登山(中部)

富士山五合目から精進湖へ

奥庭からお中道の続きです。

2021072519

五合目駐車場へ降りていくと大きな看板があって、そこから精進湖登山道が始まっていました。

2021072520

以前は登山バスが走っていたという道のようですが、今はそんな雰囲気ではありません。
でも、少し昔の舗装の跡っぽいものが残っていたりしました。
この道もよくシャクナゲが咲いていました。

2021072521

降りていくとさすがに少し湿気もあって蒸し暑くなってきました。
まだ少し肌寒いけれど長袖シャツを脱いで半袖で下ります。

2021072522

だいぶ下ると樹林が変わった感じ。カラマツ特別母樹林の表示があり、原生林なのですね。

2021072523

だいぶ下って三合目の広い場所。
ずっと樹林の中だったので、休み場所としてはちょうどいいけれど、日差しも出てきて少し暑め。

2021072524

ときおり人に会って下っていくと三合目のバス停がありました。
ここから帰るつもりでしたが、まだ11時30分前。ええい、下ってしまえと先に進みます。

2021072525

道は続いているものの、やはり歩く人は少な目の雰囲気です。

2021072526

だいぶ下ってSYO09の標識の所で道路を横断。

2021072527

その先が笹も増えてかなり心細くなる道。
途中ではブフォっとか、猪か何かの低い鳴き声も聞こえて、焦りながら超ハイスピードで進みます。
ここは鈴とか、鳴り物があった方がよいかと。それに道も怪しい感じで、これで良いのかなと心配になるところもありました。
写真のあたりまで来ると道もしっかりして少しホッとした所。

2021072528

やっとSYO10の標識があれば、そこが天神峠。あまり峠とは思えない場所。
休んでいる人がいました。

2021072529

SYO11の標識の所にも人がいました。長尾山にでも登ったのかな。
先へ行くとしばらくでSYO13の標識。

2021072530

その先がひたすら長い樹林の中の道。どこを歩いているのかさっぱり分からなくなります。
道はずっと続いているので迷うことはないものの、一人だと心細いです。その上天気まで曇って怪しい感じ。

2021072531

急に軽装で歩いている人達を見かけて吃驚。先へ行くと富士風穴の標識があったので立ち寄ることにしました。

2021072532

監視員さんがいました。中に入って出てこられなくなったりしたら大変ですからね。
入口だけ見て終了。

2021072533

分岐に戻って先へ行くと道路があって、そこに何台も車が駐車されていました。
なるほどそこに置いて風穴を見学しにいく人達がいるようですね。

渡って先へ進みます。

2021072534

これまたひたすら長い道が続きます。

2021072535

さすがにこの辺りまで来ると低山の雰囲気。かなり蒸し暑くなってきました。

2021072536

ひたすら暑い道を進むとやっとSYO16の標識。

2021072537

その先もまた長い長い道のり。樹林の中をひたすら歩きます。
舗装された道が出てきますが、それでもまだ樹林の中の道。途中には古い文字の書かれた石が置かれていました。

2021072538

SYO17の標識が出てきて、これで精進湖まであと10分ちょっとのはず!

2021072539

最後は道路に出て、登山口の標識がありました。
何台も車が止まっていたのは、入っている人がそれなりにいるようです。

2021072540

やっと精進湖。大学の頃に合宿で来た事がありましたが、それ以来かな。

2021072541

赤池バス停でしばらく待って、河口湖に戻りました。

ありゃ、ここに降りたら大月駅で買った「富士山五合目フリーきっぷ」使えないやん!(T_T)
帰りの河口湖からの電車は使えるので、数百円の損だから、まあいいかって感じでした。

 

奥庭からお中道

7/25は富士山へ。

2021072501

河口湖はいい天気だったのに、五合目行きのバスに乗って奥庭で下車するとありゃ、ガスってます。
長袖シャツでも寒くてウィンドブレーカーまで着込みました。

2021072502

まずは奥庭散歩へ。やはり高山の雰囲気。

2021072503

石畳を固めた感じの道で向かいます。

2021072504

シャクナゲが結構咲いていました。

2021072505

奥庭荘、立ち寄らなかったけど営業していました。

2021072506

少し先には鳥居。天狗岩は小さな岩でした。あたりにはシャクナゲがたくさん。

2021072508

奥庭を歩いてみましたが、展望台はもちろん真っ白で何も見えませんでした。

2021072507

コケモモが咲いてましたが少し咲いてから時間が経った感じ。

2021072509

奥庭の駐車場に戻ってからお中道に向かいます。
近くにはB、Cという二つのルートがあるみたいですが、Cルートにしました。

2021072510

最初は樹林帯をのんびり登っていきます。

2021072511

富士山と言えばイタドリ。雌雄両方たくさんありました。

2021072512

しばらく登ると大沢崩れへの道が分岐しますが、もう長いこと通行止め。
富士山の状況を考えれば、おそらく整備されることもないでしょう。

2021072513

さきへ進むとこのあたりが御庭かな。まだガスが。

2021072514

歩いているとやっぱりシャクナゲたっぷりです。このあたりは少し遅かった雰囲気。

2021072515

途中には休憩舎がありますが、この状況では休みたくないなぁ。

2021072516

ガスが上がってきているところは荒涼とした雰囲気。
さすがにウィンドブレーカーは脱いだものの、ガスの中はやっぱり肌寒いです。

2021072517

樹林帯に入るとやっぱりシャクナゲたくさんでした。

2021072518

急に人が多くなって、突然都会に飛び出したような雰囲気の五合目。せっかくなので富士山小御嶽神社に立ち寄ってお参りしました。

続く。

 

お花の霧ヶ峰へ(八島湿原へ編)

車山編からの続きです。

2020081512

おっと山頂付近にはイブキジャコウソウ。

2020081511

直接、車山乗越に降りる道はもう以前から通行止。そのあたりからの霧ヶ峰の良い眺め。
いったん、右にリフト沿いに下り、それから車山乗越に向かって登り返します。

2020081514_20200825193501

日照りかんかんできついですが、風が爽やかなので、そんなに苦痛というほどではありません。

2020081513_20200825193501

コウリンカを所々見かけました。

2020081515_20200825193501

いよいよ八島湿原に入るとアサマフウロ。やはり鹿柵の外にあったのはすべて無くなっていました。

2020081517

湿原付近はお花、お花、お花。アサマフウロ、ハクサンフウロなどが咲き乱れています。

2020081516

オミナエシ。

2020081519

タチフウロもありました!

2020081518

エゾカワラナデシコ。この付近はお花の名前が書かれている案内板が多くて有り難いです。

2020081520

アカバナシモツケたくさん!

2020081521

フシグロセンノウも汚れていなくてきれい。

2020081523

ヒメトラノオと表示がありました。

2020081526

ワレモコウは地味です。

2020081527

アキカラマツ。

2020081524

湿原と言えば、ヤナギランですね。

2020081522

ハクサンフウロ咲きまくり。

2020081528

ヨツバヒヨドリにアサギマダラが。

2020081529

湿原を出て、しばらく歩くと御射山ヒュッテ。

2020081530

少し先には御射山神社。

2020081532

しばらく歩き、沢渡からインターチェンジバス停に向かいます。

2020081533

車山からの道と合わさり、下る草原の中の道もお花がいっぱい。最後はマルバダケブキの向こうに八ヶ岳を見て終了。

2020081534

四時過ぎのバスまで時間があったのでソフトクリームを食べて待ちました。

 

お花の霧ヶ峰へ(車山編)

8/15は霧ヶ峰へ。

2020081501

上諏訪駅からバスに乗り、霧ヶ峰インターチェンジバス停で下車。青空の盛夏ですが、のっけから八ケ岳がきれいに見えていい雰囲気。やはり高原なので風が爽やかです。

2020081502

車山への道を歩きますが、以前よりもしっかりと鹿柵が整備されていました。そのおかげで花が増えたようです。
とにかくお花が多く、足が止まりまくり。なかなか進めません。コオニユリもたくさん。

2020081503

コバギボウシも結構見かけました。

2020081504

やはりマツムシソウがいい感じですね。

2020081505

車山に向かうと富士山がしっかり。

2020081506

ウメバチソウもありました。

2020081507

ウスユキソウはやはり咲いてから時間が経っている模様。

2020081508

以前と少し道が付け替えられて緩やかな登りになっていました。その代わり少し距離が伸びています。

2020081509

車山の山頂付近はやはり人が多かったのでマスクを付けました。八ヶ岳、富士山、南アルプスを一望できました。

2020081510

神社の鳥居越しの富士山も見られました。

続く。

 

武石峰、思い出の丘へ

8/17は美ヶ原へ。

2019081701

18きっぷを使って松本駅へ。最近は短い運行期間になってしまったけれどこの日は運転されていた、美ヶ原高原美術館行きに乗り、山本小屋バス停で下車。

2019081702

山本小屋に向かうとのっけからたくさんのハクサンフウロが迎えてくれます。

2019081703

タテヤマウツボグサでしょうか。

2019081704

小屋から先へ行くと広い風景。下は酷暑でしたが、風が涼しく、やはり高原はいいなぁと思います。

2019081705

久しぶりの美しの塔。たくさんの人でした。

2019081707

やっぱりハクサンフウロが雑草のようにたくさん咲いています。
最近は高山でハクサンフウロに会えなくなっているのは、やはりシカなどの食害が多いようです。

2019081706

牛さんがたくさん。右手の牛は塩なめ中みたいです。

2019081708

マツムシソウもちらほらと咲いていました。

2019081709

王ヶ頭に登ります。振り返ると素晴らしい風景。心休まりますね。遠くに見えるのは浅間山でしょう。

2019081710

ホテルに立ち寄ってから先へ。中央右に見えるのが美ヶ原自然保護センター、中央左奥が武石峰です。

2019081711

遊歩道をしばらく下っていくと道路に出て、さらに下ると美ヶ原自然保護センター。

2019081712

さて、先に進みます。自分の登山地図だと点線コースになっていたので心配していましたが、しっかりした道です。
今はどうやら美ヶ原ロングトレイルというコースになっているようです。

2019081713

少し美ヶ原から下がったので武石峰への登りはきつかったです。三角点と石仏のある山頂。

2019081714

山頂の先には上田方面の眺め。以前に登った山々も見えていたのでしょうね。

2019081715

大きく下って登って思い出の丘。もうだいぶ霞んでいましたが、眼下に松本方面の眺めを楽しむことができました。

2019081716

駐車場までは降りなかったですが、少し先までいくとヤナギラン自生地にはシカ避けのフェンスが。
残念ながらヤナギランは先日の台風で倒れていました。

2019081717

さて、時間がなければ駐車場に降りてバスに乗ることもできますが、時間があるので自然保護センターまで戻ることにしました。

2019081718

ウスユキソウはさすがに時間が経った感じ。

2019081719

カワラナデシコがいい感じでした。

2019081720

オニユリでしょうか。

2019081721

ということで自然保護センターまで戻りました。入ってみるとやはり美ヶ原もシカの食害があったそうな。
最近は少しシカが減ったらしいです。
外に出て売店で高原牛乳を頼んだら、やはり濃厚な味でした。

ここから美ヶ原高原直行バスに乗ります。
帰りのバスが遅い時間にあり、運行期間もなかなか長いのが便利。
ただ、行きのバスは東京からでは乗れず、前泊でないと無理みたいです。

松本駅に出て帰りました。

 

山彦谷南の耳、北の耳、ゼブラ山

夏と言えば霧ヶ峰。
もう何度も歩いて一通りの道は歩いてしまった感がありますが、何度歩いてもやはりいい山です。

2018082601

今回は車山高原バス停が歩き出し。
日差しが暑く、リフトにちょっと惹かれたものの、やっぱり登りましょう。

2018082602

だいぶ登らされて車山の山頂。さすがに観光客だらけ。でも、八ヶ岳も全部見えて、さらに富士山もしっかり見えました。絶景かな。

2018082603

山頂の車山神社でお祈り。なぜか鳥居の写真を撮っている人が多いなと思ったら、その向こうに富士山が見えていたからでした。

2018082604

直に下る道は随分前に閉鎖されてしまって、分岐まで戻り、さらに分岐を曲がって山彦谷へ。以前よりも歩く人が増えたようでした。

2018082605

急に下って登り返します。

2018082606

北の耳。

2018082607

今回は途中の分岐で曲がって大笹峰に行ってみました。一組だけ人がいましたが、静かなピークでした。

2018082608

さらに歩いてゼブラ山。ここは人が結構いました。遠くには佐久方面でしょうか、山が見えていました。

2018082609

八島湿原に降ります。今年の夏後半は雨が多いせいか、しっかりと湿原になっていて吃驚。

2018082610

いつもならヒュッテみさやまからインターチェンジに降りる所ですが、最近はあまり歩かれていないので、登山地図からも消されてしまっていますね。
沢渡経由でも下れますが、登り返して車山の肩へ。結構暑い中の登りで我慢の道でした。

2018082611

車山の肩の売店で高原牛乳を使ったソフトクリームを買って食べると美味しかったです。

2018082612

ということで上諏訪温泉へ。今回は精進湯に入ろうと思ってバスから見ていたらやっていない雰囲気。後で調べると廃業してしまったようです。残念。→過ぎし日の精進湯
なのでいつもの片倉館の入浴で〆ました。

それではお花達。

2018082621

ハクサンフウロは少ないけれど咲き残っていました。

2018082622

ウメバチソウも日差しにやられ気味。

2018082623

自分の山歩きでは最近はなかなか会えなくなっているコウリンカ。

2018082624

ハナイカリはたぶん初めてかな。

2018082625

アサマフウロもしっかり会えました。

2018082626

晩夏と言えば、やっぱりマツムシソウ。

やはり楽しい山歩きでした。

矢ヶ崎山

8/25は軽井沢へ。

2018082501

軽井沢駅を歩き出します。軽井沢というと涼しいイメージですが、今年は酷暑。
とても涼しいという感じではありません。それでも東京に比べたら随分マシですね。

しばらく歩いて碓氷峠。

2018082502

矢ヶ崎山登山口の表示がありますが、入ると道というよりも踏み跡の感じ。

2018082503

これはタマゴタケかな。しかし、こいつは見てはいけませんでした。

2018082504

なぜならば、この倒れた道標を踏み越えて左へ歩いてしまったのですが、これは獣道か山の巡視路かの踏み跡。誤った道で、沢近くまで下ってしまい、登り返したのです。しかし、これがとんでもないことに。

2018082505

分かる所(一つ前の写真の分岐)まで戻って先へ進みます。しっかり踏み跡があり、こちらが正しい矢ヶ崎山への道。途中では鹿を見ましたが。。。

2018082506

前日は台風の雨でしたが、晴れてきて蒸し暑くなります。

2018082507

右にリフトやコース跡のようなものを見て登りますが、ふと足に違和感を感じ、ズボンを上げると、なんと蛭が!!!
慌ててしまい、とりあえずひっぺがして放り投げてしまいました。実は蛭に本格的にやられたのは初めて。すみません、拡散してしまうかも。
鹿がいるのを見かけたので、鹿に付いていたやつかもしれませんね。

いると知っているなら塩とか持っていったのに。。。

写真は真っ黒ですけど、実際ほとんどプレートは古くなっていて読めず、なんとか北矢ヶ崎山と読めたくらいです。

2018082510

明るい矢ヶ崎山頂に到着。

2018082508

残念ながらこの日は近くの浅間山は雲の中。 妙義山方面はそれなりに見えていました。
まだいるのではとヒルチェック。すると、靴の折り目などに2匹まだ残っていました。何度も踏みつけたけど、だめです。やはりヒルは塩を塗るか、ライターであぶらないと死なないようです。この時ライターを持っていることに気づいておらず、冷静になればライターで燃やして上げた方が良かったです。失敗したと思いましたが、後の祭り。まあ、この山頂はお日様サンサンなので、大丈夫だとは思いますが。

2018082511

予定では地図読みで入山峠に向かうつもりでしたが、こんな状況ではたぶんそちらもヒルがうようよしているでしょう、ということで、ゲレンデに降りて西に下ることにしました。

2018082512

ゲレンデの道を下れば簡単でしたが、途中で草深い上級者コースにわざと入りました。
ヤブだらけの斜面を下ることになりました。これも遊びだからいいでしょう。
リフトの下へ出ると少し歩きやすくなり、やがてスキー場下はバンガローとゴルフコース。コースの中の道を歩き、プリンスホテルに出て、車道に出ました。

まだ早い時間でしたので、軽井沢プリンスショッピングプラザの中へ入ります。ちょっと浮いている感じだったけど、ふらふら歩いて軽井沢駅へ。

横川行きのバスは昼間は少なく、時間が合わないし、まだ時間が早いので、ショッピングプラザに戻り、木陰でのんびりすごしました。
見ると足から血が。山で見た時は血は出ていなかったけど、やっぱりやられていました。
ヒルにやられて血が止まっていないようです。コンビニで絆創膏を買って貼りました。

2018082513

駅から見る矢ヶ崎山。もう多分、自分が行くことはないでしょうね。。。
なんだかよく分からない山登りでした。

虚空蔵山へ

太郎山からの続きです。

2018052721

太郎山からは昨日以上に霞がひどいですが、なんとかまだ北アルプスも眺められました。
眺めを楽しみ、先へ進みます。

2018052709

しばらく緩やかに下ると西峠。案内板があるのでよく見ておきました。

2018052710

途中にはクワの木。元々はカイコを飼育するための植えられたものが野生化したということでした。やはり市街地に近い里山ですね。

2018052711

途中の岩峰からはやはり良い眺め。霞がひどいのが残念です。

2018052712

このあたりは城跡がいくつも続くらしく、案内板をよく見かけます。ここは亀井城跡とありました。

2018052713

いくつも小さなピークを過ぎて最後に大きく下って登ると虚空蔵山。

2018052714

眺めの良い山頂でした。誰も会わないのがまたいい感じ。

2018052715

ロープも付くかなりの急坂で一気に高度を下げて登り返すと鳥小屋山。

2018052716

さすがに歩く人はこのあたりは少なさそうな感じになってくるし、いかにも低山の雰囲気。ここは陣場鳥越山。

2018052717

ひどいのがこの道標。手前から来て、写真左にある道と右手に道がありました。
これを見るかぎり、和合城跡の方は右に行くと思えますよね。道標はさすがに正しいだろうと右へ行きましたが、どうやら林道の雰囲気。なんども行きつ戻りつして、結局、左の小道を下りました。

2018052718

疑心暗鬼で急降下。だいぶ下って進むと道標があって、正しい道でした。せっかくなので城跡に立ち寄ります。葛尾城の支城とありました。この時期は草が深く、少しトライしたものの途中で諦めて戻りました。

2018052719

分岐に戻って下っていくと登山口に出て終了。

2018052720

のんびり歩いて西上田駅。ちょうど列車が数分でくるというラッキーなタイミングでした。
上田駅に出て、以前に入浴した温泉施設に向かおうと思ったら、市民バスの時刻が改定されていて、日曜日は運休が多く、非常にバス便が少ないことが判明。
入浴を諦め、のんびりとしなの鉄道などで帰宅しました。

2018052722

エゾカワラナデシコが見られましたとさ。

 

太郎山へ

上田に泊まった次の日は太郎山へ。

2018052701

手前まで上田駅からバスがあるらしいのですが、本数が少ないのと、そんなに高い料金でもないようなのでタクシーで表参道登山口へ。
結局、1600円と一人で乗っても財布が傷まない料金で済みました。

2018052702

朝から蒸し暑い登り。道しるべとして石祠が登山道脇に点々と置かれておりました。

2018052703

早朝登山している人が多いようで、下ってくる人に随分会いました。

2018052704

ヤマツツジがよく咲いていました。

2018052705

ヤマツツジに囲まれながら神社に向かいます。

2018052706

神社前も眺めが良かったですが、先へ進むと三角点のある太郎山山頂。

2018052707

やはり市街地近くの山。眺めはやはりぼんやりで日差しが暑かったです。

2018052708

山頂にはアヤメが咲いていて吃驚でした。

続く。

女神山

独鈷山の続きです。

2018052621

しばらく道路を歩き、野倉の夫婦道祖神。
とても仲睦まじそうな良い道祖神ですね。
新しそうにも見えるけど、建立年代は不明と案内板にありました。

2018052622

寺子屋風の建物。別所学校野倉派出所というもののようです。
今は資料館のようですが、訪れた時は開いている雰囲気はありませんでした。

2018052623

こんな時期に訪れる人もまれなようで、女神山の登山口は草で覆われていました。

2018052624

踏み跡は続いていますが、少し草が深いです。でも、しばらく進むと鳥居がありました。

2018052625

ちょっとこの時期は虫が多くて閉口でした。急登を登っていくと登り付いたあたりは山頂の一角。神社なのか石祠と石碑などがありました。

2018052626

右へ行ってみると小さな掘割のようなものがあったり、石積みのようなものもありました。
この山は城跡だそうです。たどり着いた広場には三角点がありましたが、この三角点も角が削られてしまっていました。

2018052627

石祠に戻って反対へ進むと急傾斜地の表示があり、その先は崖のようになっていましたので戻りました。

2018052628

往路を戻り、後は道路をのんびりと別所温泉に向かいます。途中で近道があったのでそちらに入りました。

続く。

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ