« 木曽駒ヶ岳から木曽へ その1 | トップページ | 上諏訪温泉 片倉館 2023夏 »

木曽駒ヶ岳から木曽へ その2

木曽駒ヶ岳から木曽へ その1からの続きです。

2023080750

7合目の表示の少し先からは少し眺めがあり、もうだいぶ下って来たけれど、まだまだ民家は遥か先のようです。

2023080751

遠見場には石仏があり、向こうには山が見えます。三ノ沢岳かな。随分前に以前に友人と行ったなぁ。。。

2023080752

時折登ってくる人はやっぱりランナーさんのような人ばかり。中にはほとんど荷物なしの人もいて吃驚。ここを日曜日に登る人はまあそういう人だよね。途中でこれは何!どうやらギンリョウソウモドキらしい。これは初めて見たと思います。

2023080753

ひたすら樹林帯を下っていると少し登りがあり、さらに下っていくと胸突き八丁の表示。この手前も急だったけど、ここから先がまた急降下が続きました。

2023080754

岩場にはやっぱり石碑。

2023080755

金懸岩と思われる岩場の下を通過します。水場があるはずでしたが、水音はありませんでした。涸れている模様。金属製の柄杓がありました。

2023080756

ということで5合目の金懸小屋に到着。静かな小屋。開けたら畳敷きのこじんまりした小屋ですが、二階もある模様。泊まってみるのも良いかなという小屋でした。

2023080757

しばらく急降下の後、やがて高い笹の中の道になります。蒸し暑くなってきて不快な下りできついです。足元も石ゴロで下りにくく、足の筋肉にかなりきます。やっと4合目。

2023080758

下っていくとやがて青笹に変わります。だいぶ下ると崩壊した所があってジャンプで越えましたが、ちょっと注意が必要。こんな所にと思うような谷状の所に3合目の表示がありました。

2023080759

蒸し暑い中を下っていくと滝不動尊がありました。

2023080760

右から左に下りました。右奥に滝があり、涼しい沢風が吹いていましたが、一般的には近づけないみたいでそちらへ向かう道はなかったです。

2023080761

林道歩きになりました。少し進むと左に風越山という道標がありますが、示しているのは大きな川の先。こんな大きな川を渡渉しないといけないのでよほどの人しか行けない道のようです。

2023080762

暑い日差しを浴びながらひたすら林道を進みます。もう木曽駒ヶ岳あたりはガスっている模様。この先で上松駅5.6Kmの道標を見て、素直にその方向へ行けばよかったのに、左の道に入ってしまいました。くだっていくと大きな工事用車両が止まっていて、なんかおかしい。地図を見て間違ったことに気づき、すぐ先に右へ行く道があったのでそちら行ったら、アルプス山荘の下の道に出てしまいました。

2023080763

アルプス山荘からタクシーを呼んで上松駅に出ようと思っていたけれど、無理みたい。また断られる可能性もあるし、ということで駅まで歩くことに。先へ下ってくと4.6Kmの表示で右に入ります。

2023080764

地図でも徳原という集落を過ぎて歩く方が近いなぁと思っていたら、その通りになりました。それにしても直射日光が厳しい。ひたすら暑い中を下ります。水飲みまくりでもう残りが少なくなりました。へろへろになりながらここまで下れば、もう国道が近い感じ。

2023080765

集落の中で石段とか下らされてこれまた足が痛いこと。それでも信号を過ぎてさらに進み、右に行けば、やっと上松駅に到着!滅多に飲まないけれど脱水気味なので自販機でスポーツドリンクを買って飲みました。なんとか12時台の松本駅行きに乗れました。

木曽駒ヶ岳の標高2956mから上松駅の標高は709mくらい。なので2247mの標高差を降りてきた記録になりました。

 

« 木曽駒ヶ岳から木曽へ その1 | トップページ | 上諏訪温泉 片倉館 2023夏 »

登山(中央アルプス)」カテゴリの記事

コメント

リブルさんはやっぱり底力がありますね、ロープウエイを使わずテントで木曽駒、凄いです!
先日は北岳でしたし、今年の暑さの中、本当にすごい~
木曽駒は公共機関利用ですとロープウエイでも日帰りで行けないのがちょっと悲しいですね。
今年私も前泊で行こうかな~と企画しましたが、
あのバスに夜中のうちから順番取りが始まってるってSNSで知った時「これはダメだ」
と諦めたのでした、まあ、どのみち風邪ひいて行けなかったのですが・笑

達成感のある山登り、良いですね、また次回のお山も楽しみです。

cyu2さん、こんにちは。
大菩薩で体験されたように、2000m以上へ上がってしまうと直射日光さえ浴びなければ、樹林の中とか比較的涼しいんですよ。下へ降りると酷暑が待ってますが。駅で列車を待っていたら熱風が吹き付けました。。。

木曽駒ヶ岳は日帰りは車でないと位置的にきついですね。木曽駒付近は山小屋は比較的多いです。今回前を通過した玉ノ窪山荘は地味な小屋ですけど、特定の日を除いてそんなに混まなそうですよ。山頂から少し下れば着きますので、静かに泊まれそうです。

やっぱりロングコースは充実感があって楽しいです。記憶に残りますしね。

リブルさん こんばんは。
北岳、木曽駒ヶ岳と、充実した夏山ですね。
テント担いだり、標高差2247mを一日で歩いたりと、私には想像もできない超人ぶりで
読んでいるこちらまで気分がよくなります。

毎日暑い暑いとぼやいてますが、そろそろ山は秋なんでしょうね。

はなねこさん、こんにちは。

やはりテントは重いですけど、泊まりは気楽で良いです。あまりお金がかからないのが魅力的ですし。さすがに今回は果たして歩けるのかなと思いつつ出かけましたが、なんとかなりました。

普段ならそろそろ稜線の泊りは寒くなって防寒具が必需品になる時期ですが、今年はこれだけ暑いとどうなんでしょう。お花はそれでも秋のお花に変わりつつあると思いますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木曽駒ヶ岳から木曽へ その1 | トップページ | 上諏訪温泉 片倉館 2023夏 »

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本