登山(大菩薩)

鈴庫山、赤岩御殿へ

5/3は大菩薩へ。

2022050301

久しぶりに塩山駅から落合行きのバスに乗り、柳沢峠で下車します。三窪高原への道はのっけから苔の古い木段。

2022050302

しばらく登って柳沢ノ頭。ちょっと木が邪魔しますが、富士山と手前にはほとんど見えないけどマメザクラがよく咲いていました。

2022050303

しばらく先へ進んでハンゼノ頭。数人が休んでいました。

2022050304

やはり富士山が良い感じ。

2022050305

南アルプスの山々も望めました。

2022050306

さて、まだ行ったことのなかった鈴庫山を目指します。しばらく進むと先にこんもりした山が見えてきました。

2022050307

鞍部からの登りは少しきついですが、それほどではなく、山神宮と書かれた石のある山頂。

2022050308

山頂からは広い眺め。もう富士山には少し雲がかかっていましたが、ここからの眺めも広いです。足元に邪魔がないので高度感があります。

2022050309

往路を少し戻ってハンゼノ頭を巻く道に入りました。

2022050310

どちらかというと下りの多い道でしたが、最後は木段の急な登りでしっかり登らされました。大きな電波塔の下を板橋峠方面に進みます。

2022050311

しばらく進むとちょっと壊れかけのベンチのある場所。富士山が眺められますが、すっかり雲でした。

2022050312

風の通り抜ける場所から少し登ると四等三角点のある小さなピークに着きますが、このポールに藤谷ノ頭と書かれていて混乱します。

2022050313

しかし、そこじゃないよなとしばらく先へ進んで登るとやはりこちらが正しい藤谷ノ頭でした。

2022050314

尾根に入って磁石で方向を確認しながら進みます。

2022050315

下ってから登り返すと向こうに見えるのが赤岩御殿でした。

2022050316

尾根を進んで急登で登り着いた場所が赤岩御殿。静かな別天地です。わずかに南アルプスの山が見えました。

2022050317

往路を戻って先へ進みます。このあたりは地形図と磁石で確認しまくり。

2022050318

新緑がきれいな所が。

2022050319

少し先が棒杭の三角点。確かに通過地点みたいな所。

2022050320

二ヶ引ノ頭は踏み跡を辿ると巻きそうになったので直登。もう少し眺めがあるかと思ったら、樹林が邪魔します。ついでに急に暗くなってしまったのでさっさと先に進みます。ここは右も左も尾根が派生していました。

2022050321

近くの木の新緑がめちゃきれい。

2022050322

さらに地形図と磁石で確認しながら進み、林道に降りますが、カーブミラーの上に出てしまい、崖で降りられないかと思いました。それでもなんとか薄い踏み跡を見つけて安全に下れたので良かったです。下手するとロープの必要な崖ですからね。

2022050323

もうその先は簡単な感じの尾根を下っていたら、なんと突き当ってしまいました。左右のどちらに進むか迷い、少しミスしそうになったけどなんとか登り返してたぶんこれだという尾根を下りました。林道に降りたち、再び山を突っ切って、無事、林道に降りられたので良かったです。

2022050324

ということで三の橋の近くに出て、わずかで笛吹の湯。

2022050325

もちろん笛吹の湯で入浴。今も510円と安価。ただし、コロナ対策で12人以上の入浴になると制限されるらしいです。まだ時間が早かったのでそんな状況とは無縁でした。バスまで1時間もなかったので、カラスの行水でさくっと入浴してバスで帰りました。

 

大峰へ

11/27は大峰へ。

2021112701

久しぶりの上和田入り。ここまで乗ったのは自分一人。静かな歩きになりそうです。

2021112702

大沢に出て、しばらく辿り、右俣を進んで作業小屋を見かけ、さらに先から大沢右俣左岸尾根に取り付きましたが踏み跡は怪しく、這い上がるのに苦労しました。

2021112703

尾根に出ると広い感じで登っていきますが、急な感じで落ち葉も多く、結構きついです。

2021112704

途中には残り紅葉も若干見られました。

2021112705

暗い樹林の中で作業道らしき踏み跡を右に見送り、左に曲がって登りますが、まさに壁に思える超急登。転げ落ちそうな厳しい登りがしばらく続きました。

2021112706

北尾根との合流点らしきあたりで左に曲がり、先に大峰がようやく見えてきました。ちょっと曇ってしまった様子。

2021112707

目の前に大峰が見えますが、これがまた超急登でした。

2021112708

やっとのことで登り着いた所には以前、泣坂ノ頭から来た時に見た石標の所に登り着きました。

2021112709

壊れかけた木祠も斜めったままですが、健在でした。

2021112710

静かな大峰の山頂。さすがにかなり寒い感じでした。

2021112711

まだ早い時間でしたが、水無山経由で下山にかかります。

2021112719

下っていたら、突然、風がビュービュー吹き出し、ものすごい寒さ。ウィンドブレーカーを着ていましたが、あまりの風と冷え込みに耐え切れず、持っていたフリースを着込みました。風花が舞いだして吃驚。

2021112712

伐採地のピークからは富士山が見えますが、雲がかかっていました。
以前はその先がヤブっぽい歩きにくい道でしたが、そのあたりも伐採の手が入ったのか、歩きやすくなっていました。

2021112713

水無山に向かうと、あれ、以前にはなかった山名プレートを付けた人がいるみたいです。でも、付けるならもう少し先だと思うけど。

2021112714

上和田に向かいますが、以前も下っているので、前回ほどではないけれど、やはり少し分かりにくい所はありました。

2021112715

今回は右に行かないように左を意識したら行き過ぎてしまい、少し戻って登山道を示すところに出ることができました。

2021112716

上和田バス停に向かう道から振り返ると大峰と歩いた尾根がしっかり見えました。

2021112717

ちょっと早すぎてバスは二時間待ち。そんなに待てないよということで途中で乗ることにして紅葉を見ながら歩きました。

2021112718

結局、延々二時間、猿橋駅まで歩いてしまいましたが、足裏にマメを作ってしまい痛かったです。
バスが来るより先に着きましたが、電車は30分以上の待ちとなってしまい、結局、バスで帰るよりも早く帰ることはできなかったようでした。バス代浮いたからいいかな。(^^;

岩殿山へ

花咲山から駅に出て帰っても良かったのですが、まだお昼過ぎ。頑張ってしまいますか。

2021101626

しばらく歩いて登山口に向かいます。千本マツはどこにあるのかな。

2021101627

登る途中、左手には花咲山が大きいです。

2021101628

ひたすらきつい道を登って稚児落とし。すっかりどんよりの雲になっていました。

2021101629

先へ進んでいきます。大きな石祠も健在です。

2021101630

登り返しがきつかった。もう開くことはなさそうな楽しかった鎖場コース。

2021101631

ひたすら頑張り、岩殿山が近づくと馬屋のあたりも山抜けしていました。
この山も崩壊が進んでいるのですね。いつかは歩けなくなるのかな。

2021101632

山頂はさらにどんよりと低い雲でした。

2021101633

降りるのはここだけ、畑倉登山口。もう結構いい時間でしたが、登って来る人にそれなりに会いました。

2021101634

猿橋駅に出て終了。もう随分涼しく、秋らしくなった一日でした。

 

花咲山

お伊勢山の続きは花咲山へ。

2021101611

上真木のバス停からしばらく道路を歩き、再び辻バス停の所から入って右へしばらく歩きます。
学校の近くが花咲山の登山口でした。入口はかなりヤブでした。

2021101612

右手には山が見えますが、高川山などでしょうか。途中では小さなイノシシを見かけました。

2021101613

鎖の付いた所などもありました。やがて稜線を登っていきます。

2021101614

それにしても意外な晴れ。

2021101615

左手は湯の沢峠方面の山でしょうか。

2021101616

岩の上をしばらく進みます。道標が裏返しになっていて、回り込んだらここが女幕岩と表示されていました。

2021101617

小ピークのあたりに道標があり、胎内仏道と迂回路に分かれました。難路と書かれていたので気になるので行ってみることに。大きな岩の間を通る所まではそれほど難路ではなかったですが、その先の下りが難路で、ロープも付いていましたが、なかなか厳しい下りでした。

2021101618

やがて登っていくと石祠のある山頂。女性二人が休んでいて吃驚でした。さすがに曇ってきた様子。

2021101619

山頂から先へ下ると登ってきている人達に何組も会ってこれまた吃驚。前よりも登る人が増えたのかな。

やはり道も歩きやすくなっていて、以前はヤブっぽかった道も普通の登山道っぽくなっていました。

花咲峠はやはり左右の踏み跡はあまり使われていないようです。

2021101620

ちょっとロープ締めすぎです。食い込んでるよ~。

2021101621

振り返るともう花咲山は随分高かったです。

2021101622

古い又平の表示が。

2021101623

三角点も健在です。

2021101624

大月駅の表示を見て緩やかな尾根を下っていきました。でも、やはり少し草が多い尾根。
ひたすら下っていくと笹の中を下るようになり、やがて石祠のある場所に出ました。

2021101625

笹の中の道は歩きにくい感じ、最後ですっころんでしまいましたが、なんとか高速の側道に降り立って、花咲山終了でした。

続く。

 

お伊勢山

16日は大月へ。

2021101601

大月駅からのハマイバ行き二番バスに乗ります。自分一人の貸切でした。辻バス停で下車します。

2021101602

ここから登るのかなとは思ったものの、しばらく先へ行くとトンネルに出てしまい、戻りました。

2021101603

登るとわずかで根神神社。木の根元にある感じです。

2021101604

先へ登ると斜面の登り。この日は曇天の予報だったけど、予想外に晴れてます。あたりは桜の木でしょうね。三千本あるそうですので、やはり春に来るのが良さそうです。

2021101605

登り着いた所が天満宮。ここがお伊勢山かと思ったら違うみたいです。

2021101606

先へ進むと左手の眺めがよい場所があります。やはり天気は雲が多い感じ。富士山も見えません。

2021101607

尾根を進んでいくと天照皇太神大神社。

2021101608

さらに先へしばらく進むと愛宕神社があるのでお参り。

2021101609

右に入って細い道を進むとお伊勢山。ピークは墓地になっているようで、手前の広場に白旗史郎氏の顕彰碑があります。

2021101610

この山も大月富嶽十二景に選ばれた山。残念ながら富士山は望めませんでしたが、大菩薩方面の山が遠くに見え、小粒な良い山でした。

続く。

 

ミヨリ尾根から小金沢山、大菩薩嶺へ

7/22は大菩薩へ。

2021072201

上日川峠行のバスを砥山林道で下車。

2021072202

ミヨリ尾根に向かいます。沢に向かう道から離れて尾根に出ますが、これで良いのかな?
日差しは強いけれど、やはり標高があるせいか、少し朝は涼しいです。

2021072203

林道のような道から離れて尾根に取り付きます。ちときついけれど、少し登ると草の生えた雰囲気。

2021072204

登っていくと雰囲気が変わってきました。その先は岩ごつの登りに変わりました。

2021072205

かなりの急登になってひたすら頑張ると尾根が右に曲がります。もう上は近いかと思ったら、左が見えてまだまだ。
さらに登って初めて赤テープを見ました。

2021072206

さすがにもうそろそろだなぁと思うと今度は倒木連続地帯。なかなかしんどいです。

2021072207

最後は笹の中を進んで、右下から急にきれいな若い女性が登ってきて吃驚。そこは登山道でした。
この写真は尾根に出た所から少し登ったところ。

2021072208

少し登れば小金沢山に到着。富士山がちょっとだけ見えてました。左は牛奥雁ヶ腹擦山の方かな。

2021072209

大菩薩嶺に向かいます。歩きにくい稜線の道を下っていくと草原に出ます。

2021072210

ネバリノギランは久しぶりだなぁ。

2021072211

シモツケソウはお疲れの雰囲気。

2021072213

キバナノヤマオダマキは一つしか見かけませんでしたが、会えてよかった。

2021072214

コウリンカたくさん咲いていました。

2021072212

牛の寝分岐の先へ。

2021072215

介山荘のあたりはさすがにかなりの人でした。

2021072216

暑かったけれど頑張って登って大菩薩嶺まで。人が多いせいか、以前よりも山頂が広くなっているような気が。
人の影響ってすごいですね。

2021072217

雷岩に戻るとありゃ、ガスが多くなってきたぞ。

2021072218

唐松尾根を下ります。やはり涼しいな。上日川峠から裂石に向かいました。

2021072219

途中には大きな木もあります。上部は歩きやすかったですが、一度道路に出てからの下部は少し歩きにくいです。
下っていたら、なんと雨が降り出しました。あんなに天気良かったのに。さすが大菩薩の天気は急変するなぁ。

2021072220

下部の方まで来たときだったので傘をさして下りました。今日は千石茶屋はやっていなかったです。
祝日だけど平日扱いだったのかな。

2021072221

雨の中を大菩薩峠登山口に下山。すぐに止むかと思ったけどダメなようです。
バスで駅近くまで降りると降ってなかったけど、やがてポツポツ来たようでした。

2021072231

カイフウロに会えたのは、ホントに久々。大菩薩で会えたのは初めてかな。

2021072232

ラン科はよく分からないけど、ヤマサギソウかな?
初めて会ったお花でした。

 

水無山、尾越山

4/3は山梨へ。

2021040301

上和田バス停が歩き出し。

2021040302

登山道へ向かうと植栽と思われるミツバツツジがよく咲いていました。
近くにはカタクリも咲いていたけど、天気のせいか元気がありませんでした。

2021040303

前回、苦労して降りて来た登山道入口。

2021040304

踏み跡が錯綜していましたが、直上すれば良さそう。登っていくとヒトリシズカがいくつか咲いていました。

2021040305

さすがに登りがきついです。前回のお助けテープを見ます。
秋とは異なり、少し落ち葉が落ち着いたようで、分かりやすいです。登りだしね。

2021040306

くだりがきつかった所はやっぱり登りもきつい。それでも頑張れば尾根に登り着きます。
なぜかスコップが。

2021040307

大峰へ行こうかなとも思いましたが、天気今一つなのでそのまま尾越山に向かいます。
すぐに何もない水無山で一休み。

2021040308

今年初めてのダンコウバイ。

2021040309

緩やかな尾根で分かりやすく、のんびり歩いていくと大きな山が尾越山。

2021040310

たいした登りでもなく、尾越山の山頂に到着。
まだすごい早い時間でしたが、昼食にしてしまいました。

2021040311

三角点はまだきれいな感じ。

2021040312

尾根を下っていくとミツバツツジがちらほらと咲いていました。

2021040313

途中、右後ろから踏み跡のようなものが合流する感じ。

2021040314

尾根下にもミツバツツジがちらほら。

2021040315

ニオイタチツボスミレか、と鼻を近づけましたが、ただのタチツボスミレだったみたいで匂いがありませんでした。

2021040316

途中、いくつか小ピークを過ぎるのですが、現在地点がよく分からなくなってしまいました。
710mあたりなのかな。

2021040317

やがて先にピークが見えてきて、あれが672mでしょうか。

2021040318

手前に小ピークがあり、しばらく進んで結構登らされました。すると広い所に出ました。
その先はここよりも低いような気がしますが、先が672mでしょうか。

2021040319

とりあえず左に折れて下り始めるとテープもありました。どんどん下っていくと山道が続いていました。

2021040320

樹林の合間から民家が見えだすと、急斜面を小さくじぐざぐで下るようになるのですが、倒木だらけ。
結局、踏み跡を外してしまいました。適当に直降りするとかなり危ない急斜面に出てしまいます。
慎重に降りられそうな所に適当に下るとフェンス。
また扉が開けられるか心配になりましたが、問題なく開けて通れば民家の近くに出ました。
近くの民家の方でしょうか、バス停ならすぐ下にあるけど、大月に出るなら右の方が少し安くなるよと教えて頂きました。

2021040321

下に降りると上平のバス停がありましたが、残念ながら10分ほど前に行ったばかり。次は3時間後です。
ちなみに教えられた右のバス停というのは浅川入口のバス停でした。

2021040322

仕方なく、桜を見ながら猿橋駅に向かいます。

2021040323

沿道にはたくさんの桜。天気が今一つなのが残念でした。

2021040324

金龍寺の前も大きな桜。

2021040325

民家のあたりには菜の花。

2021040326

だいぶ歩いてようやく猿橋駅。駅前も桜満開でした。

泣坂ノ頭南尾根へ

11/28は泣坂ノ頭へ。

2020112801

自分には敷居が高いと思ってなかなか足が向かなかった泣坂ノ頭へ。
奈良子入口で下車して歩き出します。

2020112802

随分歩いて奈良子バス停。バスが来る時間になっていましたが、まだバスは来ていなかったです。

2020112803

さらに先へ。矢竹は明るい集落ですね。

2020112804

泣坂ノ頭南尾根に取り付きますが、えらい急登。
この写真、横の木を撮ったのですが、まじめにこんな急なんですよ。
ちょっと間違えれば転落する斜度なのです。慎重に少しずつ登りました。

2020112805

やっとのことで少し小尾根に出たけど、これさえも滑り落ちそうな急登です。

2020112806

ひたすら登っていくとようやくテープがあって、わずかに歩きやすくなりました。

2020112807

やっとのことで緩やかな所があるけど、目の前には壁のような山。
まだあんなに登るの~。

2020112808

やがて小岩のある急登。右手に岩場を見たけど、さらに上部には大岩が立ちふさがりました。
それも灌木などを掴んで登りました。

2020112809

横に通っている踏み跡があったけど、作業用なのかな。目の前は岩尾根だったのでそれを少し進んでから斜上したけど、やはり厳しかったです。さらに登っていくと太いブナ。

2020112810

疲れてきたけど、そろそろ上部に来た感じ。でも、まだ登りはきついです。

2020112811

もう楢ノ木尾根が目の前です。

2020112812

踏み跡は落ち葉がたくさんで見当たらず、左へしばらく歩くと三角点と道標のある泣坂ノ頭に着きました。

2020112813

大峰に向かいますが、やはり踏み跡はほとんど消えていました。ただ、葉が落ちて特徴的な山なのでそれに向かえば大丈夫でした。

2020112814

山頂の木祠はもうそろそろ倒壊が近そうです。

2020112815

水無山への道標があるのですが、これが急傾斜の尾根で踏み跡も隠されているので大丈夫なのか心配になりました。

2020112816

小ピークを過ぎると分かりやすい尾根に変わり、しばらく歩けば西沢ノ頭。

2020112817

少し先の伐採地付近は良い眺めです。

2020112818

伐採地の先は少し横の灌木がうるさい所があったけど、磁石も確認しながら進んでいけばよかったです。
倒れかけた上和田への道標の先へ行けば、このあたりが水無山。

2020112819

上和田への道標の所から踏み込んだけど、道はなく、尾根まで進んで踏み跡の尾根を下りました。
しばらくはそれほどではなかったけど、途中はかなりの急傾斜で下手するとやはり転落する斜度。
慎重に下りました。

2020112820

落ち葉で完全に踏み跡が消されています。テープを見かけてなんとか下っていきました。

2020112821

最後も民家近くで右往左往して、ようやくこの道標の所で道路に出られました。

2020112822

今でもきれいな上和田小学校は廃校になって久しいようですが、工事の雰囲気。新しい建物として有効利用されるのかな。

2020112823

バスまで時間があったので五輪塚を見に行きました。前にも見ているけど、将門か将門の子孫のゆかりの塚だそうな。

上和田バス停から帰りました。

 

オッ立南尾根からお坊山

11/14は大菩薩へ。

2020111401

笹子駅が歩き出し。

2020111402

久しぶりに道証地蔵へ向かいます。田通之姥神は石棒ですね。

2020111403

道証地蔵もだいぶ古びましたね。

2020111404

オッ立南尾根に向かいますが、この日は沢の水量がそれなりにあって濡れないと先に進めそうなので手前から取り付きました。

2020111405

しかし超急斜面で下手すると転げ落ちる斜面。やっとのことで登り着きましたが危険でした。先には鉄塔があって一安心。

2020111406

その先もそれなりに急登で登り、少し下ると雰囲気が良い所を通ります。

2020111407

先へ進むとさらに急登。

2020111408

でもこんな木もあって楽しませてくれました。

2020111409

さらに上に登ると小岩混じりの急登。えらくきついです。

2020111410

樹林がきれいになってくるともう上部のようですが、ここまで来るのに随分疲れました。

2020111411

ということで結構疲れましたが、オッ立の山頂。
縦走路から離れているので来る人はあまりいないようで、踏み跡もほとんどありません。

2020111412

縦走路に下りますが、こちらも踏み跡はわずか。最近はこのあたり歩く人は少なそうですね。

2020111413

下って登って大鹿峠。ロープ張られていますが、その先は山抜けがあったみたいですね。
甲斐大和駅への道ももう少し手前からの分岐に付け替えられていますね。

2020111414

お坊山へ登りはやっぱりきつい。足にだいぶ来ましたが、頑張って東峰への分岐を過ぎてあとちょっと。

2020111415

お坊山に着くと素晴らしい展望。この山頂からこんなにきれいな展望を見たのは初めてかも。
南アルプスや八ヶ岳、その脇に北アルプスか中央アルプスか、白い山がちらりと見えました。

2020111416

わずかに先からも富士山ばっちりでした。

2020111417

下山は南東尾根へ。もうこのベンチは原型をとどめていませんね。

2020111418

今回は今まであるいた時よりも葉が落ちているので進路が分かりやすいのが良かったのですが、落ち葉が多くて滑りやすく、そちらの方が大変でした。

2020111419

ちょっと紅葉は茶色が多いのが幻滅。でもこんな良い天気の日は素敵。

2020111420

入道山で少し休みました。

2020111421

下っていけば、時にはこんな木も。

2020111422

切り取れば、こんなモミジもあって、やはり秋は良いですね。

2020111423

先へ進んで急降下の始まる場所。

2020111424

今回はテープに従って下ると難なく高速の側道に降りられました。
獣害避けのフェンスがあって開けられるか心配になりましたが、鍵はなかったです。

2020111425

やはりどこまでも青空。こんな日はどこを歩いても楽しいですね。

2020111426

ということで最後は笹一酒造。残念ながらコロナの事もあるので、今年は新酒まつりはなく、試飲のみ。
純米になった新酒は以前よりきつい感じ。試飲も日本酒よりワインをたくさん飲みました。
もちろん新酒も買いましたが、滅多に飲まない白ワインを購入。
デラウェアという銘柄の葡萄を使ったもので、まるでジュースのように葡萄の香りがあって美味しいワインでした。
でも、新酒も家で飲んだら、しっかり美味しかったですよ。

 

鶴寝山へ

11/8は鶴寝山へ。

2020110801

天気予報は大外れ。晴れの予報だったのにどんよりです。
上野原駅からのバスを鶴峠で下車するとすぐにきれいな木が。
晴れていればなぁ。

2020110802

登っていくとやはり黄色はきれいな感じ。

2020110803

途中、CSF(豚熱)に感染したイノシシが村内で発見されたということで消毒用石灰を踏んで入山するように書かれていました。
そういえばこないだ清浄国を外されたとかニュースでやってましたね。

2020110804

一瞬だけ日差しが。あっという間に戻りました。

2020110805

奈良倉山からもご覧の通りのありさまで休む気にもなれません。

2020110806

林道状の山道はカラマツもきれい。

2020110807

山道を辿るとなかなか良い雰囲気。

2020110808

松姫峠の手前もきれいな木が。少し見えているのはバスです。

2020110809

鶴寝山へ向かいますが、やはりオレンジが主体。でもそれなりにきれいです。

2020110810

鶴寝山の山頂もやっぱりこんな感じ。富士山どころではないですね。

2020110811

先にある巨樹も健在。

2020110812

巨樹コースを辿りました。こちらもなかなか。

2020110813

赤い木が。晴れていれば映えたでしょうね。

2020110814

山沢入りのヌタ付近も良い雰囲気。

2020110815

せっかくなので久しぶりにトチの巨樹に会いに行きました。大きすぎて全部写せないんですよね。

2020110816

往路を戻って日向道を選択。紅葉を楽しみながら鶴寝山に戻ります。

2020110817

ここも晴れていればなぁ。(そればっかり)

2020110818

鶴寝山北尾根に入ります。急降下すると木祠がありました。

2020110819

先へ進み、小永田浅間神社。奥に木祠がありました。

2020110820

尾根は広く、磁石で確認しながら下りました。

2020110821

下部になると古い山道っぽいものも出てきました。紅葉がきれいな感じ。

2020110823

しかし、最後の急降下はいつものように失敗して私有地に降りちゃいました。
申し訳なく思いながら通らせてもらって小菅の湯の駐車場に出ました。
この日は人だらけだったので入浴せず、奥多摩駅に出て帰りました。
たぶん渋滞にはまるだろうなと思いましたが、予想外に渋滞はなく、普通に帰れました。

 

より以前の記事一覧

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ