登山(越後)

当間山へ

9/5は新潟の当間山へ。

2020090501

越後湯沢駅から森宮野原行のバスに乗り、倉下入口で下車。もう11時ちょっと前ですが、帰りのバスを考えると持ち時間は約5時間です。
(最終バス乗車なら約7時間ありますが。)

2020090502

魚沼スカイラインをひたすら登ります。やっぱり越後の山は湿気が多く、蒸し暑いです。途中にはきれいな棚田を見ます。

2020090503

キツリフネやツリフネソウを見かけました。

2020090504

やっとの事で魚沼展望台。ちよっと黒い雲が多いですが、そのおかげで日差しが遮られたのが逆に有り難かったです。

2020090505

良い眺めでした。季節の良い時ならば、上越国境の山々もきれいに見えるのでしょうね。

2020090507

トイレ横の木段が当間山への登山口ですが、何も表示がありませんね。

2020090508

登山道に入るとしっかりとブナのある道。なかなか良い感じです。

2020090509

なかなかアップダウンのある道で猫石コースを分岐しますが、このあたりが最高点かな。

2020090511

先へ進むとやはりアップダウンがあります。でもブナも多し。

2020090512

三角点への分岐がありましたが、きついので後で立ち寄ることにして、こんな所で昼食にしてしまいました。

2020090513

うーん、やっぱりブナの多い山ですね。とっても良い雰囲気です。

2020090514

分岐があり、市ノ越という所への踏み跡がありましたが、通行止めのようです。

2020090515

その先に下ると曲がりブナ。山親父と呼ばれるブナでした。

2020090516

展望台に出るとなんと若い女性の二人組が休んでいるではありませんか。人に会うとは思わなかったので吃驚。展望図があり、米山や刈羽黒姫山などが見えるらしいですが、地理感もなく、霞んでいる状況では、どこの山か全く自分には分かりませんでした。

2020090517

しばらく下って先へ進むと一本杉。

2020090518

さらに下っていくとなかなか良い感じのブナ林。紅葉の頃が良さそうですが、クマが出没するらしいですよ。

2020090519

さらに下るとブナ回廊の分岐がありますが、残念ながら現在は通行止のようです。
きっと去年の台風の影響なのでしょうね。

2020090520

そのまま先へ進んでひぐらしの道の分岐。こちらは歩けるようなのでそちらに入りました。

2020090521

やっぱり良いブナの森でした。けど、踏み跡が薄い所があるので少し気を付けて下さいね。

2020090522

下っていくと標柱のある分岐。左右に道が通っていますが、左の道を取ります。

2020090523

さきほどの道の続きに出ました。ブナ回廊の入口で小さな鐘がありました。クマ避けに鳴らすように書かれていました。
自分は鳴らさなかったですが。自分の設定した戻り時間13時30分近くになりましたので、ここから登り返します。

2020090524

行きも通ったのですが、ブナ清水というのはここでしょう。今は涸れていて、雪解けの頃しか流れていないものと思われました。

2020090525

登り返しているとさきほどの女性二人に会いました。下の登山口からの往復なのでしょうね。
一本杉までの登りは蒸し暑く、ちょっと辛い登りでした。

2020090526

やっとのことで見晴台に戻ってきました。もう誰もいませんね。

2020090527

ひたすら頑張り、再び山親父を見た頃に雷が鳴りだしました。なんとか分岐から右に進んで当間山三角点。
飯士山と思われる山がちらりと見えたくらいでした。

2020090528

帰りは猫石コースを戻りましたが、辛い登りでした。さらに頑張り、魚沼展望台に出ますが、もう立ち寄る余裕もありませんでした。
バス時間も気になるし、雷に脅かされながら、遮るものの無い魚沼スカイラインを必死で下りました。
それでも雨に降られることもなく、倉下入口のバス停に戻ります。

2020090529

バスまで15分という時間。なんとか間に合いました。

 

| | コメント (0)

金城山へ その二

続きです。

2017091020

山頂からは巻機山を見ることができますが、この日は雲がかかっていました。

2017091021

少し戻って岩場に登ってみると、石碑が並んでおりました。

2017091022

先へ降りますが、いきなりの鎖場。その先も結構急な道でしばらく下ります。途中、左手に大規模な崩壊地が見えますが、これも数年前の豪雨被害でしょうね。写真は振り返った所。

2017091023

高棚コースと思われる入口はテープが張られていました。

2017091024

少し下ると水場の表示。薄い踏み跡がありましたが、行きませんでした。でも水音は聞こえておりました。

2017091025

観音山コースを下山するつもりではありましたが、やはり滝入コースにトライしてみたくなってしまいました。かなり厳しいコースのようですが、果たして無事に下ることができるのでしょうか。

2017091026

七合目、六合目と緩やかな尾根を下りますが、ここまではそれほどの道ではありません。
ここで右に曲がります。その先は昔は上大月へ向かうコースなどがあったようですが、今は廃道になっているようです。

2017091027

再び厳しい鎖場などの下りを頑張ります。五合目を通過。

2017091028

さらに下っていくと沢に出ます。冷たい水で顔を洗って一息。
そこからの下りがまた一苦労。

2017091029

しばらく下ると谷の見える場所に出ましたが、まだ下りは長そうだなと思います。
しかし、この先が本当に辛い道。道は比較的分かるのですが、草が生えていて石ころが隠されていて、道は悪いし、足元は滑るし、下りは急だし、沢沿いで湿気が多く蒸し暑いし、ひどい道が続きました。

2017091030

やっとのことで大滝を左に見ました。全体は見えないみたいです。

2017091031

滝下で沢を渡ると二合目の表示。しかし、この先の下りが一番酷かった。やはりこの道は下山路には向いてませんね。

2017091032

簡単な渡渉を過ぎてようやくまともな道になり、歩いていくと今朝の水無コースとの分岐について、ひとまずホッとしました。

2017091033

登山口に出て後はのんびりと下っていきます。
やはり雲が多くなってしまいましたね。

2017091034

途中にあった南五十沢神社という神社で、無事に下山できたことの報告を兼ねてお詣りをしました。

2017091035

今朝降りた五十沢中学校バス停に戻りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

金城山へ

10日は金城山へ。

2017091001

時間に余裕を持ちたいと朝一番のバスに乗り、五十沢中学校バス停で下車します。

2017091002

今日もいい天気、そんなに高くはないけど、結構きつそうに思えます。

2017091003

しばらく歩いて登山口。数年前の豪雨被害で一部コースが通れない旨が書かれています。

2017091004

しばらく歩くと滝入コースとの分岐。水無コースは自分の登山地図には下山禁止の表示があるので、水無コースを登ることにします。

2017091005

マイナーコースで、歩く人は少なそうですが、刈り払いがされている感じでした。

2017091006

小さな沢を数回渡渉して進むと、急登に変わります。さすがにこの時期、まだ朝から暑かったですが、なんとか登っていくと二合目。

2017091007

ちょっと日当たりの良い尾根になったりして、直射日光は暑さが辛い感じ。しばらく登っていると、なんと刈り払いをしている方に遭遇。地元の方らしく、あまり人も来ないこんなコースを整備されているとは頭が下がります。八合目を過ぎると登山道整備が追いつかず、藪っぽくなっていますよと教えられました。

2017091008

ひたすら登らなくてはなりません。ロープが付いていたりしますが、ロープのない急登の所の方がちょっと怖い感じ。登りだとなんとかですが、下りだと確かに厳しそうです。

2017091009

樹林帯に入ると涼しくなってちょっと登りやすくなります。五合目は岩場にありました。

2017091010

どんどん登っていくとリンドウがスタンバイ中でした。

2017091011

だいぶ登ると六日町の平野を見ることができました。

2017091012

再び鎖場、トラバース気味の岩場は濡れていて滑りやすく、登りだとここもなんとかですが、下りだとかなりきつそうですね。

2017091013

ひたすら登っていくとようやく遠望が。でも雲が多くなりました。

2017091016

おじさんに言われた通り、八合目から先は藪っぽくなります。でも、道は明瞭。最高点らしき所に出ると、道がよく分からなくなりますが、おじさんに教えられた通り、右に行くと踏み跡が続いていました。

2017091017

緩やかな道を進むと避難小屋に出ました。はずせそうだけど、入口には木の板が。

2017091018

さらに進むと岩場を通り、やがて山頂に着きました。そこには木製の標柱がありましたが、書かれている字はほとんど読めなくなっていました。

2017091019

山頂は岩場で、転落しないように気を付ける必要がありました。

その二に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高倉山へ

9/9は久しぶりに越後の山へ。

2017090901

バスに間に合わせるために高崎から新幹線に乗り、六日町へ。野中行きのバスを小川入口で下車しました。

2017090902

まだまだ夏が残っていて、暑い中を登ります。途中、道を誤りそうになりましたが、なんとか登山口手前の堰堤。

2017090903

登山道の表示があるけど、藪道じゃないですか。

2017090904

藪だらけの中の踏み跡を探しながら進みましたが、やっぱり藪。この先が道だなんて、普通思いませんよね。(^^;

2017090905

沢に出たのですが、その先の道が分からず、右往左往。登ったり、下ったり、藪に入ってみたりしてみましたが、見つけられませんでした。こういう時はひとまず戻って、堰堤近くまで戻って出直してみます。

2017090906

でも、やっぱり出た所は先程の沢。仕方ない、これでだめなら戻ろうとダメ元で沢をしばらく登ると、ペンキ印。その先に登山道の表示が藪に隠れそうになっていましたが、発見!

2017090907

そこからは細いですが、登山道が続いていました。ホツツジがわずかに咲いていました。

2017090908

ひたすらの登りで五合目。

2017090909

コブコブのブナはこの時期は分かりにくいです。

2017090910

ようやく明るい所に出ましたが、日差しが厳しいこと。暑いけど、焼けるのが嫌で長袖シャツで歩きました。

2017090911

歩いていくとめおと松の表示。でもこの時期はよく分かりません。

2017090912

人の声が聞こえ、山頂に着くと予想外に大勢の人。埼玉のグループの方達だそうです。
山頂は360度の大展望。夏場なので、遠望は難しかったですが、八海山、中ノ岳、巻機山などの山々を眺めることができました。

2017090913

こちらは十字峡方面の山々。

2017090914

往路を戻ります。途中からは山頂に立っている人が見えました。

2017090915

ひたすら下って、沢に戻った所。ほとんど藪しか写ってませんね。

2017090916

登山口に戻ってホッとしました。やはり夏に登る山じゃないなぁ。

2017090917

のんびりと道路を歩いて戻ります。途中のお寺には太郎兵衛の石仏。江戸時代末期にいた太郎兵衛という石工による石仏だそうで、3千点もの作品を残したそうです。

再び小川入口に出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーカンの巻機山 その2

その1からの続きです。

2015071135

みなさん3時頃から起きだしてご来光を見に行ってましたが、自分は寝てました。
見に行った人達が帰るころ、ようやく出発。山頂の表示のあるところからは良い眺め。

2015071111

たぶんここが巻機山の本峰と思われる場所。

2015071112

雲上の楽園を牛ヶ岳に向います。

2015071113

途中にはニッコウキスゲがきれいに咲いていました。

2015071133

途中は笹がかぶるところもありましたが、牛ヶ岳の山頂。三角点は隠れ気味でした。

2015071134

山々の眺めはいいものですね。

2015071114

のんびり同じ道を下ります。

2015071115

途中の右手はきれいな森。

2015071116

やっぱり早く下ってしまいました。

2015071117

駐車場のあたりには石碑が並んでいました。

2015071118

清水へ下りました。途中で車に乗らないかと誘われましたが、のんびり帰りたかったので断って歩いて下りました。バスまでかなりの時間があったので、上田屋さんに入ってお蕎麦を食べます。山菜だらけそば一品のみらしく、お蕎麦やってますか?と聞くとやってますよ、ということで注文になってました。(笑)
ビールも頼み、水に飢えた体に染み渡りました。山菜は軽く油で炒めた感じですが、味があって美味。たっぷり入っていてつまみにもなりました。

清水バス停でバス待ちは直射日光暑すぎです。公衆トイレがあり、その前にベンチもありますが、アスファルトの反射がきついので、すぐ先にある神社の石段で休みました。

2015071119

神社の境内からは巻機山を望むことができました。下から眺めるのもまたいいですね。

バスで六日町に出ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピーカンの巻機山

相変わらず遅れ気味ですが、先週の土日は久しぶりに百名山ハンターになりすまし、
巻機山に行ってきました。

2015071101

塩沢駅からタクシーで桜坂へ。5千円をちょっと越えてしまいました。
でも10時過ぎに歩き出せました。

2015071102

ちょっぴりきついですが、どんどん登っていきます。六合目からはヌクビ沢が見えますが、登っている人達が見えました。上に見えるのは割引岳。

2015071103

前巻機の登りはきつかったです。手前まで来るとお花畑があり、これはウラジロヨウラクでしょうか。

2015071104

コバイケイソウの向こうに見えるのは、谷川連峰。天気が良いと気持ちよい眺めですね。

2015071105

日差しが暑すぎの前巻機。ニセ巻機の名もあり、道標はそれになっていますね。

2015071106

予想外に早く、13時に避難小屋に着いてしまいました。ということでサブザックで山頂へ。
以前のガイドに御機屋とある場所に山頂の表示がありました。

2015071107

割引岳に向います。すぐに雪渓の登りがあり、ストックを持っていなかったので、ちょっと難儀しました。

2015071108

割引岳の山頂には石祠がありました。帰りは雪渓で滑ってしまい、お尻のあたりを泥で汚してしまいました。(T_T)

2015071110

再び山頂表示のある場所に戻りましたが、せっかくなので本峰へ。やはり山頂付近の池塘はいいものですね。

この日は避難小屋に泊まりました。かなりの人で小屋はいっぱいになりました。
水場は雪で埋まっていて使えず、あまりきれいではありませんが、雪渓の雪解け水を使うしかありません。
仕方ないので、煮沸して使用しましたが、できるだけ飲まないようにしました。
こんなことなら、もっと水を持ち上げればよかったです。

その2に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒沢岳

銀山平に宿泊した次の日は荒沢岳へ。

2014091421

今回はホームページの方(http://ribble.la.coocan.jp/)でお楽しみください。

記事へのリンクはこちら。
http://ribble.la.coocan.jp/echigo/echigo20140914.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清津峡から大峰

25日(土)は越後湯沢へ。

2012082501

久しぶりの朝3時起き。隣駅の始発に乗って各駅停車を乗り継ぎ、越後湯沢へ。越後湯沢駅から浅貝方面行きのバスに乗り、八木沢口で下車しました。他にもトレッキングらしい方が数人下車しました。

2012082502

道路を少し歩いて右に曲がる所には案内板がありましたが、その先はなくて、前の人に付いていったら川に出ちゃいました。水に手を付けてみたら、そこはやはり東京付近とは違って冷たさが感じられました。

2012082503

戻ってしばらく進み、駐車場の手前から右手に入るとトレッキングコースが始まります。少し涼しい杉木立の中を進んでいきます。

2012082504

やがてブナの林になります。少し進むと大峰の源水がしっかり出ていました。自分にはちょっと変わった味に思えましたが、冷たい水でした。

2012082505

沢沿いのコースを歩いていきます。たまにはへつりみたいな所もあったりします。草などが邪魔していたりするので、渓谷美を堪能という感じとはちょっと違いました。

2012082506

やっぱりブナの森はいいものですね。

2012082507

分岐に着きました。ここから右へ進むと栄太郎峠へ向かいますが、そのまま直進してハイキングコース終点の鹿飛橋まで行ってみます。

2012082508

途中、道が崩落して迂回路ができているのですが、これがかなり登らされます。その上、ちょっと歩きにくい所もあって、もうこのあたりも軽いハイキングコースとは言えない感じです。大きく下ってようやく鹿飛橋に着きました。

2012082509

橋はあまりに高く、遙か下を水が流れています。ちょっと高過ぎて面白みに欠けました。この先へいけばまた違うのかもしれませんが、この先は清津峡温泉まで7時間ぐらいかかるみたいですので、おいそれと歩ける登山道ではないようです。

2012082510

分岐まで戻って栄太郎峠に向かいます。やっぱり登りは暑いです。

2012082511

ブナ姫と書かれた案内板があり、そこには本当に大きなブナが鎮座していました。すらりとした感じを姫に例えたのでしょうか。

2012082512

沢を渡り返したりするので、少し涼めましたが、その先は朦朧とするような暑さ。途中でクールダウン休憩しました。さらに登ると、これまた気持ちの良いブナの林でした。

2012082513

頑張って登っていくとまた暑い日差しがあるところに栄太郎峠がありました。

2012082514

わずかに右へ行くと、飯士山などを草の間から眺められました。

2012082515

林道に出て、暑い日差しを浴びながら登っていきます。緩やかなんですけど、下が砂と砂利で柔らかくてとても登りにくい感じの所が続きます。へろへろ状態になりかけましたが、なんとか大峰。といっても本当の山頂と三角点は上の藪の中のようです。これはスキー場のゲレンデ前から。展望台まで行って眺めを楽しんで、下ることにしました。

2012082516

ゲレンデの中を下っていきました。レストランなどがある、このあたりまで来れば、もう観光客の世界でした。さらにしばらく下れば、ロープウェイ駅に出ます。片道をお願いすると800円でした。往復乗車券を修正液で修正した切符を渡されました。下りはあっという間の7分間。暑かったけど、山と渓谷を楽しんだひとときでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

丹後山から中ノ岳3

その2からの続きです。

2009092726

群馬側はまだガスっています。下の方にこの標高でも雪渓がまだ残っている所がやはりこのあたりの山だなと思わせてくれます。

2009092727

まだマツムシソウが咲き残っていました。

2009092728

日向山へ向かって急降下していきます。ちょっとガスっぽいですが、肉眼では黄色がきれいでした。

2009092730

ホソバコゴメグサでしょうか。まだ咲いていました。確かに下の方は結構蒸し暑かったのですが。

2009092731

黄葉はなかなかきれいです。

2009092732

お見事!って言いたくなりました。

2009092733

だいぶ下って生姜畑のあたりから振り返ります。

2009092734

千本松原。でも、だいぶ松は少なくなってますね。

2009092736

蒸し暑さがまだきついです。ようやく辿り着いた十字峡。もう通行止は解除されていましたが、右周りの道は工事中ということもあって、通行が難しいようです。かなり遠回りですが、左の道で野中へ向かうことになりました。

2009092737

途中で振り返ると、あの山から下ってきたんだなぁ、という実感が湧きました。

2009092738

野中のバス停にようやく着きます。30分ほど前のバスは国体のために運転休止と書かれていました。1時間30分ほど待ち。もうこの先へ歩くパワーはなく、休憩所で本を読んでバスが来るのを待ちました。

きつかったですが、やはり記憶に残る山になりました。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

丹後山から中ノ岳2

その1からの続きです。

2009092713

やっぱり朝もガスの中。今日も晴れてくれないのかな...。

2009092714 

雨具を付けて笹の中の道を歩いていくと、利根川水源の碑があります。ガスじゃ意味無いなぁ。

2009092715

だいぶ笹の繁茂した少しきつい登りで兎岳。自分と同じくらいのペースで歩いている人がいて、こんな天気じゃ速く歩くしかないねと苦笑します。

2009092716

あっ、ガスが薄くなってきたぞ!!!

2009092717

しかも結構紅葉してます。やっぱりいいなぁ。

2009092718

赤は今ひとつかな。

2009092719

まだ中ノ岳は遠いなぁ。

2009092720 

だいぶ近づいてきました。そんな時にアクシデント。なんと雨具を脱いだ時だと思うのですが、時計を落としてしまったことに気づきました。もうだいぶ登ってしまったので、今更戻る気にはなれず、がっかりでした。

2009092722

十字峡へ下る分岐を過ぎると、このあたりは赤色もきれいです。

2009092723

やっと中ノ岳の山頂。祠と小さな鳥居がありました。

2009092724

山頂付近からの眺めもいいものです。

2009092725

水蒸気が多いらしく遠望は効きませんでしたが、八海山はよく見えました。いつかは登りたいぞ。休んでいるとご夫婦らしき二人が登ってきます。5時間で下から登ってきたようです。なかなか早いですね。下りでも、日帰りの人にたくさん会いました。上で泊まるような人には一人も会わなかったです。

その3へ続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧