登山(中部)

雁田山へ

10/2は雁田山へ。

2022100201

渋温泉の朝から営業している旅館で美味しい朝食を取って、のんびりと電車に乗り、都住駅で下車して歩き出し。

2022100202

先へ向かうと向こうに雁田山の峰々が見えてきます。

2022100203

浄光寺には問題なく着けたのですが、山への登山道の入口が分からず右往左往。踏み跡に入ってみたりして、古いお堂で終わっていたりして30分はロス。なんだ、もう少し先へ進めば良かっただけでした。

2022100204

問題なくしっかりした登山道を登っていきます。もう降りて来る人がいました。大きな岩は一の岩かな。

2022100205

今日も快晴。

2022100206

登っていくとこの時期にしては結構暑いです。今年は気候がおかしいね。ようやく二の岩。

2022100207

それでも樹林の中は若干涼しいです。

2022100208

尾根に辿りつき、左に登っていくと「鬼のつぼや」の表示。

2022100209

薄い踏み跡を辿りましたが、案内板はあったものの、あたりはヤブ。この時期は無理だなぁ。

2022100210

戻って先へしばらく登ると登り着いた所が雁田山の山頂。昔、国鉄時代の無線反射板が置かれていた跡が残っています。

2022100211

近くには一等三角点がひっそりとありました。

2022100212

北アルプスを眺めながら、枯れ葉に座り込んで昼食。

2022100213

先へ進むと岩の間を進んだり、岩を登ったりします。

2022100214

登り着いた所には休憩舎があり、大展望。北信五岳が手に取るよう。ここで昼食にすればよかった。。。
しばらく眺めを楽しみました。

2022100215

先へ進むと急に岩がありました。これは姥石。

2022100216

なかなか先もアップダウンがあって、意外に大変です。

2022100217

それでも樹林の千僧坊に着きました。

2022100218

せっかくなのでヤブの踏み跡を最高点の三等三角点まで行きました。

2022100219

古い滝ノ入城跡の表示が置かれていました。

2022100220

千僧坊に戻って下ります。この眺めも見納め。

2022100221

下降路は結構急な斜面をじぐざぐで下ります。結構、注意が必要な道。

2022100222

だいぶ下って、先へひたすら進んで小ピークも過ぎるとおや、掘割らしき所を通過。

2022100223

その先に休憩舎があり、石祠もありました。そこが大城。城跡です。

2022100224

さらに下ると小城。こちらも城跡の一角。ここからの下り道が良く分からず、また右往左往したら、直進してやや左に石段がありました。

2022100229

下る道もかなり急降下でしたが、やがて岩松院の境内に降り立って終了でした。

 

高社山へ(下山編)

高社山山頂からは良い眺め。

2022100120_20221009083401

志賀高原などの山々を眺めることができました。

2022100121_20221009083401

反対側には北信五岳。飯綱山、戸隠連峰、黒姫山などを望むことができました。

2022100123_20221009083401

ちらり見えるとんがっている山は鳥兜山なのかな。

2022100124

下山はよませスキー場の方へ。草がかぶる道を下っていけば、マツムシソウが咲き残ってました。

2022100125

リフト乗り場に出ます。

2022100126

スキー場を下るのだけど、斜面はかなりの斜度だし、どこを下っていいのかよく分からなくてちょっと冗長な林間コースをしばらく下りました。

2022100127

オヤマリンドウが咲いていました。

このあと、リフト沿いに下ったのですが、左に車が見えてそこを目指して下ったら、ゴルフ場の駐車場、その下へ向かう道を下ったら、とっても遠回り。長ったらしい道を歩かされてようやく道路。しばらく道路を歩き、登り返してよませ温泉に立ち寄りました。

2022100130

町のバスがあるんですが、観光客は乗れませんの表示。冷たいバスだなぁ。仕方なく、歩きます。

2022100132

やっと夜間瀬駅到着。

2022100133

駅のホームからも高社山が眺められましたとさ。

 

高社山へ

10/1は長野へ。

2022100101

自分はまだ長野までしか乗ったことがないので、初めての北陸新幹線で飯山駅下車。信州中野行きのバスに乗ります。

2022100103

赤岩バス停で下車して歩き出し。先に見えるのが高社山ですね。

2022100105

下社を通過してしばらく歩けば、高社神社上社。

2022100106

先へ進んで登山道の表示。直進した先のお墓の所で左に曲がって進みました。

2022100107

不動明王の石碑。登山道にこれらの石碑が次々に出てきます。

2022100109

この時期はちょっと草がかぶる道をひたすら歩きます。それにしてもこの時期にしては夏みたいに暑いな~。

2022100110

ハバヤマボクチかな。

2022100111

天狗の飛び石がありました。

2022100112

その先からはかなりきつい登りがしばらく続きました。やはり石碑があります。

2022100113

やっとのことで稜線が近くなるとだいぶ笹が邪魔する道を進んで、ようやく胴結場。

2022100115

しばらく先へ登って進んで岩屋。高社神社の奥社があるそうです。

2022100116

天狗岩に立ち寄りました。須坂の街並みを眺められます。

2022100117

先へまたしばらく登ってようやく山頂かと思いました。そこには大きな石造りの御嶽神社。かなり古いようですが、こんな大きな石を一つずつ持ち上げたのでしょうか。

2022100118

まだ先がありますが、そんなに遠くはなさそうです。

2022100119

そろそろ紅葉?

2022100122

ということでもう少し頑張ればやっとの高社山山頂でした。

長いので続きます。

 

霧ヶ峰 八島湿原から車山周遊

8/28は霧ヶ峰へ。

2022082801

相変わらずの雨予報、それでも午後からは天気が良くなる予報だったので霧ヶ峰へ。
上諏訪駅から八島湿原で下車するとやっぱりガスの中。

2022082802

サラシナショウマが良く咲いていました。

2022082803

やっぱりタチフウロ!

2022082804

マツムシソウもたくさん。

2022082805

数は少ないですが、トリカブトも見かけました。

2022082806

すっかり秋めいている感じの湿原を見ながら進みます。

2022082807

ツリガネニンジンでしょうね。

2022082808

蝶々深山へ向かう道は逆コースは滅多に歩いていないので下りとは雰囲気がちょっと違うなぁ。

2022082809

物見岩のあたりまで来るとすっかりガスガス。

2022082810

蝶々深山もガスの中なのでさっさと通り過ぎ、車山乗越。以前にはなかった道標が立っているな。

2022082811

車山に向かいましたが、さらにガスが濃くなり、風もあって、ちょっと荒れ気味の山頂。晴れていれば鳥居の向こうに富士山が見えるはずなんだけど。。。

2022082812

下っていくと、あれ、少し霧がなくなり雲も切れてきた感じ。

2022082813

ハナイカリがたくさん咲いてました。

2022082814

沢渡を過ぎてさらに進むと、あれ、日差しが。。。

2022082815

旧御射山競技場跡だそうな。

2022082816

霧ヶ峰本御射山神社でお参り。

2022082817

歩いていけば、再び八島湿原に入り、ハバヤマボクチ。

2022082818

秋のお花がたくさん咲いていました。

2022082819

たくさんのオミナエシの中にヤナギランもわずかに咲き残っていました。

2022082820

最終バスまで、まだ時間があったので、再度湿原を散策。アサマフウロの良い状態のものを探しました。

2022082821

ありゃ、すっかり晴れて車山までしっかり見えているではないですか。天気は変わるものですね。

2022082822

八島湿原のバス停に戻り、時間がまだ余ったので、ビジターセンターで一人でビデオをしばらく見てました。

 

信濃路自然歩道

8/21は雨に降られそうでしたが、軽井沢へ。

2022082101

軽井沢駅からバスに乗り、三笠バス停で下車。旧三笠ホテルは現在改修中で見学はできないようです。雨は降っていませんでした。

2022082102

少し進むと料金所がありますが、その横から自然歩道が始まります。

2022082103

なかなか雰囲気が良いです。

2022082104

途中にはときおり軽井沢町の看板があります。

2022082105

林道のような道をしばらく辿りました。

2022082107

小瀬温泉入口の近くで道路を進んでしまいましたが、少し戻って道に入ります。

2022082109

駐車場の先に進んでいくとやがて橋を渡り、竜返しの滝に立ち寄ります。水量もあってなかなかの滝。

2022082110

途中の道標を見ると残りの距離はまだまだ。

2022082111

ソバナでしょうか。たくさん咲いていました。

2022082112

ひたすら歩きます。

2022082113

途中、道路を渡ります。

2022082114

川を下流方向に進むので大丈夫かなと思いましたが、折り返して下り、橋を渡りました。

2022082115

カラマツ林の中を進みます。このあたりから人に会うようになりました。

2022082116

沢に近い所を歩くようになり、比較的涼しい感じ。

2022082117

ツリフネソウがありましたが、色が落ちていて、アルビノ種っぽい感じ。

2022082118

結構登りが続いてしんどかったですが、やがて観光客の多い白糸の滝。どこから水が来ているのか不思議な滝でもあります。

2022082119

先に進むと階段道。結構きついです。

2022082120

上に出るとちらりと下に白糸の滝が見えました。先に進んでいきます。

2022082121

だいぶ歩くとシダ類の植物がたくさん生える森を通りました。

2022082122

やっと峰の茶屋まで1Km。三笠から9.7Km歩いたのですね。

2022082123

ようやく峰の茶屋に出て、自然歩道終了。浅間山はガスの中でした。

2022082124

バス停に行くと5分くらいでバスが来る時間。それを逃すと一時間以上待ちだったのでラッキーでした。

 

美ヶ原 王ヶ鼻からアルプス展望コース

二人の小道からの続きです。

2022081415

王ヶ鼻に向かって登っていきます。岩場を登るとマツムシソウを見かけるようになりました。

2022081416

少し天気が良くなったようで、向こうには市街地を見ることができました。

2022081417

王ヶ鼻には、やはりマツムシソウが咲いています。

2022081418

石仏がたくさんありますが、風化してかなり怖い雰囲気。後で自然保護センターで見たビデオによると落雷のためにかなり磁化しているそうです。

2022081419

下に三城の牧場を眺めることができました。

2022081420

ハナイカリも見かけました。

2022081421

アルプス展望コースに入るあたりはハクサンフウロ咲きまくり。すごい数、咲いてました。

2022081422

保護された中にヤナギランがたくさん咲いていました。

2022081423

天気が悪くなり、下から風とガスが吹き付け、大自然の厳しさを体験します。久しぶりに長袖シャツの上からウインドブレーカーまで着込みました。

2022081424

烏帽子岩がありますが、わざわざガスの突端へ行ってみる気になりません。

2022081425

晴れていれば、良い雰囲気の道なのでしょうけど、こんな天気だとひたすら歩くだけ。

2022081426

ようやく分岐に辿りつき、そこから塩くれ場に向かいます。

2022081428

塩くれ場に出て、美しの塔まで行きました。ガスは包まれたり、消えたり、なかなか忙しい感じ。そろそろバス時間が気になり、自然保護センターに向かいます。

2022081429

王ヶ頭に向かう道の横には、こんな天気でものんびりと牛が草を食んでいました。

2022081430

ということでやっぱりガスガスの王ヶ頭。ホテルには立ち寄りませんでした。

2022081431

自然保護センターに向かいます。

2022081432

しばらく下ると霧の中を抜けました。

2022081433

ということで、美ヶ原自然保護センターに到着。時間が余ったので、自然保護センターでビデオなどを見ました。
しばらく待っていたら、雨も降りだしました。横の喫茶店は営業時間が過ぎても、バスが来るまで中に入れさせてくれるようで助かります。
自分は乗れましたが、バスは満員になり、それでも人が来て運転手さんがバスではなく、タクシーを2台ほど呼んだようです。千円でタクシーに乗せてくれるって太っ腹ですね。

 

美ヶ原 二人の小道

8/14は美ヶ原へ。

2022081401

自宅から美ヶ原を日帰りで出かけるならば、行きは季節運行のアルピコ交通のバスに乗るしかありません。
今年の運行は~8/16までなので、この日は週末運行の最終日であるのが分かったので、天気は悪そうだったけど出掛けてみます。
3年ほど前にも乗りましたが、今年は運賃が二千円~二千五百円と以前よりもだいぶ料金が高いです。来たバスも路線バスではなく観光バスでブザーもないバス。運行を観光バス会社に委託しているからのようです。なので、停留所ごとに停車し、降りる人は前に進んで下さいとのこと。
三城荘前で下車するのはもちろん自分だけ。牧場の雰囲気が良い感じ。

2022081402

王ヶ頭に向かう道を登っていきます。結構降りて来る人に会います。車をどこに止めているのでしょうか。

2022081403

しばらく登って林道らしき道に出て、それを右に進みます。

2022081404

ダテ河原のあたりで左に曲がり、登っていきます。途中には営業していない小屋を見かけます。さらに登っていくとお花がそれなりに咲いています。ハクサンフウロはやはり多かったです。

2022081405

ウツボグサもまだありました。

2022081406

やはり雲が低く、どんより天気。

2022081407

ウスユキソウも見かけますが、ちょっと時間が経っている模様。

2022081408

だいぶ登ったところで分岐があり、そこから王ヶ鼻という道標を見て、二人の小道に入ります。確かにちょっと細い道。

2022081409

少し石が多く、また草もあって歩きにくい所が多々ある道です。自分の登山地図だと割愛されている道。

2022081410

しばらく進むと道標があり、直進しそうになりますが、そちらは石切場に下ってしまう道。右上の登る道に入ります。振り返るとやはり雲が低く上の方はガスですね。

2022081411

稜線の下を淡々と進んでいきます。途中、岩場の下を通ります。見上げると稜線が近いです。

2022081412

ヒメシャジンかな?

2022081413

カワラナデシコもまだ咲いていました。

2022081414

結構、単調で長い感じ、だいぶ歩かされてようやく石切場の道と合わさりました。

長いので続きます。

 

富士山五合目から精進湖へ

奥庭からお中道の続きです。

2021072519

五合目駐車場へ降りていくと大きな看板があって、そこから精進湖登山道が始まっていました。

2021072520

以前は登山バスが走っていたという道のようですが、今はそんな雰囲気ではありません。
でも、少し昔の舗装の跡っぽいものが残っていたりしました。
この道もよくシャクナゲが咲いていました。

2021072521

降りていくとさすがに少し湿気もあって蒸し暑くなってきました。
まだ少し肌寒いけれど長袖シャツを脱いで半袖で下ります。

2021072522

だいぶ下ると樹林が変わった感じ。カラマツ特別母樹林の表示があり、原生林なのですね。

2021072523

だいぶ下って三合目の広い場所。
ずっと樹林の中だったので、休み場所としてはちょうどいいけれど、日差しも出てきて少し暑め。

2021072524

ときおり人に会って下っていくと三合目のバス停がありました。
ここから帰るつもりでしたが、まだ11時30分前。ええい、下ってしまえと先に進みます。

2021072525

道は続いているものの、やはり歩く人は少な目の雰囲気です。

2021072526

だいぶ下ってSYO09の標識の所で道路を横断。

2021072527

その先が笹も増えてかなり心細くなる道。
途中ではブフォっとか、猪か何かの低い鳴き声も聞こえて、焦りながら超ハイスピードで進みます。
ここは鈴とか、鳴り物があった方がよいかと。それに道も怪しい感じで、これで良いのかなと心配になるところもありました。
写真のあたりまで来ると道もしっかりして少しホッとした所。

2021072528

やっとSYO10の標識があれば、そこが天神峠。あまり峠とは思えない場所。
休んでいる人がいました。

2021072529

SYO11の標識の所にも人がいました。長尾山にでも登ったのかな。
先へ行くとしばらくでSYO13の標識。

2021072530

その先がひたすら長い樹林の中の道。どこを歩いているのかさっぱり分からなくなります。
道はずっと続いているので迷うことはないものの、一人だと心細いです。その上天気まで曇って怪しい感じ。

2021072531

急に軽装で歩いている人達を見かけて吃驚。先へ行くと富士風穴の標識があったので立ち寄ることにしました。

2021072532

監視員さんがいました。中に入って出てこられなくなったりしたら大変ですからね。
入口だけ見て終了。

2021072533

分岐に戻って先へ行くと道路があって、そこに何台も車が駐車されていました。
なるほどそこに置いて風穴を見学しにいく人達がいるようですね。

渡って先へ進みます。

2021072534

これまたひたすら長い道が続きます。

2021072535

さすがにこの辺りまで来ると低山の雰囲気。かなり蒸し暑くなってきました。

2021072536

ひたすら暑い道を進むとやっとSYO16の標識。

2021072537

その先もまた長い長い道のり。樹林の中をひたすら歩きます。
舗装された道が出てきますが、それでもまだ樹林の中の道。途中には古い文字の書かれた石が置かれていました。

2021072538

SYO17の標識が出てきて、これで精進湖まであと10分ちょっとのはず!

2021072539

最後は道路に出て、登山口の標識がありました。
何台も車が止まっていたのは、入っている人がそれなりにいるようです。

2021072540

やっと精進湖。大学の頃に合宿で来た事がありましたが、それ以来かな。

2021072541

赤池バス停でしばらく待って、河口湖に戻りました。

ありゃ、ここに降りたら大月駅で買った「富士山五合目フリーきっぷ」使えないやん!(T_T)
帰りの河口湖からの電車は使えるので、数百円の損だから、まあいいかって感じでした。

 

奥庭からお中道

7/25は富士山へ。

2021072501

河口湖はいい天気だったのに、五合目行きのバスに乗って奥庭で下車するとありゃ、ガスってます。
長袖シャツでも寒くてウィンドブレーカーまで着込みました。

2021072502

まずは奥庭散歩へ。やはり高山の雰囲気。

2021072503

石畳を固めた感じの道で向かいます。

2021072504

シャクナゲが結構咲いていました。

2021072505

奥庭荘、立ち寄らなかったけど営業していました。

2021072506

少し先には鳥居。天狗岩は小さな岩でした。あたりにはシャクナゲがたくさん。

2021072508

奥庭を歩いてみましたが、展望台はもちろん真っ白で何も見えませんでした。

2021072507

コケモモが咲いてましたが少し咲いてから時間が経った感じ。

2021072509

奥庭の駐車場に戻ってからお中道に向かいます。
近くにはB、Cという二つのルートがあるみたいですが、Cルートにしました。

2021072510

最初は樹林帯をのんびり登っていきます。

2021072511

富士山と言えばイタドリ。雌雄両方たくさんありました。

2021072512

しばらく登ると大沢崩れへの道が分岐しますが、もう長いこと通行止め。
富士山の状況を考えれば、おそらく整備されることもないでしょう。

2021072513

さきへ進むとこのあたりが御庭かな。まだガスが。

2021072514

歩いているとやっぱりシャクナゲたっぷりです。このあたりは少し遅かった雰囲気。

2021072515

途中には休憩舎がありますが、この状況では休みたくないなぁ。

2021072516

ガスが上がってきているところは荒涼とした雰囲気。
さすがにウィンドブレーカーは脱いだものの、ガスの中はやっぱり肌寒いです。

2021072517

樹林帯に入るとやっぱりシャクナゲたくさんでした。

2021072518

急に人が多くなって、突然都会に飛び出したような雰囲気の五合目。せっかくなので富士山小御嶽神社に立ち寄ってお参りしました。

続く。

 

お花の霧ヶ峰へ(八島湿原へ編)

車山編からの続きです。

2020081512

おっと山頂付近にはイブキジャコウソウ。

2020081511

直接、車山乗越に降りる道はもう以前から通行止。そのあたりからの霧ヶ峰の良い眺め。
いったん、右にリフト沿いに下り、それから車山乗越に向かって登り返します。

2020081514_20200825193501

日照りかんかんできついですが、風が爽やかなので、そんなに苦痛というほどではありません。

2020081513_20200825193501

コウリンカを所々見かけました。

2020081515_20200825193501

いよいよ八島湿原に入るとアサマフウロ。やはり鹿柵の外にあったのはすべて無くなっていました。

2020081517

湿原付近はお花、お花、お花。アサマフウロ、ハクサンフウロなどが咲き乱れています。

2020081516

オミナエシ。

2020081519

タチフウロもありました!

2020081518

エゾカワラナデシコ。この付近はお花の名前が書かれている案内板が多くて有り難いです。

2020081520

アカバナシモツケたくさん!

2020081521

フシグロセンノウも汚れていなくてきれい。

2020081523

ヒメトラノオと表示がありました。

2020081526

ワレモコウは地味です。

2020081527

アキカラマツ。

2020081524

湿原と言えば、ヤナギランですね。

2020081522

ハクサンフウロ咲きまくり。

2020081528

ヨツバヒヨドリにアサギマダラが。

2020081529

湿原を出て、しばらく歩くと御射山ヒュッテ。

2020081530

少し先には御射山神社。

2020081532

しばらく歩き、沢渡からインターチェンジバス停に向かいます。

2020081533

車山からの道と合わさり、下る草原の中の道もお花がいっぱい。最後はマルバダケブキの向こうに八ヶ岳を見て終了。

2020081534

四時過ぎのバスまで時間があったのでソフトクリームを食べて待ちました。

 

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ