ウォーキング

次大夫掘公園付近の散歩

台風が過ぎ去っても天気が悪い10/11はお散歩。

2020101101

成城学園前を歩き出し、しばらく歩くと喜多見不動尊。静かでした。

2020101102

下には池があって湧水があるのが特徴ですね。

2020101103

神明の森みつ池を横目で見て、先へ進み、野川に出ます。

2020101104

しばらく野川沿いを歩いていくと世田谷通りを渡りますが、
そのあたりには並木が残されていて、世田谷らしい雰囲気でした。

2020101105

さらに歩いていくと次大夫掘公園に着きました。
「次大夫掘」ってなんだろうと思ったら、案内板に説明があり、
稲毛・川崎領の代官であった小泉次大夫の指揮により、慶長二年(1597)から15年かけて開発された農業用水で、
正式には六郷用水といい、世田谷領、六郷領を流れるものでしたと書かれていました。


2020101106

公園に入るとしっかり水が流されています。

2020101107

田んぼがあって、稲を刈り取った後らしいです。先の方に干されていました。

2020101108

鯉が泳いでいる池もありました。

2020101109

民家園があるので、入ってみます。古民家がいくつかあります。
コロナのせいかどうか、残念ながら中は土間くらいしか見ることができないようです。

2020101110

こじんまりした民家もありました。

2020101111

外に出ると、小川が続いています。春ならもっと楽しいかも。

2020101112

しばらく歩いて高速の下を通り、さらに先へ行くともう水がない住宅地に六郷用水跡の石碑。

2020101113

道路を歩いて永安寺というお寺に立ち寄り。大きなイチョウがあります。まだ紅葉には早いですね。

2020101114

さらに先へ行くと氷川神社がありましたので、立ち寄ってお参り。
手水鉢に村の名前が書いてあって、古くからある神社のようですね。

2020101115

車の走る道路の横に六郷用水が続いています。

2020101116

さらに歩いて岡本公園に入ります。こちらにも古民家がありました。

静嘉堂文庫まで歩くつもりでしたが、道を間違えたようでバス道路に出てしまったので、近くにあった岡本もみじが丘というバス停からバスに乗って二子玉川駅に出ました。

| | コメント (0)

浜離宮庭園、旧芝離宮、愛宕神社

雨予報の週末はお散歩。

2020092701

新橋駅を歩き出し、しばらく歩くとなんと信号機。
なんだろうと思ったら、このあたりは旧汐留駅があり、そののちに貨物駅になったそうです。
昭和62年(1987)、国鉄からJRに変わった際に保存されたもののようです。
銀座に残る唯一の信号機だそうな。

2020092702

さらに進めば浜離宮恩寵庭園。(¥300)

2020092703

松が多く、やはり昔からの庭園ですね。

2020092704

大きな松は300年の松。6代将軍徳川家宣が宝永6年(1709)に大改修を行った頃に植えられたものと書かれていました。

2020092705

お花畑にはたくさんのお花。

2020092706

ヒガンバナもありました。

2020092707

将軍お上がり場。将軍が船から上がる際に使われたようです。

2020092708

樋の口山。残念ながら登れません。

2020092709

結構、巨樹もありますね。

2020092710

富士見山。これは登れます。

2020092711

庭園を見渡すことができます。

2020092712

中島の御茶屋も良い雰囲気でした。

2020092713

久しぶりに船に乗り、日の出桟橋へ。わずか10分の乗船ですが、やはり気分も変わりますね。

2020092714

おのぼりさん状態で、写真をたくさん撮ってしまいました。
レインボーブリッジが近いですね。

2020092715

日の出桟橋から竹芝駅の横を通り、しばらく歩いて旧芝離宮恩寵庭園へ。(¥150)

2020092716

キキョウがたくさん咲いていました。

2020092717

昔は海水を取り入れていたようで、取り入れ口があります。

2020092718

唐津山とありました。

2020092719

なぜか石柱が四本。小田原北条家に仕えた戦国武将の旧邸から運ばれた門柱だそうな。

2020092720

中島は岩が並んでいました。

2020092721

しばらく歩いて、途中のお蕎麦屋さんで昼食後、増上寺へお参り。

2020092722

裏手へ進んでいくと芝丸山古墳。

2020092723

上に登れば、以前にも見た伊能忠敬測地遺功表。

2020092724

さらに歩いて東京タワー直下にはなぜか滝。
もじみの滝といい、日本人初のランドスケープデザイナー長岡安平の設計により明治38年(1905)に築造されたとあります。

2020092725

さらにしばらく歩いて愛宕神社でお参り。付近は愛宕山という山で三角点もあるそうですが、見落としました。

2020092726

近くにNHK放送博物館がありますので、入館して見学しました。(無料)

2020092727

せっかくなので、愛宕神社の出世の石段を上り下り。結構きついです。急な階段なので間違っても転げ落ちないように。

新橋駅に戻って終了でした。

 

| | コメント (0)

王子付近散歩

雨の日はお散歩。

202009xx01

王子駅が歩き出し。

202009xx02

まずはすぐ近くにある飛鳥山公園。モノレールがあるんですけど、まだ時間が早かったせいもあるし、コロナの事もあるので乗らずに歩いて登りました。

202009xx03

歩いていると、むむっ、桜?
近づくと十月桜でした。

202009xx04

先へ進むと公園があり、懐かしい路面電車。子供の頃、乗ったことあるなぁ。
中に入れます。座席はないけど運転台があって、子供が喜びそう。
ちょっと痛みが激しいのは仕方ない所でしょうか。

202009xx05

D51もありました。

202009xx06

三つの博物館がありました。北区飛鳥山博物館に入館。(¥300)

この付近の歴史などが展示されていて、結構、盛だくさんでした。
渋沢資料館も見学したかったのですが、コロナもあって休館中でした。

202009xx07

近くにあった旧渋沢庭園へ。(無料)

202009xx08

別邸跡ということで、空襲などで建物の大部分がやられたようで建物跡がたくさんあります。
晴れた日ならきれいなのでしょうね。

202009xx09

晩香廬という建物。合資会社清水組の清水満之助が長年の厚誼を謝して贈ったと書かれていました。
貴重な大正時代の建築物だそうで、国指定重要文化財です。
外からだけですが、応接室のような部屋とソファなどを見ることができました。

202009xx10

青渕文庫。80歳と子爵になった記念として門下生の団体「竜門社」から寄贈されたとありました。
こちらもステンドグラスなどのある大正建築でこちらも国指定重要文化財です。
今は外からしか見られません。

202009xx11

ちょっと場所が分からなくて、あっちこっちに歩いてしまって、ようやく見つけた装束稲荷神社でお参り。
こじんまりした神社でした。

202009xx12

小さなガードをくぐって先へ行くと王子稲荷神社でお参り。

裏手には落語に出てくる狐穴などがありました。

202009xx13

少し先に行くと名主の滝公園。

202009xx14

雨の日に散策するには不向きでしたが、やはり名主の滝、男滝はなかなか。8mくらいあるそうです。

202009xx15

雨の中をひたすら歩き、十条野鳥の森は桜の木がありますが、ちいさな緑地という感じでした。

202009xx16

その先で十条富士神社の富士塚を探しますが、どうも見当たりません。
通りがかった人に聞きましたが、知らないとのこと。
ふと横の工事のお知らせを見ると、なんと富士塚再整備工事と書かれているではありませんか!
これには吃驚でした。

東京都都市整備局の富士塚のページ

また整備後に訪れなくてはいけませんね。

202009xx17

東十条駅に出て、終了でした。

 

| | コメント (0)

利根運河からこうのとりの里

雨降るんだか降らないんだか、変な天気の日はウォーキング。

2020091901

アーバンパークラインの運河駅が歩き出し。

2020091902

駅から少し歩くと利根運河に出ます。まずは橋を渡りました。

2020091903

左手に歩いていくとムルデルの碑。明治の頃に土木技師として来日し、利根川、江戸川、鬼怒川の改修、新潟港、三角港の建設計画にあたったそうな。利根運河は屈指の大事業で出かけた最後の仕事だったそうです。

2020091904

川にはシロサギが。ダイサギかな?

2020091905

川沿いにはたくさんの大学生が測量をしていたようです。土曜日だけど、自由課題かな?
眺望の丘というところにはたくさんのお花。黄花コスモスというお花らしいです。植栽しているのでしょうね。

2020091906

天気が悪いせいか、写真が暗くなってしまいます。ちらほらと細かい雨が降ったりしましたが、すぐに止みました。
柏大橋を過ぎると大学生もおらず、たまに自転車が通る程度の静かな道でした。

2020091907

途中にはワレモコウが咲いていましたが、土手のヤブの中なので、あまり良い写真が撮れませんでした。
歩道橋を渡ります。

2020091908

先を左に折れて江川に沿って進みました。途中で森の近くの道に入り、進んでいくと市民農園を示す道標がありました。
このあたりから時間調整でのんびり歩き。

2020091909

途中には小さな池があったりします。

2020091910

市民農園に到着。

2020091911

これまた写真が暗くなってしまいましたが、こうのとりの里に到着。
無料で見学できます。ただし、12~13時はお昼休み時間で見ることができないので、開始に合わせるようにのんびり歩いて時間調整したのでした。

2020091912

ということでコウノトリ。現在は二羽を見ることができます。大人になった鳥たちのほとんどは放鳥されたようです。
他にも飼育されているのでしょうね。

自分もこの鳥たちに運ばれたのかな?(笑)

2020091913

再び江川に沿ってしばらく歩いて住宅街に入り、野田梅郷住宅バス停から梅郷駅に出て帰りました。(20~30分に1本くらいあります。)

 

| | コメント (0)

酔芙蓉農道

河村城跡から運動公園へ歩いた後、酔芙蓉農道へ。

2020091318

付近には田んぼが多く、もう稲刈りの時期は間近なようで、実りの秋は近いですね。

2020091319

ということで酔芙蓉農道。通常ならば祭りが開かれているはずなのですが、
今年はコロナのせいで中止になっています。

2020091320

どちらかというと白いお花が多く、赤いものはたぶん蕾だと思われました。まだこれからみたいですね。

2020091321

ほとんどないかと思ったら、最後の方に行くとなんとかピンクのものが咲いていました!

大きなお花がいいですね。

2020091322

途中で雨に降られてあじさいの里の方へ。

2020091323

十文字橋には昔の名残の欄干が少し残っていました。

2020091324

新松田駅に出ました。

 

| | コメント (0)

武蔵小山から目黒へ

せっかくの四連休は雨ばかり。ということで山には出かけず、お散歩。
前にも歩いているコースだけど、散歩だから何度歩いたっていいよね。

2020072401

東急目黒線の武蔵小山駅が歩き出し。

2020072402

しばらく歩くと林試の森公園。広いけれど、人も多かったです。

2020072403

しばらく歩いて目黒不動尊の手前に比翼塚。悲話があり、二人の幸せを祈りたてられたものだそうです。

2020072404

ということで目黒不動尊にお参り。

2020072405

池があるのが、神社の特色。このあたり湧水が豊富なのですね。

2020072406

本堂の裏手に行くと大きな大日如来像。以前にも見ていますが、やはりなかなかのパワーです。

2020072407

甘藷先生の名で知られる青木昆陽の墓に立ち寄ったのち、しばらく歩いて大鳥神社。
日本武尊をまつり、大同元年に創建だそうです。ここはよくある大同二年じゃないのね。

2020072408

目黒区民センター近くにある目黒区民ギャラリー。無料だったので立ち寄ってみました。
この日は木彫展が開催されていました。

2020072409

しばらく歩いて、もう何度も来ている、大円寺。五百羅漢像がなかなかです。

2020072410

目黒駅を過ぎて東京都庭園美術館へ。「東京モダン生活」という展示がされていたのでそのチケットを買い、中に入ると黒アゲハが。
それにしてもこのお花、オニユリみたいだけど真っ白。栽培種でしょうか。

2020072411

建物の中では当時の雰囲気があちこちに残されています。書斎はさすがに立ち入ることはできず、入口から見るだけ。
明治の頃のフィルムをビデオ化したものが流されていたので、しばらく見てしまいました。
一通り巡ってからは庭園へ。芝生が良い感じでした。

2020072412

最後はお隣の国立博物館付属自然教育園へ。
この時期はお花はそんなに多くはないですが、それでもウバユリ。

2020072413

キツネノカミソリは小さかったです。

2020072414

ヤブランは多く見かけました。

2020072415

アキカラマツだそうです。

2020072416

ミソハギはよく咲いていました。

ということで目黒駅へ向かい終了でした。

 

 

| | コメント (0)

練馬高野台から大泉学園散歩

雨の土曜日は散歩。(7/18)

2020071801

西武池袋線の練馬高野台が歩き出し。

2020071802

少し歩いた長命寺。以前にも来たことがありました。
やはり大きなお寺、雨でしたので人もおらず、静かにお参りできました。

2020071803

間違えて随分先まで歩いてしまい、戻ってようやく観蔵院。

2020071804

筆子供養塔というもの。宝暦12年(1762)と文化5年(1708)の供養塔のようです。練馬区でも最古の史跡でもあると案内板にありました。

2020071805

さらに歩いて石神井川を越え、善定院。切支丹灯籠は寛文期(1661~73)頃のものだそうです。

2020071806

石神井公園に入り、広大な石神井池の横を歩きますが、さすがに雨のせいでぬかるみが多かったです。

2020071807

池淵史跡公園に入ります。古民家がありました。旧内田家住宅ということでした。

2020071808

先には竪穴住居跡があります。こんな整備されてしまうと、分かりませんね。

2020071809

あまり整備されていなさそうな、わずかな広場の方が当時の面影がありそうでした。

2020071810

いくつも石仏が置かれていました。この庚申塔は享保12年(1727)のもののようです。

2020071811

少し歩いて図書館横には道場寺。豊島氏代々の菩提寺だそうな。

2020071812

その横にあるのが三宝寺。石神井城落城後に太田道灌が現在地に移したと言われるそうな。

2020071813

山門は三代将軍徳川家光が3度に渡って鷹狩りの際に立ち寄ったことから御成門とも呼ばれるそうです。
江戸期は一般の人は通行を禁止されていたそうで、現在の山門は文政10年(1827)に改築されたものだそうな。

2020071815

少し歩いて氷川神社。長い参道があります。石神井郷の総鎮守だったようです。
裏手には石神井城跡の空堀などがあるようですが、雨で土道をあまり歩きたくはなく、実際の空堀のあたりは通常は立ち入り禁止になっているので、横を通り過ぎただけでした。

2020071816

三宝寺池に出るとオニユリが咲いていました。

2020071817

雨の中であたりをうろうろ。三宝寺池付近はやはりぬかるみ道が多く、ちょっと歩きにくかったです。
だいぶ歩いて殿塚。石神井城が落城の際、城主の豊島泰経が三宝寺池に入水し、娘の照姫も池に身を投じたという悲しい伝説がこの塚のようです。

2020071818

少し先の「練馬の名木」の横に姫塚がありました。

2020071819

今回は失敗しまくり、方向を間違えて再び氷川神社の参道に出てしまったり、大泉学園駅に向かうつもりで、上石神井通りを反対方向に歩いてしまって環八に出てしまったり、どうも狐に化かされたみたいです。
やっとのことでたどり着いた牧野記念庭園。ここは邸宅跡で、晩年まで研究に打ち込んだ書斎などが残されています。

2020071820

奥様の名前を付けたスエコザサに囲まれて牧野富太郎氏の胸像が置かれていました。

2020071821

園内にはたくさんの草木や樹木がありました。この時期は咲いているお花は、さすがに少なめ、それでもウバユリが咲いていました。

2020071822

やはりオニユリもありました。建物の中にある書斎を除くと部屋の障子がかなり破れていましたが、当時からそうだったのでしょうか。
とても気になりました。書物がありすぎて二階が抜けてしまい、一階に移ったそうです。

2020071823

大泉学園駅に出て、コーヒーを飲んで終了でした。

 

| | コメント (2)

代々木公園と明治神宮

7/12は蒸し暑くて山に出かける気にならず、久しぶりに軽く散歩。

2020071201

小田急線代々木八幡駅が歩き出し。

2020071202

少し歩けば、代々木公園。

2020071203

松が植えられていて、芝生がきれい。

2020071204

しばらく歩いて散策。サイクリングロードとかいろいろあって、間違えて歩いたりしちゃいました。
だいぶ歩くと閲兵式の松。明治天皇から昭和天皇にかけて、このそばで閲兵式をご覧になったそうです。

2020071205

公園を出て、少し先に行くと明治神宮。今年の11月に鎮座100年を迎えるそうです。

2020071206

今年まで自分は元旦の夜中にお参りしていました。なので、昼間見るのは何十年ぶりでしょうか。
たぶん子供の頃なので、夜の風景しか覚えておらず、随分イメージが違いますね。

2020071207

ここはいつも眠くなりつつ、ひたすら前が動くのを待つところだなぁ、と思いながら歩いていくとやっぱり違う光景ですね。

ちなみに、手水舎には水が出ておらず、手前に水が上から下へ流れている所が作られておりました。
やはりコロナは風景も変えてしまいますね。

2020071208

お参りを済ませて、すぐ横に出ると、大きな木。これも大正9年の御鎮座と合わせて植えられたものだそうです。
夫婦楠と呼ばれ、縁結び、夫婦円満、家内安全の象徴だそうな。

2020071209

歩いたことのない、裏手を回ってみました。大きな芝生などもありました。
ちょっと蒸し暑かったので日なたは人が少なめでしたが、気候の良い頃なら寝転ぶのも楽しいでしょうね。

2020071210

ぐるっと一回りして、原宿口に戻り、きれいな原宿駅で終了でした。

 

| | コメント (0)

善福寺川緑地と和田堀公園散歩

2か月以上、2~3日に一度、地元のスーパーなどへ買い物に行くくらいでほとんどSTAY HOMEで、出かけなかった毎日。
近くの公園でさえ、ほとんど行きませんでした。
非常事態が解除されたけど、なかなか出かける気にならず、
ようやく遅い始動で、6日は比較的近場の公園へ。

2020060601

随分久しぶりのバスで五日市街道営業所バス停が歩き出し。

2020060602

アジサイが咲いていたけど、まだ咲いて間もないのか、結構きれい。

2020060603

質感がたまりませんね。

2020060604

やっぱり広い公園は良いな。


2020060605

まだツツジが咲き残っていました。

2020060606

善福寺川沿いを散歩。暑い中、マスクを着けて歩くのは結構きついなぁ。不安だけど外して歩いた所が多いです。
善福寺川沿いは今年は工事が多いので、歩けない所が何か所もありました。

2020060607

これはビヨウヤナギかな。

2020060608

和田堀公園まで来ました。

2020060609

タマアジサイがいい感じ。

2020060610

アジサイの見える水辺。

2020060611

やっぱりタマアジサイたくさん。

2020060612

裏手を登ると松ノ木遺跡がありました。

2020060613

久しぶりの大宮八幡宮。

2020060614

茅の輪かと思ったら、笹の輪とありました。
八の字のようにくぐって、コロナ収束、なんて大きなお願いをしてみました。

2020060615

さらにしばらく歩いて、久しぶりに杉並区立郷土博物館へ。さすがにステージ2にお陰か開館しておりましたので、
入館して見学(¥100)しました。さすがに他に見学者はほとんどいなかったようでした。
古民家なども座敷には上がることはできなくなっていましたが、土間などには入れました。

西永福に出て帰りました。

 

| | コメント (10)

高幡不動から七生丘陵散歩

2/24は高幡不動へ。

2020022401

高幡不動駅を歩き出し、久しぶりの高幡不動でお参り。

2020022402

五重塔がよい感じ。

2020022403

早咲きの桜がよく咲いていました。

2020022404

裏手を登っていき、見晴台がありました。スカイツリーもわずかに見えました。

2020022405

さらに少し歩き、高みに登ると富士山も見ることができました。

2020022406

住宅地をしばらく歩きます。途中にはハイキングコースの表示があって迷うこともありませんでした。

2020022407

ちょっとアップダウンの多い道を進みます。

2020022408

途中の分岐を右に曲がり、急降下の木段を下ります。右に池への道が別れていたので、それを下ったら、超急降下木段。手すりを掴みながらでないと下れないという、事故でもあったらあっという間に通行止になりそうな道。一気に高度を落として公園内は風が吹き抜けて寒かったです。

2020022409

特にこれというものもなく、のんびり歩いて南平駅で終了。短い散歩でした。

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧