温泉(関東)

ごぜんやま温泉保養センター 四季彩館

三王山の帰りは、御前山温泉へ。

2024032413_20240412195501

入浴料は1000円。

お昼ごろに到着ということもあって、入浴している人は少なかったようです。

内湯の温度は少しぬるめ。のんびり入れます。ナトリウム硫酸塩泉のお湯はさらっとしています。露天風呂もなかなか良い感じ。こちらは少し熱めであまり長くは入れず、外にある椅子に座ってクールダウン。

内風呂にある小さな浴槽にゲルマニウム風呂というのがあって、血行が良くなり汗がよく出るとあったので入ってみると確かに汗が出る感じ。これは予想外でした。

のんびり入浴したけれど、バス時間までかなりの時間があったのでロビーでくつろいでました。

目の前まで常陸大宮からのバスがたまにあるようですが、4月から廃線になってしまうらしく、張り紙がしてありました。

このあたりはバスでは、なかなか来られないけれど、機会があれば、また立ち寄りたいですね。

 

那須温泉 鹿の湯 2024弥生

3/23は那須へ。

240323115611365

着いたときはちらりほらりと小雪が舞うくらいでしたが、入浴中にかなり降って来たと近くにいた人が話をしていました。

入浴料は500円です。寒かったせいか、いつもの2番目に熱い湯に入ってもなかなか温まりません。その割には足が焼ける感じ。気づいたら、2時間近く入浴していたようです。ここでそんなに長く入ったのは初めて。温まらないと思った割には、後からぽかぽかとしてきて、ずっと冷めない感じでした。おかげで予定のバスを逃し、次のバスまでしばらく待たされる羽目になりましたが。

外へ出るとかなりの雪が降っていて、もう足元にも積り初めている感じでした。たっぷり硫黄臭くなって帰りました。

 

藤野やまなみ温泉 2024睦月

大平山や峰山の帰りは藤野やまなみ温泉へ。

2024012721

ここも久しぶりだなぁ。入浴料は750円とこの手の施設にしては安価なのが有り難いです。

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸温泉ということです。

内湯の源泉風呂は混んでいたのと、天気が良いので露天風呂でのんびり。
そんなに熱めに設定されていなかったのでそれなりに長湯できました。山を見ながら芝生のある露天風呂はホントに気分も快適です。
予め時刻表を見て置いたので、すっかりポカポカになって時間近くにバス停へ行ったら、「藤野駅」と書かれた時刻表に書かれていたのはなんとよく見ると(奥)の表示があり、奥牧野行き!駅からこの温泉経由で奥牧野へ行くバスでした。とほほ。

仕方ないので、せっかく汗流したのに、駅まで歩いちゃいました。バスが到着するよりも早く駅に着いたからまあいいかって感じでした。

 

河辺温泉 梅の湯 2024睦月

ということで帰りは河辺駅で途中下車して梅の湯へ。

Dsc_7630

随分久しぶりの梅の湯。入浴料金は土日1100円と高くなってしまいましたが、このご時世なので仕方ないかな。

相変わらずのぬるぬるのお湯は良い感じ。まだ午前中に到着したのでまだそんなには混んでおらず、お湯もきれいで、のんびりと入浴して冷えた体がすっかり温まりました。

露天風呂に出て見ると雨が降り始めていました。やっぱり早起きは三文の得みたいな状況だなぁ~と思いながらちょっと熱めの露天風呂に浸かりました。でも、やっぱりわずかにぬるめの内湯が良いなぁ。結構、長湯してしまいましたが、それでも一時間ちょっとくらいかな。

帰りは温まったおかげで体がポカポカと暖かく、冷たい雨の降る中、早い帰宅となりました。

 

両神温泉 国民宿舎 両神荘

両詰山の帰りは両神温泉へ。

2023111931

何度も両神温泉では薬師の湯の入浴しているけれど、たまには違った所へということで初めて両神荘へ。入浴料は900円です。

お風呂は内湯と露天風呂がありますが、内湯と露天風呂は脱衣所から別々な入口になっています。なので内湯から露天風呂には行けないです。

お湯はとても柔らかく、アルカリ性単純温泉のとても良い感じのお湯。いわゆる美肌の湯の感じですね。肌がすべすべになる感じです。
内湯はわずかにぬるめ。比較的のんびり浸かれるので、ゆっくりと入れます。

さて、露天風呂にも行ってみます。こちらは目隠しがありますが、それを扉で開けられるようになっていて、開けると眼下には紅葉の山が見え、下には川が流れていて、ロケーションは抜群です。こじんまりとした露天風呂ですが、端の方からは浸かりながら山を眺めることができました。やはり露天風呂は少し熱め、熱くなって外に出ると秋とはいえ空気はかなり冷たく、すぐに体が冷えました。再び内湯に戻ってのんびり温まるとしばらくの間体がポカポカとしていました。

やっぱり良いお湯でした。

2023111932

近くにはクライミング施設がありますが、その近くにはきれいなオレンジ色の木。

2023111933

道路に出ると両神神社があります。旧村社だそうです。

2023111934

隣には薬師堂。奉納されたものかだいぶ古いですが千羽鶴がたくさん吊り下げられているのが印象的でした。建物は天正年間(1573~92)頃の移築改造と推定されているそうです。

2023111935

山門も古いものでした。

のんびりとバスで西武秩父駅に出て帰りました。

 

さいたま清河寺温泉 2023/10

先日、さいたま清河寺温泉へ。

2023102201

実は密かに夏も行ってましたが、最近お気に入りの温泉。大宮駅からバスにしばらく乗った清河寺で下車してわずかに歩いた所にあります。

靴箱に靴を入れ、その鍵にチップが埋め込まれていて、受付後、それで入場するという面白いシステム。帰りは料金支払機にタッチ後、機械にお金を入れて支払い、やはり回転式扉の上にある読み取り機にタッチしてから通ることになります。なので帰りは人を介さないでもよい形になっています。土日920円のようです。

やはり源泉浴槽が良い感じ。のんびりと入れます。これに慣れると普通の浴槽が熱めに感じてしまいますが、体の芯から温まる感じです。

自分的には好みの温泉の一か所です。

 

天山湯治郷 ひがな湯治 天山

久しぶりに天山へ。

2023091801

連休最終日。暑くて天気も不安定なので出かける気にならず、箱根の温泉でのんびりします。いつもは一休に入りますが、この日は到着が早くてまだやっていなかったし、食事もしたいということで天山の方にしました。

入浴料は1450円と上がっていましたが、お客さんはかなり多く、混雑していました。

お風呂もだいぶ混んでいましたが、やはり良いお湯。肌に優しいお湯です。この日は暑かったこともあり、自分は山に近い方のお風呂が好み。こちらはアルカリ単純泉のお湯になっているようです。日差しは強烈でしたが、それでもわずかに風があり、さすがにもうそろそろ秋が近くなったかなという感じを受けました。

食事メニューもそれなりに高いですが、満喫。少し休んでから二度目のお風呂にのんびり入りました。

帰りはバスを待ちますが、長い行列。路線バスが来るとみなさん乗り込み、自分はその後から遅れて来たほとんど人の乗っていない旅館の巡回バス(¥100)で駅に戻りました。

 

杉戸天然温泉 雅楽の湯

7/8は温泉へ。

2023070801

東武線に乗り、東武動物公園駅で下車。
雅楽(うた)の湯は、駅から少し離れた所にありますが、駅から少しだけ歩き、橋を渡った右側に駐車場があってそこから送迎バスが出ています。一時間に二本の定時運行がされているので分かりやすく、使いやすいです。5分ほど乗ると施設に着きました。

入浴料は1200円。タオルや館内着がセットになっているので手ぶらで大丈夫。

浴槽は内湯・露天風呂ともにいろいろあります。
やはり自分の目当てはまずは内湯の生源泉湯。この日は気温が高いせいか、お湯は結構熱め。泉質はナトリウム-塩化物泉のようですが、この生源泉湯は鉄分のかなり強いお湯。寒い時期にはぬるくなってしまうらしいですが、なかなか温まるお湯です。

露天風呂の壺湯や岩風呂もやはり温泉のお湯が使われています。露天風呂にも源泉あつ湯がありましたが、気温のせいで熱すぎて長くは入れませんでした。

ちょっと家から遠いのですが、たまには行ってみようかなと思う温泉でした。

 

天山湯治郷 かよい湯治 一休 2023梅雨

6/11は温泉へ。

2023061101

土曜日は外せない用事があって出かけられず。疲れてしまって、日曜日は雨だし、久しぶりに箱根の温泉へ。

やっぱりのんびり入浴するならここ。入浴料は1200円。さすがにここも以前来た時よりも入浴料が上がってました。

でも、やっぱり良い温泉。いつもの通り、階段で下に降りた所がお気に入り。でも、今回は他のお風呂も回って入り、のんびり。2時間近くも入ってしまいました。こんなに長く入浴したのは初めて。やっぱり疲れを癒すことができました。お昼を持ってきていなかったので、天山の方が良かったかなぁと思いつつ、箱根湯本に向かいました。

途中で湯もちを購入し、駅弁を列車内で食べて、のんびり帰りました。
帰宅して食べた、湯もちは久しぶりで美味しかった~。(^^)

 

生涯青春の湯 つるつる温泉2023

ということで日ノ出山の帰りは、雨の中、何度も来ているつるつる温泉に到着。

2023051416

さすがに人は少な目。入浴料も値上げされて960円になってました。昨今の状況から仕方ないかな。

この日はヌル付きは少な目。でも人が少ないのできれいなお湯なのが良い所。温度も若干ぬるめでのんびりと入れました。

どうせバスに乗る人なんか少ないだろうとタカくくっていたら、時間近くなったら団体さんが到着。これには吃驚。行列ができてしまい、座れないかと思ったけど、いつもの汽車タイプのバスじゃなくて普通のバスだったのでしっかり全員座れて一安心でした。

雨の日の温泉もまた良いですね。

 

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ

カウンタ

山の本