登山(丹沢)

鷹取山へ

高麗山からの続きです。

2022012921

駐車場横から万田へ向かうハイキングコースに入ろうと思ったら、通行禁止の表示があり、諦めました。

2022012922

少し遠回りになるけど、道路を下って上万田のバス停の近くに来ると道標があって、霧降り渓流の道に入ります。

2022012923

しばらく歩いて行くと古い石仏などが置かれている場所を通ります。

2022012924

近くには蔵王神社という小さな社。

2022012925

さらに進んでいくと愛宕神社。

2022012926

先へ進むと丘を越えます。菜の花が咲いているけど、曇天であまり映えないですね。

2022012927

しばらく道路を歩いていくと弁天神社と書かれた場所が。石碑や石塔などが置かれています。

2022012928

八剣神社でお参り。

2022012929

ヤブ道に突入。下部は倒木などが多かったです。

2022012930

右に登れるところがあって登ると四等三角点。住宅地などの眺めがありました。

2022012931

マウンテンバイクの通る道を登っていくと山王山という表示があり、少し登ると山王社に着きました。石祠や石仏などが置かれている山頂でした。

2022012932

しばらくは淡々と山道を進んでいきます。やがて登って道路に出ました。

2022012933

先へ進んでいくと樹林の山頂を通過し、鷹取神社。

2022012934

昼食後、三角点を見に行きました。しっかり三等三角点が埋まっていました。

2022012935

南へ下っていきます。山の中に鳥居がポツンとあります。

2022012936

やがて高速道路の下をくぐって樹林から抜け出れば市街地。しばらく歩いて生沢のバス停に出ました。二宮駅の方が近いけど時間が合わず、平塚駅まで乗って帰りました。

 

高麗山、浅間山

1/29は湘南の山へ。

2022012901

大磯駅が歩き出し。高麗山、浅間山は山を始めた頃に歩いた覚えがあるけど、記録も残っていないし、ほとんど忘れてるので初めての山みたいな気分。

2022012902

しばらく歩くと旧街道らしき道になるけど、石碑や一里塚跡があったりして雰囲気があります。

2022012903

松のある並木道がそれらしいですね。

2022012904

さらに進むと高来神社の入口。

2022012937

神社でお参り。

2022012905

境内にはシイニッケイという木が。スダジイとヤブニッケイという二種が一体化した樹木だそうな。スダジイは300年以上、ヤブニッケイは150年前後だそう。

2022012906

神社の右手下に降りると水が滾々と湧き出ていました。

2022012907

前は男坂を登った気が。ということで右の女坂に向かいました。

2022012908

少し登ると右に東天照と書かれた道があり、そちらに行きたくなってしまいました。

2022012909

少し急なじぐざぐで登り、しばらく進むと右から来た道と合流。植えられたものでしょうか、水仙がちらほら咲いていました。

2022012910

高麗山に向かうとすぐに東天照。小さなピークでした。

2022012911

広い高麗山の山頂。天気が良くないせいか、人はおらず。以前は建物があったのか礎石のようなものが残っていますね。

2022012912

先へ進んで橋を渡ります。

2022012913

八俵山も小さなピーク。

2022012914

自分の山登りでは、あまり見かけない木があります。なかなか大き目の木。

2022012915

ようやく浅間山の山頂に到着。どんよりの天気が恨めしい。

2022012916

浅間山の名前の由来?浅間神社があります。

2022012917

横には大きな一等三角点。角が欠けてます。

2022012919

少し先へ下って登って湘南平。伊豆大島かな。

2022012918

眺めもぼんやり。大山は見えたけど、それ以外は全然ダメダメ。

2022012920

日本山岳会の初期メンバーの岡野金次郎のレリーフ。平塚に移り住んだのだそうな。

続く。

 

初登りは大山詣で

1/3は丹沢へ。

2022010301

大山ケーブルバス停が歩き出し。この時点は良い天気。人がたくさん。

2022010302

いつも男坂なので、たまには女坂登って見ることに。途中には石仏などがあります。

2022010303

大山寺でお参りしたのち、さらに石段を登って下社。茅の輪を八の字にくぐったけど、そんな通り方しているのは自分だけだったみたい。

2022010304

今回はハイキングコースなのに自分は歩いてないと思われる二重滝への道を取ります。

2022010305

しばらく歩きやすい道を進むと二重滝。水量が少ない滝ですね。

2022010306

近くには社もあります。阿夫利神社の摂社と記載がありました。

2022010307

なかなか大きな木もあって意外に雰囲気の良い道。右側は崖になっていて、以前転落事故も起きているらしいですが、今はロープなどもあるので落ちることはないでしょう。

2022010308

しばらく登って見晴台に到着。ありゃ、すっかり曇ってます。

2022010309

登っていきますが、なかなかきつい道。へつりっぽい感じの登りもあります。

2022010310

途中にはそこそこ大きなモミらしき木も見かけます。

2022010311

ひたすら木段のきつい登りが続きます。普通は逆コースで案内されているのはそういう理由なのかな。

2022010312

ということで奥の院到着。人がそれなりに多いです。しっかりお参り。今年も良い山に登れるかな。

2022010313

ベンチに座って昼食にしましたが、ものすごく寒い。。。
眼下に沿道の街並みをちらりと見ただけでした。

2022010314

さっさと下社に向けて下山しますが、後から後から人が登って来る道を下ります。富士見台はやはり富士は見えず。

2022010315

蓑毛分岐も左へ下社へ。

2022010316

久しぶりの夫婦杉に会えました。

2022010317

二度目の下社ですが、観光客が増えてお参りの列ができていました。

2022010318

帰りはしっかり男坂を下ります。

2022010319

大山ケーブルバス停に戻ってきました。時間が早かったので、伊勢原駅でコーヒー飲んで帰りました。

 

高松山と大野山

2021年最後の山行は丹沢へ。

2021122901

久しぶりに寄行きのバスに乗り、田代向で下車。

2021122902

すぐにしっかり看板があります。

2021122903

しばらく歩いて橋を渡ってしまい、そちらはタケ山という山への道だった模様。戻ろうかと思っていたら、後ろから来た同じバスだったおじさんがどこ行くのと聞かれて、教えてもらいました。最近は人に教えられることが多いなぁ。戻って進むとしっかり道標がありました。

2021122904

しばらく道路を歩いていくと登山口。このあたりはヤマビルが多いらしく、塩もありました。

2021122905

しばらく登っていきますが、やはりヤマビル注意の看板多し。はなじょろ道を登っていきます。

2021122906

途中にはミツマタ。もう蕾を付け始めているようです。

2021122907

だいぶ歩いて登ってヒネゴ沢乗越。風が吹いて寒いです。

2021122908

せっかくなので高松山に向かいます。緩やかな登り。

2021122909

高松山の広い山頂に着きますが、富士山見えないよ。。。

2021122910

さっさと戻って、はなじょろ道を八丁に向かいます。

2021122911

やはりこちらの道はあまり歩かれておらず、道標はあるものの、それなりに経験のある人向け。大野山はしっかり見えるのになぁ。

2021122912

尾根歩きっぽい感じで少しルートを探すような所もあります。

2021122913

途中には烏山椒の木。

2021122914

だいぶ踏み跡ちっくな所もありながら下っていくと沢に降り立ちます。

2021122915

どうやって登るんだと思いながら踏み跡を探すとなんとか道標にある所に登れました。

2021122916

とある道を登ろうと思ったのですが、変なところを進んでしまい、直接大野山近くに登ってしまいました。

2021122917

ということで久しぶりの大野山。丹沢の山々がたくさん眺められます。

2021122918

ありゃ、富士山見えたけど、笠雲が。今日は機嫌悪かったのかな。

2021122919

下山は普通に谷峨駅に向かいます。まるで空に向かって飛び立てそうな登山道。

2021122920

随分下ると久しぶりに都夫良野の頼朝桜。

2021122921

さらに下って道路に出て、吊り橋を渡りますが、しっかりした橋に見えるけど、10人までの制限が。

2021122922

谷峨駅に到着。電車で帰りました。

 

鬼石沢左岸尾根

10/10は西丹沢へ。

2021101001

久しぶりの大滝橋歩き出し。でも、天気がかなり悪い感じ。

2021101002

しばらく林道を歩いたのち、登山道を辿りますが踏み跡が分かりにくい所があり、台風や大雨、コロナの影響などで登山道が分かりにくくなっていました。途中で沢に降りて、まずは大滝を見に行きますが、手前に倒木もあるので近くまで行く気になれませんでした。

2021101003

登山道に戻って進むと下に見えます。大差なかったな。。。(^^;

2021101004

道が分かりにくいので、黄色の道標が目立つので有り難いです。特にこんな天気の日はね。

2021101005

さらに歩いていくと霧雨が。一軒家避難小屋の手前はこんな感じ。橋は斜めっていて使えませんが、なんとかなります。

2021101006

鬼石沢左岸尾根に取り付きますが、本降りの雨になってしまいました。止む無く雨具を着込んで登ります。のっけは急登。

2021101007

しばらく登って先へ進むと鹿柵が出てきました。

2021101008

ブナも出てきて、なかなか良い尾根です。こんな霧の中なのでちょっと不安がありましたが、なんとか辿っていける感じ。

2021101009

こんな苔の生えた尾根の部分もありました。やはり丹沢らしい雰囲気。

2021101010

ピークを通過したのですが、写真を撮り忘れた模様。さらに先へ下って登っていくとどうもこのあたりが権現山からの尾根と思われます。なんとなく歩いたことのある雰囲気だったし。

2021101011

左へ尾根を進んでいきます。少し雨は弱くなった模様。この木を見たら、一発で正しい尾根と分かりました。

2021101012

そうそう、このあたりもとても雰囲気のよい所。季節が違うとまたいい感じですね。

2021101013

ブナを見ながら登ります。

2021101014

進路が分かりにくいけれど、もう山頂はそんなに遠くはなさそう。

2021101015

いきなりベンチの前に出ました。

2021101016

ということでひとっこひとりいない山頂。

2021101017

数分できれいに生まれ変わった畔ヶ丸避難小屋に着いて休憩。みなさん考えることは同じようで数人が休んでいました。白木がまだきれいな小屋でした。これで水場があれば積極的に泊まりたくなるんですけどね。

2021101018

下りも大滝橋に下山します。反対の西丹沢ビジターセンターへの道は夏の大雨で渡渉が必要らしいですからね。こんな天気じゃ渡渉はしたくないです。でもこちらも少し山抜けしている所が。なんとか右上を通行可能ですが、またそのうちにえぐれてしまうのでは。。。

2021101020

霧の中のブナも幻想的。

2021101021

久しぶりの大滝峠上。雨が止んだようで、雨具をしまいました。

2021101022

どんどん下っていき、一軒屋避難小屋に戻りました。

2021101023

行きも通ったけど、こんな所でもまかり間違えれば転落するんですよ。

2021101024

大滝橋に戻りました。

 

鳥ノ胸山へ

11/21は鳥ノ胸山へ。

2020112101

久しぶりの道志入り。月夜野から道志へ入る人が10人くらいいて吃驚。さすが連休です。
道志の湯への入口で下車し、しばらく歩いて道志の湯を見て、さらに先へ進みます。

2020112102

加入道山への道が分かれました。いつか歩いてみたいな。

2020112104

さらに奥へ行けばなぜか水場。飲んでみると自然の水でした。

2020112105

先から降りて的様。不思議な模様ですね。

2020112106

しかし、取り付きに失敗。変な所を登ってしまい降りられなくなり、諦めかけましたが、なぜかテープの付いた尾根を見つけて沢に下りました。

2020112107

沢沿いにはわずかな踏み跡が。

2020112108

いかにも沢歩きの雰囲気。ここまで来ると水量はそれほど多くはなかったです。

2020112109

小さいけれど滝もありました。

2020112110

先にあずまやが見えて狂喜!

2020112111

林道に上がってしばらく林道を進むと恋路峠と思われる場所。

2020112112

登っていくと左側の眺めがまずまずでした。

2020112113

急登をこなして先に進みますが、再び急登。

2020112114

えらいきつい登りで小ピークを過ぎ、さらにすすむと右側が自然林。
先にうっすらとピークが見えてきますが、まだまだ急登が続きました。

2020112115

鞍部に進もうとしましたが、最後が崩壊気味。上に登ってロープの付いた登山道に出ました。
南峰を踏んだあと、しばらく進んで鳥ノ胸山の山頂。

2020112116

山頂からはやはり富士山の眺めが。北風が吹いて寒い山頂、富士山も風が強かったようです。

2020112117

再び往路を戻りましたが、急峻なので厳しい下りでした。ようやくの事で恋路峠と思われる所に戻りました。

2020112118

検見ヶ丸に向かいました。紅葉越しの鳥ノ胸山が良い感じでした。

2020112119

カヤトの検見ヶ丸。石標があったので三角点かと思ったら御料局のもののよう。三角点はヤブの中に頭だけ出ていました。

2020112120

またも急降下で林道っぽい道に出て、しばらくは林道を進みますが、最後は植林の森になって古い踏み跡を辿り、ようやく降りた所には石仏がありました。

2020112123

のんびり道路を下ります。このあたりの集落には柿が多かったです。

 

櫟山へ

急にパソコンが壊れてしまって、しばらくアップできませんでしたが、
3/1は丹沢へ。

2020030101

久しぶりに渋沢駅で下車して大倉バス停へ。菜の花がよく咲いていました。

2020030102

近くには河津桜もあり、満開できれいでした。

2020030103

西山林道を辿りますが、随分長いなぁ。ようやく二俣の先から山に取り付きますが、去年の台風の影響が残っている感じでした。
鍋割山の鍋焼きうどんは相変わらず人気のようですが、草野さんも高齢になったようで、営業も短縮して宿泊も止めたようです。

2020030104

随分登って後沢乗越。ほとんどの人は鍋割山へ向かいますが、反対の栗ノ木洞に向かいます。

2020030105

最初はちょっと尾根が細かったりします。この先、結構アップダウンがきついです。

2020030106

栗ノ木洞は樹林の中の静かなピーク。寒い山頂でした。

2020030107

しばらく下って先へ進むと櫟山。晴れていれば気持ちの良い山頂なんでしょうけど、この日はどんよりでした。
大きな松の木が何本もあるのがいい感じです。

2020030108

ちょこっと街並みが見えたくらい。少し早い昼食にしました。

2020030109
かなりの急降下で下っていくと一旦林道に降ります。

2020030110

さらに先へ歩いていくと茶畑に出ました。

2020030111

さらに下ればやはり河津桜がよく咲いていて、お花見ができました。

2020030112

寄バス停に着きますが、しばらくバス待ち。

2020030113

奥に向かう道路に出てみるとこちらにも河津桜が並んでいました。この時期は桜まつりが行われていたようでした。

 

蓑毛越から源実朝首塚

台風で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

これは台風前の10/6のお話、丹沢へ。

2019100601

もう新しくなって数年経つけど、新しくなってから初めてケーブルカーに乗りました。

2019100602

少し歩けばすぐに下社。まずはお参り。大山の上の方には雲がかかっていました。

2019100604

蓑毛越へ向かいます。かごや道が分岐。今度登ってみようかな。

2019100605

途中は石積みもあり、雰囲気の良い山道。

2019100606

長いトラバース道を歩いていくと久しぶりの蓑毛越。

2019100607

少し先に浅間山。アンテナ施設があるので回り込んで登ると三角点がありました。

2019100608

久しぶりに南尾根をしばらく歩きます。大きな鉄塔の横を通過。

2019100609

林道を渡り、少し先に進むと不動明王像。

2019100610

すぐ先に分岐があり、ここから才戸入口に向かいます。

2019100611

ヤブ道を覚悟して小枝を持って道に入るとやはり蜘蛛の巣が。しかし、ゴルフ場の横はヤブだらけの上にさらに大きな女郎蜘蛛の巣がたくさん。途中には道標もあったけど、やはりこんな道をこの時期に通るのは好事家だけですね。

2019100612

そろそろ終わりそうな雰囲気になると大山道の道標がしっかりとしたコンクリートで覆われていました。横に当時の新聞の切り抜きが拡大コピーされていて、それによると地元の方が個人で作られたそうな。

2019100613

久保橋に出れば集落の道になります。途中、東名高速の工事のために通行止表示があってビビりましたが、この日は工事はしておらず通行できますの表示がありましたので、問題なかったです。

2019100614

中丸橋のバス停の手前を右に曲がって波多野城址へ。

2019100615

草の生えた土手を進んで石段を登ると波多野城址に着きましたが、あたりは畑。個人の所有なのでしょうね。
左の木は枝が切られていて、そのせいかどうか、枯れていたように見えました。
石碑だけが当時を忍ばせる雰囲気でした。

2019100621

道路に出て、源実朝の首塚に向かいました。公園の中にありますが、たくさん車が入っていくのでそんなに人が来る場所なのかと思ったら、どうやらこの日は公園で畜産関係者だけのお祭りをやっていたようで、テントが張られて牛などがたくさんいました。
やはり首塚はその手前のひっそりとした場所でした。


2019100617

ひたすら道路を歩いて、名古木を左折、弘法山入口バス停を見て、ひたすら車道を登ると弘法山の公園の駐車場。
しばらく登ってようやく弘法山公園。

2019100618

さらに石段をしばらく登らされて弘法山の山頂。井戸は今もしっかりと水が出ていました。

2019100619

のんびりと吾妻山へ。季節風なのか、風が強くなってちょっと足早に鶴巻温泉駅へ下山しました。

2019100631

この日はツリガネニンジンが咲いていました。

 

烏尾山から塔ノ岳へ

9/7は丹沢へ。

2019090701

まだ完全に夏だけれど、久しぶりに表丹沢。小田急線に乗っていたら、なんか途中でお客様救護に当たってしまい、渋沢駅到着が遅れ。
朝一のバスに乗り遅れたけど、次のバスは15分後くらいだから、助かりました。

2019090702

途中にある竜神の泉、冷たい水で顔を洗おうと思っていたら、涸れてました。。。

2019090703

蒸し暑い中、ひたすら林道を歩いて取り付きの新茅山荘にようやく到着。今日はホントに蒸し暑くなりそう。

2019090704

入り口には、ちゃんと道標がありました。

2019090705

結構きつい登りをがんばります。途中に一本桜と書かれた道標が。近くにある木がそうでしょうか。

2019090706

さらにひたすらきつい道を登っていくと目の前に山が見えた所で石仏が。きちんと布が巻かれています。
地元の人に愛される石仏のようですね。

2019090708

さらにきつい登り、右後ろを振り返ると渋沢の町並みがよく見えました。

2019090709

さらに登ってようやく樹林から抜けると、おお、ちょっと雲が邪魔してますが、富士山が!

2019090710

ようやく烏尾山荘前に飛び出ました。

2019090711

海の眺めが良い感じですね。

2019090712

まだ塔ノ岳は遠いなぁ。

2019090713

さすがにこの時期、少しヤブっぽい感じの所もあります。ゲンノショウコがきれい。

2019090715

行者ヶ岳のあたりは鎖が付いた所が何箇所か。たいしたことはないですけど、少し注意。

2019090716

ホトトギスがこんな上の方にあるのは吃驚。

2019090717

やっぱり丹沢と言えばフジアザミでしょう。

2019090719

ひたすら頑張って登ります。夏山らしい感じ。

2019090720

やっとのことで塔ノ岳到着。いったい何年ぶりの山頂でしょうか。それにしてもこんな蒸し暑いのに人が多いなぁ。(^^;

2019090721

往路を戻ります。やはり海の眺めが丹沢らしいですね。

2019090722

まだまだ登ってくるたくさんの人に会いながら下ります。三ノ塔って結構大きいですね。

2019090723

誰かがハコネギク!と声を上げていたので、自分も撮りました。登山道の板の間に咲いてました。

2019090724

政次郎尾根を下ります。

2019090725

結構きつい下りが続きます。なんか最近こんな尾根ばっかりだな。

2019090726

ひいこら言いながら下ってようやく林道に降りられたものの、
ザックに入れておいた間にレンズキャップが変な風に変形してしまい、無理やり取ろうとしたらバキッという音とともにフィルターが粉々に割れてしまいました。ああ、新しいフィルター代が...。(泣)

2019090727

林道に出たあたりで乗っていきますかと車の方が声を掛けてくれましたが、時間も早かったのでお礼を言って歩くことに。
でも、やっぱり長い林道歩きでした。風の吊橋を渡れば、朝降りた大倉バス停はすぐそこでした。

 

手沢左岸尾根から大室山

子供の日は丹沢へ。

2019050501

GWだから混むだろうと一番の急行で新松田へ。
するとなんと7時前に増発便を出してくれて、8時10分には西丹沢ビジターセンターに。
予想外に早く歩きだせました。まだ新緑は登る途中で、稜線は冬枯れ状態。
それにしても左のキャンプ場の込み方が半端じゃなかったです。

2019050502

手沢左岸尾根に取り付きます。のっけは急登。

2019050503

少し緩やかになりますが、写真の先に厳しい鞍部の通過もありました。

2019050504

見える尾根は新緑がきれい。ヤマザクラも咲いていたようです。

2019050505

途中にはアカフと思われるタチツボスミレ。

2019050506

やはり少しきつい登りが続きます。

2019050508

上部は斜度が上がってきついのなんの。この斜度を見れば分かりますよね。

2019050507

やっぱり尾根の主と思われる大木がありました。ブナかな。

2019050509

稜線に出て、大室山に向かいます。やっぱり冬枯れ状態。
マメザクラがよく咲いていました。

2019050510

まさに一服の絵。

2019050511

大室山の山頂はまだ人が少なめでした。

2019050512

加入道山に向かいます。

2019050513

こちらもやっぱりマメザクラ。

2019050514

久しぶりの加入道山。一人だけ休まれていました。

2019050515

白石峠に下って、用木沢出合に向かいます。

2019050516

去年の台風で道がだいぶやられたそうです。現在は桟道などを整備してくれていますので、普通の日なら問題ありません。
明らかに登山道が崩落している所は逆側に道が付け替えられ、この岩場は長いロープが付けられていました。

2019050517

下っていくとピンクの強いエイザンスミレ。

2019050518

かわいいエイザンスミレもありましたよ。

2019050525

途中、白石の滝が見えますが、ほんのわずかしか見えません。

2019050520

沢沿いをどんどん下り、木橋を渡ったり小沢を渡って林道に出れば、もう終了間近。

2019050521

再び人だらけのキャンプ場を見ながら歩いて西丹沢ビジターセンター。
もうバス待ちの人が多かったですが、ここからは問題なく座席に座れました。

2019050522

シロバナタチツボスミレも久しぶり。結構見つけました。

2019050523

シロカネソウは残念ながら咲く寸前。

2019050524

今回のヒット作はキクザキイチゲ。かなり遠い所に一輪だけでした。でも、麓じゃなくて、こんな山上で見たのは初めてでした。

良い天気で楽しい歩きになりました。

 

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ