« 会津高原温泉 夢の湯 2023/10 | トップページ | ウトウノ頭へ »

斎藤山へ

次の日は斎藤山へ。

2023102901

早朝の会津田島駅。朝は60%の雨予報で雨マークついてましたが、予想外に雨は降ってませんでした。

2023102902

しばらく待って会津若松方面の列車に乗り、会津長野駅で下車。

2023102903

2両の運行でした。

2023102904

駅から目の前に見える山が斎藤山。

2023102905

しばらく歩きます。道標に従って早稲栗コースへ。途中、左手にリンゴの木が植えられている農家があり、近くに猿が出没。狙っているなという感じでした。

この先へ進むとフェンスがあり、頑丈に針金などで止められているので、それを開けるのに一苦労。でも、さきほどの猿を見るとかなり動物被害に悩まされているのでしょうから、これは仕方ないかな。

2023102906

登っていくと早稲栗の木がありました。そこから左に登山道開始。

2023102907

谷状の所を登ったのち、やがて尾根の登りになるとかなりの傾斜の登りになります。

2023102908

紅葉は淡いですが、それでもやはり秋色の雰囲気は良い感じ。

2023102909

オレンジや黄色が主体でした。

2023102910

結構登った気になると見晴台に到着。どんよりとした天気でやはり雨が降りそう。さっさと先へ。

2023102911

風が出て来て少し寒い感じ。しばらく林道らしき道を進むと再び登り口に到着。パラパラと雨が降って来たので雨具の上だけ着ましたが、わずかで止んだようでした。

2023102912

ひたすらじぐざぐに登るやはりきつい道でした。紅葉はあまりきれいではなく、ひたすら登って道標で右に曲がって登ると降りて来た人達に会いました。さらに登ると鉄塔へ。ここが山頂かと思ったら、まだ先でした。

2023102913

ヘリポートを過ぎてさらに進むとようやく斎藤山頂でした。

2023102914

やはり七ヶ岳方面かな。雲がどんよりなので残念。

2023102915

ヘリポートに戻ると右手に見えるのが斎藤山本峰らしいですが、そこへの尾根は密ヤブに覆われていてとても歩ける尾根ではないらしいです。

2023102916

下りに入るとまたパラパラと降られましたが、本降りにはならなかったです。見晴台まで戻ると少し明るくなった感じ。向こうは小野岳とかかな。

2023102917

やっぱり秋色。

2023102918

下りは雷神様コースにします。急降下でロープもところどころ付いていました。

2023102919

やはり紅葉はあまりきれいではなく、ひたすら下ります。途中に正面左の木がヤシャブシの木と書かれていました。

2023102920

ひたすら下って長い樹林の中の道を進むと神社下に着きます。時計を見ると列車の時刻には余裕なので雷電神社に立ち寄ってお参り。

2023102921

やっぱり最後はフェンス。こちらは簡単な施錠だったのですぐに開けられました。

2023102922

列車が見えたので慌てて小走りに駅に行ったら、通過列車でがっくり。一時間待ちでした。天気は良くなったり悪くなったりと忙しい天気でした。早い列車に乗れたので、会津高原尾瀬口駅で途中下車して、昨日同様に夢の湯に入って温まってから帰りました。

 

« 会津高原温泉 夢の湯 2023/10 | トップページ | ウトウノ頭へ »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会津高原温泉 夢の湯 2023/10 | トップページ | ウトウノ頭へ »

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本