登山(越後)

粟ヶ岳へ 下山編

2024051738(サクラスミレ)

☆加茂市側へ下山

2024051721

 さて、名残りは惜しいが、下山にしよう。下るのもかなりの時間がかかるのである。山頂から右にも踏み跡のようなものがありそうに見える。堂ノ窪山などへ残雪期に歩く人がいるのかもしれない。加茂市への登山道は左へ降りればよいようだ。下りに入るとこちらもお花が多い。オオバキスミレとエチゴキジムシロだろうか。たくさん咲いていた。まだ登って来る人に結構会った。暑いせいか、手前のピークで休んでいる人達もいた。日当たりの良い道を緩やかに下っていく。

2024051722

 しばらく進むと小ピークに出る。石標のようなものが置かれていて、粟ヶ岳北峰という表示板があった。振り返ると粟ヶ岳の山頂は少し高くなっていた。

2024051723

 先に進むと少し先が分岐になっていて右に権ノ神岳という所への道が分かれていた。もちろんそんな道を歩くつもりはない。この道を下るだけでも大変なのである。左へ進んで下る。そこからは急な下りが始まる。ロープの付いたりしているところもある。どんどん下っていく。遠くに池が見えているが、あれが水源地の近くのダムで、あそこまで下るのであろう。

2024051724

 まだ相当な高さがあることが分かる。まだちらほらとオオバキスミレが咲いている。固まった群落も良いが、点々と咲くスミレも良いものである。こちらもイワカガミがやはり見られる。それにしても岩場にロープの付いた急降下が多い。なるほど、こちらを登るのは体力的にしんどそうだ。下りも辛いが、先日の和名倉山山行で鍛えたせいと荷物が随分軽いのでだいぶ下りやすい。やはりこちらにもカタクリやショウジョウバカマが咲いている所があった。

2024051725

 登り返しがあるが日差しもあってきつい。ようやく登った所に小屋があった。特に開けなかったが、こちらは使えそうな感じである。ベンチがあるが、暑いので水だけ飲んですぐに下り始める。

2024051726

 イワカガミを見ながら下っていくとあまりかからず水場の石標の所に着く。木にも案内板があり、水場4分と書かれているので行ってみる。細くて少し歩きにくい道だったが、しばらく進むとわずかに水が流れている所がある。そこにも先へ進むように表示があり、先に進むと岩から水の出ている水場だった。水場はちょろだが、パイプから出ている。手ですくって飲んでみるとなかなか美味しい。別に汲む必要はなく、あまり汲むと重くなるのでそんなに入れるつもりはなかったが、300mlくらい汲んでおいた。

2024051727

 元の道に戻って先に下る。あまり樹林がなく、少し暑い。こちらの道は三条市側の道よりも日向を歩く所が多い。そういう意味でも三条市側の登山道の方が歩きやすい感じがする。その上こんなに急な所が多く、岩場、ロープ場、梯子など、なかなかきつい下り、やっぱりガイドであまり紹介されないのも分かる気がした。

2024051728

 小ピークへまた登らされる。そこには6番の表示があった。山頂へは1h15、下りは1h05の表示がある。半分くらいは来たという感じだろうか。振り返るともう粟ヶ岳が高く、手前のヒュッテのあるピークも大きくなっていた。

2024051729

 さらにひたすら下る。ロープの付いた岩場もある。足場は多いのでそんなに難しくはなく、安全のためにロープを掴んで下る。それを下りきるとヤマツツジなどのお花が咲いていてきれいである。それにしてもまだ下まではかなり遠いようである。さらに下っていく。このあたりだったかその先だったか、鉄梯子が連続して出てきたりした。どんどん下って5番の表示を見て、さらに先に進むとベンチのある所があった。

2024051730

 日当たりが良すぎて休憩する気にならない。眺めを楽しみ、さらに先に進む。まだまだイワカガミが咲いていて楽しい。やはりこの山はイワカガミの山として記憶されそうだ。ひたすら下る。ベニバナツクバネウツギがあったが、こちらはまだ蕾が多かった。さらに下って4番の表示を見る。さらに先に行くとようやく樹林の中に入る。そこそこ大きなブナがあり、やはりわずかだがひんやりした感じがして気持ちよい。

2024051731

 しかしそれも長くは続かず、さらに下る。やっと2番の表示のある所に着く。ここにもベンチがあり、一人休んでいる人がいた。道が分かれているようだ。地図で確認すると右の方が普通らしい。

2024051732

 軽く水を飲んで右へ下る。だいぶ標高を落としたせいか、やはり少し暑い。急な道をひたすら下ると少し緩やかになり、眺めのある所に出る。振り返るともう手前のピークに隠れて粟ヶ岳は見えなくなっていた。さらに先に進む。また急降下で下ると急に池が見えた。そこへ向かってぐんぐん下り、やがて池の横に出た。そこには粟ヶ岳登山口1番の表示があった。

2024051733

 池横の道をしばらく進むとダムの堰堤となる。そこを進むと林道らしき道に出た。振り返ると池は快晴の天気と相まってなかなか良い雰囲気であった。

2024051734

林道を進むと右に曲がり、樹林の中をひたすら進む。だいぶ歩くとようやく道路になり、しばらく進むとキャンプ場らしき雰囲気の所に出た。右手には施設があり、先には広い駐車場、そこにバス停もあった。15時過ぎのバスを予定していたが、1時間20分ほどある。温泉まで歩いてしまうことにする。

2024051735

 広い道路を先へ歩く。途中のバス停がいくつあるか書かれているので、見ると温泉までは7つほどである。しかし、都会のバス停と違って、一つのバス停間の距離はかなりある。だいぶ歩いてようやく一つ目のバス停があった。振り返るともう粟ヶ岳が遠くなっていた。さらにひたすら歩いていく。田んぼや民家を見ながら歩き、一つずつバス停を数える。ひたすら歩いてやっと6つ目のバス停が出てくる。先の方に建物が見えてきた。ようやく美人の湯の大きな看板を見て、美人の湯に到着する。50分ほどの歩きとなり、バスを待つよりはやはり早かった。

2024051740

 暑い日のせいかお湯がわずかに熱めで長湯には向かないが、一台見送ったバスまでも一時間くらいだから、ちょうど良かったのかもしれない。露天風呂からは粟ヶ岳を見ることができて、つい数時間前にあの山頂にいたのだと思うとなかなか良い気分であった。

2024051737

 入口にバス停がある。地元の人が数人乗るようだ。やがてバスが来て乗り込む。途中でも乗ってきた人がいた。バスはだいぶ山間を走ってやがて広い所を走り、市街に入る。古そうなお店には雁木があり、やはり雪国だなと思う。駅で下車する。料金を聞くと200円であった。少し待って長岡駅行きの列車に乗る。二駅ほどの乗車だが、一駅進んだ所でしばらく停車する。何か問題があって運転計画を調整しているという。踏切で何かあったらしい。それでもしばらくで動き出した。弥彦線は本数が少なく、待ち時間が長いので多少遅れても何の問題もなかった。この日は燕三条駅の近くの宿泊である。燕三条駅で下車する。駅中には燕Wingというお店がある。地場産業で扱っている刃物や金属製品などが売られている。小さなスプーンが欲しかったので購入した。家で使ってみたら、とても使いやすくて良い買い物となった。宿に荷物を置いて町へ繰り出すが、あまりお店は多くはないようだ。近くの居酒屋さんで一杯やる。宿に戻るとさすがに疲れが出て、さっさと寝ることにした。

 

粟ヶ岳へ 登り編

2024051715(オオバキスミレ)

【 山 名 】粟ヶ岳
【 山 域 】新潟の山
【 日 時 】2024年5月18日(土)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】八木ヶ鼻温泉バス停8:00→8:30登山口→9:40五合目→10:307合目→11:25粟ヶ岳11:40→12:25ヒュッテ→12:40水場→13:502合目→14:05登山口→14:20水源地バス停→15:10美人の湯

☆粟ヶ岳へ

2024051701

 今回も新潟の山に行ってみる。先に小さな山に登って泊まり、次の日に大きな山を歩くのが普通だが、やはりできれば先に大きな山をこなして、次の日は小さな山に登って帰りたい。ということで夜行出発とした。久しぶりにバスタ新宿から夜行バスに乗る。早朝のドライブインに立ち寄ると寒いくらいである。放射冷却したのだろう。今日は良い天気になりそうだ。燕三条で下車する。やはり良い天気のようで快晴である。かなり暑くなるという天気予報が出ていた。

2024051702

 弥彦線に乗るのは初めてである。東三条駅は弥彦線の終点だった。下車して八木ヶ鼻温泉行きの一番バスに乗る。地元の人が一人、初めてバスに乗るというおばあさんが乗り方が分からないと聞かれる。東京土産を持っていたようなので、来たことのないこちらの知人に会いに行くのだろう。バスはのんびり走り、一人は下車していき、だいぶ乗った所でおばあさんは下車して乗客は自分一人となる。やがて山が近くなってきた。前に見えている大きな山が粟ヶ岳であろう。それにしても高い。標高は1300mに満たないが、登り始める高さが低いので標高差はかなりあるのである。新潟の山がきついのは標高差と距離が長い山が多い上に蒸し暑く、残雪が遅くまで残り、涼しい時期に入山が難しいからである。やっと八木ヶ鼻温泉に着いて下車する。

2024051703

 バスを降りてバス停の写真を撮っていたら運転手さんに山に登るの?と聞かれたので粟ヶ岳ですと答える。バス時間の紙を持って行った方が良いというので、加茂の方に下るんですと言うと、先日逆コースで降りてきた人がいたということだった。歩き出して先へ進む。粟ヶ岳登山口の表示があるのでそれに従って道を進む。緩やかな登り道で特にきつくはないが、もう日差しが少し暑い。道脇にはカキツバタがよく植えられていてきれいだった。いかにも静かな山間の集落だが、結構民家が多い。しばらく歩いていくと民家がなくなり、駐車場を右に見て、左の橋を渡る。いよいよ粟ヶ岳の麓に近づいてきた感がある。左に進んでから少し登りがきつくなって道路を歩いていくと駐車場がある。数台止められていて、奥にも数台の車が止まっていた。トイレがあるので立ち寄る。バイオトイレになっているようである。

2024051704

 少し先が登山口だった。車止めがあり、そこからはじゃり道である。ただ、しっかり整備された道であまりアップダウンもなく歩きやすい道が続く。左には沢がある。右には水路があり、結構な水量が流れていた。ベニバナツクバネウツギが咲いている。もう下ってくるランナーさんに会う。どれだけ早いんだろう。もう暑いのでTシャツ1枚になる。どうせ上に出ると日差しがあるのでTシャツでは歩けないであろう。先へ進み、しばらく歩くと林道が終わって登山道という感じの道になる。細い道で少しへつりっぽい感じ。小さな沢が流れ込んでいて触ると冷たかったので、少し顔に水をつけるとひんやりした。もう少し進むと鉄の橋を渡る。雪の時に重みで潰れないようにか、隙間だらけになっている橋で人が渡るには問題ないけど、なんとなく気分が良くない。それでも小さいのですぐに渡るとそこからはしっかりと登り道となる。

2024051705

 少し登って先へ進むと沢が左から来ていて、右が滝になっている。猿飛滝という案内標柱があった。

2024051706

 沢の中に鎖が付いているが、これは増水した時のためのものであろうか。飛んで渡って先へ進む。登っていくとやはり降りてくる人に時折会う。車でくれば夜明けから早朝の涼しい時間帯に登って早いうちに降りてくることができる。そういう登り方の方が正しいのかもしれない。樹林の中の比較的登りやすい道が続いた。途中には少し太い木がある。ブナの木という表示がある。やはり樹林の中は日差しが遮られて歩きやすい。3合目の表示あたりからは斜度が上がってきつくなった。

2024051707

ヤマツツジがちらほらと咲いている。まだ蕾もあった。やがてちょっとした岩場に出る。振り返ると眺めがあり、田んぼや民家などが見える。もうそこそこ登ってきている感じである。

2024051708

 さらに登っていく。やがて左に進むと薬師の水場という表示があり、立ち寄ろうと左へ行ってみる。少し進むと小さな沢があったが、水量が少なく、今一つでそのまま戻った。先へ登っていくとあまり太くはないが、ブナの森となる。なかなか良い雰囲気である。このあたりも下って来る人にときどき会った。ひたすら樹林の中を登っていく。

2024051709

 だいぶ登ると急にわずかな広場のあるところに出た。先に粟薬師奥の院があった。左には避難小屋があるが、屋根崩落のために立ち入り禁止と書かれていた。今は使えないようである。水を飲んで先へ進む。

2024051710

 比較的緩やかな感じの登り道を登っていると後ろからランナーさんや早い人が数人やってきたのでパスさせる。少し先で尾根に登り着いた。そこには三十二人滝という表示がある。下に滝があるらしいが、樹林で見ることはできないようだ。

2024051711

 さらに先へ登っていく。やはりきつい所も多い。どんどん登っていくと六合目の表示がある。そのあたりにはイワカガミが咲いていた。

2024051739

 左へ進むのかと行ってみるとそこは水場への道だったようで、小さな流れに出た。顔を洗うくらいなら問題ないが、ちょっと飲みたくなるような流れではないようである。さきほどの表示の所へ戻り、再び登っていく。足元にはイワカガミがたくさん咲いている。多数の花付きから言ってオオイワカガミであろう。

2024051712_20240521205301

 しばらく登るとやがて樹林を抜けて明るい所に出る。まだ山頂まではかなりあるようだ。暑いが日差しを避けるために長袖シャツを着込んだ。降りてくる人たちに会いながら、さらに登っていく。右手に見える雪を抱く山は守門岳であろう。まだきつい登りの所がある。ユキツバキと思われる花やタムシバだろうか咲いていた。

2024051713

 タムシバはこの暑さでもう終わりかけの感じだった。イワカガミは相変わらず多い。終わっているところもあったが、まだまだたくさん咲いていた。

2024051714

 七合目を過ぎて、やっと山頂が近くなってきた。道は右から左に登るらしい。八合目の表示を見る。先に進むと馬の背の岩場になる。風が吹きあがっていて涼しい。そんなに危険という感じでもなく、楽しい岩場の道である。それが終わると目の前の左に雪田が見えてくる。するとお花がたくさん咲いている。タムシバの先に見える守門岳もなかなか良い。足元にはオオバキスミレだろう、群落で咲いている。なんとカタクリ、ショウジョウバカマもちらほらとある。遅くまで雪田が残っていたのだろう。

2024051716

 ユキワリソウだろうか、可憐な花も咲いていた。

2024051717

 さらに登ると少し雪が横にあり、やはりカタクリが結構咲いてまだきれいだった。登っていると途中で抜いていった早いランナーさん系の女性がもう下っていくのに会った。

2024051718

 きつい所を登り切って左に曲がると山頂への登りだ。右手の斜面には残雪がまだそれなりに残っていた。遠くには名も知らない新潟の山々。しかし、山頂への道が見え、登っている人も見かけるが、かなり厳しそうだ。やがて登りになる。やはり厳しい登りである。登る人が多いせいか道が悪くなっていて、段差が大きい所が多々あり、左や右の横を登らなくてはいけない所が何か所かあった。かなりきつかったが、なんとか登っていく。途中で振り返るともう随分高い所まで登っていた。まだしばらく頑張るとやっと立っている表示板が見えてきて、山頂に登り着いた。

2024051719

 山頂は小広い。山頂からは遠くにも白い雪を抱く山が見える。飯豊連峰だろうか。脇の方では無線をやっている人がいた。山頂に座り込んで昼食にする。アゲハチョウが3~4匹高速で飛び回っていた。少し離れた所にも止まるので写真を撮ろうと思ったが、標準レンズではやはり無理であったし、少し近づこうとするとすぐ気づいて飛び去るのでやはり撮れなかった。少し風があるのであまり暑くはなかったが、日差しはそれなりにある。暑い夏ももうすぐという感じである。

2024051720

 山頂には黄色のお花が多かった。これはエチゴキジムシロだろうか。ゆっくりとパンを食べて水を飲んだ。

続く。

 

 

六万騎山へ

2024040751コシノコバイモ

【 山 名 】六万騎山
【 山 域 】新潟の山
【 日 時 】2024年4月7日(日)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】五日町駅12:35→13:00登山口→13:40六万騎山13:50→14:15登山口→14:45五日町駅

2024040731

☆六万騎山へ

 坂戸山の後は六万騎山を目指す。無人の五日町駅で下車する。他にも一人、登山者らしき人が下車した。その人は先に行き、自分はゆっくりと出発する。タクシーが一台待機していた。登山口まで少し距離があるのでタクシーを使う人がいるのであろう。

2024040732

 しばらく歩き、左に折れて踏切を渡る。それにしても暑い。日陰にいると長袖シャツが欲しくなるのだが、日差しを浴びると半袖でもよいなと思うくらいである。地元の人向けの電気店や営業していない飲み屋らしきお店は見かけるが、観光客が立ち寄るようなお店は見当たらない。やがて魚野川を大きな橋で渡る。高速らしき道路の下を通り、先に進むと六万騎山が見えてきた。信号を渡って先に行くと登山口に着く。車が何台も止まっていた。すぐ先に階段があり、それをまずは登る。すると左に社がある。雪がこいがまだされたままの社だが、お参りはできる。地蔵尊のお社らしい。

2024040733

 その横から登り始めるが、カタクリ、ユキワリソウなどお花がすごく咲いている。これは吃驚である。

2024040734

 スミレサイシンであろうか。普段の関東付近では会えないスミレであろう。

2024040735

 ユキワリソウも白、紫、ピンクと色とりどり。これはたまらず、足がなかなか進まない。キクザキイチゲももちろんあった。

2024040736

 ブルーのユキワリソウもよい感じである。

2024040737

 ナガハシスミレもたくさん咲いていた。

2024040738

 ようやく少しずつ登るが、意外にきつい登り、何度か折れて登るとカタクリがすごい。

2024040739

 斜面にカタクリがびっしりと咲いている。まさにカタクリのカーペット、これには言葉が出ないね。

2024040740

 少し上まですごかった。先へ登っていくとやはり暑い。そのせいかカタクリももう終わりに近い感じになっていたが、まだまだ道脇には咲いていた。ひたすら上を目指して登る。坂戸山もそうだったが、小さくてもきつい山が多い。疑似木段の登りを頑張るとやっと少し平な所に出る。そのあたりもカタクリがひたすら咲いている。進むとまた左に入れる所があり、そのあたりも斜面にカタクリがたくさんだ。この山には一体どれくらいのカタクリが咲いているのだろうか。

2024040741

 さらに登るとまた少し平な所が左にある。行ってみるといかにも里山だなという感じ、足元にはやはりカタクリだらけである。少し尾根のような所を進むようになってもやはり両脇はカタクリ、先に進んで左に小さなピークがあり、平和の鐘と書かれた小さな鐘が据え付けられていた。

2024040742

 山頂へ向かう道もカタクリ、緩やかに進んで登ると山頂に着く。数人が休んでいた。チョウジザクラだろうか、わずかだが咲いていた。先に見えるのはさきほど登った坂戸山、左手は金城山、巻機山はちょっと枝に邪魔されていた。お茶を飲んでしばし休憩。

2024040743

 先の山にも興味はあるけれど、もうこの時間では行くのは難しい。また今度、機会があれば、この山の奥の山を目指してきても良いなと思う。山頂からわずかに下るとまたカタクリがたくさんである。わずかに先に進んで登ってみるとそこから急な下りになっていて、その先はあまりカタクリがなさそうに見えた。戻って分岐から下りに入る。それでもやはりカタクリが多い。本当にこの山はカタクリだらけである。ツバキが咲いていたが、これはヤブツバキだろうか。

2024040744

 下っていくとカタクリがさすがに少し減ったなと思う所を通過する。すると今度はショウジョウバカマが咲いている。さらに下ると今度はイワウチワだ。

2024040745

しかも葉が大きいオオイワウチワである。最初はちらほらだったが、下ると結構咲いている。ロープの張られた向こうの斜面にはさらにたくさん咲いていた。

2024040746

 下っていくとまたカタクリがたくさん咲いている。それを見ながら下るともう開けた所に出て登山口に下り着いた。

2024040747

 登山口の右手には庚申塔や石仏などが並んでいた。近くにあったものを集めたのであろうか。雪が多い地方のせいか、だいぶ風化しているものが多かった。

2024040748

 のんびりと右に歩く。カタクリが一面に咲いていた場所を右上に見るとやはりピンク色に染まっていた。

2024040749

 さきほど登った登山口に出て、あとは往路を駅まで戻る。越後湯沢方面へ列車が走っていくのが見えた。次の列車まで待たされるようだ。駅に着くと40分くらい待ちのようであった。

2024040750

 越後湯沢駅に出て、入浴する時間はないかと蕎麦を食べる。しかし、改札に入ろうとして時間を見たら、時間を間違えて覚えていてまだ一時間くらいあった。なのでぽんしゅ館で入浴する。温まってお土産に新潟の柿の種を買い込んで列車に乗り、のんびりと帰宅した。

 

坂戸山へ 大城往復・下山編

2024040721(ブルーのキクザキイチゲ)

登り編からの続きです。

☆大城往復

2024040713

 さて、せっかくなので、少し先の大城を往復することにする。裏手から大城に向かうとやはり雪が残っているようだ。それでもだいぶ溶けていて、夏道が出ている所がほとんどである。雪解け水で少しぬかるんでいたり、水が流れている所もあった。それでも下って登り返すと小城と思われる平坦な所に着く。カタクリがちらほらと咲いている。小さな赤い鳥居のようなものが石にもたれかけるように置かれていた。進むと残雪が少し多くなって雪を踏みながら先に進む。しばらく登って大城に着く。まだまだ残雪豊富な山々を見ながら写真を撮った。

2024040714

 さて、坂戸山に戻るが、帰りの方が雪があるように思えた。少し下るとショウジョウバカマがたくさん咲いていた。やはり帰りは早い。小城を過ぎて少し滑りやすい下りをこなして登り返すと坂戸山に戻る。休もうかと思ったが、人がかなり多いので、そのまま下ることにした。

☆下山

2024040715

 雪を見て先に下る。少し下ると道が分かれている。桃ノ木平は左を示していて、そちらにわずかに入るとショウジョウバカマとカタクリが群れ咲いていた。

2024040716

 そのまま下ると樹林帯で面白くなさそうなので、分岐に戻って主水郭と書かれた方に進む。こちらはあまり人が歩いていないようだ。ショウジョウバカマがちらほらとある程度であまりお花はなかった。しばらく下っていくと広い場所に出た。そこを通過して先を下ると左に道が分かれていた。後で知ったが、主水郭はもう少し先だったらしい。残念である。

2024040717

 その道に入って下るとすぐに上から降りてきた道と合流する。そこからは城坂コースであろう。まだこのあたりは花が咲いていない。ちょっと時期が早かったようだ。花が多いコースのはずなんだけどと思いながら下る。

2024040718

 じぐざぐに下っていくとやがてアズマイチゲが咲いていた。下っていくとお花が多くなる。ちょこちょこと咲いていて固まって咲いている所もあって嬉しくなる。

2024040719

 登って来る人も多く、下って行く人もそれなりにいる。しばらく下るとカタクリがやはり咲いている。最初はちらほらだったが、下ればさらにたくさん咲いている。やはりこんなに咲くのかと思うくらいに道の両端にたくさん咲いていた。まさにカタクリロード、右の斜面にはびっしりと咲いている。やっぱり新潟の山はちょっと違うなと思わせてくれた。

2024040720

 どんどん下っていくとやがてカタクリは少なくなり、今度はキクザキイチゲがよく咲いている。ブルーのお花もあって良い感じである。一本杉と思われる大きな木があった。

2024040722

 そこからは緩やかな斜面を下っていく。しかし、その斜面は一面にキクザキイチゲがそこここに咲いている。

2024040723

 道のない所に足を踏み入れることはできないが、あたりには本当にたくさん咲いていた。でも、近くでないと写真には写らない。

2024040724

 やがて林道らしきものに出た。その林道を下っていく。カタクリ、キクザキイチゲ、樹林の中にもたくさん咲いている。すごい山である。

2024040725

 何度も曲がりながら下っていくと坂戸城跡の石標の立つ広い所に出る。左に曲がって案内板の所に行ってみる。石垣は修理されたものだが、一部は当時のものが残っているようである。左の石標の所へ行ってみるとここにもカタクリがたくさん咲き乱れていた。

2024040726

 キクザキイチゲは用水路の横にもたくさん咲いていた。

2024040727

 その先へ行くとそろそろお花は終わり、それでもまだちらほらは咲いている。家臣屋敷跡と石標のあるところを過ぎて、しばらく歩くと登山口に着く。左手に神社があり、立ち寄ってみる。鳥坂神社と書かれていた。良い山を歩けたことをお祈りする。

2024040728

 道路に出て、往路をのんびり戻る。城跡の内堀跡と書かれた案内板のある池には住宅地も近いのにハクチョウが佇んでいた。

2024040729

 駅の二階からは坂戸山をよく見ることができた。ベンチがあるので、昼食にした。予定の列車には十分に間に合うことができた。

2024040730

 やはり良い山であった。

 

坂戸山へ 登り編

2024040708(イワナシ)

【 山 名 】坂戸山
【 山 域 】新潟の山
【 日 時 】2024年4月7日(日)
【 天 候 】晴れ
【 ルート 】六日町駅8:40→8:55薬師尾根登山口→10:00坂戸山10:05→10:15大城10:20→10:30坂戸山→城坂コース→11:40登山口→11:55六日町駅

☆坂戸山へ

2024040701

 自分には新潟の山は遠い山である。やはり上越線の本数が少なく、早く行くには新幹線を使うしかないからお金もかかる。それでもたまには行ってみようと思った。特に春の時期はあまり訪れたことがない。やはり残雪が多いというイメージときつい山が多いということがなかなか足が向かない理由でもある。しかし、最近は温暖化で随分雪が少なくなって、駅近くの低山であればそれほどの雪はないようである。まだ登ったことのない坂戸山にまずは行くことにした。早朝、家を出ると雨が降っていた。

 新幹線に乗ったが、本庄早稲田駅で列車待ちをする。どうやら一本前に発車する列車に乗ってしまい、越後湯沢に着くのは逆に遅くなる列車らしい。座席ががらがらに近いので、こんなに乗らないのかなと思っていたが、これは各駅停車タイプの途中駅で降りる人が使う列車だからのようである。調べると乗ろうと思っていた列車の次の列車に乗ることになるが、六日町駅に着く時間は15分くらいしか変わらないのでホッとした。相変わらずのポカである。

2024040702

 越後湯沢駅で列車に乗り継ぐがほくほく線経由の列車で乗客は少ない。六日町駅まではJRなので特に問題はないし、途中は快速運転なので、六日町駅は二駅目であった。もちろん降りる人はほとんどいないようだった。しっかり晴れている。

2024040704

 駅前から歩き出す。少しお店や家が減った印象がある。やはりコロナの影響がまだ残っているようである。しばらく歩いていくと大きな橋で魚野川を渡る。雪解け水かかなり水量があって流れが早かった。突き当りを左に折れて少し進むとすぐに右に道があるのでそれに入る。住宅地を進み、左に折れてさらに右に折れる。左右に池らしきものを見て先に進むと案内板があり、さらに進んで右に登山口があった。

2024040706

 のっけからカタクリがちらほらと咲いている。登山口にはたくさんの二十三夜塔や庚申塔が立っている。キクザキイチゲもあったが、つぼんでいた。石段を登ると薬師堂があったのでお参りしておく。その横から木段でしばらくきつい登りで登る。すぐに広い登りになる。あたりは土などが流されないように養生しているらしく、黒い布のようなものがある所が道のようだ。それを登っていくとカタクリが結構咲いていた。写真を撮ってしばらく登ると一旦緩くなった所に出る。右手に小さな鳥居と石祠があり、安全を祈っておく。

2024040705

 先に進んで登るとカタクリが本当に群れ咲いている。久しぶりにこんなに群れ咲いているのを見て吃驚するが、後から登ってくる地元の人と思われる人たちはちらりと目をやる程度でさっさと登っていくのにも吃驚だった。こちらの山では、このくらいでも当たり前なのであろうか。軽くロープで囲われているが、先端まで行って一人でハイな気分になって写真を撮りまくった。

2024040707

 少し登ってもまだたくさん咲いている。やはり良い山である。木段の登りとなってきつい登りを登っていく。それにしても暑い。こちらの山なのでまだ冬用シャツに冬用ズボンで来たのだが、もう春・夏物のシャツとズボンでも問題ない感じである。汗をかきながらきつい木段をひたすら登る。途中にはイワウチワがたくさん咲いていた。やっぱり花の山だなと思いながら登る。それにしても地元の人は早い。どんどん追い抜かれた。もう下ってくる人もかなり会う。ほとんどは軽装で、軽く運動という感じであろうか。それにしても木段の登りは長い。まだまだ登らされそうで、日差しもきつい。もうGWだろうかと思うくらいの暑さである。だいぶ登った所でひと段落。そこからは残雪の山々を眺められた。

2024040709

 さらに先に進み、登っていく。まだまだ登りはきつい。先に山頂への道が見えてきたが、かなり登らなくてはいけないようだ。ランナーさんが抜いていった。途中にはわずかに残雪が残っていたので、手に握って少しおでこにつけると冷たくて気持ちよかった。振り返ると街並みやまだ残雪豊富な山々がいかにも新潟の山らしく、良い雰囲気だった。

2024040710

 さらに進むと鉄の梯子が出てきて登らされる。このあたり降りてくる人たちによく会う。もうしばらく登るとやっと小広い山頂に着いた。すぐ上が神社になっていて、そこが実際の山頂である。

2024040711

 神社にお参りするのは後にして、まずは裏手からの雪山の眺めを楽しむ。左手は八海山、奥は中ノ岳や越後駒ヶ岳など、右手は金城山だろうか。まだ八海山は登ったことがないので、いつかは行かないといけないな。

2024040712

 戻って神社に行く。富士権現社らしい。お参りしておく。

続く。

桝形山

9/10は、こんな山へ行ったことのある人は滅多にいなさそうな長岡の里山、桝形山へ。
ちなみに車ならば山頂直下まで車で入れるので、ほとんど登る必要がない山でもあります。

2022091001

長岡駅からの信越本線を越後岩塚駅で下車。

2022091002

川を渡ります。

2022091003

左手に見えるのがおそらく桝形山。

2022091004

飯塚八幡神社でお参り。その先の林道八幡峠線に入ります。

2022091005

林道八幡峠線を歩いていくと伝説あま池と書かれていますが、ヤブだらけで池なんてどこにも見えません。

2022091006

林道を歩いていると左手にちらりとこんもりした所がありましたが、あれが桝形山かな。

2022091007

さらに進んでいくと石清水不動様。石仏の下から水がちょろちょろと流れ出ていました。

2022091008

もう少し歩くと登山道入口。

2022091009

歩く人は少なさそうな草の生えた道を進みます。

2022091010

石仏の並んでいる所に出ました。直進しそうになったけど、それは桝形山には行かなさそうなので、地形図の尾根通り、西に進みます。

2022091011

しばらくのらりくらりと尾根を進むと階段があり、登ってみたら、休憩舎がある場所。ここは後で知りますが、出郭で城跡の一角。

2022091012

急な木段で登ると桝形山の山頂。畑や街並みなどを眺められました。

2022091013

二等三角点が置かれていました。299.6mの点名飯塚。ここは桝形城址で、戦国時代のお城があった場所です。

2022091014

向こうに見える山はどこの山だろう。土地勘がないので、全然分かりません。妙高とかなのかな。

2022091015

芝生になっている感じ。奥に休憩舎があったので、そこで休みました。

2022091016

桝形山神社もありました。

2022091017

下りはごく普通の林道コースを下ることにします。山頂からわずかに下ると広場。使われているのか分かりませんが、キャンプ場になっているみたいです。このあたりは二の郭。

2022091018

道路に降りると案内板がありました。

2022091019

林道を延々と下っていきます。だいぶ下るとめし塚公園と表示のある所。ちょっと草が生えていましたが、入ると石碑などが置かれていました。

2022091020

降りていき、飯塚のバス停まで来ると、なんと長岡行きのバスにぴったりの時間。列車で帰るつもりでしたが、せっかくなのでバスで長岡駅に出ました。

 

鋸山(長岡)へ

22日は鋸山へ。

2022052201

バスでこの山にアプローチするような人は滅多にいないと思いますけど、昨日はタクシー往復でお金を使ったので、節約します。長岡駅からバスで終点の栖吉バス停まで乗りました。山に行くにはちょっと遅い時間だけど仕方がないです。雨のちくもりの天気予報で早朝は雨でしたが、朝はもう降っていませんでした。

2022052202

道路をひたすら歩きます。途中には萱峠コースという入口がありました。

2022052203

さらにしばらく道路を登ってようやく花立峠登山口。大きな駐車場があり、たくさんの車が止まっていました。人気の山なんだなぁ。

2022052204

山に入るとすぐに天狗清水。たっぷりの水が出ていて、美味しい水でした。

2022052205

花立峠に向かう道はいかにも峠道っぽくて良い感じ。

2022052206

しばらく登った所で左に入ると烏滝。観瀑台から見る滝はそれほど大きな滝ではなかったです。

2022052207

すでに結構きついなと思ってましたが、まだ三合目の表示を見てがっくり。

2022052208

登っていくと少し天気が良くなったようです。

2022052209

ニョイスミレがたくさん。

2022052210

じぐざぐの登りをひたすら頑張ります。昨日の歩きもあって足が重くてきついです。

2022052211

サンカヨウの咲き残りに会えました。サンカヨウに会えたのは久しぶり。

2022052212

今日もオオバキスミレに会えました。

2022052213

ひたすら登って花立峠。もうお昼なので昼食にしました。

2022052214

山頂へ向かう道もなかなか歩きにくいアップダウンのある道。オオイワカガミがやはりちらほら。

2022052215

やっとのことで鋸山の山頂。大きな石祠がありました。

2022052216

市街は明るく、晴れているのかな。

2022052217

往路を戻ります。ブナなどもある気持ちの良い下り。

2022052218

花立峠付近まで戻ると日差しが出て晴れてきたようです。

2022052219

ベニバナツクバネウツギはやはりよく咲いていました。

2022052220

午後になっても結構人が登って来る山ですね。天狗清水でたっぷりと水を飲み、ペットボトルにも入れて持ち帰りました。

2022052221

林道を下っていきますが、途中、右手に風谷山登山口という表示がありました。小さな山があるようですね。

2022052222

集落まで戻ると石碑。このあたりの開墾を代官に直訴した翁の石碑のようでした。

2022052223

栖吉バス停まで戻り、なんとか14時後半のバスに間に合いました。駅まで自分以外には誰一人乗らず、この路線、大丈夫かなと思いました。

 

上権現堂山へ

下権現堂山からの続きです。

2022052131

山頂から先にはオオイワウチワがたくさん咲いていました。

2022052132

次から次へと足元に。東京近辺はなんで少ないのかなぁ。悪い人が多いせいなのかどうか。。。

2022052133

先に上権現堂山が見えてきますが、なかなかアップダウンもあって遠いな。

2022052135

だいぶ歩いて後ろを振り返るともう下権現堂山から離れてました。

2022052134

アズマシャクナゲを一つだけ見かけました。

2022052136

やっぱり稜線はタムシバだらけでした。

2022052137

ウラジロヨウラクがあったのには吃驚。

2022052138

ちょっと雪渓で迷ったりしたけど、なんとか山頂へ。鬼の穴へはヤブになっていて止めました。

2022052140

中子沢の方に下りたいなという気もしたけど、雪渓が残っていたのでやめました。少し先まで行くと形の良い山が見えましたが、唐松山かな。

2022052141

しばらく戻り、中越コースに入って少し下ると雪渓で道が分からない!もう少し戻って、もう一つの中越コースに入ることにしました。

2022052142

下権現堂山に近い方の中越コースの入口。こちらはそれなりに歩かれているようです。しかし、こちらもしばらく下った所で雪渓になり、そこから先がよく分からなくなりました。あまり気分良くないけど、谷に向かって下るとなんとか踏み跡を見つけました。谷の中も雪渓が残っていました。やはりこのコースは残雪期は難しいですね。

2022052143

やがて夏道が出ていて、高巻き道になり、右手方向に進むとブナの森。水が出ていて一口飲みました。

2022052144

久しぶりに放し飼いのキクザキイチゲの青。やっぱり会えると嬉しいお花。

2022052145

下部へ降りていくとピンクのベニバナツクバネウツギがたくさんありました。

2022052146

随分降りると戸隠神社と下り口の分岐。戸隠神社に向かってみたら、歩きにくい道でした。

2022052147

行きに通った道に合流する直前には杉の大木がありました。

2022052148

ということで問題なく戸隠神社に戻って終了。タクシーを呼びました。

2022052151

ということで、ナガハシスミレ軍団。

2022052152

カタクリ軍団。

2022052153

オオバキスミレ軍団。

2022052120

シハイスミレ軍団。真ん中は葉が立っているからマキノスミレとも言えそう。。。

やっぱりお花の山でした。

 

下権現堂山へ

5/21はちょっと天気が悪かったものの新潟の山へ。

2022052101

小出駅からタクシーで戸隠渓流公園まで乗りました。

2022052102

まずは石段を登って戸隠神社にお参り。

2022052103

境内にはシャクナゲが咲いていました。

2022052104

雨がポツポツ降りの中、登山口から登り始めます。やっぱり新潟の山は蒸し暑いなぁ。

2022052105

ツクバネウツギは好きなお花。どうもこの花の形が可愛いですよね。

2022052106

しばらく登ると業の秤。田んぼなどが眺められます。

2022052107

尾根をのんびり登っていきます。ヤマツツジがよく咲いていました。

2022052108

オオイワカガミが!

2022052109

ピンクの濃いのはやはり日本海側。ムラサキヤシオツツジですよね。

2022052110

だいぶ登った所で振り返ります。まだぱらぱら降る雨とどんより天気が残念な所。

2022052111

先へ進むと樹林帯になりますが、タムシバだらけ。

2022052112

少しブナの林も通ります。やっぱり少しひんやり。

2022052113

だいぶきつい登りを登らされたのち、左に行くと弥三郎清水。残念ながら涸れてました。

2022052114

岩場の登りはきついです。途中からは越後三山と右は八海山らしいです。越後三山はしっかり中ノ岳も見えてますね。あの山もきつかったなぁ...。

2022052115

ひたすら登ってようやく神湯という所への分岐。

2022052116

ということで下権現堂山に到着。一組だけ登山者が休んでいました。

2022052117

向こうに見えるのは守門岳らしいです。

ということでその他のお花。

2022052118

トキワイカリソウはやはり清楚なお花。

2022052119

ナガハシスミレは距が長すぎ。

続く。

 

当間山へ

9/5は新潟の当間山へ。

2020090501

越後湯沢駅から森宮野原行のバスに乗り、倉下入口で下車。もう11時ちょっと前ですが、帰りのバスを考えると持ち時間は約5時間です。
(最終バス乗車なら約7時間ありますが。)

2020090502

魚沼スカイラインをひたすら登ります。やっぱり越後の山は湿気が多く、蒸し暑いです。途中にはきれいな棚田を見ます。

2020090503

キツリフネやツリフネソウを見かけました。

2020090504

やっとの事で魚沼展望台。ちよっと黒い雲が多いですが、そのおかげで日差しが遮られたのが逆に有り難かったです。

2020090505

良い眺めでした。季節の良い時ならば、上越国境の山々もきれいに見えるのでしょうね。

2020090507

トイレ横の木段が当間山への登山口ですが、何も表示がありませんね。

2020090508

登山道に入るとしっかりとブナのある道。なかなか良い感じです。

2020090509

なかなかアップダウンのある道で猫石コースを分岐しますが、このあたりが最高点かな。

2020090511

先へ進むとやはりアップダウンがあります。でもブナも多し。

2020090512

三角点への分岐がありましたが、きついので後で立ち寄ることにして、こんな所で昼食にしてしまいました。

2020090513

うーん、やっぱりブナの多い山ですね。とっても良い雰囲気です。

2020090514

分岐があり、市ノ越という所への踏み跡がありましたが、通行止めのようです。

2020090515

その先に下ると曲がりブナ。山親父と呼ばれるブナでした。

2020090516

展望台に出るとなんと若い女性の二人組が休んでいるではありませんか。人に会うとは思わなかったので吃驚。展望図があり、米山や刈羽黒姫山などが見えるらしいですが、地理感もなく、霞んでいる状況では、どこの山か全く自分には分かりませんでした。

2020090517

しばらく下って先へ進むと一本杉。

2020090518

さらに下っていくとなかなか良い感じのブナ林。紅葉の頃が良さそうですが、クマが出没するらしいですよ。

2020090519

さらに下るとブナ回廊の分岐がありますが、残念ながら現在は通行止のようです。
きっと去年の台風の影響なのでしょうね。

2020090520

そのまま先へ進んでひぐらしの道の分岐。こちらは歩けるようなのでそちらに入りました。

2020090521

やっぱり良いブナの森でした。けど、踏み跡が薄い所があるので少し気を付けて下さいね。

2020090522

下っていくと標柱のある分岐。左右に道が通っていますが、左の道を取ります。

2020090523

さきほどの道の続きに出ました。ブナ回廊の入口で小さな鐘がありました。クマ避けに鳴らすように書かれていました。
自分は鳴らさなかったですが。自分の設定した戻り時間13時30分近くになりましたので、ここから登り返します。

2020090524

行きも通ったのですが、ブナ清水というのはここでしょう。今は涸れていて、雪解けの頃しか流れていないものと思われました。

2020090525

登り返しているとさきほどの女性二人に会いました。下の登山口からの往復なのでしょうね。
一本杉までの登りは蒸し暑く、ちょっと辛い登りでした。

2020090526

やっとのことで見晴台に戻ってきました。もう誰もいませんね。

2020090527

ひたすら頑張り、再び山親父を見た頃に雷が鳴りだしました。なんとか分岐から右に進んで当間山三角点。
飯士山と思われる山がちらりと見えたくらいでした。

2020090528

帰りは猫石コースを戻りましたが、辛い登りでした。さらに頑張り、魚沼展望台に出ますが、もう立ち寄る余裕もありませんでした。
バス時間も気になるし、雷に脅かされながら、遮るものの無い魚沼スカイラインを必死で下りました。
それでも雨に降られることもなく、倉下入口のバス停に戻ります。

2020090529

バスまで15分という時間。なんとか間に合いました。

 

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本