登山(奥多摩)

新緑とカタクリの御前山

4/23は御前山へ。

2022042301

別な山に行こうと思っていたけど、予定変更で御前山へ。奥多摩湖は思ったよりも水が少ない気が。

2022042302

堰堤を歩いて、いこいの路へ。

2022042303

ウツギやヤマツツジ、ヤマブキなどいろいろ咲いていました。

2022042304

まだ淡い新緑が良い感じ。

2022042305

新緑が美しい。

2022042306

だいぶ歩いて清八新道に取り付きます。

2022042307

取りつき付近は細い道でやはりマイナーコース。防火帯まで出れば新緑を楽しめます。

2022042308

やがて超急登。結構きついです。

2022042309

シロバナナガバノスミレサイシンが咲いていました。

2022042310

ひたすら頑張り尾根に出れば水窪山。

2022042311

くもりときどき晴れの予報だったのでこんなもんでしょう。御前山に向かいます。

2022042312

カタクリ自生地にはたくさん咲いていましたが、写真にあまり写ってないなぁ。。。

2022042313

ヤマエンゴサクも見かけました。

2022042314

ひたすら登って惣岳山に出るとすごい人。御前山に向かいますが、そちらも人だらけでした。

2022042315

藤倉に降りるつもりですがバスが少ないので、さくっと昼食を食べて下山にかかります。足元にはたくさんのカタクリ。

2022042316

天気が良くなってきたみたいです。小河内峠まで戻るとやはりヤマザクラがとてもきれいでした。

2022042317

藤倉へ陣場尾根を下ります。こちらも随分久しぶりの道。ちょっと細い所などもあります。新緑がきれい。

2022042318

ヤマザクラと新緑の組み合わせはいい感じ。

2022042319

見た目だともっと鮮やかですが、写真ではこんなところでしょうか。

2022042320

だいぶ降りると荷付場地蔵とありますが、石碑だけでお地蔵さんはないよ。

2022042321

登山道が終わると神社の横に巨木。

2022042322

藤倉からの14時のバスに間に合いました。

2022042331

フデリンドウも見かけました。

2022042332

今年二回目のマキノさん。一年に二度も見た事は初めて。今年はついているのかな?

たくさんのカタクリも見ることができて、楽しい歩きでした。

 

荏ノ久保山から本仁田山

3/26は奥多摩へ。

2022032601

久しぶりに青梅線に乗ったけど、どの駅も駅名板が新しくなっているんですね。

2022032602

ということで鳩ノ巣駅が歩き出し。

2022032603

将門神社に向かうと屋根掛けされた石仏がありました。

2022032604

しばらく歩いて将門神社入口。

2022032605

ひっそりとした山の中に将門神社。なぜか狛犬が二つあり、奥のものは黄色などに塗られていました。

2022032606

御幸姫観音は将門の愛妾を祭った観音様のようです。

2022032607

少し登って先に行くと将門山不動尊。ひっそりとした感じでした。

2022032608

尾根に取り付いて登っていきます。下部はヤブでしたが、上部は多少歩かれている雰囲気。

2022032609

ということで藪山の荏ノ久保山。

2022032610

大根ノ山ノ神方面に進みます。緩やかな登りでこのあたりが不動山なのかな。

2022032611

久しぶりの大根ノ山ノ神。この木祠もいつまで持つのやら。

2022032612

久しぶりの道を本仁田山に向かいます。登っていると途中には消えかけた殿上山の表示。

2022032613

月日が経つと忘れるものです。こんな所あったっけという感じ。

2022032614

奥に本仁田山が見えましたが、意外に遠い。

2022032615

瘤高山への登りはやっぱりきつかったです。

2022032616

この日は日影斜面にまだ少し雪が残っていました。

2022032617

これまた久しぶりの本仁田山。風がまだ寒い感じでした。

2022032618

下山は安寺沢へ。

2022032619

この道もこんな道だったっけと思う道。急降下は変わってはいなかったけど。集落の手前まで降りたところで、乳房観音の表示があり、行ってみました。元々、ここには銀杏の大木があり、それで乳根が無数に垂れ下がっていたので、観音様を祀ったそうな。その後、銀杏は樹齢が尽きて伐採されたが、再び芽が出て、大きくなっているとか。

2022032620

のんびり下っていると梅がよく咲いていました。

2022032621

こんな早い時間に奥多摩駅に着いたのは初めてかも。午前中で終わった山歩きでした。

 

奥多摩湖 いこいの路

11/28は奥多摩へ。

2021122301

奥多摩湖いこいの路は12月から4月上旬まで通行止め。前日も山歩いたけど、この日は土日で歩ける最終日でしたので、出かけることにしました。小河内神社バス停で下車。奥多摩湖バス停から歩くのが普通だけど、帰途を考えて逆コースにしました。

2021122302

麦山の浮橋を渡ります。

2021122303

まずは山のふるさと村へ。ちょっと前に歩いたけど、やはり夏場と違って歩きやすく、苔も影を潜めて良い道でした。

2021122304

残り紅葉が楽しめました。モミジがきれい。

2021122305

山のふるさと村に立ち寄ったのち、先日の月夜見山への道を分けて、いこいの路に入ります。

2021122306

道は問題なく歩けました。しかし、山の横を延々と歩く道です。

2021122307

ちょいと単調な道が続きます。それでも時折、奥多摩湖と対岸の眺めを楽しみながら進みます。

2021122308

随分歩いたなと思う所にベンチ。でも山沿いは日影、やはり寒くてあまり休もうと思いません。

2021122309

細いところにはしっかり手すりが設置されていて安心です。

2021122310

場所によってはかなり落ち葉の溜まっている所もありました。このあたりから人に会うようになりました。

2021122311

やっとのことで中間地点、いこいの広場。

2021122312

ここも日影で寒くて長居できません。他に良い場所がないのでさくっとパンの昼食を取ってさっさと先へ。

2021122313

まだまだひたすら歩きます。

2021122314

大きな谷を回り込んでから進むと紅葉がきれいな所が。

2021122315

景色も変わってきて、随分歩いてきた感じです。

2021122316

ようやく清八新道への分岐。先にもいくつか分岐がありました。

2021122317

橋を渡って先に進むとようやく山道が終わり、林道になりました。このあたりまで来ると紅葉狩りの観光客がちらほら。

2021122318

大寺山などがよく見えました。

2021122319

やはり紅葉を楽しみながら進みます。

2021122320

長い道のりを経て、ようやく奥多摩ダムに到着!これでいこいの路終了です。

2021122321

ダムにはたくさんの観光客がいました。

2021122322

奥多摩湖バス停へ。冬桜が数本あり、咲いていました。バスで奥多摩駅に出て、帰りました。

 

水根から鷹ノ巣山へ

また一か月遅れになってしまったけど、11/6は鷹ノ巣山へ。

2021110601

満員のバスを水根で一人下車。水根沢林道に向かうけど、途中の道標がきれいになってました。

2021110602

いつものように細い道。

2021110603

モミジの紅葉がきれい。

2021110604

色づきは良いとは言えないけれど、それでも紅葉は良い雰囲気。

2021110605

だいぶ歩いたところから取り付きますか。

2021110606

三本ケヤキ沢右岸尾根を登っていくと淡い色合いですが、やはり紅葉が良い感じでした。

2021110607

結構、急登が続きますが、頑張ります。

2021110608

途中にはヌタ場らしきものもありました。

2021110609

このあたりまで登れば少し稜線が近くなったかな。

2021110610

上部も紅葉ですが、下よりは色が今一つ。

2021110611

なんとなく踏み跡があるような無いような。パッと見ると登山道とは思えない感じに所に出ました。

2021110612

しばらく進むと榧ノ木山の手前。立ち寄らず、そのまま進みます。

2021110613

水根山に向かうとこのあたりの紅葉は地味にきれい。

2021110614

しっとりした、こういう色合いの紅葉って結構好きです。

2021110615

きつい登りで縦走路に出て、水根山はパスして鷹ノ巣山に向かいます。稜線はすっかり冬枯れの雰囲気。

2021110616

山頂手前の登りはやっぱりきつい。やっと鷹ノ巣山の山頂に到着。

2021110617

残念ながら雲で富士山も見えず。

2021110618

避難小屋の方に向かうと右手には雲取、奥秩父の山々。

2021110619

鷹ノ巣避難小屋もあまり変わっていない雰囲気。

2021110620

峰谷に向かって下ります。オレンジ色が主体でした。

2021110621

色とりどりの場所もあって、これも良い雰囲気。

2021110622

神社は古びていて、壊れかけの建物もありました。

2021110623

峰谷に下り、近道の山道を下ります。左手の紅葉がきれいでした。

2021110624

峰谷のバス停に着くと、なんと5分前にいったばかり。でも随分なペースで下ったので5分は短縮できなかったなぁ。

仕方なく、峰谷橋まで歩いて、これまた随分待たされました。バス停から離れた待合所で待っていたら、なんとこのバス停で行列が。20人くらい並んだでしょうか。すでに混んだバスが来て当然座れず、奥多摩駅まで立って乗ることになってしまいました。

 

紅葉の尾根から浅間嶺

11/3は奥多摩へ。

2021110301

遅出で10時半過ぎのバスで上川乗。もう降りたのは11時半近い時間。

2021110302

タル沢右岸尾根に取り付きますが、超急登。

2021110303

ようやく少し斜度が緩んでまともな尾根になります。

2021110304

大きなモミと思われる木を見るあたりはやっぱり急登。

2021110305

小ピークあたりまで来ると紅葉が。

2021110306

さらに尾根を辿って登っていきます。左側が比較的きれいな感じ。

2021110307

途中のピークには703mの札が風に揺れていました。

2021110308

良い雰囲気の所を通過していきます。

2021110309

真っ赤とはいきませんが、なかなかの色合いのモミジも見かけます。

2021110310

少し通り過ぎましたが、戻ると793mの札がありました。

2021110311

先へ進んで登っていくと植林地の看板がありました。

2021110313

登り着いたあたりは伐採地になっていて、御前山と三頭山の眺めがいい雰囲気でした。

2021110312

尾根を右に進んでいったら、行き過ぎたようで、天領山まで行ってしまいました。

2021110314

でもそのおかげで少しきれいな木も見られたので良かったです。

2021110315

もどった先には浅間嶺がちらり。その向こうは三頭山です。

2021110316

知らない間に通過していた入沢山は戻ったらしっかり山名板が付いてました。

2021110317

しばらく先へ進んで下り、登り返せば浅間嶺。もう13時半過ぎだったから、人もいないだろうと思ったら、団体さんもいてまだまだ人のいる山頂でした。

2021110318

普通の払沢の滝を目指して下りますが、途中が大伐採地になっていて、これまた吃驚。

2021110319

営業していた瀬戸沢のお休み処に立ち寄りたかったけど、今日は時間が遅く、帰りが遅くなるのでパス。

2021110320

もう営業していない茶屋の前からの御前山。メンテする人もいないのか前はヤブが伸びつつありました。

2021110321

今日も時坂峠から下ります。前通った時、桟道が壊れかけていたけど、しっかり直されていました。

2021110322

降りていくとなんか右側の斜面の紅葉が微妙な美しさ。

2021110323

バス停に着くと1分でバスが来るという時間でついてました。

 

戸倉城山と金毘羅山

10/3は奥多摩へ。

2021100301

バスを荷田子で下車しましたが、瀬音の湯経由のバスだったので少し手前から歩くことになりました。

2021100302

山に入ると少しひんやり。シギンカラマツとかかな。

2021100303

セキヤノアキチョウジでしょうか。

2021100304

しばらく登っていけば久しぶりの荷田子峠。

2021100305

戸倉城山に向かいます。あまり眺めはないけれど、わずかに三頭山方面が見えました。

2021100306

なかなかのアップダウンで進みます。途中の小ピークには屋根掛けされた木祠。

2021100307

盆堀山と書かれた小ピークを過ぎます。

2021100308

さらに進むと十里木からの道が登ってきていました。

2021100309

掘割らしい所を見ると左に進みます。

2021100310

ということで戸倉城山の山頂。やはり良い眺めでした。

2021100311

どんどん下っていきます。途中には脇に石積みされた間の道を通ります。いつ頃のものなのかな。

2021100312

降りた所に鳥居があったので、登ってみると神社のようでしたのでお参り。山口神明社というようです。

2021100313

しばらく歩いて横根峠を目指します。

2021100314

登山道の入口が見つけられるか心配でしたが、しっかり道標がありました。
水も流れていて、顔を洗ったら意外に冷たかったです。

2021100315

しばらく登って先へ進むと分岐があり、直進すると行き止まりに山の神。横には曲がりくねった木がありました。やはり神の宿る木でしょうか。

2021100316

横根峠は確かに峠っぽい所。

2021100317

山道をさらに歩いていくとようやく金毘羅尾根に出ました。

2021100318

金毘羅山に向かうと広い伐採地を通りました。

2021100319

しばらく歩いて金毘羅山の山頂にある琴平神社でお参り。

2021100320

わずかに下った所には展望台があり、やはり眺めが楽しめました。

2021100321

武蔵五日市駅まで歩いて終了でした。

 

高峰から御岳山

9/26は奥多摩へ。

2021092601

御嶽駅を歩き出し、高峰に向かいます。そういえばもう歩いてから随分経つなと思って久しぶりのルートどり。

2021092602

畑などを見て先に進み、獣害避けフェンスを過ぎて先に行くと道標と看板が。
RUN&BEERと書かれていて、地元のお店の人が立てたようですね。

2021092603

久しぶりにツリフネソウ。

2021092604

あたりは伐採された斜面を少しきついじぐざぐで登っていきます。

2021092605

樹林の中に入ると霧でした。

2021092606

再び看板。2020だから立てて間もないようです。

2021092607

踏み跡の尾根を辿ります。

2021092608

少し濃いめの霧の所も。

2021092609

やがて道標の裏手に登り着いて、そこが高峰の山頂でした。

2021092610

日の出山に向かいます。やっぱり直下はきつい登り。

2021092611

日の出山の山頂にはそこそこ人がいました。

2021092612

御岳山へ向かっていると雨が降り出してしまいました。秋海棠がちらほら咲いていました。

2021092613

御嶽神社でお参り。少し雨が止んだかな。

2021092614

神代ケヤキはいつも通り。

2021092615

大楢峠はいつ歩けるようになるのかな。

2021092616

下山は古里へ。やっぱりこのあたりの雰囲気は好きな所。

2021092617

大塚山の山頂も静か。でも下の休憩舎に女性グループが休んでいました。

2021092618

カシワバハグマが咲いてました。

2021092619_20211013220201

ひたすら雨の中を下って登山口に到着。

2021092620_20211013220201

古里駅に向かうと消防の案内が。何か事故が発生したようで、サイレンの音が鳴り響いていました。

 

奥多摩湖から月夜見山、三頭山へ その2

続きです。

2021071034

さて、月夜見山から往路を戻ります。

2021071017

登ってきた道の分岐から先も悪くない道なのですが、バイク音がうるさいのが難点。

2021071018

久しぶりの風張峠。馬頭観世音の石碑もありました。
右が旧道のようですが、荒廃しているため危険なようです。

2021071021

先へ歩いていくとドリーネと書かれた案内板。
石灰が下にあるために、長い年月を経て窪地になった場所のようです。

2021071020

近くにはそこそこのブナやそれなりの大きな木もあって、やはり三頭山が近いなぁ。

2021071019

だいぶ進むと都民の森に入ってきます。少し先にベンチがあったので、眺めはなかったけど昼食にしました。

2021071022

大きく下って鞘口峠。右のふるさと村への道は通行止です。

2021071023

登り返しが超急登。こんなにきつい道だったか。すっかり忘れていました。
蒸し暑さがひどい上にこの道に入ると風がなくてグロッキー。
でも、たまにブナがあって癒されます。

2021071024

やっぱりブナ。

2021071025

やっとのことで東峰の表示があり、右に登ると展望台がありますが、古くなっているようで塞がれています。

2021071026

すぐ先が三角点のある東峰。

2021071027

先へ進むとほどなく中央峰。

2021071028

御堂峠から登り返せば、西峰。さすがに蒸し暑いせいか、人があまりいなかったです。

2021071029

ギンリョウソウが咲いていました。

2021071030

時計を見ると急げば都民の森発のバスに間に合いそう。三頭大滝への道に入りました。

2021071031

深い樹林の道を下っていきます。

2021071032

足早に下って、久しぶりの三頭大滝。今まで見た中では少し水量があるかなという感じでした。

2021071033

そのまま先へ進むと間に合わなくなりそう。
途中から右に山道を下って、登り返すとバスの出発5分前に間に合いました。

 

奥多摩湖から月夜見山、三頭山へ その1

7/10は奥多摩へ。

2021071001

くもりときどき晴れの予報でしたが、出かけてみたら、良い天気。でもこのところの雨で湿気が半端ないこと。
バスを降りて写真を撮ろうとするとカメラのレンズが曇りまくり。拭いてもすぐに曇るひどさでした。

2021071002

麦山の浮橋は久しぶり。
しばらく通行止めでしたが、雨で奥多摩湖の水量が増え、木曜日から通行できるようになったばかりでした。

2021071003

湖岸の遊歩道を進みますが、このところの雨のせいか歩いている人はいないようで、蜘蛛の糸攻撃がたくさんあって閉口。
でも、苔の生えたこんな所もあって雰囲気は悪くないです。

2021071004

対岸の山は倉戸山でしょうか。滅多に眺めたことのない景色でした。

2021071005

ひたすら歩いていくと沢を渡り、木段を登るとふるさと村でした。

2021071007

先の方へ歩いていくと突端に近いところに出ます。

2021071006

そこから月夜見山、風張峠方面への道が分岐します。のっけから木段道。

2021071008

樹林で日差しが遮られているのはいいけれど、ほんとに湿気がひどく蒸し暑い中の登りはしんどいです。

2021071009

だいぶ登って、キャンプ場を下に見ると道が分かれますが、そこには石仏が二つほど置かれていました。

2021071010

古い峠道っぽい雰囲気の緩やかな道。

2021071011

一旦、奥多摩周遊道路に出ます。少し車道を歩くことになります。

2021071012

再び山道に入って登っていきます。雰囲気は良いのですが、バイクの爆音などがうるさいです。

2021071013

だいぶ登ると右に薄い踏み跡が分岐しますが、左に行くように表示があります。

2021071014

頑張るとようやく風張峠と月夜見山の分岐に登り着きました。

2021071015

山道を辿ると再び周遊道路とお友達で、2度ほど車道を歩いたり山道に入ったりを繰り返します。

2021071016

きつい登りで大岩横を登り、左に緩やかに登ると月夜見山の山頂。久しぶりに来ました。
樹林で眺めはなく、バイクや車の音などが聞こえてきます。

続く。

5年ぶりの南沢あじさい山

6/26は南沢あじさい山へ。

2021062601

武蔵五日市駅が歩き出し。朝から蒸し暑い感じ。

2021062602

久しぶりに寒念仏供養塔を見ます。

2021062603

今回は山道経由ではなく、そのまま道路を歩きました。今年もそれなりにあじさいは咲いています。

2021062604

分岐を左に曲がって受付に向かいます。

2021062605

駅から40分ほどでようやく受付に到着。
入山料500円になっていました。

2021062606

アジサイの中を通る道。青と白が多いです。

2021062607

山道を登っていきますが、今年は少しお花が少な目な気がするなぁ。

2021062608

やっぱり控えめ?訪れるのが遅かったかな?
そのままあじさい山まで登れるようですが、花が咲いている一番上まで行ったところで、戻りました。

2021062609

ピンクもありました。

2021062610

さて、今回は巨樹を見に行きます。自治会館を過ぎた所で右に入ります。

2021062611

民家の軒先を通らしてもらって細い山道をしばらく登っていきます。するとおお、久しぶりに巨大な杉。
千年の契り杉です。幹回り7.8mだそうで、樹齢は千年ではなく、300年以上のようです。
それでもパワーのある木でした。いつまでも世界を見守っていて欲しいですね。

2021062612

木橋があるのですが、苔で滑りやすいので注意。道路に出て少し戻って、反対へ登ります。

2021062613

しばらく登るとこちらは山抱きの大樫。幹回り6.5m、枝の広がりは27mという巨木でした。

2021062614

先へ登ると結構きついです。蒸し暑い中を急登をこなしていきます。
たまにですが、ダニが手に取り着きました。すぐに払って被害はなかったですが、このあたり長袖シャツの方が良さそうです。

2021062615

ひたすら登ってようやく南沢山。特にこれというものもない、ただの通過地点みたいなピーク。

2021062616

ようやく金毘羅尾根に出れば特に問題はないものの、結構登りは久しぶりの山ということもあって、しんどいです。白いアジサイが山の中では珍しい感じ。ごくたまに人に会うくらいです。

2021062617

ひたすらの登りはさすがにきつく、麻生山の手前の分岐で音を上げて座り込んで昼食。
しばらく休んだけど来る人はいなかったです。先へ進んだら人に会いました。

2021062618

最後の日の出山への登りの木段がこれまたきつかったこと。体力が落ちているのが実感できました。
やはりウォーキングと山は違いますね。

2021062619

下りは簡単コースへ。もうトリアシショウマの季節なんですね。

2021062620

つるつる温泉への尾根道コースに入ると右手が伐採されていて、雰囲気が変わっていました。

2021062621

くねくねと山道を下って道路に出れば登山道終了。
少し先の橋の上にあったカエルの置物は健在でしたが、エビの置物は心無い人が持ち去ったのか無くなっていました。

2021062622

道路の登り返しもいつもながらきつい。やっとのことでつるつる温泉に着きました。
久しぶりに温泉入浴。それほど人も多くなく、ヌルヌル感の温泉は良いものでした。

バス時間の少し前にバス停に行ったらすでに長蛇の列で吃驚。
コロナになってからバスに立って乗るのは久しぶりだった気がしました。

 

より以前の記事一覧

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ