登山(那須・栃木)

塩坂峠から大小山

寺久保山からの続きです。

2020022318

塩坂峠からしばらく登ると鳩ノ峰。古い山名板はもう読めなくなりつつある感じです。

2020022319

大きな石碑や石祠がありました。少し下でのんびり昼食。

2020022320

ちょっと間違えて左のゴルフ場に下りそうになりましたが、戻ったらしっかり尾根が別れていました。
強風が吹いて寒いこと。

2020022321

だいぶ下ってから登り返し、道標を右に行くと255.5mの三角点。

2020022322

マンサクを見に来たというおじさんに会いました。下では咲いていたけど、山はまだ咲いていなかつたそうです。
さらにアップダウンで進んで石祠のあるピークを過ぎます。

2020022323

やがて右に採石場が見えて、その近くの尾根を進みます。

2020022324

右に林道を見てさらに先へ行くと踏み跡となり、細かく曲がりながら進んで急な怪しい斜面を下ると林道でした。

2020022325

急な登り返しを頑張ると大坊山から来た時に通った越床峠に着きました。

2020022326

それにしても大小山への登りはきつい上にいくつも小ピークがあります。へたばってきました。
途中のピークで歩いてきた尾根を見ると、随分歩いたなという気がします。まただいぶ風に吹かれました。

2020022327

へろへろになりながらようやく大小山の妙義山に到着。以前にも会ったような気がする説明おじさんが山頂にいました。
寺久保山からというとそんな人はほとんどいない、ということでした。

2020022328

今回も阿夫利神社に向かいます。少し下って登り返すとこちらが実際の大小山。

2020022329

少し先へ下って左に入ってハシゴを下ります。大小の文字は今日も健在。

2020022330

男坂でも良かったのですが、前を歩くグループに追いつきそうなのと足の故障を考えて今回は女坂。
確かに男坂よりは普通の山道で下りやすかったです。男坂からの道と合流して石段の道をしばらく下れば阿夫利神社。

2020022331

道路を歩いていると梅がよく咲いていました。

2020022332

富田駅に出て終了でした。また安周りルートということで佐野駅周りで帰宅しました。

それにしても随分歩いて疲れた一日でした。

 

| | コメント (0)

寺久保山へ

2/23は栃木へ。

2020022301

佐野駅からさくらの里線に乗ってさくらの里で下車。

2020022302

雷電神社から取り付くつもりでしたが、そこへの行き方が分からず、さらに進んで医王寺。

2020022303

右手に寺久保山展望台とあるのでそこから取り付きました。

2020022304

しばらく登って尾根に出てしばらく進むと右手から般若峠からと思われる踏み跡が合流しました。

2020022305

どんどん尾根を登っていきます。

2020022306

やがて左右に山が見えてきて、左が寺久保山ですが、この尾根は右のピークに向かいます。

2020022307

ピークの手前に出ると長いロープが付いた急登。手がかりは豊富ですが、かなりの斜度なので注意しながら登りました。

2020022308

展望台の表示のある所に登り着きました。その通り、なかなかの良い眺め。

2020022309

すぐにピークに出て、左へ歩いて鞍部から登り返すとあっけなく寺久保山の山頂。樹林であまり眺めはないようです。

2020022310

先へ下っていくと右手にこんもりとした山が見えますが、山王山でしょうか。

2020022311

細かいアップダウンの道をひたすら歩いて山王山と塩坂峠方面の分岐。

2020022312

こちらもいくつも小ピークを上り下りする長い道。

2020022313

しばらく進むと石標の埋まるピーク。

2020022314

さらに先には朝日山の表示がありました。

2020022315

右に曲がる所で先に進むと301.5mの三角点がありました。

2020022316

細い尾根を辿ると先に山が見えてきます。

2020022317

ちょっと下って塩坂峠。樺崎八幡宮への道が別れています。ちょっと疲れてきたけど、まだ先は長いな。

続きます。

 

| | コメント (0)

多気山へ

1/4は多気山へ。

2020010401

宇都宮駅から大谷行きのバスに乗り、資料館前で下車。

2020010402

しばらく道路を歩くと参道入口。初詣か、お参りの人達が多数歩いていました。

2020010403

結構長い参道の石段を登って多気不動尊。たくさんの人で賑わっていました。しっかりお参り。

2020010404

取り付きが分からなくてしばらく迷いましたが、下山路を少し進むと分岐がありました。

2020010407

ひたすら石段を登っていくと多気城跡の表示のある御殿平。

2020010405

筑波山が近いなぁ。

2020010406

とっても広い眺めで良い場所でした。

2020010408

少し先に進むと裏手の眺めがありますが、そこからはなんと富士山!このサイズだと分からないと思いますが、肉眼でははっきり見えました。
女峰山から見たのが、自分の一番遠い富士山の眺めですが、ほど近いこの山から見えるとは吃驚でした。

2020010409

すぐ近くには古賀志山。まだ登ったことないんですよね。その向こうには日光連山がありましたが、雲が邪魔していたのが残念。

2020010410

少し先へ進むと三角点のある静かな多気山の山頂。

2020010411

森林公園と表示のある方へ下りました。あまり歩かれていない感じはありましたが、登って来る人達に会いました。

しばらく下れば道路に降りて、さらに先へ下って、広い道路に出ました。

2020010412

右へ降りていって大きな送電鉄塔を右に曲がれば、この道は多気不動尊の元参道の道路でした。

観光に続く。

 

| | コメント (0)

さらに伊許山(御岳山)へ

高館山が早く終わったので、予定通り、もう一つの山へ。

2020010321

益子駅から二駅ほど乗った多田羅駅で下車。

2020010322

人も車もほとんど往来のない道をしばらく歩くと御岳山神社の入口。
その先は山道になるけど、あまり歩かれていない雰囲気ありあり。

2020010323

しばらく登っていくと御岳山神社に到着。まずはお参り。

2020010324

左手に進んでいくと休憩舎があったけど、木が育ったのか眺めもあまりなくて使われて無さそう。

2020010325

四分の三回り込んでしまって、ようやく踏み跡をわずかに辿ると伊許山(地元では御岳山と呼ばれているらしい。)の山頂。
今は眺めはまったくないけど、三角点は二等だったようです。

2020010326

これまた使われていない踏み跡をトリム広場という道標で下ると一旦林道に降ります。
すぐ先の分岐を再び石段で登ります。

2020010327

しばらく登れば、琴平神社がありました。

2020010328

奥には展望台。

2020010329

木が邪魔しているし、あまり眺めはないけど、静かな山でした。

2020010330

林道に出て、市塙駅を目指します。

2020010331

樹林から出れば畑が広がっていました。

2020010332

だいぶ歩いて左に日枝神社という神社があります。

2020010333

とても高い杉。高さ35mある杉で推定樹齢300年、夫婦杉と呼ばれているようです。

2020010334

なかなか由緒ある神社で、ここに勧請されたのは久寿二年(1155)だそうな。

2020010335

しばらく歩けば市塙駅。のんびりと列車を待ちました。

2020010336

少し遅くなったけど、今年の初湯はやっぱり百観音温泉。
久しぶりに濃いお湯に浸かって温まって帰りました。

 

| | コメント (0)

高館山へ

今年最初の山は栃木へ。

2020010301

今回も真岡鉄道で益子駅が歩き出し。

2020010302

しばらく道路を歩いて西明寺。やはりお正月なのでお参りの人がそれなりにいました。
石段横の石仏の柔和なお顔が印象的でした。

2020010303

三重塔や閻魔堂などがありました。中でも目を引いたのは樹齢800年と言われるコウヤマキ。周囲5.4mもあるそうです。

2020010304

裏手をしばらく登っていくと権現平。

2020010305

展望台があり、登ってみると日光連山が眺められました。

2020010306

さらに先へ進むと案内板があり、やはりこのあたりは城跡だったようです。

2020010307

きつい石段をしばらく登って進むと山頂の一角に出ます。

2020010308

一番奥にひっそりと三角点が置かれていました。

2020010309

北へ「益子の森」と書かれた方へ進みます。のんびりと雑木林の中を緩やかに下っていきます。

2020010310

だいぶ歩いて吊橋を渡り、さらに先の分岐に出ます。このあたりが益子の森。せっかくなので右に登って展望台に行ってみました。

2020010311

展望台からは広い眺め。日光連山ももちろん見えましたが、芳賀富士が目に付きました。

2020010312

分岐に戻って先へ下れば、道路に出て終了。

2020010313

しばらく道路を歩いて、せっかくなので益子焼のお店を見学。
残念ながら自分の気にいったのはそれなりの値段だったので買いませんでしたが。

2020010314

益子駅に戻って終了でした。

 

| | コメント (0)

紅葉を楽しむ根本山(真岡/栃木)

平日に紅葉を楽しみに真岡の根本山へ。

2019112901

今回は料金がかかるけれど常総鉄道に乗って見たかったので、取手から乗りました。

2019112902

少し時間が遅かったせいか、学生さんは少ない感じでした。北山駅で下車するのは自分一人。

2019112903

しばらく山沿いの道路を歩いていると紅葉した小さなモミジがきれい。これは期待できそう。

2019112904

根本山が近づくとやっぱり少し紅葉しています。青空で良い感じ。

2019112905

瑞光寺というお寺があります。かなりの古刹らしいです。

2019112906

根本山に向かうと色合いはともかく、やはり良い雰囲気。
ちなみにこの山はすべて道路が通っていて車で入れるので、歩かなくても自然観察センターやその先へ行けてしまいます。

2019112907

電波塔を過ぎて歩いていくと休憩舎が左にあり、入ってみると関東ふれあいの道になっているらしいです。
真岡駅から益子駅までつなげているようだけど、歩くと遠そう。

2019112908

すぐに右にトンボの水辺への道が別れたのでそちらに入るとモミジがきれいな木がありました。

2019112909

谷戸らしい所がトンボの水辺でしょうか。先には溜池があり、その先へ行ったら山から出てしまうようなので戻りました。

2019112910

山道をのんびり登ると道路に出て、先がモミジの広場。ベンチがあり、目の前のモミジがきれいでした。

2019112911

小さい秋ですね。

2019112912

戻って樹木園の方に進むとこれまたモミジがいい色!
あたりにはたくさんモミジがあって堪能できました。

2019112913

回り込んで下っていくとシキザクラがありました。

2019112914

ポツリポツリという感じですが、冬桜同様にいい感じですね。

2019112915

道路に出て、自然観察センターからさらに先へ進むと田んぼのみえる丘。向こうに見えているのはどこの山でしょうか。

2019112916

また道路に出て先へ行くと能仁寺。こちらもそれなりに古いお寺のようです。

2019112917

再び戻って山道に入り、しばらく歩いて道路に出るとそのあたりはオレンジ色のモミジがいい感じ。

2019112918

今度は右手に下って広場に出ると、里山らしい紅葉がいい雰囲気です。

2019112919

再び山道を登って自然観察センターに戻ります。入口近くに表示板があり、それによるとこの日の朝は富士山も見えたそうな。

2019112920

また樹木園のあたりに戻ってしまいました。やっぱりモミジはすごいきれいだなぁ。。。

2019112921

ベンチもあり、先には里山が。左奥の遠くに見えるのはどこの山だろうか。

2019112922

往路を戻ります。電波塔の右手が山頂と思われます。踏み跡があるらしいけれど、見逃したようです。
まあ、藪山らしいのでわざわざ戻る気にはなれませんでしたが。

2019112923

駅へ戻ると2分で電車が来るというグッドタイミング。早く帰ることができました。

 

| | コメント (0)

鶏鳴山へ

5/18は鹿沼へ。

2019051801

新鹿沼から小来川森崎行きのバスに乗ります。相変わらず人が少ないですね。
天善教バス停で下車しますが、年代モノみたいなバス停になっていました。

2019051802

少し歩いた所が登山道の入り口ですが、だいぶ先まで歩いてしまいました。
おかしいなと戻ると、なんとここが入り口。こりゃ見落とすわな。

2019051803

少し進むと鳥居があり、ここから登り始めます。すぐ右にはたくさんの石祠。

2019051804

鎖の付いた急登もありました。途中にも石祠が置かれています。

2019051819

急登をこなすと少し涼しくなります。途中にも鳥居と石祠。この先も急登でした。

2019051805

やっとのことで笹目倉山。奥の院がしっかりありました。

2019051806

先へ進んだら、道を誤って小来川森崎への道に入ってしまったようでした。再び奥の院まで戻って30分のロス。
鶏鳴山への踏み跡は急降下でした。

2019051807

登り返し、石祠を見て先へ。尾根の踏み跡は薄い所がありました。

2019051808

途中にはフモトスミレがまだ点々と咲いていました。

2019051809

どんどん登って815mへ向かいます。

2019051810 

815mには下山道と書かれたものがそっと置かれていました。

2019051811

随分登らされて、ようやく着いたと思ったら、まだ手前のピーク。ここから樹林の中をくだらされました。

2019051812

やっとの事で鶏鳴山。さすがに人には会いませんね。

2019051813

少し先へ行くと石祠などがありますが、なんとか男体山や日光白根山が見えました。

2019051814

石祠の中に石像が入っているのが珍しいですね。

2019051815

先へ進むと踏み跡が続き、自動的に下りに入りました。ロープの付いた急下降などがあり、一度林道に出て、さらに下っていきます。
もう一時頃に登ってきた人に会ったのはこれまた吃驚。さらに下れば林道に出ました。

2019051816

未舗装の林道を下っていくとログハウスなどを見てさらに下れば登り口の表示のある林道。

2019051817

随分歩いて林道出口。

2019051818

しかし、それから駅までも相当長い歩きでした。途中のお蕎麦屋さんに立ち寄れば良かったかな。
でも思ったよりは早く駅に着けました。

 

| | コメント (0)

入名草から行道山

3/21は栃木へ。

2019032101

足利市駅から名草線のバスに乗り、終点の入名草で下車します。

2019032102

しばらく車道を歩くと一の鳥居。

2019032103

もう少し行くとハイキングコースの入口がありますが、まずは名草の巨石群へ。
弁慶の割石は真ん中からすっぱり割れています。

2019032104

少し先に進むと左には巨石。右には厳島神社。まずは神社にお参りし、その後で左の巨石の胎内くぐりをしました。短いけど楽しかったです。

2019032105

さらに先にしばらく歩くと再び巨石。御舟石とはこのあたりの石かな。

2019032106

少し戻ってハイキングコースに入ります。しばらくは緩やかだったけど、林道に出て少し行くと木段の急な登り。
きつい登りをこなすとようやく尾根に出て、426m付近は良い感じでした。

2019032107

しばらく進むと緩やかに下っていきます。この時期は明るく、この先の山を眺められるよい場所。

2019032108

小さなピークを過ぎてさらに先へ進み、下っていくと藤坂峠。

2019032109

アップダウンが意外にあります。だいぶ登らされて着いた所は381m。わずか先に石祠がありました。

2019032110

さらに先へ進んでいくと三角点のある387.9m。残念な事に少し天気が悪くなり、どんより雲になってしまいます。

2019032111

暖かくなったり、寒くなったり、気温差が今年は大きすぎます。もうツツジがちらほら。

2019032112

さらに先へ進んで下ると馬打峠。車の通行が結構あるようでした。

2019032113

また急な木段を登って道標のある分岐。浄因寺に一度降りるのが一般的ですが、ここは行道峠へ向かう踏み跡に入ります。

2019032114

ということで踏み跡を下って登って行道峠。
左から右に踏み跡が認められますが、ご覧の通り、ほとんど通行する人はいないと思われました。

2019032115

だいぶきつい登りを頑張り、さらに小さなピークを越して仏法僧峠を過ぎてさらに先へ行けば、展望台のピーク。この付近を行道山としているようです。残念ながらの眺め。

2019032116

のんびり山頂で休んで下山にします。久しぶりの寝釈迦。やはりかわいい感じです。

2019032117

どんどん下って浄因寺を過ぎ、さらに下っていくとダンコウバイが咲いていましたが、花付きがすごいですね。

2019032118

行道山のバス停に着きましたが、本数が少なく、45分待ちと長い待ちでした。

 

| | コメント (0)

千部ヶ岳

星野でお花を堪能した後は、出流観音へ。

2019022411

少し戻るようにバスは走り、巨大採石地帯を抜けるとようやく出流観音。

2019022412

車道をしばらく進めば、満願寺の大きな山門。

2019022413

入山料300円を払って奥の院へ。断崖の途中にある奥の院は洞窟があり、鍾乳石のような岩のような観音様がいらっしゃいました。

2019022414

千部ヶ岳に取り付くには奥の院手前から登れば簡単なようですが、悪い子なので本堂に戻って西の沢に取り付きました。しかし、途中で伐採地を登ってしまい、気がつくと石祠のあるピーク。どうやらここは543mのピークで剣ヶ峰と呼ばれているピークらしいです。

2019022415

眺めがいいからまあいいか。

2019022416

林道に出たり、植林の中を登ったりしてこの付近が600mと思われました。

2019022417

磁石を見て進み、正しく林道に降りられました。

2019022418

再び山に取り付き、655.8mの三等三角点。ヤブっぽい山頂でした。

2019022419

わずかに北に降りると木の合間からほんのわずかに日光連山が。

2019022420

道路に降りて千部ヶ岳に向かいます。

2019022421

しばらく道路を歩き、登山道に入りますが、最近は歩く人がおらず、荒れていて踏み跡みたいになっていました。

2019022422

静かな千部ヶ岳。あまり長居する山頂ではないようです。

2019022423

緩やかに尾根を下って先へ行くと岩のある展望台と呼ばれる場所。護摩壇の旧跡という看板があります。でも、樹林が邪魔してあまり見えません。

2019022424

ヤブ斜面をわずかに下るとなんとか見えたくらいです。

2019022425

下山にかかりますが、こちらも踏み跡状態。でも尾根は比較的分かりやすいし、なんとか古い木段がときおり残っているので降りられました。しかしなんともでかい道標が似合わない山。

2019022426

最後のあたりも道標が少なく、迷いそうでしたが、なんとか正しく降りられました。

出流観音バス停まではそんなに遠くはありませんでしたが、次のバスまで時間があったので再び出流観音でお参り後、お蕎麦屋さんに入って寒晒し蕎麦を食べました。冷たい水にさらしたお蕎麦で歯ごたえがあるお蕎麦でした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩山

あまりにも早く二股山を歩いてしまった上にバスに間に合ってしまったので、
ついでの岩山に行くことに。

2019021921

鹿沼西中入口バス停で下車して少し歩き、日吉神社でまずはお参り。

2019021922

少し左へ行くと登山口がありますが、ハイキングコースの入り口にしては随分細いですね。

2019021923

しばらく進むと岩場に出ます。のっけからなかなかの登り。この時期は乾いているので靴のフリクションをしっかり活かせます。途中でコースを外れて右の岩峰に登ってみたら、良い眺めで楽しいです。

2019021924

反対を見るとこんな感じで岩場が続いています。この写真だと小さくて見にくいと思いますが、左の岩峰の上にベンチがあり、そこがC峰と思われます。

2019021925

岩の間を通ったり、巻いたり、登ったりと忙しいです。途中には燕岳のイルカ岩を思いださせる感じの岩もありました。

2019021926

途中の鎖場も体を持ちあげる必要があったりして、なかなかです。ひたすら岩場のアップダウンをこなすとようやく二番岩。

2019021927

お腹が空いてしまったので、小さな岩峰に登って簡単な昼食。向こうに見えるのは那須方面かな?

2019021928

さらにアップダウンで最高峰の岩山。向こうにはさきほど登った二股山が近く見えていました。

2019021929

少し山が邪魔しますが、日光連山ももちろんしっかり見えました。

2019021930

先へ進んで猿岩に出ますが、 この鎖場が最強。数十メートルある長い鎖場の上にほとんど垂直、かつ、岩には足場がない所がほとんど。過去に死亡事故が何度も起きているいわくつきの鎖場です。
トライしてみましたが、シャレになっていません。足をあまり踏ん張れず、腕力で鎖にすがる感じです。必死に下ってなんとか事故なく下ることができたものの、超危険でリスク最大でした。なので腕力を酷使したせいで、一週間経ってもまだ腕が痛いです。(T_T)
良い子は巻き道で下るか、一のタルミから降りる、あるいは往路を戻りましょう。

2019021931

あまりにも危険な下りだったので、放心状態に近い感じでバス停に戻りました。

2019021932

バスが来るまで15分ほどでしたが、そんなに遠くなさそうなので、駅まで歩いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧