« 伊東温泉 湯川弁天の湯 | トップページ | いわき湯本温泉 さはこの湯 »

湯ノ岳へ

12/23はいわきへ。

2023122301

湯ノ岳に行ってみたかったけれど、このあたりバスが非常に少なくなっていて乗るのが難しい状態。利用は無理かなと思っていましたが、なんとか川平という登山口近くへはバスがあり、東京からでも乗れそう。これを使うことにしましたが、これさえも電車と接続が非常に悪く、3時起きで出かけました。いわき駅でコーヒー飲んで時間を潰してようやく川平というバス停へ。登山口には川平住宅の方が近いですが、わずか先の終点です。

2023122302

少し歩くと住宅地の先に登山口。

2023122303

緩やかに登っていきます。先に見えるのが湯ノ岳と思われますがまだ遠いなぁ。この先高速の上を橋で渡りました。

2023122304

登山道は問題ないですが、途中、少し荒れた所があります。道標を見て安心。

2023122305

明るい所をどんどん登っていきます。歩く人は多くはなさそうだけど、道はそれなりにしっかりしています。

2023122306

ひたすら登ると稜線に辿りつきました。右に展望台があるようなので行ってみます。

2023122307

道路に出て、しばらく道路を歩きました。何か置かれていて狭い駐車場を通り抜けて展望台。

2023122308

近くには三大明神山という山、左には低い山々の連なりを見ることができました。

2023122309

戻る橋の上からはいわき市街と海を眺められました。

2023122310

電波塔がたくさんあるのを見ながら進むと道路脇に湯ノ岳の山頂。

2023122311

昼食を取るにはあまりにも寂しいので、そのまま下りました。しばらく下って道路を渡り、さらに進むと観音堂跡。ここで昼食にしました。

2023122312

どんどん下っていくと途中には数人が下っていました。パスして先へ下ると登り返して丸山公園近くの登山口に到着。

2023122313

帰りの足がないので、ひたすら道路を下ります。丸山公園口のバス停への道を過ぎてさらに進んで下ると小野田の集落。平日ならバスがあるけれど、土日はなし。左へ行けば川平バス停に戻れますが、右へ駅へ向かいました。

2023122314

ひたすら歩いてさらに丘陵みたいな所を通る道路を登って下っていきました。もうやってないと思うけれど、古い旅館だったと思われる建物がありました。やっと湯本の街っぽくなりました。

 

« 伊東温泉 湯川弁天の湯 | トップページ | いわき湯本温泉 さはこの湯 »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊東温泉 湯川弁天の湯 | トップページ | いわき湯本温泉 さはこの湯 »

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本