登山(那須・栃木)

栃木の大平山あたりへ

2/3は栃木へ。前の週も大平山でしたけど、特に意識した訳ではありません。

2024020301

以前にも大平山は歩いていますが、久しぶりに新大平下駅で下車して歩き出し。

2024020302

少し歩いて星ノ宮神社という神社でお参り。

2024020303

登山口近くにある客人神社に登ってお参り。

2024020304

神社からはそのまま左へ進むと登山道に出られました。登っていくとこれから歩く山々を見ることができました。

2024020305

謙信平に着くと霞んでいたものの、しっかり富士山。

2024020306

登っていくと大平山神社に到着。

2024020307

向こうに見えるのは筑波山かな。

2024020308

奥の院にお参りした後、さらに登っていくと富士浅間神社の後ろに大平山の表示。

2024020309

先へ歩いていきます。急降下の後、緩やかに進んでいくとぐみの木峠。

2024020311

ひたすら登って晃石山に到着。

2024020310

やはり日光連山がよく見えました。反対側にはもちろん富士山も見えます。少し休憩。

2024020312

下へ急な道を降りると晃石神社。

2024020313

先へ進んでいくと早い人たちに結構抜かれました。やっぱり急な道で下ると桜峠。

2024020314

明るい山道を緩やかに登っていくとやっと馬不入山の山頂に到着。グループらしき人達が休んでいたのですが、話を聞いているとどうやら地元に近い人達で週4日くらい来ているそうな。そりゃ早い訳だなぁ。

2024020315

大明神山を目指します。少し先に行くと展望台がありました。休んでいる人達もいて、大明神山まで行かない人でも天気の良い日ならば、ここまでは来た方がよいと思います。

2024020316

途中でランナーさんがパスしていきました。道は少し細いけれど特に問題はなく、緩やかに下っていくと道路に一度出ました。

2024020317

山頂のはるか手前でランナーさんが戻ってきたのに会いました。やっぱり早いなぁ。結構きつい登りなどもあったりしながら進んでいくと大明神山に到着。ここも日光連山などを見ることができました。

2024020318

下りの道に入りましたが、落ち葉で少し滑りやすいし、そんなに多くの人は歩いていない感じの道でした。それでもなんとか下っていくと道に出られました。岩船総合運動公園あたりから振り返る大明神山。

2024020319

車の通行量の多い道を登り返し、関東ふれあいの道に入るとホッとします。下っていくと鷲神社がありましたのでお参りしました。

2024020320

ため池の先を曲がり、さらにしばらく歩いていくと岩船山への登り口。

2024020321

きつい道を登っていくと高勝寺。

2024020322

お詣りした後に奥へ進んで見ると奥の院。本当はこの先にあったようですが、崩落などで立ち入ることができなくなってここに置かれたようですね。この後、三角点へも行ってみようかと思いましたが、ロープで塞がれていたので諦めました。

2024020323

岩船市街を見ます。下り始めると電車が行ってしまうのが見えました。

2024020324

石段を下って岩船駅に到着。次の電車は50分待ちでした。

2024020325

新大平下駅は遠すぎるので、地図を見てみたら静和駅なら歩けそう、と思って歩いてみましたが、やはり車の通行量の多い道で歩道もなく危ない歩きの上に45分もかかってようやく到着。岩船駅で待った方がおりこうさんでした。

 

芝草山へ

4/22は栃木へ。

2023042202

リバティー会津を中三依温泉駅で下車。以前から気になっていた真ん中に見える芝草山。ようやく足を向ける日がやってきました。

2023042201

まだ桜が咲いている。。。結構空気が冷たい上に風がある感じ。

2023042203

林道を先に進みます。途中には小さな滝がちらりと見えます。

2023042204

だいぶ歩いて登山口の手前。右に林道が分かれますが、立入禁止になってました。

2023042205

登山道に入ると久しぶりにシハイスミレがちらほら。

2023042206

登っていくとミツバツツジ。

2023042207

鉄塔の下を通り過ぎます。

2023042208

やがて歩きやすかった巡視路と分かれて右の尾根に向かいます。風が強くなって寒いです。

2023042209

どんどん登っていきます。先には岩峰が見えますが、左から右に登るみたい。イワウチワの葉を見かけるけど花はなし。(T_T)

2023042210

左から右に登ると岩峰に突き当ります。さすがに正面は登れず、左にトラバースしてからロープの付いた急登でした。

2023042211

登りはなんとかなりました。さらにのらりくらりとアップダウンの道を進むと大きな山が見えてきました。

2023042212

ブナなどもある雰囲気の良い森。

2023042213

かなりきつい急登をしばらく頑張り、先に進むとあっけなく小さな三角点のある山頂に到着。左手にはまだ豊富な雪の残るおそらく飯豊連峰と思われる山が見えました。

2023042214

ガイドに昔はさらに先に荒海山へ道があったけど藪に消えていると書かれていました。せっかくなので藪を進んで次のピークまで。確かにわずかに踏み跡のようなものが感じられました。振り返ると先にある木のこんもりが山頂。

2023042215

戻った山頂は日影が多く、途中でパスしたご夫婦が休んでいるので、邪魔しないように再度写真だけ撮ってすぐに下りに入ります。急降下で下ります。ブナの根本ががっしりとしてますね。

2023042216

大岩の手前のあたりが風も少なく、日当たりも良いのでそこでランチ。中三依の集落がよく見えました。

2023042217

岩場も慎重に下り、どんどん下ってスミレを楽しみながら下れば、登山口に下山。

2023042218

まだ時間も早かったので、途中にあった神社で無事歩けたことをお参り。

2023042219

見つけた時は声を上げてしまいましたが、なんとかイワウチワ見られました。

 

塩沢山へ

10/29は栃木へ。

2022102901

中三依温泉駅で初めて下車。正面に見える山は芝草山らしい。そのうちに行ってみたいな。

2022102902

道路をしばらく歩くと示現神社という神社にお参り。

2022102903

見える山の紅葉が良い感じ。

2022102904

三依子育て地蔵を見ます。

2022102905

先に進んで八幡様にお参り。

2022102906

日光市指定文化財の伝木食仏坐像。奥に建物があり、見に行ったら、ガラス越しに仏像が並んでいましたが、だいぶ傷んでいる雰囲気でした。

2022102907

しばらく進み、猫の野仏。殿様の家臣に斬り捨てられてしまった猫を弔ったもの。今では村の守護神になっているそうです。

2022102908

やっぱり道路歩きが長い。。。紅葉の山を見ながら歩きます。

2022102909

やっと登山口に到着。

2022102910

しばらく登っていくと沢を渡ります。遊ヶ水の表示あり。その先は見える谷をじぐざぐで登ります。

2022102911

結構登りはきつかったけど、やがて右の尾根に登って一服ウチワ。

2022102912

最近は上級コースなくなっているのか見当たりません。じぐざぐに登って遊雪の君。

2022102913

まだまだきつい登りは続きます。暗い樹林から出ると紅葉が。

2022102914

さらに登っていくとおや、天気が良くなってきたね。

2022102915

緩やかな尾根を進みます。

2022102916

笹の尾根になって、いかにも奥鬼怒の雰囲気が良い感じ。

2022102917

左手にブナを見ると橅見坂の表示。

2022102918

そこから先の登りがきついこと。

2022102919

それでも登っていくと塩沢山の山頂に到着。三角点がありました。休んでいたら、三依山の方から一人やってきました。

2022102920

紅葉の向こうに高原山が見えました。被害はないけどダニー君を見かけたので、やはり紅葉か春先が適期ですね。

2022102921

往路を下山します。やはり紅葉の山だなぁ。

2022102922

登山口に出てまだ時間が早かったので、すぐ近くにある手打ち蕎麦のお店に立ち寄りましたが、残念ながら蕎麦は終了したとのこと。乳茸うどんというものを頼んでみたら、食感のあるキノコで、なかなか美味しかったです。柿の天ぷらをおまけで出してくれてこれも美味。蕎麦を食べて見たかったなぁ。。。

2022102923

再び延々と道路を辿ります。車の通行が多いけど歩道がないので厳しい道。

2022102924

五十里岬トンネル手前の橋はかなりの高度感があって、あまり橋の端に近づきたくない感じ。トンネルを過ぎれば右手に見える鉄橋は野岩鉄道です。

2022102925

湯西川温泉駅に到着しました。

 

百村山

8/11の山の日は栃木へ。

2022081101

訪れるならば春のお花の時期が良さそうな百村山。でも、そんな事を言っているとずっと訪れることができないし、自分の家からは交通費もかかるので18切符で安上がりに行けるこの時期に出掛けてみます。
天気はくもりときどき晴れくらいの予想だったので出掛けたら、宇都宮までは晴れていたけど、その先に進むとあれあれ雲が出てきました。黒磯駅で下車してバスに乗っているとなんと濃い霧。雨まで降りそうな重苦しい雰囲気で気分も重くなります。穴沢バス停で下車。

2022081102

ガスガスでよく分からず、適当に進みます。霧で濡れるけど、雨ではない模様。道端によく咲いているのはキオンかな。

2022081103

ようやく光徳寺の入口。

2022081104

光徳寺で無事に山に登れるようにお祈りして少し先のコンクリート橋を渡って登山道に向かいます。

2022081105

最初は林道でした。おどろおどろしい看板が百村山を示していましたが、このあたりからアブらしい虫がたくさん攻撃してきました。

2022081106

虫の攻撃が多く、蒸し暑いけど長袖シャツを着こみます。虫よけスプレーを使いましたが、腕をまくると攻撃されるので、腕まくりもできません。工事中の林道に出てロープで登らされます。

2022081107

笹のある登山道を進みます。

2022081108

やはり何度も林道に出ては、再び山道に入ります。

2022081109

オトギリソウが少し咲いていました。

2022081110

コバギボウシもありました。

2022081111

鉄塔を過ぎてさらに登っていきます。

2022081112

結構登りがあって、このあたりは春にはカタクリが咲くらしくロープが張られています。

2022081113

すぐ横が百村山の山頂でした。三角点があります。ここから先の黒滝山へは片道3時間はかかりそうです。バス利用で行くのは無理そうですね。

2022081114

往路を戻りますが、少し天気が回復したのか弱い日差しが射し込んだりしました。

2022081115

林道へ戻ると写真には写ってませんが、遠くの家なども見えました。途中、イタチらしき動物を見かけました。

2022081116

霧が少し晴れて、こんな道を登っていたのかと思います。霧がないと随分景色が変わりますね。

2022081117

無事に光徳寺まで戻り、お参りして下る道にはレンゲショウマが少ないですが咲いていました。さすがに山中は誰一人会わなかったです。

2022081118

ということで参道の杉林。樹齢300年くらいあるらしいです。

2022081119

バス停に向かう途中、振り返ると山が見えました。

2022081120

ということで穴沢バス停に戻ってきました。バスが一日四本と少なく、帰りのバスを随分待たされました。

 

高峰へ

雨巻山からの続きです。

2022032010

先へ進んで下るとカタクリの多い場所がありましたが、まだ咲いていませんでした。さらに先へ進んで下っていくと門毛への道が分岐。

2022032011

道の途中に四等三角点。

2022032012

大きな石祠の屋根が落ちてました。先日の地震のせいかな。数人がかりじゃないと持ち上げるのは無理そうです。

2022032013

下っていくと気持ちの良い場所で左に進みます。

2022032014

しばらくで道路に出ました。このあたりが深沢峠でしょうか。

2022032015

道路を登っていき、高峰登山口。

2022032016

なかなかきつい登りが続きました。ようやく緩やかになるとマウンテンバイクの道が右にありました。

2022032017

パラグライダーの離陸場からは加波山や筑波山を見ることができました。

2022032018

さらにしばらく進めば、高峰の山頂。ベンチに座ってのんびり昼食。

2022032019

仏頂山まで行こうと思えば行けるくらいの時間と体力でしたが、今回はここで打ち止め。

2022032020

細い道を五大力堂に向かいます。しばらく下っていくと右に沢コースというのが分岐したので、入ってみました。歩く人は少なそうだけれどなんとか下れました。

2022032021

ということで五大力堂でお参り。

2022032022

道路に降りてからが長い歩き。地形図を見ながら歩きました。途中には義民地蔵というのがありました。

2022032023

だいぶ歩いて月山寺。ここは以前に来たことがありました。古そうな松があります。

2022032024

久しぶりに羽黒駅に出て終了でした。

 

雨巻山へ

3/20は栃木へ。

2022032001

一度は歩いてみたかった雨巻山。基本的にマイカー中心の山ですけど、奮発して益子駅からタクシーで大川戸駐車場に降り立ちました。

2022032002

駐車場の端に分岐。御岳山の方も歩いてみたいけれど、今回は三登谷山の方に向かいました。

2022032003

しばらく道路を進むと右に道が分かれていました。

2022032004

どんどん登っていきます。比較的緩やかな登りなので登りやすい道です。

2022032005

三登谷山は小さなピーク。向こうには雪を抱く山が。

2022032006

先へ向かいます。まだ昨日の雨の影響が残っているようで雨巻山のあたりは雲がかかっていました。このあたりは道標に番号が示されていて現在地が分かるようになっているようです。

2022032007

栗生というところへ道が分かれていました。

2022032008

さすがに山頂手前はそれなりに登らされました。雨巻山の山頂にはベンチがたくさんあるんですが、人が多くて吃驚。

2022032009

少し先に進むとベンチがあり、その先に小さな展望台。登ってみましたが、あまり眺めは見えないので意味なかったです。

続く。

 

栃木 羽黒山

9/5は宇都宮へ。

2021090501

雨予報だったので雨でも歩ける山を選択。
羽黒山に行くには羽黒山入口で下車するのが良いのですが、宇都宮駅からの玉生行きのバスは本数が少ないです。
バス停一つ手前の今里行きならちょうどよい時間にあるので、それに乗りました。

2021090502

わずか先の信号を曲がった右に羽黒山入口がありました。しばらく歩いて羽黒山入口まで歩いたのですが、
これは間違って帰りの林道から降りて来るところでした。

2021090503

ということでちょっと時間をロスして、参道の入口へ。

2021090504

高い杉が立ち並んだ道を緩やかに登っていきます。

2021090505

やがて石畳の道に変わります。途中には鳥居がありました。

2021090506

ここは三丁。ところどころ見逃してしまいましたが、上まで続いているようです。

2021090507

石畳は濡れていて滑りやすいです。途中にはわずかですが水も流れていました。
登っていくと朝水舎。身を清めるために使用した水のようですが、今は水は流れていないようです。

2021090508

さらに進むとだいだら坊の岩という表示がありましたが、10分と書かれていたので行きませんでした。

2021090509

十丁あたりは少し緩やか。

2021090510

ヤマジノホトトギスが咲いておりました。

2021090511

やがて道路を横切りますが、その先の坂は急坂。カラッソ坂という名前だそうです。

2021090512

登り着くと石碑が。左にはお店がありましたが、コロナで休業中でした。

2021090513

先へ進むと左に展望台がありました。遠くの山が眺められました。右の方は筑波山らしいです。

2021090514

神社の鳥居付近も高い杉が立ち並んでいます。

2021090515

途中には夫婦杉。とちぎの名木百選に選ばれているようです。確かに根本は一つのようです。

2021090516

石段にはシュウカイドウが咲いていました。

2021090517

羽黒山神社でお参り。

2021090518

先へ進むと富士見の穴がありました。木柱に穴が開いていて、天気が良ければ富士山が見えるらしいです。

2021090520

先へ進むと羽黒山の表示。三角点は見えなかったけどヤブの中かな?

2021090521

先へ少し下ると密嶽神社。昔は大権現だったのが、明治の神仏分離で改称したようです。

2021090522

往路を展望台へ戻り、再度眺めた後は林道を下りました。朝間違った入口に出て、今里バス停に戻りました。
結局、雨には降られずに歩けました。

 

憾満ヶ淵へ

滝尾古道の後は憾満ヶ淵に向かいます。

2021082818

坂を下りていくと二荒山神社。もちろん、立ち寄ってお参りしました。

2021082819

表参道を歩いて輪王寺の近くで右に曲がり、まかない坂を下りて先に進むと日光奉行所跡の石碑。
何かあるのかと思ったけど、これだけみたいです。

2021082821

しばらく国道を進むと、延命地蔵堂があり、その横にいきなり「殉死之墓」の石碑があって吃驚。

2021082820

釈迦堂という建物があり、左奥にはたくさんのお墓が。徳川三大将軍の家臣などのお墓のようです。
あまり深入りせず、静かに立ち去りました。

2021082822

さらに進むと蓮華石。子供の守護神ともされたそうです。

2021082823

憾満ヶ淵に向かうと途中には磐裂神社という苔むした神社がありました。

2021082824

端を渡り、先へ進むと慈雲寺。

2021082825

お地蔵さんがたくさん並んでいます。

2021082826

川がどうどうと流れています。

2021082828

憾満ヶ淵の流れは水量もありました。

2021082829

やはりたくさんのお地蔵さん。数を数えるたびに違うらしいです。
もちろん自分は数えません。

2021082830

その先、念のためにやしおの湯まで行ってみましたが、緊急事態でお休みでした。

2021082831

往路を戻って再び神橋へ。

2021082832

まだ時間も早いのでJR日光駅まで歩いて終了でした。

 

滝尾古道

8/28は日光の滝尾古道へ。

2021082801

バスに乗り、神橋で下車。観光客が多いな~。水が澄んでいる感じ。

2021082802

輪王寺は大きな寺だなぁ。自分は日光の社寺は巡ったことがないので、初めて。
時間がないので外観のみで終了。

2021082803

奥に歩いていくと香車堂と開山堂。

2021082804

北野神社は道真公を祀る神社だそうな。いかにも古そうな神社ですね。

2021082805

苔むした石畳が古道の雰囲気。

2021082806

途中には杉の巨木あり。

2021082807

神馬の碑。徳川家康が乗った名馬の碑だそうな。

2021082808

大小べんきんぜいの碑。庶民に分かりやすくするために漢字は大小だけだそうな。

2021082809

滝尾神社の石段。苔むしているのがまた雰囲気ありあり。

2021082810

運試しの鳥居。小石を投げて上にある真ん中の穴を通ればいいらしいです。

2021082811

本殿でお参りしたのち、先に進むと石橋。年齢の数だけ歩数を踏むと願い事がかなうそうな。

2021082812

ご神木の三本杉。古木のようですが、二代目だそうな。

2021082813

ちょっと写真が遠いけど、子種石。時計回りに回ると子宝に恵まれるそうです。

2021082814

戻って沢の奥には白糸の滝。ヒルが怖いので近寄りませんでした。

2021082815

分岐に戻って登ると行者堂。役小角などが奥に置かれているのが見えました。

2021082816

左手からは女峰山。この道、歩いてみたいな。

2021082817

下っていくと空烟地蔵。逆光だったので、写真が暗い感じになってしまいました。

長いので続く。

焼森山、鶏足山へ

3/27は栃木へ。

2021032701

車じゃないと行くのは無理な山かと思ってましたが、この時期だけ運転してくれる、
みつまた特急バスという臨時バスに宇都宮駅から乗りました。いい里さかがわ館で下車。

2021032702

みつまた群生地行きのシャトルバスもありますが、のんびり歩いて焼森山を目指します。
途中にはタチツボスミレがよく咲いていました。

2021032703

しばらく林道を登っていくと焼森山登山口。

2021032704

しばらく尾根を登って一の越とあったけど、山頂400mの表示だったので先だと思い岩場をしばらく登ったら、眺めの良い岩。

2021032705

ここはこだま岩の表示があって、ありゃ、通り過ぎたと気が付きました。

2021032706

そんなに大変でもなく、ちょっと登れば人で密になっている焼森山の山頂に着きました。写真を撮るにも大変な人。

2021032707

みつまた群生地を目指し、山頂から直に降りる踏み跡を辿りました。人にも会ったので、結構使われている様子。

2021032708

しばらく林道を下り、協力金300円払って群生地に向かいます。

2021032709

たっぷり咲いていましたが、いかんせん、今年はやはり早かったようです。少し出遅れ気味でした。

2021032710

それでもまだ黄色が残ってますね。

2021032711

途中にはマンガン鉱の試掘をした穴があります。

2021032712

上から見てもなかなか。ぐるっと一周できるようになっていました。

2021032713

林道に戻って再び焼森山に向かうことにします。すぐ先に鳥居と雷神穴と書かれていたので行ってみると、ミヤマカタバミが咲きかけていました。

2021032714

雷神穴に登ってみましたが、こちらも採掘の試し掘りという感じでした。

2021032715

同じ道で焼森山に戻ってきました。

2021032716

しばらく歩いているとエイザンスミレが咲いていました。かなり白花に近いですね。

2021032717

下って登り返していくと三角点の山頂。実際の鶏足山は、見晴台と書かれた方にもう少し進んだ所になるようです。

2021032718

誰かが奥が筑波山だ、と話しをしていましたが、自分には分かりませんでした。

2021032719

しばらく先へアップダウンで鶏足山の山頂。山並みは低いですが、眺めの広い山頂でした。

2021032720

少し下って鶏石まで行ってみました。鶏冠に見立てたのでしょうね。

2021032721

鶏足山に戻ります。山頂には木祠となぜか賽銭箱がとっても新しい感じ。

2021032722

三角点を過ぎて下小貫分岐から下りました。緩やかな道を下っていくと町道に出て登山道終了。

Dsc_8842

再びいい里さかがわ館まで戻って、お土産のイチゴジャムを買い込み、再び特急バスで宇都宮駅に戻りました。

2021032731

ということで、たぶんナガハシスミレ。

2021032732

日本海側に多いらしいのですが、このあたりの山にもあるんですね。

 

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本