登山(高尾・中央線沿線)

沖之沢右俣左岸尾根から権現山

9/19は権現山へ。

2021091901

猿橋駅からのバスを随分久しぶりに終点の浅川で下車。

2021091905

沖之沢右俣左岸尾根に取り付きます。取り付きは少し先に進んだ作業道らしきところから取り付きました。

2021091903

尾根に出るとなかなか良い雰囲気。ちょっと傾斜が急ですが、このあたりは気分よく歩けました。

2021091904

尾根がだんだん狭くなると斜度も上がって厳しくなります。

2021091905

壁のような所に出て厳しい登りでした。
滑落などしないように注意しながら登り、だいぶ登ると横に通っている踏み跡がありましたが、
巡視用のものかな?

2021091906

踏み跡のない笹の斜面を登ると登山道に出ました。左へわずかに登ると何もないピークと思いきや、プレートがありました。

2021091907

右へしばらく歩いて権現山に登るとしっかり富士山。本当に久しぶりに会えた感じです。

2021091908

反対方面の山もよく見えていました。

2021091909

今日は扇山を目指します。少し戻って浅川峠に向かいます。

2021091910

登って来る人も少な目な感じ、数人会ったくらいでした。

2021091911

随分下って浅川峠。

2021091912

曽倉山への登りになるとシモバシラがよく咲いていました。

2021091913

曽倉山を通過。

2021091914

扇山への登りは少し道が変わっていて歩きやすくなってはいたけど、やっぱりきつい登り。
この木を見れば、もう山頂はあとわずか。

2021091915

やっぱり扇山からも富士山はしっかり見えていて良かったです。

2021091916

人はそんなに多くはなく、静かな雰囲気。まだ夏の雰囲気でした。

2021091917

下りは普通に梨の木平に向かいます。こちらも随分久しぶりの道。

2021091918

結構下りは長くて疲れました。梨の木平の登山口付近には観音像。

2021091919

バスは来ないけど、バス停は残されているようです。

2021091920

天気は本当に良くて暑いけれど気持ち良いです。

2021091921

鳥沢駅に出て終了でした。

 

初秋の陣馬山

9/12は陣馬山へ。

2021091201

ホントは別な山に行くつもりだったけど、天気が悪いので別な山へ行こうと急遽思い立って出かけました。
藤野駅からのバスを陣馬登山口で下車して歩き出しますが、すごい湿気。レンズを拭いても拭いても曇る感じでした。
滅多に登ったことのない栃谷尾根を登ることにします。

2021091202

ヒガンバナがちらほら。

2021091203

栃谷休憩所に立ち寄り。気温はそんなに高くはないのに、湿気で蒸し暑いので顔を洗いました。

2021091204

石祠のある所から登っていきます。

2021091205

簡易舗装の細い道を登っていくと水墨画みたいな世界が広がっていました。

2021091206

ゲンノショウコが咲いていました。

2021091207

樹林の中をしばらく登ると木祠のある所に出て、少し尾根が緩くなります。

2021091208

今回はヤマホトトギスが咲いていました。

2021091209

すごく暗くなり、雨が降るのかなと思うくらい。キバナアキギリがたくさん咲いていました。

2021091210

結構、上部は木段が続いてそれなりに登らされました。わずかに霧がかかっていましたが、すぐに霧は消えました。

2021091211

センニンソウだそうです。

2021091212

回りは白一色で近くの山さえ見えない状態でした。

2021091213

オンタデもあったのですね。

2021091214

ネジバナの咲き残りがあって吃驚!

2021091215

ツリガネニンジンがちらほら咲いておりました。先日の涼しさのせいか、わずかに木の色が変わっている感じが。

2021091216

下りも藤野駅に向かいます。

2021091217

たくさん登ってくるかなと思ったら、天気の悪さのせいか、そんなに多くはなかったです。

2021091218

めおと坂と書かれた分岐がありました。前からあったかなぁ?

このあと珍しくかなりの人数の若い人のグループに会いました。

2021091219

大きな木があれば、そこから先は簡易舗装の道。陣馬登山口のバス停に戻りましたが、まだ30分以上の待ち。
藤野駅まで速足で歩いたら、バスよりも早いだけでなく、前の列車に間に合ってしまいました。

2021091220

今回のヒット作、ヒオウギに会えました。でも植栽かなぁ???

 

夏本番の高尾山から景信山

7/18は高尾へ。

2021071801

高尾山口が歩き出し。1号路を登ります。

2021071802

ちらほらとヤマユリが咲いていました。

2021071803

途中にはたくさん咲いている斜面が。オオバギボウシも混じっていました。

2021071804

4号路に入って淡々と登り、高尾山の山頂。なんとか富士山が見えていましたが、少し雲がかかっていました。

2021071805

縦走路は日差しばっちりで暑いこと。オオバギボウシ咲きまくりの天下でした。

2021071806

いかにも真夏の縦走路。雲一つないな。

2021071807

城山まで来るともう富士山にはほとんど雲。

2021071808

小仏峠付近はだいぶ泥になってました。

2021071809

頑張って登ると景信山。

2021071810

もう富士山は雲の中。代わりに大室山がよく見えていました。
日陰に座っているとそれでもまだ涼しく感じました。

2021071811

暑いので午前中に終わらそうかと思い、小仏に向かって下っていきました。
すると小下沢に向かう道が通行注意とあるけれど、通れるようになっているではありませんか!

2021071812

ということで久しぶりにその道へ。
尾根から外れると細い道ですし、歩きにくいところもありますが、一応、一般道です。途中にはそこそこの太さの木も。

2021071813

沢に出る直前の階段状の下りがザレていて危険。慎重に下って沢に降り立ちます。
小さな沢だけれど顔を洗うと少しクールダウンできました。

2021071814

沢横の道を下っていくと最後に小下沢との合流点に小さな木橋。
沢に降りて靴を脱いで足を漬けてみたら、冷たくて30秒も漬けていられませんでした。

2021071815

久しぶりの小下沢キャンプ場跡。林道は崩壊しているらしいけれど関場峠方面も通行止は解除されたみたいです。

2021071816

のんびり林道を歩き、裏高尾バス停まで歩いてバスで高尾駅に出ました。

2021071817

昔はよく見たのですが、最近は少なくなってしまったウツボグサもなんとか見られました。

 

新緑の景信山から高尾山

だいぶ時間が経ってしまいましたが、4/18は高尾へ。

2021041802

小仏バス停から歩き出し、景信山へのコースに入ります。

2021041803

チゴユリが咲きだしていました。

2021041804

登っていくと新緑がとてもきれいで、青空とマッチして素晴らしい森でした。

2021041805

景信山直前あたりからは丹沢の山々が一望できました。

2021041806

ニオイタチツボかと思いましたが、嗅いでみたけど匂いがありませんでした。

2021041807

ということで景信山。今日は外のベンチが人気でした。

2021041808

小屋の裏手からの富士山もきれいでした。

2021041809

降りていくと小仏峠は静かな感じ。

2021041810

城山の山頂からも富士がまだきれいでした。

2021041811

ヒトリシズカは咲き残りの感じ。

2021041812

マルバスミレも咲き残りを見つけました。

2021041813

イカリソウもありました。

2021041814

なんとヤマルリソウが残っていたのには吃驚。

2021041815

高尾山の山頂にはオリンピックの置物が。

2021041816

付近も新緑で良い雰囲気でした。

2021041817

一号路を下ります。シャガがよく咲いていました。

2021041818

高尾山口には向かわず、金毘羅台へ。久しぶりにここからの眺めを楽しみました。

2021041819

高尾駅に出て終了でした。

 

城山かたくりの里から小仏城山へ

城山かたくりの里でお花をたくさん見た後は、南高尾縦走へ。

2021032422

往路を戻りますが、やはり下りと登りでは見るものが違いますね。いつものヤマザクラも満開でした。

2021032421

本当に青空とマッチして素晴らしいヤマザクラ。

2021032424

城山湖に出るとこれまた素晴らしい桜。

2021032425

再び榎窪山に戻ってきました。

2021032426_20210328181301

三沢峠では休んでいる人が数人いました。休まず先へ。

2021032427

久しぶりに歩く南高尾。巻き道を選択しましたが、泰光寺山だけは立ち寄りました。木段のきつい登りですね。

2021032428

どんどん歩いて西山峠。さらに先へ行きます。

2021032429

このあたりは色の濃いタチツボスミレが多かったです。

2021032430

左に眺めがある休憩所。桜が咲き、この写真ではあまり見えませんが、真っ白な富士山が肉眼ではしっかり見えていました。

2021032431

だいぶ歩いて中沢山分岐。さすがにもう一時半を過ぎているので、中沢山に立ち寄るのは諦めました。

2021032432

さらに歩けばひっそりとした中沢峠。

2021032433

ちょっと登りが多くなって頑張って金毘羅山。

2021032434

さらに頑張り大洞山。さすがにこのあたりまで来ると会う人もなくなります。

2021032435

さらに大垂水峠に向かうと崩壊地の上を登らされます。2年前の台風で崩れた跡が見えましたが、山道はしっかりと補強されていました。

2021032436

久しぶりの大垂水峠。まだ頑張って小仏城山を目指します。

2021032437

きつい登りをしばらく登っているともう会う人はいないかと思ったら、一人下ってきました。
一旦は緩むけど、またこのあたりから急登が続きます。

2021032438

途中で足が釣りそうになり、少し休憩。さらに登ったら、ニオイタチツボスミレを発見!
嗅いで見たら香りが凄く強く、ちょっと癒されました。。。(^^)

2021032439

やっとのことで見覚えのある縦走路。

2021032440

久しぶりの小仏城山。ありゃ、木像が取り払われてしまったようです。

2021032442
手前の一番近い木も切られてしまいました。病気だったのかなぁ。

2021032443

小仏に降りるつもりでしたが、ここまで来たら乗りかかった舟。頑張って高尾山を目指すことに。
一丁平付近ももう桜が咲いていました。

2021032444

やっとのことで高尾山。もう16時。こんな時間に高尾山にいたのは初めてでした。なんとか最後の富士山の眺め。

2021032445

足がもう痛いのに、最後も頑張って稲荷山コースを選択。ゆっくりと下っていくと展望台。
ありゃ、ここも休憩舎の屋根が無くなっていました。いろいろ変わるなぁ。。。

2021032446

ようやっとケーブルカーの駅に降り立ちました。するとやっぱり目の前の桜が満開!

2021032447

もう体がボロボロの状態で高尾山口駅に到着。17時を回っていました。
久しぶりの山にしては9時間近くの行動時間、疲れた~。(T_T)

2021032448

エイザンスミレがよく咲いていましたとさ。

 

草戸山から城山かたくりの里

3/24は久しぶりに山へ。

2021032401

高尾山口駅が歩き出し。

2021032402

梅ノ木平から山に入るとまずはユリワサビ。

2021032403

ヨゴレネコノメも。

2021032405

ヤマルリソウも見かけました。

2021032404

咲き始めのニリンソウ。一番きれいな時ですね。

2021032406
マムシグサはまだ小さめ。

2021032407

ナガバノスミレサイシンはよく咲いていました。

2021032408

展望台あたりの桜のある眺め。

2021032409

のんびり登って草戸山。

2021032410

榎窪山に向かうとヤマザクラ越しの城山湖が良い感じ。

2021032411

久しぶりの榎窪山。前はベンチの下に山名が書かれていたけど、道標が新しく立てられていました。

2021032412

少し戻って城山湖の方に向かうとヤマブキがもう咲いていました。

2021032413

城山発電所に出ると桜が満開!

2021032414

やはり桜の咲く季節は良いですね。でも、こんなに早いと4月の楽しみが無くなってしまうなぁ。

2021032415

どんどん歩いて小松城跡を過ぎていつもの分岐を右に曲がります。

2021032416

かたくりの里への直行バスは今年は運行されないみたいです。このバス停は夕方から夜のみの運行。

続く。

暑さを楽しむ陣馬山

8/30は陣馬山へ。

2020083001

いろいろあってようやく高尾駅。小仏行のバスに乗りました。

2020083002

直接、景信山に登るルートに入りましたが、先日の御岳山に比べてもさらにひどい暑さ。
それでも頑張ると尾根に出ますが、小下沢方面の道は通行止めになっていました。

2020083003

山頂手前の直射日光の厳しいこと。そこまでは、まだ樹林の中を歩くことが多かったので有り難かったです。
日陰のベンチで一休み。

2020083004

時間があるので、久しぶりにキアゲハと戯れてみました。

2020083005

巻き道は通らず、すべてアップダウンの道を選択。あまり程度がよくないけど、シモバシラが咲いていました。

2020083006

もちろん堂所山も久しぶりに立ち寄りました。登りがきつかったです。
こちらも小下沢方面は通行止め。林道がやられているからだと思います。

2020083007

明王峠の茶店は営業していなかったようです。

2020083008

ひたすら頑張りようやく陣馬山の山頂。

2020083009

茶店で藤野ゆずシャーベットを今回も買います。(¥300)
金属スプーンを貸してくれるので、硬いシャーベットも難なく食べられます。
この暑さだと溶けるのも早いですけどね。(^^;

でも、日陰にいると吹く風が涼しく、まさに陣場高原。
そろそろ夏も終わりが近いかなぁという雰囲気でした。

2020083010

ゲンノショウコが咲いておりました。

2020083011

山頂付近でもキアゲハが舞っていました。

2020083012

ツリガネニンジンが良い雰囲気でした。

2020083014

藤野側に降りると道路を歩かされるのが嫌で、ついこないだ歩いた気がする陣場高原下へ。
やはり下に降りると暑かったです。

 

陣馬山から高尾山

時間が経ってしまいましたが、7/5は陣馬山へ。

2020070501

相変わらず陣馬高原下行きのバスとは相性が悪く、一本乗り逃してしまいました。
45分近く待たされてようやく乗車。
トイレが使えるようになっていました。

2020070502

しばらく歩いていつものようにハイキングコースに入ります。しばらくの間、この時期は少しヤブっぽくなっていました。

2020070503

きつい登りになるとひどい蒸し暑さで苦しい登りでした。

2020070504

縦走路に近い所にはウツボグサ。でも、もう花が散り始めていました。

2020070505

陣馬山の山頂も天気のせいか人が少なめ。

2020070506

でも雲海が見られました。アルプスとか高い山に行きたいな。

2020070507

すっごくぼんやりでしたが、久しぶりに富士山!この目で見たのは何ヶ月ぶりでしょうか。

2020070508

先へ進みますが、明王峠付近まで来ると濃い霧。こんな濃い霧は久しぶりでした。

2020070509

途中では弱いものの雨も降り出し、傘を出して景信山。
屋根の付いたベンチは埋まっていたので、傘を差しながらの昼食でした。

2020070510

小仏峠の標柱は無くなっても、たぬきは健在。予定ではこのあたりで降りるつもりだったけど、疲れてもいないので高尾山へ向かいます。

2020070511

城山の登りが相変わらずきつかった。雨は止んだみたいだけど、みんな降りたのか人は少なめ。

2020070512

久しぶりのネジバナ。

2020070513

オカトラノオがたくさん。

2020070514

むむむ、キキョウ?植栽はよく見るけど、自然のものはあまり会えたことがありません。

2020070515

やはり高尾山は人が多いなぁ。

2020070516

一号路を下りますが、薬王院はちょっと前にも歩いたので四号路を。
途中、大きな木が倒れていました。もちろん処理は終わっていましたが、こうして大きな木は少なくなっていくのですね。

2020070517

駅前の足洗い場では泥を落とす人多数で行列でした。

 

今年も城山かたくりの里から花散歩

こんなときに医療に従事されている方やインフラ関係など社会を支えてくれている方には本当に頭が下がりますね。

過去ログも一か月になるので、そろそろねた切れですが、3/21はお花散歩へ。

2020032101

今年も城山カタクリの里行きの直行バスはありましたが、コロナのせいかどうか運営が神奈中バスではなく、観光バス会社に変わったようでした。自分はそれには乗らず、城山総合事務所入口から歩くことにしました。

2020032102

のんびり歩いていつもの城山かたくりの里。入園料は500円でした。

2020032104

かたくりは、この日、少し早いような遅いような微妙な感じでたくさんは咲いていたけど、春が暖か過ぎたせいか、咲いてから時間が経った感じでした。

2020032135

近くの桜は今年も満開。青空できれいでした。

2020032122

いつものように尾根に登って小松城跡を過ぎ、評議原。気持ち人が少なめな感じではありました。

2020032123

先へ進むとなんとヤマザクラが満開。大抵、ヤマザクラは少し遅いのですが、今年はやはり早かった。

2020032124

目で見るとものすごくきれいでしばらく足を止めるほどでした。写真だと全然その素晴らしさが写せていませんね。(T_T)

2020032125

登っていくと金毘羅宮を過ぎてさらに登るとヤマザクラ越しの広い眺め。春らしく良い感じでした。

2020032126

久しぶりの雄竜籠山。航空機神社があります。

2020032127

のんびり歩いてついちょっと前に来たばかりの榎窪山。

2020032128

三沢峠で休憩。

2020032129

林道を下っていくとアオイスミレが咲いていました。

 

峯の薬師から草戸山

3/7は草戸山へ。

2020030701

橋本駅からのバスを城山高校前で下車して歩き出し。

2020030702

少し歩くと公園があって、津久井湖などがよく見えました。

2020030703

ヒカンザクラがよく咲いていました。

2020030704

ひたすら歩いていきます。タチツボスミレが咲いていて、そろそろ春の気分。

2020030705

久しぶりの峯の薬師。この日、人は少なかったです。

2020030706

眺めは悪くはありませんが、この日はどんよりでした。

2020030707

奥の院は静かでした。

2020030708

三沢峠へ向かいます。

2020030709

久しぶりの三沢峠。

2020030710

相変わらずアップダウンの急な道を草戸山。晴れてきたようです。

2020030711

先へ進んで左の道を取り、梅の木平に向かいます。降りる道は問題なかったですが、やはり下部はロープなどが張られて少し付け替えられた感じでした。

2020030712

やはり横の川はだいぶ荒れたようです。名に相応しく、梅の木がよく咲いていました。

2020030713

高尾山口駅近くまで出ましたが、時間が早かったので、高尾山に向かうことにしました。

2020030714

久しぶりのハナネコノメ。やはり何度見ても良いものですね。

2020030715

ヤマルリソウがブーケのように咲いていました。

2020030716

山頂からの眺めもぼんやりで丹沢さえ見えませんでした。

2020030717

一号路を下ります。薬王院もお参り。やはり人はそれなりにいたようでした。

 

より以前の記事一覧

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ