温泉(関東)

西武秩父駅前温泉 祭りの湯

札所巡りの帰りは祭りの湯へ。

2019113031

もう開業して二年半くらい経つようですが、まだ一度も入浴したことが無かったので入ってみました。

入浴料は土日1100円です。

泉質は含よう素-ナトリウム-塩化物冷鉱泉となっているようです。

お風呂は何種類かあり、つぼ湯や横長の露天風呂は白いお湯になっていますが、これは人工温泉のようです。
実際の温泉のお風呂は小さめな感じ。
ちょっと独特のお湯の香りがあり、また、かなり熱めに設定されていたため、あまり自分の好みではありませんでした。
どちらかというとつぼ湯と人工炭酸泉がぬるめで自分の好みでした。

やはり立地がよいせいか、かなりのお客さんがいたようでしたが、
この日はそんなにすごい混みでは無かったようです。

わざわざ入りに来ようとは自分は思いませんが、それなりに温まりましたし、
どうしてもお風呂に入りたい、という時には入ってもいいかなという感じでした。

| | コメント (0)

新木鉱泉旅館

ということで立ち寄った新木鉱泉。

2019110216

随分久しぶりの再訪。20年ぶりくらいでしょうか。

西武秩父駅から定峰へのバスを金昌寺入口で下車して数分の所にあります。

入浴料は土日1000円。

午後早い時間だったせいか、入浴している人は一人くらいでとても静かに入浴。

泉質は単純硫黄冷鉱泉。それなりにアルカリ度があるようです。
硫黄の香りは感じられませんでした。

のんびりと入れるくらいのわずかにぬるめの温度、
この日はあまりぬるつきは感じられませんでしたが、風呂上がりのしっとり感はとても良い感じです。
とても温まるお湯でした。

また入りたいですね。

 

| | コメント (0)

四万温泉

林道が終わった地点から橋を渡れば良かったようですが、反対に歩いてしまい、余計な歩きになってしまいました。

ということで久しぶりの四万温泉。

2019102841

塩の湯飲泉所で久しぶりに飲泉。胃腸に効くお湯ですね。

2019102842

無料で入浴できる河原の湯に入りました。
なんどか来ている施設だけれど、今は午後3時までしか入れないみたいです。
いつもはお湯が熱くてほとんど入れなかったりしますが、
この日は人が多かったせいかどうか、ちょうどいい温度のお湯でじっくり入れました。
金気臭があって、鉄分が多いのでしょうね。
とっても温まるいいお湯でした。

 

| | コメント (0)

草津温泉2019

草津温泉で宿泊。

2019102801

次の朝はとても良い天気。紅葉したイチョウがとてもきれいでした。

2019102802

白旗の湯は前日の夕方に入りましたが、珍しくいつもよりも少し湯温が低め。
滅多にないですが、自分も熱い方のお湯に入れました。
先日まで雨が多かったせいかな?

2019102803

朝の湯畑はやはり湯けむり。バス待ち時間に軽く散歩。

2019102804

石段を登ったお寺でお参り。やはりモミジがいい感じでした。

| | コメント (0)

吾妻峡温泉 天狗の湯

吾妻渓谷の帰り、やはり道の駅には温泉があります。
次のバスまで30分ほどしかありませんでしたが、カラスの行水にすることにして立ち寄りました。

2019102736

天狗の湯は入浴料400円と安価。

内湯に入るととても柔らかいお湯。その上、良い温泉臭がほんのりとしていて、これはいいお湯です。
温度もぬるめ、のんびり入ることができます。
カルシウム・ナトリウム硫酸塩・塩化物泉のお湯で意外に濃いお湯。

露天風呂は熱いかなと思ったら、こちらも比較的ぬるめでした。

わずかな入浴時間だったのに体がホカホカ。
長湯したかったいいお湯でした。

2019102737

再びシャトルバスで岩島駅へ。静かな無人駅でした。

 

| | コメント (0)

埼玉県ときがわ町 玉川温泉

五明からしばらく歩いて玉川温泉へ。

2019102010

昭和レトロを標榜している温泉で、温泉の目の前には懐かしい三輪自動車や郵便ポスト、自転車などが置かれていました。

入浴料は土日880円でした。

アルカリ単純温泉ですが、Ph10.1という高アルカリ。
入るとぬるつきのある感じの温泉で良い感じです。
わずかに塩素臭があったもののそんなに嫌な感じはなく、人がそれなりに入る施設ですし、下手にレジオネラ菌に毒されるよりはずっといい感じです。

内湯にはブラのひよこがたくさん泳いでいました。
露天風呂も横長に広く、のんびりと入浴できました。

なかなかバス利用では行きにくい場所ではありますが、ぜひ再訪したい良い温泉でした。

 

| | コメント (0)

鶴巻温泉 弘法の湯

弘法山の帰り、足が痛かったので弘法の湯へ。

2019100620

小田急線鶴巻温泉駅から数分の所にあります。

入浴料は土日1000円と気軽にとはなかなかいかない感じ。
内湯と露天風呂があり、それぞれ違う源泉が使われているようです。
元々、ここには旅館があり、露天風呂は使われていた源泉、内湯は別に掘られた共同源泉のもののようです。
共同源泉の方が濃いらしく、なんと6g以上の濃さ。
以前、できたばかりの時に立ち寄った時はかなりの塩素臭で、あまり入りたくないなぁという感じでしたが、
今は随分経ったおかげで塩素臭も少なく、のんびりと入浴できました。

やはり体が痛い時に濃い温泉は少し効いた感じでした。

 

| | コメント (0)

万座温泉

前後してしまいますが、8月下旬にふらりと万座温泉へ。

201908xx01

今回の宿泊は万座高原ホテル。初めて泊まりました。
以前は草津温泉からバスで行けましたが、現在は白根火山付近の立ち入りが制限されているために、
自家用車(屋根付き)のみの通行になっていて、バスは通っていません。
万座・鹿沢口駅からのバスも一日三本という少ないダイヤになっていました。

万座プリンスホテルと同じ系列のため、万座プリンスのお風呂も利用可能でした。
せっかくなので最初に万座プリンスに行って、こまくさの湯へ。
着いた日はあまり天気が良くなかったのですが、それでも露天風呂は高い所にあるので良い感じでした。

宿に戻り、しばらく休んでからお風呂へ。

やはり石庭露天風呂が、とっても広くて良かったです。特に夜はここに泊まっている人だけになるので、
少し暗い感じの中でのんびりと入浴して、心から温まりました。

残念ながらここ独自の竜泉の湯のお湯は配管の都合で停止されていました。
でも、他にもいろいろな種類のお湯が使われているので、特に不都合はありませんでしたが。
自分はやっぱり万座温泉のシンプルな硫黄の濃いお湯が一番気に入りました。

201908xx02

久しぶりに湯畑へ。残念ながら硫化水素ガスのために、近くの立ち入りは制限されています。

201908xx03

戻る道すがら、青空の下の温泉を眺めます。山歩きたかったなぁ。

201908xx04

バス停の奥に行くと噴気を上げている所を見ることができます。もちろんここも近くへは行けません。

201908xx05

すっかり硫黄の匂いが体に染み付いて、青空の万座・鹿沢口駅からのんびり帰りました。

 

| | コメント (2)

やしおの湯 2019

丹勢山の帰りはやしおの湯へ。

2019060143

入浴料は510円だったかな。
この日は時間も早かったせいか、それとも天気が今ひとつだったせいか、珍しく空いていました。
ちょっとお湯が熱めで、あまり長湯はできなかったけど、それでもぬるつきのある良いお湯を十分に楽しめました。

帰りは目の前のバス停からバスで日光駅へ。
終わりよければなんとかで、やはり山の後の温泉は最高ですね。

 

| | コメント (0)

箱根湯本温泉 弥坂湯

白銀山の帰りは、湯本駅へ向かう途中にある弥坂湯へ。

2019010521

入浴料は650円だったかな。温泉銭湯にしてはちょいと高め。
今や少なくなった番台で料金を払います。

作りはごく普通の銭湯という感じで、内湯のみのシンプルな作り。
カランもそれほど多くありませんでした。

自分が入浴したのはお昼過ぎということもあって、女性の方は入浴している人がいた模様ですが、男性は誰もおらず独り占め。自分が上がる頃にようやく一人来たくらいでした。

成分表などは見ませんでしたが、単純温泉でしょうか。
ぬるめのお湯に感じましたが、浮かんでいた温度計を見ると42℃くらいでした。
冬場と夏場で温度を変えているようです。

体が山で冷えていたので、最初は寒いくらいに感じましたが、長く入っているとじんまりと温まってきます。出る頃にはすっかり汗をかくくらいに熱くなり、しかも出てからもずっと冷めず、家に帰って寝る時もまだ体がほかほかするくらいに感じました。

やはりいいお湯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧