地名・山名の考察

惣岳山青渭神社の読み方

先日、山の神と勘違いした、惣岳山の水場。

2014022213

真名井天神の水場とされ、青渭神社とも関係がありそうです。
で、水場とは関係ありませんが、ふと気になった「青渭」の読み方。
一般的なガイドなどでは「あおい」となっています。

ハイキングペンクラブ「奥武蔵」をぺらぺら見ていたら、
惣岳山青渭神社の「青渭」に「あおぬま」とふりがなが振られていました。

2013022304
(2013年2月撮影)

気になって調べてみたところ、
岩根常太郎さん「奥多摩渓谷」の奥多摩地名発音表にも「あおぬま」となっていました。
鉄道省山岳部編「日本山岳案内Ⅱ 奥多摩の山々 甲武相国境の山々 奥武蔵の山々」でもやはり「あおぬま」になっています。
残念ながら宮内敏雄さん「奥多摩」(復刻本)ではふりがなが振られていませんでした。

おそらく「あおい」とするものは稲城市の青沼や調布市にある神社と同じ漢字のため、呼び方も同じと考えられたからではないかと思われます。

まあ、地名などは時代によって変わるので、一概には言えませんが、こうして戦前の古書を見てみると、「あおぬまじんじゃ」の方が正しそうに思われました。

地名や山名は読み方が難しいものが多いから、なかなか探るのも楽しいものですね。

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ