« 戸田の渡し跡から今里へ | トップページ | 両神温泉 国民宿舎 両神荘 »

奥秩父のマイナーな山 両詰山

11/19は奥秩父へ。

2023111901

抜けるような青空。随分久しぶりに日向大谷口で下車。両神山に行ったのは何年前の事だろうか。。。(ちなみに20年以上前でした。)

2023111902

少し登ると山荘の下で両神山とこれから向かう奈良尾峠方面の道が分かれます。

2023111903

すぐ先に神社の入口。さすが両神神社、石像はオオカミだよね?

2023111904

かなり古い建物。足元の板がギシギシ言って、抜けてしまわないか、おっかなびっくり歩きました。

2023111905

道に戻って先へ進むと分岐があり、そこから登りますが、急登な上にあまり歩く人もいないようで踏み跡に近い感じの道。岩場もあって登りにくいです。ここは多少尾根らしくなった所。

2023111906

トラバース道はかなり踏み跡に近い感じ。進路がよく分からない所もあったりしました。谷の所は倒木なんかもあって、やはり難路と言っていい感じ。紅葉が少しきれいな木がありました。

2023111907

なんとか登っていくと奈良尾沢峠と思われるあたり。左は天理岳方面ですが、荒廃しているらしく、道標も消されています。

2023111909

右へ進むと伐採地がありました。写真左の山は毘沙門山。(白石山)

2023111910

紅葉がなかなかきれいでした。

2023111911

先に進んで左後ろを振り返るとしっかりと二子山が見えました。

2023111912

古い道標が納宮と示している方向は大伐採で何もない斜面。道など消えていそうです。遥か下には集落が見えて、車の走行音が聞こえてきました。

2023111913

これもまた良い感じの紅葉。

2023111914

踏み跡の尾根に進みます。ちょっとした岩なんかもある尾根を進みます。

2023111915

これは唯一ロープの付いた岩場。たいしたことはないですが、注意は必要。

2023111916

852mを過ぎると尾根に苔が生えていて良い雰囲気。

2023111917

植林の尾根に変わり、左は幼木が伸びていて眺めなし。薄暗い樹林のピークが出原舟。下りは磁石で確認しました。

2023111918

ひたすら薄暗い樹林の中の二重山稜のような所を通ったり、小ピークを越えてさらに先に進むと来てみたかった両詰山のピーク。三角点があるけどすべて植林でホントに薄暗い山頂。こんな所に来る人はまずいないと思われるマイナーピーク。

2023111919

両詰山からの下りも磁石で確認してあまり尾根らしくない急降下でした。しばらくで小尾根っぽくなり、さらに下るとやっと斜度が緩み、先へ行くと右手にちらりと山が見えましたが、武甲山かな。

2023111920

オレンジも悪くない感じ。

2023111921

林道に降りると久しぶりに明るい場所。やっぱり薄暗い樹林の中をずっと歩くのはなかなかしんどいです。

2023111922

しばらく林道を進んでいきました。林道終点らしき所から再び樹林に突入します。

2023111923

また樹林の中を下っていくと戸蓋峠らしい所に出ますが、石仏があるはずと右往左往して探したら、やっと見つかりました。二つあったけど、両方ともお顔がないのが寂しい感じ。

2023111924

峠道はそれなりに残っていました。ただし道が細いので注意が必要でした。特に迷うような所はなく、谷を見てさらに下ると加明地の集落に出ました。山村の雰囲気がいい感じでした。

2023111925

今神のバス停に出ましたが、2時間半待ちです。そんなに待てないので温泉目指して歩きます。途中に石塔があったけど、見たら、六面石幢。かなり風化していますが、これは文化財モノでしょうね。

両神温泉まで1時間ほど歩きました。

 

« 戸田の渡し跡から今里へ | トップページ | 両神温泉 国民宿舎 両神荘 »

登山(奥秩父)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戸田の渡し跡から今里へ | トップページ | 両神温泉 国民宿舎 両神荘 »

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本