« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

日和田山からスカリ山

10/21は奥武蔵へ。

2023102101

奥多摩へ行こうかなと思っていたけれど、なんとなく行きたくなくなり、軽く歩ける奥武蔵へ。高麗駅で下車するけど、天気も今一つ。

2023102102

日和田山への登山口へ。なんとなく雰囲気が変わったような。

2023102103

鳥居の所から左に向かいます。

2023102104

道標で男坂に向かいます。

2023102105

岩をぐいぐい登るのは短くてもやっぱり楽しい。鳥居の所から見えるのは大山かな。

2023102106

久しぶりの日和田山。なんと誰もいない山頂。この山頂で誰もいないのは初めて。天気が悪いからかな。

2023102107

しばらく先へ下って登って高指山。令和3年に出来たらしいので、2年くらい経っているようです。

2023102108

さらにどんどん歩いて物見山。前は眺めがあったのに、すっかり樹林に囲まれてます。

2023102109

今日は体が軽い感じ。さらに歩いて北向地蔵でお参り。

2023102110

踏み跡を登って愛宕山とプレートの付いた小ピークを過ぎて林道を先に進み、さらに登っていくと小さな観音岳。

2023102111

もうちょっと歩くとスカリ山の山頂。

2023102112

右の武甲山や奥多摩方面は天気が良いのかな。

2023102113

その先を下ろうとしたら、なんか嫌な感じがしたと思うと前のめりに転倒。こんな転び方をした事はほとんどない感じ。指の根本を切ってしまいました。たいしたことはないけれど、気分はブルー。

先を下って小ピークも越えたら、時計がないことに気づきました。転倒した時に落とした模様。仕方なく、再び登って下って戻ったら、落ちてました。ベルトの留め具が壊れてました。。。

気を取り直して先に進み、エビガ坂に出ます。まだ午前中なので体力は余裕だけれど、気分が乗らず、下山にします。

2023102114

久しぶりのユガテ。天気が良くなったようです。のんびり昼食。

2023102115

もったいない気もしたけど、下ります。久しぶりの橋本山ですが、ここもすっかり木が伸びて眺めが無くなってしまいました。

2023102116

下って福徳寺。のんびり歩いて東吾野駅に出て、結局、午前中で終了でした。

 

北面から加入道山、大室山へ

10/14は道志、丹沢へ。

2023101401

久しぶりに道志入り。乗る人が少ない割には生き残ってくれているバス。月夜野では、この日は自分以外、誰一人乗客なし。

2023101402

椿大橋と運転手さんに告げたけれど、さすがにこんなバス停で下車する人は滅多にいないようで戸惑っているようでした。自分は大室山北尾根へ歩いた時に降りたので二度目の下車。もう10年も前の話なので、すっかり忘れてます。

2023101403

橋からは頭だけの富士山が。でも天気今一つ。

2023101404

前大室ヤケハギ尾根に取り付きます。踏み跡は怪しいけれど、まっすぐ登っていきました。そういえば、道志側は最近ヒルが多いらしいけれど、さすがに空気も冷えて来たこの時期、特にいるような雰囲気はなかったです。

2023101405

しばらく尾根を辿っていくと横に通っている踏み跡に出ます。これが昔の破線路かな。

2023101406

樹林の中を登っていきます。お尻が白い鹿がちらりと先を登っているが見えたけど、鳴かない所を見ると牡かな。

2023101407

この尾根は下山で使われることが多いけれど、すごい急登。途中で下を見るとこんな感じ。

2023101408

しばらくひたすら急登をこなすとわずかに緩むけど、まだきつい登り。天気がちょっと良くなったかな。

2023101409

やっと斜度が緩みます。左手にはちらりと大室山と思われる山が見え、先にも山が見えますが、まだ先。

2023101410

しばらく頑張ると段々樹相が変わってきました。

2023101411

尾根の右手に薄い踏み跡があるけれど、鹿のものかな。尾根を頑張ります。

2023101412

右手から尾根が来ている所で初めて道標を見ました。と言っても道というより踏み跡。道志から来ているかつての道でしょうか。

2023101413

だいぶ進むと今年初の色づいた木を見ました。

2023101414

若干藪になっている所も通り、さらに先に行けば、もう前大室はすぐそこ。

2023101415

前大室に登り着きました。タイミング悪く、加入道山からちょうど人が来た時でバツが悪い感じ。

2023101416

加入道山に向かおうとすると富士山ばっちり!

2023101417

下って登り返して加入道山。写真を撮って引き返します。

2023101418

やっぱりリンドウは開いてないとね。

2023101419

大室山は大きいな。

2023101420

結構登らされました。日差しが暑いのでTシャツで歩いていたら風が急に強く吹いて寒いこと。このときでもう少し色づいてました。

2023101421

大室山の山頂。静かと言いたかったけど、アマチュア無線か、モールス信号でやりとりしている感じのマニアックな人がいて静かではなかったです。

2023101422

犬越路を目指します。この尾根あたり良い雰囲気だったんだけど、鹿柵がたくさんできていて随分雰囲気が変わっていました。写真は鹿柵のないところ。

2023101423

数年前の台風で通れなくなってから初めての犬越路からの下山。やはり崩れたところを迂回して土嚢で補強した道をロープで下ります。随分荒れている感じでした。

2023101424

今日もイワシャジン。

2023101425

道もしっかりしてきて、もう大丈夫かなと思っていたら、ありゃ、橋がない。対岸に道標だけあります。まあ、水量が少ないのでもう少し左手を飛び石で問題なく渡れました。

2023101426

14時台のバスに間に合いそうということで急いで歩き、間に合いました。土曜日のせいか、先日よりはバスも人が乗ってました。

 

横篶山、三ツドッケへ

10/8は奥多摩へ。前日は天気良かったので歩きたかったんですけど、3連休に限って用事が。曇りのち雨予定だけれど出かけました。

2023100801

久しぶりの倉沢林道。途中の小滝は今も流れていました。

2023100802

しばらく歩いて取り付きの鳴瀬橋。

2023100803

わずかに登ると木祠の屋根だけが残っているようです。

2023100804

わずかな踏み跡があって辿りますが、すごい急登。

2023100805

だいぶ登るとコナラの巨木?なかなかの大きさ。周りは植林だけれど、これだけ残されたのかな。

2023100806

その先も植林が続きます。踏み跡がしっかりしていて登りやすいけれど面白味なし。

2023100807

でもモミの巨木があったので、なかなか良い感じ。高さも結構ありました。

2023100808

自然林に変わったら踏み跡は消えました。適当に先に登ります。

2023100809

先に岩場が見えてきます。あれは登れないだろうと左手をトラバースしましたが、これは失敗だった様子。ひどい急斜面を登る羽目になりました。

2023100810

しばらく苦闘して尾根に戻ると右手に尾根が見えます。斜めに登って尾根に出るとこれは幕岩尾根ですね。なかなかいい雰囲気。

2023100811

尾根を辿っていくと右手には山が見えて、もう稜線は近そう。

2023100812

最後の急登をこなすとあっけなく横篶山の山頂に到着。山名板がしっかりありました。

2023100813

登山道を一杯水避難小屋に向かいます。このあたりの雰囲気は好きだなぁ。

2023100814

一杯水避難小屋に到着。ここまでのつもりだったけど、予想外に時間が早いので三ツドッケに登ることにしました。

2023100815

ということで天目山(三ツドッケ)の山頂。お一人休んでいました。

2023100816

眺めがありましたが、水墨画に近い感じでした。このあたりもナラ枯れが進行しているのかな。

2023100817

避難小屋へ戻り、昼食後はそのまま下ります。途中の大木は今日も良い感じ。

2023100818

今回は初めて滝入ノ峰を踏んでみました。

2023100819

この山名板は付けられてかなり古そう。

2023100820

途中から登山道めがけて降りたのですが、やはり尾根伝いに歩いた方が良かったみたいです。急斜面をかなり下ってようやく登山道に降りられてホッとしました。

2023100821

ということで1時台のバスに間に合いました。奥多摩駅のトイレもきれいですが、ここのトイレもきれいなのでバス待ちついでにゆっくり入っちゃいました。

 

下棚から畔ヶ丸

10/1は丹沢へ。

2023100101

久しぶりに西丹沢ビジターセンターを歩き出し、下棚分岐。

2023100102

下棚を見に行きます。今年の夏は雨が少な目のせいか、まだ水量はそんなに多くはない感じ。

2023100103

下棚・本棚中間尾根に取り付きます。左右ともに沢の間の中間尾根。取り付きから急登です。

2023100104

しばらく先に進むと左手の下棚沢には小滝がかかっているのが見えました。

2023100105

ひたすら急登が続きます。古いトラロープもあったけど、強度が心配なのでできるだけ掴まずに登りました。

2023100106

しばらく急登をこなすと911mと思われる場所。小尾根が合流していたけど、あまりピークらしくない所。

2023100107

林相が変わり、右手はきれいな感じです。

2023100108

どんどん尾根を辿っていくと植林と自然林の間の急登。雨がサァーっと来ましたが、すぐに止んでくれて助かりました。

2023100109

登り着いた所からは右手にちらりと鞍部が。善六ノタワあたりかなぁ。

2023100110

わずかに灌木が邪魔する所があるけれど、さらに気持ちの良い尾根をしばらく辿ると急に尾根が右に曲がって右に見えていた大きな山に向かうみたいです。

2023100111

あまり写真には写ってないけれど、先には壁のような山が見えましたが、稜線は近そうです。

2023100112

しかし、その先はめちゃくちゃ厳しい急登。木などを掴んで登り、少し緩やかになったなぁと思ったら、あっけなく登山道に飛び出しました。

2023100113

しばらく尾根道を辿れば、三角点のある畔ヶ丸の山頂。手前で先の方に一人いたけど、着いた時にはもういなくなってました。ランナーさんかな。

2023100114

避難小屋に着きますが、時間も早かったせいか誰もおらず、一人でゆっくり昼食。

2023100115

のんびり登山道を下山します。どんよりして雨が来そうな雰囲気。天気予報も午後遅くは雨が降る予定になってました。

2023100116

どんどん下っていきます。丹沢名物、木段下り。

2023100117

善六ノタワも久しぶり。

2023100118

下っていくと丹沢のこの時期ならでは、イワシャジンがいくつかの場所で見られました。

2023100119

どんどん下って本棚分岐。

2023100120

もちろん本棚を見に行きます。水量が若干少な目だけど、まあまあやはりそれなりには流れ落ちています。

2023100121

ホトトギスがよく咲いていました。

2023100122

西丹沢ビジターセンターに戻りました。バスまで長い時間待たされました。来る人もあまりなく、ベンチに座って休んでいたら、肌寒くなり、長袖を着込みました。もう秋が近いですね。

 

棒ノ峰(棒ノ折山)へ

9/24は棒ノ峰へ。

2023092401

やっと久しぶりに爽やかな空気。飯能駅からバスに乗り、さわらびの湯で下車します。

2023092402

久しぶりに白谷沢の道を歩いても良いとは思ったけれど、ダムを見ながら先へ。

2023092403

久しぶりの大ヨケノ滝。

2023092404

随分歩いてやっと有馬渓谷観光釣り場。そこには道標がありました。

2023092405

しかし沢に降りた所でどう進めば良いのか分からず、右往左往。道標をやっと見つけて小道を登ります。仙岳尾根の道。

2023092406

小尾根に出て先へ登っていきます。左も右も沢になっていました。

2023092407

急登が続きます。

2023092408

ちょっと道を外して登りそうになりましたが、探したら見つかりました。

2023092409

途中で尾根を外してしばらく左に進んでから右に戻ります。この道標の所で尾根に戻りました。あまりにもきついから尾根を追っていないようです。

2023092410

その上もなかなかきつい登りが続きました。

2023092411

やっと少し緩やかな登りになると、なんともう降りて来る人に二人くらい会いました。

2023092412

それでもまだ登っていくと737m付近でしょうか。

2023092413

林道に飛び出ました。わずかに山の眺めが。

2023092414

再び登ります。展望台という道標があったけどそちらはロープが。以前は眺めの良い場所があったのかな。

2023092415

岩の多い尾根を過ぎて小ピーク。

2023092416

急登になってコケがいい感じ。

2023092417

登り切ると日向沢ノ峰から来ている尾根に出ました。槙ノ尾山の表示は壊れ気味。

2023092418

しばらく進めば、あまりきつい登りもなく、久しぶりの棒ノ峰。

2023092419

大木は健在。

2023092420

驚いたのは眺めがない山頂になっていたこと。随分木が伸びたようです。山も変わっていくなぁ。

2023092421

奥茶屋に向かいます。急降下の下りは荒れた感じの道。数年前の台風のせいですね。木祠を見てさらに下りますが、古いワサビ田の横の道も歩きにくい所が多く、道が崩壊して一部、ワサビ田の道を開放してくれているらしいです。

2023092422

下っていけば、橋を渡って奥茶屋のキャンプ場の先に出ました。

2023092423

清東橋で40分ほど待てばバスに乗れる時間でしたが、歩き足りないので行けるところまでと歩き出したら、ぎりぎりの時間でしたがバスよりも早く川井駅まで歩いてしまいました。

 

天山湯治郷 ひがな湯治 天山

久しぶりに天山へ。

2023091801

連休最終日。暑くて天気も不安定なので出かける気にならず、箱根の温泉でのんびりします。いつもは一休に入りますが、この日は到着が早くてまだやっていなかったし、食事もしたいということで天山の方にしました。

入浴料は1450円と上がっていましたが、お客さんはかなり多く、混雑していました。

お風呂もだいぶ混んでいましたが、やはり良いお湯。肌に優しいお湯です。この日は暑かったこともあり、自分は山に近い方のお風呂が好み。こちらはアルカリ単純泉のお湯になっているようです。日差しは強烈でしたが、それでもわずかに風があり、さすがにもうそろそろ秋が近くなったかなという感じを受けました。

食事メニューもそれなりに高いですが、満喫。少し休んでから二度目のお風呂にのんびり入りました。

帰りはバスを待ちますが、長い行列。路線バスが来るとみなさん乗り込み、自分はその後から遅れて来たほとんど人の乗っていない旅館の巡回バス(¥100)で駅に戻りました。

 

三浦・岩礁のみち(続き)

続きです。

2023091619

食事を終えて、しばらく道路を歩いたのち、再び海岸線へ。

2023091620

フナ虫をまた見ながら進んでいくと入江の奥に洞窟のある盗人狩と言われる場所。

2023091621

ひたすら歩いてマリーナを回り込むとそろそろ終了。

2023091622

案内版を見れば海岸の道終了です。

2023091623

道路の登り坂を登るとまたすごい蒸し暑さ。宮川町のバス停に出ましたが、バスは1時間以上ありません。歩きますか。

2023091624

途中にはバス停もありましたが、そのまましばらく歩いて城ヶ島大橋。風があって帽子が飛ばされそうになりました。かなり海から高い橋。渡り切ると久しぶりの「島」である城ヶ島に入ります。

2023091625

白秋碑苑という公園のような所に入ります。先に進むと白秋の碑が立っていました。後ろの橋はさきほど歩いた城ヶ島大橋。

2023091626

記念館にも立ち寄りましたが、この日、あまりの暑さのせいか、誰も来ていなかったようでした。

2023091627

しばらく歩いて城ヶ島公園に入るとハマカンゾウがよく咲いていました。

2023091628

向こうには先ほど歩いたあたりの海岸が見えました。

2023091629

のんびり歩くと安房崎灯台。風が多少あるもののやっぱり暑い。

2023091630

ウミウ展望台ですが、海は見えたけど、ウミウは見えず。

2023091631

途中で左に降りると馬の背洞門。穴が開いていて、向こうには海が見える珍しい光景。カップルが多かったです。

2023091632

ひたすら歩いて城ヶ島灯台にも立ち寄りました。

2023091633

軽く何か食べようかとも思ったものの、食事メインのお店が多く、立ち寄りにくいので諦めてバスで帰りました。

 

三浦・岩礁のみち

9/16は海沿いの歩きへ。

2023091601

のっけからポカ。三浦海岸駅からバスに乗らないといけないのに、三崎口駅からバスに乗りました。なぜって、降りる予定は「松輪」バス停だったのに「松輪入口」バス停だと思い込んでいたからです。なのでバスに乗った時に気づきましたが、もうすでに遅し。「松輪入口」バス停で下車して歩いて向かうことにしましたが、さすがに遠く、その上超蒸し暑い。。。50分も余計に歩いてやっと予定のコース入口に辿りつきました。

2023091602

しばらく歩いて下っていくと大浦海水浴場の表示があったので立ち寄りました。やっぱり海の眺めは良いですね。

2023091603

先に進むと間口漁港を通ります。

2023091604

やがて堰堤を乗り越して先に行くともう海岸沿いの歩きになります。小さな灯台を見ます。

2023091605

引き潮の時間だったようで、海水は遠く、かなり海岸を歩ける感じでした。

2023091606

ハマカンゾウがよく咲いていました。

2023091607

岩の多い道をひたすら先に進んで行きます。

2023091608

振り返るともうさきほどの灯台が遠いです。

2023091609

途中にあるのは竜宮祠?

2023091610

島のような地形を見ます。このあたりからフナ虫がたくさん。海のゴキブリと言われている虫らしく、ぞわぞわと動く姿はあまり気持ちの良い虫ではありません。その上、やたらと数が多くて、虫嫌いの人は歩くのは止めた方が良いかも。

2023091611

先はこの時点で通行止めのようでしたので、マップにあった細い道に入りました。昔の生活道のようで荒れてましたが、なんとか道路に出ることができました。しばらく道路を歩いていきます。江名湾を眺めながら歩きます。

2023091612

日射しが山並みにきついかも。道路の照り返しもあってへろへろ。

2023091613

木に囲まれた滅多に人が訪れ無さそうな白浜毘沙門天。

2023091614

再び海岸沿いの道をひたすら進みます。

2023091615

天気は良いのはいいけれど、ひたすら蒸し暑いのが厳しい。。。

2023091616

毘沙門洞窟はどこにあったのか分からず、ひたすら先へ。

2023091617

海の道が終わり、毘沙門湾の漁港の雰囲気。

2023091618

途中にある毘沙門茶屋でお腹空いたので昼食。刺身定食は普通に美味しかったです。ネギトロは絶品でした。

長いので続く。

 

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本