« 天山湯治郷 かよい湯治 一休 2023梅雨 | トップページ | 万太郎山から吾作新道 »

仙ノ倉山へ

6/17は新潟へ。

2023061801

越後湯沢駅から10時前のバスに乗り、元橋バス停で下車。もう一つ向こうだよと近くにいた地元の方に言われたけど、地図を見る限り大差ないなという感じ。こちらからだと少し登りになるからかな。

2023061802

8時台のバスにも乗れたけど、そんなに早く行ってもなあと思っていたけれど、この日の駐車場は満杯。まさかそんなことになるとは思いもしなかったです。もっと早いバスに乗ればよかった。しばらくで登山口。

2023061803

しばらくは樹林の中だったけど、明るい所に出ると日差しが暑い感じ。ヤマツツジがまだ咲いてました。

2023061804

やっぱりここの登りはそれなりにきついなぁ。久しぶりのシュラフ入りの荷物が重いです。ようやく鉄塔まで登れば四合目。

2023061805

先へ進むとツクバネウツギがよく咲いていました。

2023061806

ウラジロヨウラクツツジは数が少ない感じでした。

2023061807

松手山は学生らしきグループが休んでいたので先まで行って休みました。まだまだ登りだなぁ。

2023061808

イワカガミがよく咲いてました!

2023061809

上部になるとヨツバシオガマ!おひさ~。

2023061810

結構登ってきたけど、まだきつい木段の登り。

2023061811

むひょひょ、ハクサンイチゲがたくさん咲いてました。

2023061812

あたりはお花畑。やっぱり良い山だなぁ。

2023061813

やっと平標山が見えてきました。

2023061814

平標山に着くとすごい人。こんなに人の来る山頂なんだ。大人数のグループが下ろうとしていたので、さっさと下ります。

2023061815

平標山の家に下りましたが、すごい人だらけ。テントはそこら中に張られ、自分も持って来ればよかった。避難小屋泊りのつもりでしたが、すでに板の間は人でいっぱい。なんとか一人くらい入れるかなと思っていたら、後から来た女性に入られてしまい、これでは泊まれそうにないです。諦めて、先に進むことにします。最悪ツェルト泊をこの時点で想定。稜線は水場がないので、ここで3.6L汲み、持って登り返します。

2023061816

さすがに平標山の登り返しはすでに足が疲れている上に、泊まれない気分と水が重いのでマジきつかった。山頂は人が少なくなってはいたもののそれなりにいました。

2023061817

仙ノ倉山に向かう斜面もものすごい広いハクサンイチゲのお花畑。

2023061819

ハクサンコザクラも交じり、やっぱりお花の山です。

2023061820

木段の登り返しは足が重い。。。

2023061821

仙ノ倉山の広い山頂。さすがに16時30分過ぎでは人がいませんでした。

2023061822

ということで頼みの綱のエビス大黒の避難小屋。ノックして開けてみたら、やはり中には人がいました。この先の避難小屋は2時間先。もう足ががたがたで歩けないし、一人寝られるくらいのスペースがあるので、ここでツェルトで泊まることにします。自分はツェルトで寝るのは初めて。風がちょっとあったけど、ちょうど飛ばないように置ける手ごろな石もあったし、水は3L残っているし、雨も降らなさそうです。でも、ストックとかないし、太い枝もここにはないので、かぶるしかなくてビバークってこういうことなのかなって感じでした。それでも水をあまり使わない夕食を取り、シュラフに入ってしまえばなんとかなりました。さすがにウィスキーを飲む余裕もなく、なかなか寝付けませんでした。

うとうとして21時頃になってツェルトから顔を出すと満点の星空。しかも短時間に流れ星を二つも見るという貴重な経験ができました。

続く。

 

« 天山湯治郷 かよい湯治 一休 2023梅雨 | トップページ | 万太郎山から吾作新道 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天山湯治郷 かよい湯治 一休 2023梅雨 | トップページ | 万太郎山から吾作新道 »

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本