登山(高尾・中央線沿線)

登り納めの百蔵山

今年もあとわずか。2022の登り納めは富士山を見に百蔵山へ。

2022122901

猿橋駅から歩き出し、春日・諏訪神社でお参り。

2022122902

鉄塔近くまでは踏み跡があったけど、その先は見当たらないので斜面を直登。えらくきついです。文化の文字の見える石灯籠は屋根が落ちていました。

2022122903

さらにきつい登りを頑張り、622.6mの四等三角点。

2022122904

それなりの斜度の登りを登っていくとようやく百蔵山が見えましたが、まだ遠いなぁ。

2022122905

壁みたいなきつい登りを頑張ると薄暗いところに登り着き、さらに先へ行くと少し近くなったみたい。

2022122906

落ち葉で滑りやすい尾根を登っていくとようやく登山道に合流。

2022122907

途中、直進する踏み跡にはロープがあり、山頂へは左に折れて尾根を行きます。

2022122908

ロープや鎖などの付く急登を頑張り、扇山への道と合わさるとようやく山頂に到着。

2022122909

やっぱり富士山がきれいです。

2022122910

ちょい霞み気味ですが、まあこの時間だとこんなものでしょう。

2022122911

下りは久しぶりに福泉寺を目指すことにしました。分岐から先へ。

2022122912

久しぶりの大同山。

2022122913

下っていくと途中にも三角点。800.1mの四等三角点でしょう。

2022122914

石祠や金毘羅宮と思われる赤い木祠を見るとその先に屋根掛けされたお堂。不動明王などが置かれています。

2022122915

下っていくと右手に山の眺めが広がります。雁ヶ腹摺山などに繋がる稜線かな。

2022122916

福泉寺に立ち寄ってみると静かなお寺。

10数分でバスが来る時間だったけど、ちょっと歩き足りないし、バス代をけちって猿橋駅まで歩きました。

ということで皆様良いお年をお迎えください。

 

陣馬山から矢ノ音

12/18は陣馬山へ。

2022121801

遠出するつもりだったけど、寒いせいか出遅れてしまい、高尾へ。藤野駅からのバスに間に合いそうなので陣馬山へ行くことに。陣馬登山口で下車して登っていくと丹沢の山が白くなっていました。

2022121802

大室山はやっぱり目立つなぁ。

2022121803

ごく普通に栃谷尾根を登ります。石仏も布が付けられて冬仕様?

2022121804

スピードモードで登って陣馬山。

2022121805

残念ながら富士山は雲の中。久しぶりに筑波山見えた~。

2022121806

ちらりと見えているのは雲取山でしょう。そちらも白かったです。

2022121807

しばらく歩いて明王峠。こちらもやっぱり富士山は雲の中。

2022121808

下っていき、矢の音に立ち寄り。

2022121809

半分だけど、自然林が良い感じだなぁ。

2022121810

せっかくなので子孫山ノ頭にも立ち寄り。

2022121811

下っていたら、なんかすごい勢いで犬が一匹で降りてきました。袖をくわえられました。飼い主はどこにいるんだろう。噛まれるようなことはなく、先に下っていきました。ということで先日登った石老山と相模湖の眺め。

2022121812

与瀬神社も久しぶり。

2022121813

狛犬がサッカーしてる???

2022121814

今回も相模湖駅に出て終了でした。

 

久しぶりの道から石老山

12/3は石老山へ。

2022120301

河口湖駅からバスに乗り、石老山入口で下車。しばらく歩いて病院の先から登山道に入ります。

2022120302

数年前の台風でずっと通行止めで歩けなくなっていましたが、今年の夏くらいから復旧してくれた道です。十数年ぶりに石畳の道を登ります。

2022120303

岩の間を通って登っていきます。これは屏風岩。

2022120304

案内板はなくなっているようですけど、たぶん駒立岩。

2022120305

蛇木杉。樹齢400年で根が二本あり、蛇のように見えるからこの名前が付けられたようです。

2022120306

残念ながら顕鏡寺は今も復旧されていないようで、バリケードで封鎖されています。

2022120307

以前の道も登れないようで、一部道が新しく作られたようです。

2022120308

岩などを見ながら登っていきます。飯綱権現神社のある岩は擁護岩。

2022120309

八方岩を過ぎると普通の道になり、しばらく登って融合平展望台。でも、木が伸びて眺めが少ないです。

2022120310

淡々と落ち葉の道を登っていきます。

2022120311

ひたすら登って石老山の山頂に到着。晴れ予報でしたが、残念な曇り。富士山も見えず、さっさと山頂を後にします。

2022120312

途中で上を見上げれば、きれいなモミジ。

2022120313

大明神山は祠のある小さなピーク。

2022120314

大明神展望台からは相模湖と城山あたりを眺められます。いつの間にか天気良くなってますね。

2022120315

新コースが作られていて、それを下っていくと登山道入口に出ました。でも、道標がないのでどちらに進めばよいの?とちょっとまごつきました。地図を見ると、右(この写真だと左)に進むのが正しいようです。

2022120316

石老山だけだと軽すぎるので、ついでに嵐山に向かいます。プレジャーフォレストが近いので放送がうるさいこと。

2022120317

放送のうるささに耐えながら進むと真っ赤なモミジ!この色は今年一番かな。

2022120318

山の陰だと静かだったけど、やっぱり登りは放送がうるさいこと。結構登らされるので余計頭にきます。

2022120319

やっとのことで登り着くと嵐山の頂上。以前は鳥居があったけど、なくなってました。台風で倒れたのかな?

2022120320

眺めを楽しみながら遅い昼食を取りました。

2022120321

道をぐんぐん下って登山口に到着。

2022120322

相模ダムの堰堤を通ります。こう見るといっぱしのダムなんだなと思います。

2022120323

相模湖駅まで歩いて終了でした。

 

高尾山から城山トレーニング

6/12、梅雨時は天気がよく分からないし、雨予報だったので、相変わらず通ってしまう高尾山。

2022061201

今日も高尾山口駅が歩き出し。

2022061202

たまにはあまり歩いていない病院先からの道を登ります。

2022061203

やはりこの時期はギンリョウソウ。

2022061204

2号路、3号路と続けて歩くとやっぱり長いなぁ。でも予想外に晴れ。

2022061205

六号路と合わさります。

2022061206

雨の後のせいか、比較的見える感じ。でもやっぱり富士山は無理でした。

2022061207

階段道を頑張って城山へ。この日は比較的人が少な目でした。

2022061208

まだムヨウラン残ってました。

2022061209

ウメガサソウは初めて会えたお花。

2022061210

キヨスミウツボも初めて。

下っていたら、一時豪雨に。傘もささずずぶ濡れで登っている人とかいて、いかに高尾山でも大丈夫なのかなとちょっと思いました。
さらに何か事故でもあったらしく、消防隊員や警察などが来ていました。

 

セッコクの高尾山

6/5は雨が予定されていたので軽く高尾山へ。

2022060501

久しぶりにセッコクを見に行こうと高尾山へ。6号路にしっかり咲いていました。

2022060502

ホントに雪を降らせたような感じですね。

2022060503

イナモリソウもありました。

2022060504

ホシザキに近い感じのものも。

2022060505

場所によっては随分たくさん。

2022060506

ムヨウランは初めて会えました。

2022060507

サイハイランも見かけました。

2022060508

この日は丹沢でさえあまり見えないぐらい。

2022060509

薬王院でお参り。

2022060510

ケーブルカー駅横のセッコクを見学。無料で見られました。近いのが良いですね。

2022060511

4号路から日影沢に下ります。

2022060512

日影バス停からバスに乗ろうと思ったら、一時間バスがない時間。仕方なく、歩くことに。途中にはユキノシタがたくさん咲いていました。

2022060513

小仏関所跡も少し変わった感じ。高尾駅まで歩きました。

 

生藤山から臼杵山

5/28は生藤山へ。

2022052801

井戸行きのバスも少なくなって午前中一本しかなくなりましたね。久しぶりに乗って上岩で下車。

2022052802

矢追沢沿いの道に入ります。最初は集落などもあり、奥へ進むと山に入っていきます。草が深い所もあったけど、山の中では意外にしっかりした踏み跡。

2022052803

二又になっている沢の所で沢から離れてトラバース道から折り返して登ります。

2022052804

尾根に出ると古い上岩と御霊を示すプレートが付いていました。

2022052805

先に進むと富士塚の手前。直登しました。

2022052806

富士塚は以前は小さなプレートがありましたが、なくなっていました。

2022052807

道に降りると以前にも見た覚えのある、木が並んでいる所。

2022052808

少し先に進むと今も石仏が置かれています。

2022052809

通常だと左の道を登るけど、右に進んでみると、鎌沢からの道に合流しました。

2022052810

登山道を登っていけば、久しぶりに富士山。さすがにだいぶ雪が少なくなりましたね。

2022052811

鎌沢の軍刀利神社でお参り。

2022052812

どんどん登って久しぶりに甘草水に立ち寄りました。前日が雨だったので少しは出ているかと思ったけど、ほんのごくわずかにちょろちょろ出ているくらいでした。

2022052813

さらに登っていくと三国山。緑に囲まれて眺めないです。

2022052814

生藤山からは富士山見られるかと思ったら、こちらも緑に囲まれてダメでした。

2022052815

先へ進んで茅丸を巻かずに登るとヤマツツジと富士山。ちょうど女性グループがたくさん来ていて人が多かったです。

2022052816

どんどん先に進み、連行峰を過ぎたあたりは気分の良い道。

2022052817

ひたすらアップダウンをこなし、醍醐丸。先週の越後で鍛えられたせいか、意外に疲れていない感じ。土曜日なので頑張ることにして、市道山方面に向かいます。

2022052818

市道山に向かうとランナーさんに何人か会いましたが、それ以降はあまり人に会いません。途中、随分枝藪が伸びていて、こんなにヤブっぽい道?とちょっと吃驚。さすがにアップダウンの多い稜線、最近は歩く人が減ったのかな。もうコアジサイを結構みました。

2022052819

ひたすら登って市道山。ニガナがよく咲いていました。

2022052820

笹平に降りても良いかなともちょっと思っていましたが、橋が流されて通行止めでした。再びアップダウンの道をこなして臼杵山。

2022052821

しばらく先へ行けば、臼杵神社。新しかった左右の狛犬も少し古びてきたようです。なんとか古い石像も健在のようです。

2022052822

15時台のバスに間に合うかなと急ぎ足で下りますが、蒸し暑くなったのとやはりヤブっぽい道になっていて時間がかかりました。バス停に着くと数分で来る時間で吃驚。マスクを付ける暇もなくバスがやってきて、息がまだ荒いまま慌てて乗り込んでバスの中でマスクを付けるほどでした。

 

底沢から景信山

5/8は高尾へ。

2022050801

GWも終わりなので、軽く歩ければよいかと相模湖駅から久しぶりにバスで底沢で下車。

2022050802

ササバギンランは久しぶりだなぁ。

2022050803

キンランも久しぶり。山で会えると嬉しいな。

2022050804

これは開くのか、それとも閉じたままなのかな。

2022050805

これはかなりしっかり開いていますね。

2022050806

以前は美女谷温泉の看板だったけど、今は美女谷の看板に変わっています。

2022050807

ウツギがよく咲いていました。

2022050808

ホウチャクソウも見かけました。

2022050809

赤倉沢林道に入る所にはコースを示す手製の道標が。

2022050810

怪しい踏み跡に入って登るとなんとこんな所にも手製の道標が。道というほどのものはなく、来る人はほとんどいないと思うけど。

2022050811

登っていきますが、こんな感じで踏み跡も怪しい。

2022050812

登山道に出る手前もこんな手製の道標あり。

2022050813

道に出たらすぐに登ってくる人達に会いました。

2022050814

久しぶりに登る道は新鮮だなぁ。結構グループ登山の人たちを何組かパスしました。そろそろ戻ってきたかな。ジュウニヒトエも久しぶり。

2022050815

底沢峠に出ました。

2022050816

ちょっと頑張ってスピードモード。やっぱりどんより雲。

2022050817

小仏城山からの丹沢方面も今一つ。

2022050818

さすがに古びた木の像は無くなったみたいです。代わりの城山の道標。

2022050819

ニョイスミレがちらほら。

2022050820

日影バス停から一つ先の裏高尾バス停まで歩いて終了でした。

 

高尾山巡り

3/13は高尾へ。

2022031401

土曜日はワクチン接種の副反応で出かけられず寝てました。ということで天気の良くなさそうな日曜日でしたが、雲が多いものの予想外に晴れてます。高尾山口駅で下車すると家族連れで人だらけでした。

2022031402

ユリワサビがちらほら。

2022031403

6号路を登りましたが、大グループがいたようで数珠つなぎ。自分のペースで歩けず、体力が落ちていることもあって結構きつかったです。山頂には向かわず3号路へ。こちらも普段は静かですが、ひっきりなしに人に会いました。

2022031404

1号路に出て、少し戻ってタコ杉は相変わらず大きいです。

2022031405

今回訪れたのはさる園・野草園。もう随分高尾山には来ているのに、まだ入ったことがなかったので入ってみました。

2022031406

高尾山頂まで登りましたが、体力が落ちているのできつかったです。春霞でまるで水墨画の世界。

2022031407

稲荷山コースは一部通行止めだったようです。それで3号路を歩く人が増えたのかな。

2022031408

下山は4号路を歩き、蛇滝へ。梅林に出るとまだ梅が咲いています。

2022031409

川沿いの梅林は結構楽しめました。

2022031410

高尾山駅まで歩いて終了でした。

この日見たお花たち。

2022031421

ヒロハアマナ。

2022031422

フクジュソウ。

2022031423

セリバオウレン。たぶん自分は見た事なかったお花。放し飼いのものが見てみたいなぁ。。。

2022031424

バイカオウレン。

2022031425

ユキワリソウ(ピンク)。

2022031426

ユキワリソウ(紫)。

2022031427

ユキワリソウ(白)。

2022031428

ユキワリイチゲ。

2022031429

シュンランは蕾でした。残念。

2022031432

咲き残りでしたが、なんとかセツブンソウも見られました。

2022031430

アズマイチゲ。

2022031431

ハナネコノメは咲き始めでした。

 

生藤山スノーハイク

2/12は生藤山へ。

2022021201

久しぶりに上野原駅から井戸行きのバスに乗り、石楯尾神社前で下車。

2022021202

まずは石楯尾神社でお参り。

2022021203

佐野川峠に向かいます。途中には木祠。山の神かな。

2022021204

トレースが全くないのには吃驚。最近は鎌沢から登る人が多くて、こちらから入る人は少ない模様。

2022021205

作業道なのか登山道なのかよく分からずに適当に登っていくと佐野川峠手前に出ました。

2022021206

鎌沢方面からのトレースを合わせて、わずかで佐野川峠。

2022021207

石仏も雪の中。

2022021208

甘草水の分岐で一休み。さすがに水場へのトレースなし。

2022021209

樹林の中をしばらく頑張り、三国山に到着。

2022021210

以前は切り開きがあったけど、枝が伸びて最近は富士山もほとんど見られなくなっているようです。

2022021211

急坂はちょっと登りにくかったけど頑張って生藤山。

2022021212

なんとか富士山が見られました。

2022021213

三国山に戻って先へ。軍荼利神社元社にお参り。

2022021215

下って登って小さな軍荼利山。

2022021216

さらに進んで熊倉山。

2022021217

天気もよく、気分の良い雪道を進んでいきます。

2022021218

雪のトラバース道。

2022021219

久しぶりの浅間峠。

2022021222

石祠にも挨拶。

2022021220

峠道を下ります。屋根掛けの木祠もしっかりありました。

2022021221

上川乗のバス停に下って終了。一時間半近くの待ちはさすがに寒くなりました。

 

笹尾根の南面を歩く

12/5は上野原から入り、笹尾根の南面あたりを歩きました。

2021120501

藤尾バス停が歩き出し。

2021120502

しばらく登ると明るい場所。山上集落が点在しています。バス停付近よりも日当たりがよいせいか若干暖かい感じ。

2021120503

まずは小中群に登りました。権現山方面の山が見えました。

2021120504

戻って道を進み、歩いていくとふんどし山の入口。右奥には最奥の民家があり、畑仕事をされていた方がそこから登るんだよと教えていただきました。

2021120505

あまり使われていない道は西原古道のようです。薄暗い道を辿って風の吹き抜ける笠松峠。

2021120506

少し登って進むとふんどし山と書かれた寺窪山に着きました。樹林であまり眺めはない感じでした。

2021120507

先へ進むと丸山への道の分岐に大日の表示。左右の文字が見え、その下にも文字があるようなので、道標だったのかもしれませんね。

2021120508

帳塚原はカヤトの広がる明るい場所。

2021120509

馬頭観音を見て先を左に下ります。

2021120510

小棡集落の中を進みます。何かのコースになっている模様。

2021120511

民家の前を通ってよいのか分からず、人もいたので、下ってしまい、ヤブをよじ登って踏み跡に出ましたが、民家の前を通るのが正解だったようです。先へ進んでいくと明るい所に出ました。以前は畑だったようですが、カヤトの広がる場所。暖かいのでここで昼食にしてしまいました。

2021120512

だいぶ進んで十文字峠。さらに先へ登ります。

2021120513

ちょっと急な登りもありましたが、長くはなく、緩やかに進んで日武連と思われるあたりには薄れかけた木のプレートがありました。

2021120514

怪しい踏み跡を辿って下り、いくつも神社らしき社を見て下ります。途中、踏み跡がなくなった所もありましたが、なんとか下りました。ようやく日寄神社に降り立つことができました。

2021120515

のんびり下ると日寄橋のバス停。まだ12時前でした。でも、帰りのバスは4時間後。

2021120516

車道歩きたくね~、ってことで丸山越えすることに。再び小棡集落を登って二度目の帳塚原。

2021120517

さきほど通った道をしばらく辿り、丸山への分岐から丸山に向かいました。知らないうちに十二天社は通り過ぎていた模様。残念。随分登ったなと思う頃、下に集落がちらりと見えました。

2021120518

でも、まだまだ丸山へは登らなくてはなりません。落ち葉が溜まって足元が滑り、予想外にきついです。

2021120519

丸山直下の登りもそれなりにきつく、頑張ると丸山近くの笹尾根稜線に着きました。そこから左へわずかで久しぶりの丸山の山頂。すぐに人が登ってきました。

2021120520

今回はまだ歩いたことのなかった笛吹への道を下ります。薄暗い北側斜面はめちゃくちゃ寒いです。

2021120521

広い伐採地に出ました。出たところは眺めが良かったけど、その後はしばらく樹林の中をひたすら歩く道。久しぶりに霜柱をザクザク踏みながら下りました。

2021120522

ここまで下れば、もう集落はすぐそこ。笛吹の集落の中に出ました。

2021120523

下っていたら、そういえば、ここから小棡峠に登ったことがあったなと思い出す道標がありました。

2021120524

笛吹入口のバス停に出て、もう歩く気がなくなったので、待合所に座り込んで30分ほどバスを待ちました。自分は行かなかったけど、数分歩いたあたりに自家製酵母パンのたなごころというお店があるようで、降りて来た人達はそちらに向かう人が多かったようでした。

 

より以前の記事一覧

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ