ウォーキング

都立家政から練馬高野台

12/17は久しぶりにウォーキング。以前に歩いた道を、久しぶりに歩くのもいいかな。

2022121701

都立家政駅が歩き出し。

2022121702

しばらく歩いていくと南蔵院。延文二年(1357)に良弁僧都が中興したと言われているお寺。

2022121711

鐘楼門は江戸中期のものと推定されていて、区内唯一とか。

2022121703

しばらく歩いて良弁塚を探しました。右往左往したけれど、なんとか見つけました。鉄柵の向こうにある小さな場所。

2022121704

七面の石幢(せきとう)は、元文五年(1740)の銘があり、練馬区指定有形文化財だとか。

2022121705

だいぶ歩いて円光院でお参り。

2022121712

再びしばらく歩いて宮田橋敷石供養塔と高松の庚申塔。庚申塔は正徳五年(1715)のものだそうです。

2022121706

さらに歩いて御嶽神社。

2022121707

久しぶりに服部半蔵奉納の仁王像に会えました。

2022121708

しばらく歩いて氷川神社でお参り。

2022121709

長命寺は大きなお寺。慶長十八年(1613)開創だとか。

2022121710

練馬高野台駅へ出て終了でした。

 

小布施観光

下山した小布施を観光。

2022100225

下りた岩松院にお参りして、見学。ここには葛飾北斎が晩年に描いた「八方睨み大鳳凰図」があります。
拝観料は500円でした。案内があり、それを聞きながら眺めました。
他にも小林一茶の句で有名な蛙合戦の池などもありました。

2022100226

少し歩き、朝に見学しなかった浄光寺に入り、長い石段を登ると茅葺きの薬師堂があります。平成の頃に茅葺は新しく葺き替えられたようですが、もう随分経っているようです。風が正面から吹いてきて、やはりパワーを感じさせました。

2022100227

山の恰好で向かうのはちょっと場違いでしたが、しばらく市街地を歩き、やはり見ておきたい北斎館へ。
入館料は千円。少し足早に一通り見ましたが、それでも、やはり北斎の「富嶽三十六景」の絵画などが展示されていて、なかなか良かったです。

2022100228

観光客の多い通りを歩いていると栗のスイーツのお店に人が並んでいました。小布施駅に着くと、駅中に栗ソフトクリームが売られていたので買って食べてみたら、なかなか栗の香りが濃厚で美味しかったです。

 

立川付近のお散歩

6/11は立川へ。

2022061101

立川駅で降りると北口駅前に若山牧水の歌碑。立川駅に立ち寄った際に詠んだ歌が書かれています。

2022061102

諏訪の森公園に入るとやはりこの時期はアジサイですね。

2022061103

諏訪神社に入ると突然大粒の雨が降り出しました。

2022061104

雨の中、お参り。なかなか立派な神社で、両横に二つの神社があって、珍しい感じの神社。八幡神社と稲荷神社だそうな。

2022061105

表参道を歩くと鳥居の横には大きな木。雨止んだかな。

2022061106

少し歩いて八幡神社の大ケヤキ。こんな住宅街にこんな大きな木があるのは珍しい感じ。ここから北に50mくらいのところに八幡神社があったそうですが、諏訪神社の横に移動したようです。以前は周囲6mほどあったそうですが、上部の幹が台風の影響などで折れたそうです。確かに真ん中が割れていて、ロープで止めていますが、いつ倒れてもおかしくなさそうな気はしました。

2022061107

しばらく歩いて普済寺。石灯籠がビッグサイズ。

2022061108

大イチョウの木があります。

2022061109

またしばらく歩いて根川緑道。下水処理施設の高度に処理した水が流されているようです。

2022061110

さらに歩いて立川公園の花菖蒲園にも立ち寄りました。なんとか花菖蒲、間に合いました。

2022061111

珍しくアゲハチョウが飛んできて、近くに止まったので撮影。標準レンズだからこのくらいが限界でした。

2022061112

多摩川の堰堤に出ます。天気悪いから山が少し見えたくらい。

2022061113

日野橋のあたりからバスに乗るつもりでしたが、バスは1時間に1本しかなく、結局、立川駅まで歩いて戻りました。

 

西国分寺から矢川へ

6/4はお散歩。

2022061001

天気は良いのに体調は悪い。頭痛で起きられず、なんとか治まってきたので散歩に行くことに。西国立駅が歩き出し。

2022061002

しばらく歩いた矢川緑地。住宅地のすぐそばにしてはしっかりと保全されています。

2022061003

この日は雨の後だったので、水がしっかりあって湿原の雰囲気でした。水源でもあるようです。

2022061004

緑地を出ると川が流れていますが、透明感高い水が流れて清流ですね。

2022061005

歩いていくと途中にあった小さな稲荷神社でお参り。

2022061006

南養寺というお寺に入ります。

2022061007

なかなかの建物。風格がありますね。

2022061008

さらにしばらく歩いて城山公園の古民家。ここは以前にも来た覚えがありました。

2022061009

少し迷ったけどふらふら歩いて行くと谷保天満宮に着くことができました。

2022061010

池に囲まれた厳島神社でお参り。

2022061011

たまたまか人が少ない感じ。しっかりお参りできました。

2022061012

裏手に行ってみると「常盤の清水」があります。昔は付近の人々の井戸として使われたそうですが、少し水が見えたものの、あまり水は出ていないようです。

2022061013

大きな鳥居をくぐって終了。

2022061014

谷保駅から帰りました。

 

南沢湧水群へ

5/14は湧水を見にお散歩。

2022051401

ひばりヶ丘駅が歩き出し。

2022051402

だいぶ歩いて落合川と黒目川の合流地点あたり。雨は上がったけど蒸し暑いこと。

2022051403

落合川に沿って歩き、老松橋を曲がります。

2022051404

竹林公園に湧水が。ここも南沢湧水群の一つとか。

2022051405

小さいけど清い流れ。

2022051406

もちろん竹林公園を歩きます。

2022051407

タケノコがにょきにょき。取っちゃだめよ。

2022051408

しばらく歩いて由緒ありそうな氷川神社でお参り。

2022051409

近くには川が流れ、森がありますが、このあたりも小さな湧水が結構あり、市で保全しているようです。

2022051410

小さな川沿いをしばらく進むときれいな流れに降りることができます。その先は浄水場や私有地などで実際に湧いている所は見られないような雰囲気でした。

2022051411

歩いていくと笠松坂という名称の坂のあたりに古い庚申塔。元禄7年(1694)のものらしいです。

ひばりヶ丘団地からバスに乗るつもりでしたが、なんとなく適当に歩いてしまい、谷戸町のあたりからバスで田無駅に出て帰りました。

 

茂呂遺跡へ

5/4はお散歩。

2022050401

ときわ台駅が歩き出し。

2022050402

すぐ近くに天祖神社。大きな木などが多く、なかなか由緒ある神社のようです。創建は不明のようですが、鎌倉時代という伝承があると説明版にありました。

2022050403

しばらく歩くと安永六(1777)の文字の見える石仏がありました。

2022050404

さらに歩いて氷川神社。ここも樹木が鬱蒼とした感じの神社。

2022050405

安養院というお寺を通ります。

2022050406

茂呂山公園にはツツジが咲いていました。

2022050407

茂呂遺跡は柵に囲まれた中に石碑が立っているだけでした。縄文時代の土器や石器が出土した場所のようです。

2022050408

城北中央公園は大きな公園のようです。普通の公園のようなので通り過ぎただけ。

2022050409

御岳神社でお参り。

2022050410

犬?それとも御岳神社なのでオオカミ?屋根掛けされた中に石像が安置されていました。

2022050411

川越街道に出ると五本ケヤキ。昭和初期に街道を作る際、残したもののようです。

2022050412

上板橋駅に出て終了でした。

 

南湖公園

まだ時間があったので帰りのバスを途中下車して南湖公園へ。

2022041740

入口のあたりは車が土埃を上げながら走るので閉口したけど、水際に行くとやはり広い湖。

2022041741

大きな松などもあって、なかなか良い雰囲気。時間があれば、ぐるっと歩いてみたいけれど、そこまでの時間はなし。南湖神社まで行きたかったなぁ。。。途中で諦めたけど、残り時間が余ったので実は行けたかも。

2022041742

もう霞んではいたけど、遠くには那須連峰か、雪を抱く山々を眺めることができていい雰囲気でした。

2022041743

キクザキイチゲが雑草のように咲いていました。

 

百草園から百草台自然公園

3月の平日にふらっと百草園へ。

2022032401

百草園駅を歩き出し、しばらく坂を登って百草園。入園料は300円。

2022032402

この日はカタクリが咲いていました。

2022032404

ソメイヨシノではなく、違う種類ですが、桜も咲いていました。

2022032406

ハクモクレンでしょうか。真っ白なお花とシダレザクラのコラボレーションがいい感じでした。

2022032405

ミツマタも咲いていました。

2022032407

上まで登ります。残念ながらこの日、春霞が強く、あまり遠望は楽しめませんでした。

2022032408

百草園を出て、わずかに進むと近くには百草八幡宮。お参りします。

2022032409

なかなかの大きな木もありました。百草のシイノキという看板があり、樹齢300~400年の木もあるようです。市指定の天然記念物になっています。

2022032410

しばらく歩いて三角点公園。残念ながら三角点は見つけられませんでした。

2022032411

あたりからは住宅地を眺められました。

2022032412

百草台自然公園へ。平日なので先生に連れられた幼稚園生が楽しそうに遊んでいました。

近くの百草台公園のバス停から聖蹟桜ヶ丘駅にバスで出ました。

 

旗立山と三ヶ岡山

3/19は湘南へ。

2022031901

久しぶりに京浜急行に乗りました。以前の「新逗子駅」はいつの間にか「逗子・葉山駅」に変わっていて吃驚。バスに乗って鐙摺バス停で下車。

2022031902

目の前は海!やっぱりサーファーが多いです。

2022031903

すぐ近くにある旗立山へ。濃い色のタチツボスミレが咲いていました。

2022031904

登るとわずかで旗立山。伊藤祐親という人の供養塔がありました。

2022031905

しばらく歩いて長徳寺というお寺へ。扉が閉まっていたので、外から写真だけ撮りました。古い庚申塔がいくつも並んでいました。

2022031906

またしばらく歩いて森戸神社。狛犬は新しくて大きいです。ダンディな感じ。

2022031907

しっかりお参りしました。

2022031908

裏手に行くと葉山町の天然記念物、森戸大明神のビャクシン。樹齢800年だそうな。

2022031909

先の岩場には千貫松という石碑がありました。

2022031910

かなり先の海に鳥居が。船じゃないと行けなそう。。。

2022031911

またしばらく歩き、熊野神社でお参り。

2022031912

横から三ヶ岡山への登山道が始まっていますが、疑似木段の超急登。ずっと階段が続き、かなりきついです。ようやく登り切った所が西峰疎林広場。

2022031913

先へ進んでいくと樹林の合間から街並みが見える所もありました。この日は湿気が多くてあまり良い気分ではありません。

2022031914

三ヶ岡山の頂上大峰山付近からは江の島などが見えました。晴れていれば富士山などが見えたはずだけどね。

2022031915

東峰から下って道路を少し歩くと玉蔵院。木が大きい感じ。

2022031916

古い庚申塔が置かれていました。

2022031917

隣には森山神社。境内にたくさんの神社が置かれていました。

2022031918

またしばらく歩いて葉山しおさい公園。葉山御用邸の付属邸跡だそうです。大正天皇が崩御された場所だそうな。

2022031919

やはり庭園はきれいでした。

2022031920

またさらに歩いて葉山バス停の近くに万福寺。

2022031921

願掛け観音があったので、願をかけてみました。かなうといいな。

2022031923

しばらく歩いて長者ヶ崎のバス停まで歩きました。

2022031922

バスが来るまで時間があったので海岸に降りて久しぶりに波打ち際まで行ってみて海を楽しみました。

再び逗子・葉山駅に出て帰りました。

 

稲城散歩

2/20は天気が悪いので山には行かず、稲城をお散歩。

2022022001

南武線の南多摩駅が歩き出し。

2022022002

まずは少し歩いて医王寺。不動明王像がめちゃ大きいです。

2022022003

本堂の前には十二神将が並び、ちょっと変わった雰囲気のお寺でした。

2022022004

しばらく歩いて城山公園。さすがにこの寒さと雨の後ということもあって散策している人はほとんどいなかったです。

2022022005

かなりの急な木段道を登って、三等三角点。点名大丸。135.3mです。

2022022006

ファインタワーという展望台があるのですが、7月より利用開始とのこと。展望の良い冬場は利用できないのはなぜでしょうね。

2022022007

下っていくと梅が咲いていましたが、やはり天気が悪いと今一つ。

2022022008

しばらく歩いて円照寺というお寺の入口には二十三夜塔。残念ながら上の方が欠けてしまっています。

2022022009

すぐ隣には大麻止乃豆乃天神社の入口。

2022022010

きつい石段をしばらく登ると神社に辿りつきましたのでお参り。

2022022011

案内板によると境内には津島神社、白山神社、神明神社、稲荷神社、秋葉神社を祀っていると書かれていました。随分神社だらけの神社ですね。地元の方の信仰の高い神社なのか、家内安全などと書かれたたくさんの幟が立っていました。

2022022012

しばらく歩いていくと道を間違えたようで、随分歩いてしまい、京王線の稲城駅までいってしまいました。だいぶ戻って歩いてようやく見つけた青渭(あおい)神社。

2022022013

しっかりお参りします。

2022022014

近くには大きなご神木が何本もあり、なかなか古い神社のようですね。案内板によると神社は江戸時代前期に創建されたようです。

2022022015

このあたりは梨の産地。たくさんの梨の棚があり、近くには梨農家も多いです。

2022022016

さらにしばらく歩くと稲城梨歌の石碑。近くに多摩川梨発祥之地碑もあるらしいですが、梨園の中にあるようなので諦めました。

2022022017

ちょいと寄り道で八坂神社でお参り。

2022022018

稲城長沼駅の近くを通り、さらに先に進んで津島神社でお参り。

2022022019

また少し迷ったけど、多摩川沿いに出ました。遠くに中央線沿線や奥多摩などの山々がちらり。

2022022020

しばらく多摩川沿いを進んで右に進むと島守神社。

2022022021

狛犬がちょっと変わっていてダンディ。

2022022022

梨園の間を通ると共同墓地に考子長五郎墓。あまり文献が残っていないようですが、母に考養を尽くしたとして大岡越前守忠相から銀子二十枚と田七反歩を与えられたそうな。

2022022023

梨園がたくさんある所を通り、用水路沿いをしばらく歩いて矢野口駅に出て終了でした。

 

より以前の記事一覧

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ