« 棒ノ峰(棒ノ折山)へ | トップページ | 横篶山、三ツドッケへ »

下棚から畔ヶ丸

10/1は丹沢へ。

2023100101

久しぶりに西丹沢ビジターセンターを歩き出し、下棚分岐。

2023100102

下棚を見に行きます。今年の夏は雨が少な目のせいか、まだ水量はそんなに多くはない感じ。

2023100103

下棚・本棚中間尾根に取り付きます。左右ともに沢の間の中間尾根。取り付きから急登です。

2023100104

しばらく先に進むと左手の下棚沢には小滝がかかっているのが見えました。

2023100105

ひたすら急登が続きます。古いトラロープもあったけど、強度が心配なのでできるだけ掴まずに登りました。

2023100106

しばらく急登をこなすと911mと思われる場所。小尾根が合流していたけど、あまりピークらしくない所。

2023100107

林相が変わり、右手はきれいな感じです。

2023100108

どんどん尾根を辿っていくと植林と自然林の間の急登。雨がサァーっと来ましたが、すぐに止んでくれて助かりました。

2023100109

登り着いた所からは右手にちらりと鞍部が。善六ノタワあたりかなぁ。

2023100110

わずかに灌木が邪魔する所があるけれど、さらに気持ちの良い尾根をしばらく辿ると急に尾根が右に曲がって右に見えていた大きな山に向かうみたいです。

2023100111

あまり写真には写ってないけれど、先には壁のような山が見えましたが、稜線は近そうです。

2023100112

しかし、その先はめちゃくちゃ厳しい急登。木などを掴んで登り、少し緩やかになったなぁと思ったら、あっけなく登山道に飛び出しました。

2023100113

しばらく尾根道を辿れば、三角点のある畔ヶ丸の山頂。手前で先の方に一人いたけど、着いた時にはもういなくなってました。ランナーさんかな。

2023100114

避難小屋に着きますが、時間も早かったせいか誰もおらず、一人でゆっくり昼食。

2023100115

のんびり登山道を下山します。どんよりして雨が来そうな雰囲気。天気予報も午後遅くは雨が降る予定になってました。

2023100116

どんどん下っていきます。丹沢名物、木段下り。

2023100117

善六ノタワも久しぶり。

2023100118

下っていくと丹沢のこの時期ならでは、イワシャジンがいくつかの場所で見られました。

2023100119

どんどん下って本棚分岐。

2023100120

もちろん本棚を見に行きます。水量が若干少な目だけど、まあまあやはりそれなりには流れ落ちています。

2023100121

ホトトギスがよく咲いていました。

2023100122

西丹沢ビジターセンターに戻りました。バスまで長い時間待たされました。来る人もあまりなく、ベンチに座って休んでいたら、肌寒くなり、長袖を着込みました。もう秋が近いですね。

 

« 棒ノ峰(棒ノ折山)へ | トップページ | 横篶山、三ツドッケへ »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 棒ノ峰(棒ノ折山)へ | トップページ | 横篶山、三ツドッケへ »

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本