はお初かな。

2023042920

これは何スミレでしょう。ギザな葉で、もしかしたらナルカミスミレ?それにしては葉っぱが大きすぎ。植栽かと思うような大きな葉で、下向いているから写真撮るのもこれが限界。やっぱりスミレはよく分かりませんねぇ。。。

 

西山峠から峯の薬師

4/23は高尾へ。

2023042301

高尾山口駅で下車して歩き出し。藤の花がよく咲いていました。

2023042302

貴布祢社でお参り。

2023042303

結構人に会いながら、道を進むとニリンソウがちらほら。

2023042304

ニリンソウとヤマブキソウがたくさん咲いていました。

2023042305

最盛期はちょっと過ぎていたのかもしれませんが、それでもなかなかの広さでした。

2023042306

やっぱりお花は良いですね。

2023042307

ということで登り着いた西山峠。

2023042308

先へ進んだ泰光寺山で昼食。何も見えないピークであまり休む人もおらず、みなさん通り過ぎるだけなので静かな山頂でした。

2023042309

しばらく歩いて三沢峠。団体さんが休憩中なので素通り。

2023042310

この日はまだまだ新緑を楽しめました。

2023042311

薬師の手前からは津久井湖がよく眺められました。

2023042312

久しぶりの峯の薬師でお参り。

2023042313

林道を降りましたが、降りた所にあるバス停は数分前に行ってしまった模様。城山高校前のバス停まで歩き、橋本駅に出て帰りました。

2023042314

ということで、くまちん、たくさん見られましたとさ。

 

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本