« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

万太郎山から吾作新道

仙ノ倉山からの続きです。

2023061831

荘厳な夜明け。右はエビス大黒ノ頭、左は万太郎山方面。夜半過ぎから風が強くなり、強風になっていました。

2023061832

まずはエビス大黒ノ頭を目指します。雨具の上を着て歩きます。風をまともに受けるのでふらつきました。

2023061833

しばらく頑張り、エビス大黒ノ頭。もう向こうからやって来る人がいました。一つ先の避難小屋からかな。

2023061834

たくさんの人に会いながら先に進みます。アップダウンが大きくて、風が強い所と弱い所といろいろでした。

2023061835

今日もイワカガミ。これはオオイワカガミの方かな。

2023061836

下った所には道標が倒れていて、毛渡乗越。細い踏み跡が下っていました。

2023061837

風に吹かれながら登っていくと越路避難小屋。

2023061838

万太郎山を目指します。振り返るともう後ろから人が来てました。

2023061839

まだ谷にはわずかに雪が残っているのが見えました。

2023061840

頑張って万太郎山の山頂。すぐに後ろから人がやってきて、他にも数人登ってきました。みなさん山の家から来ている模様。早いなぁ。ここは若干風が弱かったので朝食作って食べました。

2023061841

少し先へ行けば、谷川岳方面との分岐。随分前に谷川岳から仙ノ倉山は縦走しているけれど、ここまでくるとまた行ってみたいなという気持ちにもなりました。

2023061842

でも、やっぱり予定通り、歩いてみたかった吾作新道を下ることにします。ちなみに真ん中右下の谷の向こうに白っぽい所が見えるけれど、土樽PAあたりと思われます。あそこまで下るんです。

2023061843

ミツバオウレンが咲いていました。

2023061844

結構きつい下りが続きます。飛べそうなジャンプ台みたいなピーク。これは左から巻いて下ります。

2023061845

かなりの高度感のある急降下が続き、ロープの付いた岩場などもありました。なかなか手強い道。さらに下るとロープがあったもののザレた下りは結構厳しい。その上、稜線から外れたせいか、風が止んでしまい、気温がどんどん上がって暑いです。何人も登ってくる強者がいました。ピークに着くと単独の女性が休んでいました。やはり登りだそうな。この道登るのは相当きついです。

2023061846

暑さバテしそうになってきます。水をがぶがぶ飲んでしまいました。

2023061847

右手を見れば、谷を挟んで谷川岳や茂倉岳の稜線でしょう。

2023061848

下っていく途中はアカモノがこれでもかと足元に咲いていました。

2023061849

結構登り返しがあってしんどいです。ここで天狗様の親戚みたいな女性二人にパスされました。

2023061850

途中には結構な太さのブナがあります。そこは少し風が涼しかったりしました。

2023061851

やっぱり先へ下るとすごいきつい下り。ロープの付いたりしている所も多々あるけど、ひたすら下る道は大変です。下り疲れて途中で何度か休憩。やっぱり大きいブナがあります。

2023061852

やがて低山帯に変わりますが、やっぱりそれなりに下り。だいぶ下った所でまだこんな太いブナの木がありました。

2023061853

それでも下ると、道路に出ます。振り向くと吾作新道入口の表示がありました。

2023061854

のんびり歩きました。途中、その道を作った高波吾作氏の像があるはずでしたが、見つけられなかった上に少し道を間違えたりしましたが、なんとか土樽駅に到着。

しばらく待って越後湯沢駅に出て、ぽんしゅ館で入浴し、お蕎麦を食べてから帰りました。

 

仙ノ倉山へ

6/17は新潟へ。

2023061801

越後湯沢駅から10時前のバスに乗り、元橋バス停で下車。もう一つ向こうだよと近くにいた地元の方に言われたけど、地図を見る限り大差ないなという感じ。こちらからだと少し登りになるからかな。

2023061802

8時台のバスにも乗れたけど、そんなに早く行ってもなあと思っていたけれど、この日の駐車場は満杯。まさかそんなことになるとは思いもしなかったです。もっと早いバスに乗ればよかった。しばらくで登山口。

2023061803

しばらくは樹林の中だったけど、明るい所に出ると日差しが暑い感じ。ヤマツツジがまだ咲いてました。

2023061804

やっぱりここの登りはそれなりにきついなぁ。久しぶりのシュラフ入りの荷物が重いです。ようやく鉄塔まで登れば四合目。

2023061805

先へ進むとツクバネウツギがよく咲いていました。

2023061806

ウラジロヨウラクツツジは数が少ない感じでした。

2023061807

松手山は学生らしきグループが休んでいたので先まで行って休みました。まだまだ登りだなぁ。

2023061808

イワカガミがよく咲いてました!

2023061809

上部になるとヨツバシオガマ!おひさ~。

2023061810

結構登ってきたけど、まだきつい木段の登り。

2023061811

むひょひょ、ハクサンイチゲがたくさん咲いてました。

2023061812

あたりはお花畑。やっぱり良い山だなぁ。

2023061813

やっと平標山が見えてきました。

2023061814

平標山に着くとすごい人。こんなに人の来る山頂なんだ。大人数のグループが下ろうとしていたので、さっさと下ります。

2023061815

平標山の家に下りましたが、すごい人だらけ。テントはそこら中に張られ、自分も持って来ればよかった。避難小屋泊りのつもりでしたが、すでに板の間は人でいっぱい。なんとか一人くらい入れるかなと思っていたら、後から来た女性に入られてしまい、これでは泊まれそうにないです。諦めて、先に進むことにします。最悪ツェルト泊をこの時点で想定。稜線は水場がないので、ここで3.6L汲み、持って登り返します。

2023061816

さすがに平標山の登り返しはすでに足が疲れている上に、泊まれない気分と水が重いのでマジきつかった。山頂は人が少なくなってはいたもののそれなりにいました。

2023061817

仙ノ倉山に向かう斜面もものすごい広いハクサンイチゲのお花畑。

2023061819

ハクサンコザクラも交じり、やっぱりお花の山です。

2023061820

木段の登り返しは足が重い。。。

2023061821

仙ノ倉山の広い山頂。さすがに16時30分過ぎでは人がいませんでした。

2023061822

ということで頼みの綱のエビス大黒の避難小屋。ノックして開けてみたら、やはり中には人がいました。この先の避難小屋は2時間先。もう足ががたがたで歩けないし、一人寝られるくらいのスペースがあるので、ここでツェルトで泊まることにします。自分はツェルトで寝るのは初めて。風がちょっとあったけど、ちょうど飛ばないように置ける手ごろな石もあったし、水は3L残っているし、雨も降らなさそうです。でも、ストックとかないし、太い枝もここにはないので、かぶるしかなくてビバークってこういうことなのかなって感じでした。それでも水をあまり使わない夕食を取り、シュラフに入ってしまえばなんとかなりました。さすがにウィスキーを飲む余裕もなく、なかなか寝付けませんでした。

うとうとして21時頃になってツェルトから顔を出すと満点の星空。しかも短時間に流れ星を二つも見るという貴重な経験ができました。

続く。

 

天山湯治郷 かよい湯治 一休 2023梅雨

6/11は温泉へ。

2023061101

土曜日は外せない用事があって出かけられず。疲れてしまって、日曜日は雨だし、久しぶりに箱根の温泉へ。

やっぱりのんびり入浴するならここ。入浴料は1200円。さすがにここも以前来た時よりも入浴料が上がってました。

でも、やっぱり良い温泉。いつもの通り、階段で下に降りた所がお気に入り。でも、今回は他のお風呂も回って入り、のんびり。2時間近くも入ってしまいました。こんなに長く入浴したのは初めて。やっぱり疲れを癒すことができました。お昼を持ってきていなかったので、天山の方が良かったかなぁと思いつつ、箱根湯本に向かいました。

途中で湯もちを購入し、駅弁を列車内で食べて、のんびり帰りました。
帰宅して食べた、湯もちは久しぶりで美味しかった~。(^^)

 

台風一過の鷹ノ巣山

6/4は奥多摩へ。

2023060401

久しぶりの峰谷行きのバス。峰谷までは結構人が乗っていた感じ。10数人はいたかな。

2023060402

ユキノシタがよく咲いていました。

2023060403

山道に入るくらいまでは自分が先に登ったけど、若い人はやっぱり早くて4人くらい抜かれたかな。ここの登りはやっぱりきついよね。

2023060404

ほだ木地帯は以前より大きいかも。このあたり結構登りがきついんです。でも樹林の中で涼しい。

2023060405

ひたすら登って鷹ノ巣避難小屋下の水場は、さすがに台風の雨の後なのでがんがん出てました。ここでこんなに出ているのはさすがに初めて。

2023060406

避難小屋横あたりはヤマツツジがよく咲いていました。

2023060407

鷹ノ巣山には向かわず逆方向へ。もう青空と日差しが夏の雰囲気。でも風があって涼しく、やっぱり高原だなぁ。

2023060408

結構きついところ登らされてようやく日陰名栗山。

2023060410

先には雲取山が見えて、そういえば雲取山もご無沙汰だなぁとちょっと思います。

2023060409

スミレさんがいました。

2023060411

やっぱり高原の雰囲気だなぁ。

2023060412

鷹ノ巣山に向かうと、あら、マイヅルソウかな?

2023060413

ということで久しぶりの鷹ノ巣山。まだ結構人がいました。

2023060414

下っていくと結構ヤマツツジがよい感じできれいです。

2023060415

少し雲で陰ってしまったけど、この木の花の密度はなかなか。日差しがあったらもっときれいだったのに。

2023060416

先へ進むと再び日差しが出てこれはきれいでした。

2023060417

久しぶりに石尾根を下ります。城山のあたりは良い雰囲気。まだミツバツツジが咲いていたりしました。

2023060418_20230620193801

久しぶりの将門馬場にも立ち寄ります。

2023060420

狩倉山は巻いて下り、先週歩いたばかりの所に出ました。先週は見かけなかったキバナノヤマオダマキを見つけました。

2023060419

六ツ石山にも立ち寄りました。

2023060421

林道を左に見て下ると台風の雨の後のせいか、ぬかるんでいて歩きにくい道が続きました。だいぶ下って右に入ると絹笠山。

2023060422

奥多摩駅に向かうとなんと木道が壊れている。。。ロープが付けられていて、それを下って脇を進まなくてはいけませんでした。

2023060423

近道に入って下ると神社に出ます。羽黒三田神社かな。

2023060424

道路に出て下ると途中には「元巣の森のスギ」幹囲4.4mの巨樹。奥多摩駅まで歩きました。

2023060431

ということでシロスミレに会えました!
数輪しかみかけなかったですけどね。でも久しぶりだったので嬉しかったです。

 

狩倉山へ

5/27は奥多摩へ。

2023052701

この日の東日原行きのバスはすごい行列。増発便に潜り込んだものの、ブザーを鳴らし続ける悪い人が乗っていたようでランプ付きっぱなし。仕方なく大声上げて大沢で下車。こんな所で降りる人はもちろん自分だけ。

2023052702

言わずと知れた日蔭指尾根の取り付き。

2023052703

のっけから急登続き。しかも踏み跡は怪しく、適当に上に辿ると少し伐採された所がありました。

2023052704

ひたすら植林の中の急登。うんざりします。

2023052705

かなり長い植林の急登が終わるとようやくきれいな樹林になるけど、まずは第一の岩場。それがまたかなりやばい登りでした。

2023052706

第一の岩場の登りでビビったので、その次の第二の岩場は左への踏み跡を辿ったら巻いて登ったのち、植林地に出ました。そこへの踏み跡だったのね。尾根は高くなってしまい、右に登るのが一苦労。写真はやっとのことで尾根に登り着いた所。1080mあたり。

2023052707

しばらくは普通の登りだったけど、左手から岩場が近づくとこのあたりもひどい急登。その上、やたら虫が多くて閉口。

2023052708

さらに先へ進んでいくと第三の岩場。これもかなり微妙な登り。なんとか中央から左に登ってなんとかなりました。

2023052709

ようやくまともな尾根になって狩倉山北峰。

2023052710

先へアップダウンで登ると狩倉山。静かな場所で休みました。

2023052711

防火帯に出て下ります。向こうは大岳山かな。

2023052712

まだヤマツツジが咲いていました。

2023052713

久しぶりのこの地点。三ノ木戸林道への道は今は通れるようになっていました。

2023052714

久しぶりに三ノ木戸山に立ち寄ります。山名板が二つ付いてました。

2023052715

ワープして不老林道ではウツギがよく咲いていました。

2023052716

寺地への踏み跡を降りてみました。将門神社だったところはもう倒壊しているようで、近づくのも難しくなってます。

2023052717

寺地への道は不明な所や崩れかけた所もあり、歩かない方が良いと思います。ヒヤヒヤもので寺地のバスに出ることができました。

2023052718

バスが来るには時間があったので歩きます。途中には根本神社があります。立ち寄ったことがなかっのでお参りしていきます。

2023052719

なかなかの大きさのご神木もありました。

2023052720

奥多摩駅に出て終了でした。

 

磐梯熱海温泉 「霊泉」元湯2023

ということで郡山からちょっと足を延ばして、毎度の磐梯熱海温泉で入浴。

2023052121

やっぱりここのお湯はぬるくてのんびりできて良いです。入浴料は500円だったかな。まだ時間が早いせいかそれほど混んでいなかったのが幸い。

今回は熱いお湯に入った後にぬるゆでさましてから上がりました。でも、体の中からホカホカ。なかなか体が冷めませんでした。

出て写真を撮ろうとしたら、やはり若い女の子が入口の写真を撮ってましたので負けじと撮りました。(^^;

久しぶりにたっぷり満喫できました。

 

高柴山へ

5/21は福島へ。

2023052101

この週を逃すとまた一年待ちになってしまう!と連続山行で郡山へ。東京はどんよりでしたが、トンネルを抜けて福島県に入ると明るくなりました。郡山駅から小野新町行きの9時頃のバスに乗りましたが、乗客は自分ただ一人。途中から地元のおじさんが一人乗ってきたものの、このバスも土日の存続が怪しいなあ。高柴山入口で下車。

2023052102

少し先に下ると高柴山を示す看板があり、左に曲がります。

2023052103

まだ山は遠いなぁ。時折、走っていく車はほとんど登山者のようでした。

2023052104

随分歩かされてようやく駐車場がありましたが、満杯。駐車場まで車で入れば、軽い山歩きで山頂まで行けますからね。

2023052105

登り始めるともう下ってくる人もたくさん会いました。途中で右に入ると太鼓石がありました。確かに大きな石。

2023052106

すでに暑くなってました。汗かきながら登って左に入ると御神水。でも涸れてました。

2023052107

ようやく山頂に到着。おお、しっかりヤマツツジきれいに咲いてます。

2023052108

展望台があり、そこから見るとまあ、こんなもんかという感じ。目で見るともう少しきれいでしたけどね。本当は前の週に来たかったけど、土日雨予報だったので諦めたので、それなりにきれいな花があるこの週に間に合っただけでも良しとしなければ。

2023052109

でも探せば、やっぱりきれいな木もたくさん。

2023052110

神社がありました。まだ設置されてそんなに経っていないそうな。

2023052111

時間はたっぷりあるので、少し先まで行きます。まだまだあるある~。

2023052112

少し下ると高柴清水。やっぱりここも涸れてました。今年は東京は結構雨降っているように思ったけど、こちらはあまり降ってないのかな。

2023052113

三ツ石に立ち寄ってみました。草刈り道具がたくさん置かれていて、作業の方が休まれていました。余計な草などを刈っていらっしゃる地元の方達のようです。みなさんの普段からの努力でたくさんのヤマツツジが楽しめるのですね。感謝!

2023052114

やっぱりたくさん咲いてます。バス時間までかなりの余裕があるし、暑さで疲れたので草地に座って風に吹かれながら、のんびりとヤマツツジを見てゆったりとした時間を過ごしました。

2023052115

そういえば、行きに物見石を見てなかったと見逃さないように下るとしっかりそこへ向かう踏み跡がありました。

2023052116

再度、高柴山入口に戻りました。しばらく待つと来たバスはやっぱり誰も乗ってない。行きに途中で降りて行ったおじさんがやっぱり降りたバス停で乗ってきて、乗って来たバス停で降りて行きました。郡山駅に戻りました。

 

柳沢峠ブナの道

黒川鶏冠山からの続きです。

2023052041

そのまま柳沢峠まで下ってしまうとバスまで相当長い待ち時間になるので、このあたりの散策路を楽しむことにします。まずはそのまま進んでブナの巨樹に会いに行きます。

2023052042

しばらく下っていくとありました。そこそこは大きいけれど、すごい巨樹とは言えないです。とは言え、ブナは成長遅いからここまで大きくなるだけでも大変な年月ですね。

2023052043

あたりの新緑の雰囲気がまた素晴らしい感じ。

2023052044

分岐まで戻ってブナ坂を目指します。少し進むと展望台。奥秩父の稜線は雲がかかっていました。

2023052045

細いけれどブナがある道を進みます。若干道が薄め。

2023052046

途中にはなかなかの大きさの木。ウラジロモミだそうです。

2023052047

ブナ坂まで降りてきました。ここから登り返し。

2023052049

花の木沢にはたくさんの大きな木。多くがモミのようです。

2023052048

たけぇなぁ~。

2023052050

ちときつかったですが、すでに通ったイモノキ尾根に戻ってまた下ります。

2023052051

ブナ坂から登ると花ノ木尾根。左はやっぱりブナかな。

2023052052

降りていくとスラリとしたブナ。

2023052053

柳沢峠口に出て、さらに歩いていない道をブナ坂まで登り返しました。

2023052054

道を歩きつぶしたので終了。柳沢峠には石仏や鳥獣供養碑がありました。のんびりと塩山に向かうバスを待ちました。

 

黒川鶏冠山へ

5/20は大菩薩へ。

2023052001

随分久しぶりに塩山から落合行きのバスに乗りました。黒川鶏冠山に登るなら手前で降りても良いのですが、なんとなく終点まで。

2023052002

戻って山に入ります。登山道横にはフェンスが出来ていて、バスが落合まで延伸した初めの頃と随分違うなぁという印象。

2023052003

朝までの雨のせいでしっとり感のある道を登っていきます。

2023052004

おっ、ミツバツツジが出てきました。

2023052005

なかなかの密度。やはり今年のツツジは当たりですね。

2023052007

たくさんあってホントに楽しい道。

2023052008

先までひたすらミツバツツジです。

2023052009

そろそろ少なくなったなぁと先に行くとまだありました。

2023052010

あらあら、霧が出てきました。

2023052011

ミヤマスミレかな。残念ながら雨に打たれて終わり気味。

2023052012

ようやく稜線に出ました。霧は薄くなった模様。

2023052013

岩場を登って進むとアズマシャクナゲ!たくさん咲いてました。

2023052014

随分久しぶりの山頂。偶然か、たまたま自分一人でした。

2023052015

イワカガミ!久しぶりに会えました。

2023052016

帰りもシャクナゲを見ながら下りました。行きに登った岩場の直登コースは滑りやすそうだったので、巻いて下ろうと思ったら道が少し分かりにくかったです。

2023052018

黒川山の展望台にも立ち寄り。やはり雲が多く、近くが見えたくらいでした。

2023052019

下る道もあまり派手ではないものの、ミツバツツジのトンネルでした。

2023052020

横手山峠は随分久しぶりに来た気がします。

2023052023

六本木峠で少し休憩。丸川峠に向かうのは何度も歩いているので、今日は柳沢峠へ。

2023052031

これも久しぶりのワチガイソウ。

2023052032

ここのフモトスミレは赤色が濃くてかわいいスミレでした。

続く。

 

 

生涯青春の湯 つるつる温泉2023

ということで日ノ出山の帰りは、雨の中、何度も来ているつるつる温泉に到着。

2023051416

さすがに人は少な目。入浴料も値上げされて960円になってました。昨今の状況から仕方ないかな。

この日はヌル付きは少な目。でも人が少ないのできれいなお湯なのが良い所。温度も若干ぬるめでのんびりと入れました。

どうせバスに乗る人なんか少ないだろうとタカくくっていたら、時間近くなったら団体さんが到着。これには吃驚。行列ができてしまい、座れないかと思ったけど、いつもの汽車タイプのバスじゃなくて普通のバスだったのでしっかり全員座れて一安心でした。

雨の日の温泉もまた良いですね。

 

雨の日の日の出山

5/14は奥多摩へ。

2023051401

土日とも雨の予報。それでも朝のうちは雨が降らなさそうな雰囲気だったので、軽く歩くことに。久しぶりに二俣尾駅歩き出し。

2023051402

橋を渡ってしばらく歩くと愛宕神社の大きな鳥居。

2023051403

急な石段をしばらく登ると愛宕神社。

2023051404

登山道に入って愛宕山に向かいます。即清寺というところからの道と合わさると山内新八十八札所というのがあって道には石碑がたくさん出てきます。そのうちに即清寺から歩いてみようかな。

2023051405

どんどん登って途中に八十八番目の石碑。

2023051406

さらに登ると展望台と書かれている分岐があったけど、天気悪いので先に進みます。

2023051407

左手に道が分かれ、わずかに進むと伐採地の上に出ます。雲が垂れこめてきて、もうそろそろ雨が降りそう。

2023051408

分岐に戻って尾根道を登ります。写真が暗くなってしまったけど、愛宕山の山頂に愛宕神社の奥の院。賽銭箱が斜めっているのは動かす悪い人がいるのかな。

2023051409

三室山の分岐あたりでとうとう雨が降り出しました。

2023051410

雨具は持っていたけど、傘をさして歩きました。梅ノ木峠で本降りになって、つるつる温泉におりちゃおうかと弱気になってそちらに進みかけたけど、やっぱり雨の中歩くんだ!と戻って先に進みました。

2023051411

登らないで巻くこともできたけど、なんとなく雨の中高峰の山頂を踏みました。風も出て、こりゃダメかな。

2023051412

さすがにその先のピークは巻いて先に進んでいくと雨が弱くなり、あれ、止んできた?

2023051413

日の出山直下の登りになるとかなり明るくなった感じ。まだヤマツツジが咲いてました。

2023051414

やっぱりこんな天気でも日の出山には人がいますね。

2023051415

もう気分は温泉。でも、やっぱり下りに入ったら急に暗くなってまた雨が降り出してしまいました。

 

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本